SCP-XXX-JP - 喋るゲロ
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8122の低危険性物体保管用ロッカーに収容してください。

説明: SCP-XXX-JPは左足用のみ存在する、ステアハイドを使用して作られた革靴です。198█年に、ノイローゼのため自殺した職人██氏の遺作であり、もう片方は未完成のまま遺族によって破棄されたことが分かっています。

SCP-XXX-JP内部に排出された嘔吐物(以下SCP-XXX-JP-Aと記載)は発話が可能になります。現在確認されている内容は以下を含む13種類で、それらを不規則に繰り返すため、コミニュケーションは不可能であると考えられています。

発話内容記録より抜粋
発話内容 備考
「ツクレナクナッタ」 補遺2を参照。当時の職人の精神状態が影響したものと思われる
「ヤメタイ」 他、悲観的な願望と思われるものを計4種確認
(不明)シマイダナニモデキ(不明) 前後の内容は不明瞭なため現在不明

補遺1: SCP-XXX-JPは、「ゲロが喋った」と混乱する住民を近隣のフィールドエージェントが発見し、収容に至りました。この件は、荒唐無稽な噂を調査することの重要性を示した適例です。

補遺2:SCP-XXX-JP-Aの発話を聞いたことがきっかけと思われる自殺者が███件確認されていますが、収容後、職員にそのような傾向は見られないため、直接の関係はないものと考えられています。

ERROR

The toyboy's portal does not exist.


エラー: toyboyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4142285 ( 14 Jun 2018 22:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License