ルーキーコンテスト記事 「キャッチフレーズ」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの完全な収容は不可能とされているため、財団は収容作戦XXX-JPを中心とする情報隠蔽活動に専念してください。

京都府京都市内で、これまでSCP-XXX-JP-1が出現したことのある全ての場所には、管理スタッフや清掃員を装った財団のフィールドエージェントが配置されています。SCP-XXX-JP-1が当該場所に出現した場合は確保し、記憶処理を行った上で転移前の場所に送還してください。必要であれば、カバーストーリー「衝動的な旅行」の流布、並びにSCP-XXX-JP-1の消失/再出現に関わった人物への記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは██文字からなる特定の文章形式の言葉です。SCP-XXX-JPは、全国各地の書店やコンビニエンスストアに不明な手段で出現する雑誌「████1」の表紙に宣伝文句の形で大きく印刷されており、一般人の目に付く可能性が非常に高いことから警戒が続けられています。

SCP-XXX-JPを声に出して読んだ対象(以下SCP-XXX-JP-1)は、3秒以内にその場から消失します。SCP-XXX-JPを読み上げる際、アクセントや発声方法が標準的な日本語から多少逸脱していても、同様に消失することが確認されています。SCP-XXX-JP-1の消失は周囲の人間にも知覚可能であり、突然の消失によって大きな混乱が起こる恐れがあります。

消失から5秒以内に、SCP-XXX-JP-1は京都府京都市の、一般的に観光地として知られる場所に再出現します。SCP-XXX-JP-1は観光目的で同市に来訪したことを主張しますが、移動に要した時間が一般的な公共交通機関と比較して異常に短い、旅行の為の準備を全く行っていないなどの不自然な点については、矛盾を多く含む「自然な形」で説明します。また、観光の動機については、「今すぐ京都に行きたかった」などの衝動的なものがほとんどです。これらの主張に対し、SCP-XXX-JP-1は違和感を抱いている様子が見られないことから、消失から再出現までの間にSCP-XXX-JP-1に虚偽の記憶が植え付けられていると考えられています。

19██/██/██,SCP-XXX-JPの一般人への露呈の減少を目的とする収容作戦XXX-JPが実行されました。当作戦は████鉄道の協力の下、テレビCM等で非異常性のキャッチフレーズを継続的に宣伝する形で行われました。作戦開始から██年後の20██/██/██時点で、一般人のSCP-XXX-JPへの暴露が作戦開始前から60%減少しており、当作戦はSCP-XXX-JPの収容に効果的であると評価されました。現在も宣伝活動が続けられています。

インタビュー記録XXX-JP-1-25

対象: SCP-XXX-JP-1-25。37歳男性。東京都███区在住。

インタビュアー: 鬼頭研究員

日時: 19██/██/██ 10:32

付記: 一般人にSCP-XXX-JPが漏洩するのを防ぐため、インタビューは京都市内のホテルの個室で行われた。

<録音開始>

鬼頭研究員: 貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。

SCP-XXX-JP-1-25: いいっすよ。すぐに終わるんだったら。早く清水寺を見に行きたいので急ぎでお願いしますよ。

鬼頭研究員: 承知しました。まず、失礼ですが、お一人で旅行をされているのですか?

SCP-XXX-JP-1-25: [数秒沈黙]一人だよ。本当は家族で行こうと思ってたけど、いろいろあって。

鬼頭研究員: 詳しく聞かせていただけますか?

SCP-XXX-JP-1-25: 妻と2人で、今度の連休どこに行こうかなって話をしてたんですよ。雑誌を広げて。その時に僕は京都に行きたいなあ、[SCP-XXX-JPに該当する言葉]って言ったんです。

SCP-XXX-JP-1-25: そうしたら、今すぐ京都に行きたい!って気持ちになって、今から京都に行こう、すぐに行こうって妻に言ったんですけど、まだ連休じゃないし今すぐなんて無理だって反対されて、ちょっと喧嘩になっちゃったんですよ。

SCP-XXX-JP-1-25: で、どうしても行かなきゃ気が済まないって気持ちになったので、俺は一人でも行くぞ!って吐き捨てた後、家を飛び出して車を走らせて空港に向かって、それで京都に来たんです。今考えれば英断でしたね。[笑う]

鬼頭研究員: …成程。ところで、ここに来たのはいつ頃ですか?

SCP-XXX-JP-1-25: えっと、妻と喧嘩して家を出たのが今朝の10時ぐらいだったかな。

<録音終了>

補足1: 調査の結果、SCP-XXX-JP-1-25の妻は警察に失踪した対象の捜索願を届け出ていたことが分かりました。SCP-XXX-JP-1-25は記憶処理を施した上で同区に送還され、彼の妻や警察関係者にも記憶処理が行われました。

補足2: インタビュー中、SCP-XXX-JP-1-25がSCP-XXX-JPに該当する言葉を口にしたが、特に目立った異常性の発生は確認されなかった。SCP-XXX-JPは、京都市内では異常性を発現しないようだ。 -鬼頭研究員

補遺: SCP-XXX-JPが初めて発見された19██/██/██以降、交通事故に巻き込まれた車両の運転席に人が乗っていないという事案が全国各地で確認されています。「運転中に車を抜け出して京都に行った」と証言したSCP-XXX-JP-1が存在すること、そのSCP-XXX-JP-1が転移前に運転していた車両の種類及び事故が起こった時間が証言と辻褄が合っていることから、この事故はSCP-XXX-JP-1が運転中にSCP-XXX-JPを発言してその場から消失し、車両が制御を失ったことにより発生したと考えられています。現在までにSCP-XXX-JPが関わったとみられる交通事故は███件、うち死亡事故は██件です。

また、同様の理由で、操縦士の消失で発生した可能性のある旅客機の墜落事故も█件発生しており、そのすべてが京都行きの便でした。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The MiscelManiac's portal does not exist.


エラー: MiscelManiacのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4201224 ( 07 Jun 2018 22:47 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License