SCP下書き「大好きなママ」
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPによる体重、姿勢の変化により自立することが困難な為、財団が経営する医療施設に秘密裏に保護されています。必要であればカウンセリングを受診させてください。

説明: SCP-XXX-JPは浜松 千秋1(以下、SCP-XXX-JP-1)が妊娠している人型実体です。SCP-XXX-JPは体長160cm程の男性であり、SCP-XXX-JP-1の子宮内で通常の胎児のような体勢を維持しています。その大きさからSCP-XXX-JP-1の子宮を含めた腹部全体が異常に膨張していますが、身体全体に異常な耐久性を有している為、負傷することはありません。また、SCP-XXX-JPもSCP-XXX-JP-1の身体に押し潰されていない為、同様に異常な耐久性を有していると考えられており、SCP-XXX-JPを破壊、摘出する試みは全て失敗しています。また、SCP-XXX-JP-1の胎盤とSCP-XXX-JPが臍帯で結合しているのは特筆すべき点です。

SCP-XXX-JPは稀に活動することがありますが、その活動内容のほぼ全てが「子宮腔に何度も口を付ける」ことです。SCP-XXX-JPが胎内から離脱しようと試みたことは一度もありません。

SCP-XXX-JPは2008/9/11にSCP-XXX-JP-1の通報から発見されました。SCP-XXX-JP-1は当初通常通り非異常性の胎児を懐妊しており、妊娠16週間程度でしたが、突如SCP-XXX-JPが胎児と成り代わるように出現しました。消失した胎児の行方は判明していません。SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JPの確保後、SCP-XXX-JP-1の関係者にはクラスA記憶処理を施し、カバーストーリー「交通事故」を流布しました。

補遺: SCP-XXX-JPと酷似した男性の存在が確認されました。男性は田中 光一といい、2007/12/6にアパート内の自室で首を吊って自殺しています。田中氏は無職であり、親の支援のみで生活していました。また、友好関係である人間もおらず、同アパートの住人の殆どは田中氏の存在を認知していませんでした。田中氏の自室にはSCP-XXX-JP-1のポスターが壁一面に貼られてた他、SCP-XXX-JP-1の私生活を隠し撮りしたであろう写真も発見されており、田中氏がオブジェクトの発現に関わっているとして調査が進められています。



scp-jp safe 人間型 破壊不能



ページ情報

執筆者: Tsukajun
文字数: 1684
リビジョン数: 61
批評コメント: 3

最終更新: 14 Dec 2020 03:52
最終コメント: 08 Nov 2020 12:46 by Dr_kuronecko

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Tsukajun's portal does not exist.


エラー: Tsukajunのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4218409 ( 18 Sep 2019 10:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License