Habil and Quabil / ハビルとクァビル

現在このページの批評は中断しています。


監視レポートMu-4、2017年12月26日:
Surveillance Report Mu-4, 26/12/2017:

異常なコンテンツの定期的なオンライン調査中、ダークウェブクローラ(EmoSpiderMan.aic)は、財団のセキュリティを極端に侵害している『ハビルとクァビル』と題されたWebシリーズを発見しました。
During routine online investigation for anomalous content, our dark web crawler (EmoSpiderMan.aic) discovered a web series entitled "Habil and Qabil" which constitutes an extreme breach of Foundation security.

『ハビルとクァビル』は、疑いようもなくサイト-17を舞台としたホームコメディであり、財団が所有する実際のSCPに基づいて多数の登場人物を登場させています。登場人物は主にSCPの名称が1000未満のものです。1
"Habil and Qabil" is a sitcom explicitly set at Site 17 and stars numerous characters based on actual SCPs within the Foundation's possession, primarily scips whose SCP designations are lower than 10002.

主な登場人物は、SCP-076-2SCP-073の2人です。コーラン中の名前を使用した番組のタイトルにもかかわらず、彼らは番組の中で常にカインとアベルと呼ばれます。彼らは相容れないにも関わらずうまくやっていこうとする「奇妙な相棒」として描写されています。
The two main characters are SCP-076-2 and SCP-073. Despite the title of the show using their Quranic names, the characters are always referred to as Cain and Able within the show itself. They are depicted as an 'Odd Couple' attempting to get along despite their differences.

シーズン1のフィナーレまで直接描写されていませんが、両者の間には浅からぬ因縁もあります。各エピソードは、オープニングとエンディングのクレジットを含む約22分です。番組タイトルとは別に、クレジットは未知の象形文字の言葉で記載されています。それらはまだ識別または解読されていませんが、SCP-076-1の表面の模様に類似しています。
There is also some degree of estrangement between the two, which is not directly dealt with until the first season finale. Each episode is approximately 22 minutes long, including opening and closing credits. Aside from the show's title, the credits are in an unknown language of glyphs that has yet to be identified or deciphered, although they do have a superficial similarity to the markings on SCP-076-1.

カインとアベルを演じている俳優たちは、SCP-076-2とSCP-073と非常に似ていますが、多くの違いが認められています。カインの印は正確ではなく、彼の補綴物は低品質のCGIであるようです。アベルの刺青も不正確で、審美的に美しくデザインされ直されており、エピソードごとに一貫性がありません。彼はまた、常にブレード状の武器を持ち運び、SCP-076-2の特徴であるそれらを召喚する能力を持っていません。
The actors portraying Cain and Able do bear a strong resemblance to SCP-076-2 and SCP-073, however numerous differences have been observed. Cain's mark is inaccurate, and his prosthetics appear to be low quality CGI. Able's tattoos are also inaccurate, apparently redesigned to be more aesthetically pleasing, and are inconsistent between episodes. He also carries his bladed weapons with him at all times and does not possess the ability to summon them in the matter of SCP-076-2.

SCPに基づく他の主要登場人物は:
Other main characters based off SCPs include:

- SCP-191『サイビー』。カインのように、彼女の補綴物はコンピュータで生成されており、100%正確ではありません。特に、彼女は咽頭を持っているように見えますが、実際の191はそれを所持しておらず使用可能なデバイスにインターフェースで接続してやりとりをします。このキャラクターは非常にステレオタイプな思春期直前の女の子の性格と滑稽な落差をつけるためにステレオタイプのロボットの声を持っています。SCP-191とは違って、その性格は非常に活力にあふれ、拉致やその後に行われた切除による心理的または精神的な心的外傷を受けていないようです。しかし、SCP-134との友情はかなり正確に描写されています。
- SCP-191 "Cybie". Like Cain, her prosthetics appear to be computer generated and are not 100 percent accurate. Notably, she appears to possess a voicebox whereas the real 191 does not and typically communicates by interfacing with available devices. The character possesses a stereotypical robot voice intended to comically contrast with her nature as an extremely stereotypical preteen girl. Unlike SCP-191, the character is highly exuberant and does not appear to suffer any psychological or mental trauma from her abduction and subsequent mutilation. Her friendship with SCP-134, however, is depicted fairly accurately.

- SCP-134『ステラ』。彼女の両目のエフェクトはまたしても低品質のCGIです。身体障害者の創作の描写でよくあるように、彼女は実際よりも無力に描かれています。キャラクターは盲目ですが、SCP-134の高機能自閉症はないようです。
- SCP-134 "Stella". The effect for her eyes is again low-quality CGI. As is common for fictional depictions of the disabled, she is portrayed as more helpless than she actually is. Though the character is blind, SCP-134's high-functioning autism appears to be absent.

- SCP-105『アイリス』。彼女はアベルに夢中であり、彼女の外見の大部分は彼に彼女の愛情を報わせようとしています。機動部隊オメガ-7は複数のエピソードで言及されていますが、アルファ-9は言及されず、恐らくシリーズがこれら2つの期間の間に設定されていることを示しています。また、アベルが「熱意を失った」ためにオメガ-7は単に解散したので、収容エリア25aの破壊は起こりませんでした。これはシリーズ内でのアベルらしからぬ非暴力的態度を説明するものかもしれません。
- SCP-105 "Iris". She is infatuated with Able, and most of her appearances involve her trying to get him to reciprocate her affection. While MTF Omega-7 is mentioned in multiple episodes, Alpha-9 is not, possibly indicating that the series is set in between these two time periods. It also appears that the destruction of Containment Area 25a never occurred, with Omega-7 simply disbanding due to Able 'burning out', which may explain his atypical non-violent demeanour in the series.

- SCP-507『グラブノック・ザ・デストロイヤー』。彼の他の現実への転移は元よりずっと頻繁で短く、時にはエピソードごとに複数回発生する場合もあります。彼はグラブノック・ザ・デストロイヤーと呼ばれることを皆に主張しますが、実際のSCP-507はこれをただ一度冗談でしか要求せず、彼のファイルにこれを適切なあだ名として挙げているという事実に反対しています。
- SCP-507 "Grabnok the Destroyer". His jumps to other realities are much more frequent and shorter in nature, sometimes occurring multiple time per episode. He also insists on everyone calling him Grabnok the Destroyer, whereas the real SCP-507 only requested this once in jest and has objected to the fact that his file lists this as a suitable moniker for him.

この文書の執筆時点では、人工知能学会または財団職員は、『ハビルとクァビル』に現れる俳優または場所のいずれも特定できませんでした。
As of the writing of this document, neither Artificially Intelligent Conscripts or Foundation personnel have been able to identify any of the actors or locations that appear in "Habil and Qabil".

『ハビルとクァビル』を特集しているビデオホスティングサイトがシャットダウンされ、ダウンロード動画を消去しシリーズのビデオストリームを検出するためのマルチプラットフォームソフトウェアパッチが送信されました。残念ながら、このシリーズは蛇の手によって利用されている異常なクラウドコンピューティングネットワークに由来しているとの結論に達しました。これは単に『The Dark Web』と呼ばれています。まだ確定していない様々な理由から、財団エージェントはこのネットワークにアクセスできません。
The video hosting site featuring "Habil and Qabil" has been shut down, and a multi-platform software patch has been sent out to automatically delete downloads and detect video streams of the series. Unfortunately, Intelligence has come to the conclusion that the series originates from an anomalous cloud computing network utilized by the Serpent's Hand, simply referred to as the "The Dark Web". For reasons that have yet to be determined, Foundation agents are unable to access this network.

この異常なネットワークに侵入し、最終的にシャットダウンすることが、『ハビルとクァビル』、及びその他(重大ではないにしろ)セキュリティ違反同然の事態の封じ込めにおける現在の主目的です。
Infiltrating and ultimately shutting down this anomalous network is currently the primary objective for containment of "Habil and Qabil", and likely other equally (if not greater) security breaches.

現在利用可能な『ハビルとクァビル』のエピソードはすべてダウンロードされ、暗号化された外付けハードドライブに保存され、サイト-15のセキュリティロッカー内に保管されます。以下は、適切なクリアランスの多数の財団職員が集めた『ハビルとクァビル』のシーズン1のエピソードの要約です。
All currently available episodes of "Habil and Qabil" have been downloaded and are stored on an encrypted external hard drive, kept within a security locker at Site-15. Below is a summary of Season 1 episodes of "Habil and Qabil" compiled by numerous Foundation personnel with the appropriate clearance.

エピソード番号101、 『パイロット』
Episode # 101, "Pilot"

あらすじ: カインはサイト-17でのいつもの日課を行っていた時に、アベルが待っているレセプションに呼ばれた。アベルはここの所盛んに殺害を行っていないため高セキュリティレベルの施設に収容する必要はないといった見え透いた口実によりサイト-19に移動させられた。アベルはSCP-458を使いたいがために食堂に向かうことを主張する。彼らが箱を手に入れると、カインはアベルにサイト-17の案内をする仕事を遂行する。
Synopsis: Cain is going about his typical routine at Site 17 when he is called to reception, where Able is waiting. Able has been transferred from Site 19 on the flimsy pretext that since he hasn't gone on a killing spree for a while it is no longer worth the cost of keeping him in a high-security facility. Able insists on heading to the canteen so that he can use SCP-458. Once they have the box, Cain goes about the task of familiarizing Able with Site 17.

彼らは、サイビー、ステラ、数体のSCP-1926実体、識別不明ながらもSCP-706のつもりで登場したのであろう等身大の生きた人形との茶会に参加する。アベルの話は陰鬱かつ虚無主義的で、しかも彼は想像上の茶という概念を把握できず、茶会を台無しにしてしまう。
They join a tea party with Cybie, Stella, several instances of SCP-1926, and a life-sized living doll which is never identified but may be intended to be SCP-706. Able ruins the party with his morbid and nihilistic dialogue, and his inability to grasp the concept of imaginary tea.

グラブノックはアベルに出会い恐れかしこまり、すぐに彼に三目並べの勝負を挑む。アベルはそれを断るが、彼はボードを持っていればリスク3を喜んで遊ぶだろうと言う。グラブノクは熱心に受けて立った。これが起こっている間、アイリスはカインにアベルに関する情報、具体的には彼らが寄りを戻すのを助けるかもしれない情報を強要している。ゲーム中にグラブノックが「跳んだ」。
Grabnok is awestruck to meet Able and immediately challenges him to tic-tac-toe. Able declines, but says he would be willing to play Risk with him if he has a board. Grabnok eagerly accepts. While this is happening, Iris is pressing Cain for information about Able, specifically anything that might help them get back together. Grabnok 'jumps' during their game.

グラブノックが戻ってくるのをアベルが待っている間、アイリスはアベルといちゃつこうとしたが、彼が彼女を覚えていないと告げると、アイリスは激怒してボードをひっくり返すのみに終わった。カインは、一体何事かとアベルと真剣に話そうとしたが、それは徒労に終わった。イースターバニーの衣装を着て帰還したグラブノックは、アベルをボードをひっくり返した癇癪野郎と非難する。
While Able is waiting for him to return, Iris attempts to flirt with him, only to become enraged and flip their board over when he claims not to remember her. Cain attempts to have a serious conversation with Able to find out what's going on but makes little progress. Grabnok returns in an Easter Bunny costume and accuses Able of being of sore sport for flipping over the board.

財団による解説: SCP-076-2は主に収容エリア25a/bに常に収容されており、サイト-19に留めていたとしたら、容認できないほど高い収容違反のリスクに晒されたでしょう。このリスクは彼が機動部隊オネガ-7とサイト-19に赴任した時に大量の収容違反を引き起こしたときに実証されました。2回も。同じ日に。
Foundation Commentary: SCP-076-2 has always been primarily contained at Containment Area 25a/b, and keeping him at Site 19 would pose an unacceptable risk of a mass containment breach. This risk was demonstrated when he was on assignment at Site 19 with MTF Omega-7 and caused a mass containment breach. Twice. On the same day.

エピソード番号102、 『今までずっと俺の名前を間違えて綴ってたな!』
Episode # 102, "You've Been Spelling My Name Wrong All These Years!"

あらすじ: 彼の移籍に関連した書類を記入しながら、アベルは財団が彼の名前をA-B-L-Eと綴っているのを発見し、本来はA-B-E-Lという綴りであると彼は主張した。DMV版では、この後にアベルとグラブノックが財団上層部と取引し、彼らの名前を「アベル(Abel)」と「グラブノック・ザ・デストロイヤー」に正式に変更するよう交渉するエピソードが続く。彼らはどちらも失敗し、そして彼らの公定名は彼らが自分自身をどのように見るかよりも大した問題ではないと気付く。
Synopsis: While filling out paperwork related to his transfer, Able discovers that the Foundation spells his name A-B-L-E, and he insists it's supposed to be spelt A-B-E-L. A DMV style episode ensues wherein he and Grabnok deal with the Foundation's bureaucracy in attempting to get their names officially changed to Abel and Grabnok the Destroyer. They both fail and realize that their official names don't matter as much as how they view themselves.

サブプロットでは、カインとアイリスが、サイト-17で誤って解き放たれたSCP-1370を捕まえようとする。最も注目すべきシーンはSCP-1370がステラとサイビーを攻撃しようとするときですが、愚か故に、彼女達は1370が自分たちを傷つけようとしていることに気付かないというものである。彼女達は1370を人形のように扱い、プリンセス・プリシラ・パイという名前を受け入れさせる。
There is a secondary plot where SCP-1370 is accidentally set loose in Site 17 with Cain and Iris trying to capture it. The most notable scene is when SCP-1370 tries to attack Stella and Cybie, but due to its incompetence, they fail to realize it's trying to hurt them. They treat it like a doll and get it to accept the name of Princess Priscilla Pie.

財団による解説: 気になった方のために書いておきますが、SCP-076-2に名前があるかどうか尋ねたとき、彼は単に「アベル」と答えました。それを綴る方法を尋ねられたとき、彼はただ唸るだけでした。インタビュアーは英語の単語ableとしてそれを書きましたが、これは聖書のアベルとのつながりを思いつかなかったからかもしれませんが、それ以来私たちはそれをそう綴ってきました。SCP-076-2にとってこれに問題があったにしろないにしろ、彼は何も言いませんでした。
Foundation Commentary: For those who may be curious, when SCP-076-2 was asked if he had a name, he simply replied 'Able'. When asked how to spell it, he merely growled. The interviewer just wrote it down as the English word able, perhaps not making the connection to the biblical Abel, and that's how we've spelt it ever since. If SCP-076-2 ever had an issue with this, he never said anything.

エピソード番号103、『パンドラの箱』
Episode # 103, "Pandora's Box"

あらすじ: グラブノックがアベルとリスクを遊んでいる最中に再び跳んだ後、アイリスは彼の代わりに遊ぶと言い出した。アベルは渋々受け入れる。2人は過去のこと(アベルは彼女を覚えていないことについて嘘をついていたと認めた)、2人はオメガ-7在任中に行なってきた任務については言い紛らしつつ、彼らの関係性に主に焦点を当てて、昔の話をする。
Synopsis: After Grabnok once again jumps during a game of Risk with Able, Iris offers to take his place. Able reluctantly accepts. The two discuss their past (Able admitting he was lying about not remembering her), focusing mainly on their relationship while glossing over their actual work in Omega-7.

オメガ7の在任期間中のどこかで殺すことに対する情熱を失ったこと、そしてそれは彼女と何か関係があるかもしれず、それが彼が彼女を愛させるのか憎ませるのかは分からないと告白する。彼女は彼にそれが分かった時自分を抱くか、殺すか、どちらかをするように言う。グラブノックは小麦粉に覆われて再び現れ、アイツら、僕をケーキに焼こうとしやがった、と叫んだ。
Able confesses that sometime during his tenure with Omega-7 he lost his passion for killing, and that may have had something to do with her, and he's not sure if that makes him love her or hate her. She tells him to either come fuck her or kill her when he figures it out. Grabnok reappears covered in flour and exclaims they tried to bake him into a cake.

サブプロットはカインが母国語を女の子達に教えようとするが、誤ってKeter級の生命体を召喚する。
The secondary plot involves Cain trying to teach his native language to the girls, only to accidentally summon a Keter-class lifeform.

財団による解説: SCP-076-02の公式の心理学的プロファイルが明らかなので、アベルは性的またはロマンチックな関係に関心がなくそのどちらの話題にも興味を持ったということが確認されていません。しかしながら、勝負でSCP-105が特異な技能で彼を打ち負かすことが出来た後彼は彼女に対してらしくないほどの尊敬を示しています。それは彼が感じることのできる愛情に最も近いものかもしれません。
Foundation Commentary: As SCP-076-02 official psychological profile makes clear, Able has no interest in either sexual or romantic relationships and was never known to engage in either. He did, however, show SCP-105 an uncharacteristic amount of respect after she managed to defeat him in a contest of anomalous skills, which may be the closest thing to love he's capable of feeling.

エピソード番号104、『私は失敗作』
Episode # 104, "My Primary Function Is Failure"

あらすじ: サイビーは自身が普通のサイボーグなのに対し、カインは『アブラハムの神に呪われさらに抑えきれない征服から我々の現実を守るために歴史から消さなければならなかった強力な闇の魔術と血に飢えた一族によって作られた』魔法のサイボーグなので劣等感を覚えていることをステラに告白する。
Synopsis: Cybie confesses to Stella that she feels inferior to Cain since she's just a regular cyborg, whereas he is a magic cyborg "Cursed by the God of Abraham and forged by the dark and powerful alchemy of an ancient and bloodthirsty race whose very existence had to be wiped from history to safeguard our reality from their unquenchable conquest!".

彼女はカインの能力のいくつかを模倣しようとし、失敗して落ち込んでしまう。カインは彼女がすることが出来て彼には出来ないこと全て(ほとんどコンピューター関連)を指摘することによって彼女を慰める。
She attempts to emulate several of Cain's abilities and becomes depressed when she fails to do so. Cain comforts her by pointing out all the things she can do (mostly computer related) that he can't.

サブプロットには、カイン、アイリス、グラブノックが登場し、それぞれがアベルは今まで談話室で寝ていたため自分達の部屋に移るよう説得する。彼は彼との交流歴がないのでグラブノックを選ぶ。
The secondary plot involves Cain, Iris, and Grabnok each trying to convince Able to move into their room with them, as he had hitherto been sleeping in the common room. He chooses Grabnok since he doesn't have a history with him.

財団による解説: 財団の考古学および人類学部門はまだこのエピソードのSCP-073の起源についての説明を証明もしくは反証できていません。
Foundation Commentary: The Foundation Archeological and Anthropological departments have yet to prove or disprove this episode's account of SCP-073's origins.

エピソード番号105、『シャイなガイ達の夜の外出!』
Episode # 105, "Shy Guy's Night Out!"

あらすじ: アベルはカインに退屈していることを伝え、彼らとグラブノックで夜の男子会を行うことを要求する(これはサイト-17のセキュリティが最小限であるため収監者が基本的にいつでも出ていくことが可能であるというジョークとして扱われている)。アイリスがついていこうとすると、アベルは彼女にSCP-096の写真を渡し、直ちに敵対的状態になったそれは彼女を追いかけた。
Synopsis: Able tells Cain that he's bored and demand that they and Grabnok have a guys night out (it's treated as a joke that the security at Site 17 is so minimal the residents can essentially leave at will). When Iris attempts to tag along, Able gives her a photo of SCP-096, which immediately enters its hostile state and comes after her.

アイリスは096が彼女に追い付くのを防ぐために彼女の能力を使うことを余儀なくされ、常に写真に集中し続けることを余儀なくされた。これはエピソードのサブプロットを構成する。
Iris is forced to use her abilities to prevent 096 from reaching her, necessitating she remain focused on the photo constantly. This comprises the secondary plot of the episode.

男達が最初に向かったバーにはカインが誤って破壊する木製家具が多すぎた。その後彼らは独身者向けバーに行き、そこでアベルはカインとグラブノックのサポート役として行動しようとするが、戯れようとする試みはすべて悲惨に終わる。彼らが3番目に行った場所はカラオケバーであり、彼らの歌はとても酷いもので、彼らは舞台から追い出され逃げなければならなくなった。
The first bar the guys go to has too much wooden furniture which Cain inadvertently destroys. They then go to a single's bar where Able attempts to act as a wingman for Cain and Grabnok, but all attempts at flirtation end disastrously. Their third stop is a Karaoke bar, and their singing is so terrible that they are chased off stage and forced to flee.

次のシーンは次の夜に移り、男組は談話室でサイビーとステラと一緒にファインディングニモを見て、ここが最も快適な場所であると受け入れた。疲れ果てて髪や服装が乱れたアイリスが怒って入ってきて096の写真をアベルに投げ、彼女はそれが諦めるまで27時間戦わなければならなかったと言った。アベルが謝罪しないので彼女は部屋を飛び出した。
The next scene is set the following night where the guys are with Cybie and Stella in the common room watching Finding Nemo, accepting that this is where they're most comfortable. An exhausted and dishevelled Iris comes in angrily and throws the photo of 096 back at Able, saying she had to fight it for 27 hours before it gave up. She storms out when Able does not apologize.

アベルは写真を見る、そして場面は変化し096が悲嘆の声をあげ顔をかきむしるが逃亡しようとしない。これは過去にアベルを倒すことができなかったことを示している。アベルは得意げにニヤリとした。
Able looks at the photo, and we cut to 096 wailing and clawing at its face but making no attempt to escape, indicating that it has failed to defeat Able in the past. Able smirks smugly.

財団による解説: コンピュータ生成のSCP-096の描写は反応を誘導せず、安全に見ることができます。SCP-096はSCP-682との戦闘から27時間後に降伏したが、これは一回限りの出来事であり、これが実際に敵対的状態の上限を表しているかどうかは不明です。O5理事会と倫理委員会の両方で、セキュリティ問題と予算上の両方の理由から、この問題に関するさらなるテストの要請が満場一致で一貫して否定されました。
Foundation Commentary: The computer-generated depiction of SCP-096 does not induce a response and may be viewed safely. Though SCP-096 did surrender after battling SCP-682 for 27 hours, this was the only such incident and it is unknown if this truly does represent an upper limit for its hostile state. Requests for further testing on this matter had been unanimously and consistently denied by both the O5 Council and the Ethics Committee for security and budgetary reasons, respectively.

エピソード番号106、『アベルとグラブノックの多次元世界探索!』
Episode # 106, "Able And Grabnok Travel The Multiverse!"

あらすじ: グラブノックが跳んでいる際アベルはうっかり彼に触れ、異次元世界に引っ張られてしまう。実際のSCP-507とは異なり、グラブノックは明らかに飛ぶ直前に数秒間の予備時間を有しており、アベルに彼に捕まっているよう伝えることができた。
Synopsis: Able inadvertently touches Grabnok while he's jumping, getting pulled along to an alternate universe. Unlike the actual SCP-507, Grabnok apparently has a few seconds of warning before he jumps and can tell Able when to grab onto him.

彼らは最終的に元の世界に戻る前に、複数の次元世界を通過することになった。グラブノックは謝罪するが、アベルはここ最近で最も楽しかったことそしていつか再び彼についていくかもしれないと彼に伝えた。
They end up going through multiple universes before finally returning to their base reality. Grabnok apologizes, but Able tells him it was the most fun he's had in a while and might tag along with him again sometime.

サブプロットでは、アイリスがカインに(彼は不死身であるにもかかわらず、より健康的な食生活をするようにと)野菜を食べさせようとし、お約束通りの結果に終わる。
The secondary plot involves Iris trying to get Cain to eat some vegetables (eating healthier despite being immortal), with predictable results.

財団による解説: このエピソードに示されているすべての次元世界は、SCP-507によって確認されているかあるいは財団に知られているものです。ある時点で彼らはSCP-093に関連する世界を訪問する。そこでアベルがいくつかの不浄を撃退する間、グラブノックは頻繁に彼に「脚をやれ!」と叫ぶ(不浄には脚がない)。
Foundation Commentary: All the universes shown in this episode are alternate realities either documented by SCP-507 or otherwise known to the Foundation. At one point they visit the reality associated with SCP-093, and Able fights off several of the Unclean while Grabnok frequently shouts at him to "Go for the legs!" (the Unclean do not have legs).

エピソード番号107、『これだからクロステストをやめたんだ!』
Episode # 107, "This Is Why We Stopped Cross Testing!"

あらすじ: グラブノックはピザのほかにも別のものがSCP-458から出ることを願ってSCP-914の「Very Fine」設定で入力することを決める。ボックスはピザハットボックスとなり、ボックスも、それが生成するピザも、完全な知性を持つようになった。
Synopsis: Grabnok decides to run SCP-458 through SCP-914 on it's 'very fine' setting, in the hopes of getting more than just pizza out of it. The box becomes a Pizza Hut box, and is also fully sapient, as are the pizzas it spawns.

ピザ達は地球上で支配的な生命体である人類を倒そうとする。アベルはすべてのピザ達を打ち負かすが、箱を破壊することは出来ないので、それをSCP-914に入れなおして元の状態に戻した。
The Pizzas attempt to overthrow Humanity as the dominant life form on earth. Able defeats all the Pizzas but is unable to destroy the box, so they stick it back in SCP-914 and turn it back to normal.

サブプロットでは、アイリスがサイビーとステラに「性教育の基礎知識」を解説しようとするものの、すぐさまアベルとの関係についての話を過剰に含んだ、不適切なものとなった。
The secondary plot involves Iris attempting to explain 'the birds and the bees' to Cybie and Stella, which quickly becomes inappropriate, as well as involving far too much of her relationship with Able.

財団による解説: SCP-458は全てのエピソードに「イースターエッグ」として登場しますが、この回がそれが主要なプロットポイントである初めてかつ唯一ものです。特に興味深いのは出演者がSCP-458を使用するたびに、彼らが基づいているSCPの実際のお気に入りのピザを作り出すことです。実際、このシリーズ内のSCPでSCP-458は唯一目立った不正確さがありません。『ハビルとクァビル』のプロデューサーの1人がこのSCPオブジェクトに執着しているかもしれないと疑われています。
Foundation Commentary: While SCP-458 appears in every episode as an 'easter egg' this is the first and only occasion where it is a major plot point. Of particular interest is the fact that every time a cast member uses SCP-458, it produces the actual favourite pizza of the SCP they are based on. In fact, SCP-458 is the only SCP in this series with no noticeable inaccuracies. It is suspected that one of "Habil and Qabil's" producers may have an obsession with this SCP object.

エピソード番号108、『避けられない宿命の大乱闘!』
Episode # 108, "The Ultimate Showdown of Ultimate Destiny!"

あらすじ: このエピソードはほぼ完全にCGIである。舞台はWWE仕様のファイティングリングである。帰還したチャンピオンSCP-682は、以前の挑戦者であるSCP-173、076-2と096、新人SCP達 [[[scp-029 |029]]、035049および106に対してタイトルを防衛しなくてはならない。
Synopsis: This episode is nearly entirely CGI. It's set in a WWE style fighting ring. The returning champion is SCP-682, who must defend his title against former challengers SCP-173, 076-2 and 096, as well as newcomers SCPs 029, 035, 049 and 106.

アベルのこのエピソードでの行動は、ドウェインの『The Rock』中のジョンソンのレスリングキャリアに似ている。審判員はSCP-963を身に着けた男性であり、SCP-166はリングガールとして登場し、アナウンサーは大変分かりにくい解説を行うSCP-2337である。
Able's behaviour in this episode is similar to Dwayne "The Rock" Johnson's during his wrestling career. The referee is a man wearing SCP-963, SCP-166 serves as a ring girl, and the announcer is SCP-2337, who provides a largely incomprehensible commentary.

682と敵のタッグチーム(アベルと029、173と096、049と助っ人として035を装着した106)との試合は3戦あり、さらにSCP-1048とその無数の複製体が参戦した飛び入り自由の最終ラウンドがある。
There are three rounds where 682 takes on its opponents in tag teams (Able and 029, 173 and 096, and 049 with 106 wearing 035 for part of the round) and a final free for all which includes SCP-1048 and a large number of its duplicates.

勝者が宣言される前に、多数の財団のセキュリティスタッフがリングに押し入り、全てのSCPを再収容した。アベルの人格はテリー・マロイのものに変わり、優勝していれば自身が如何ほど大きな顔を出来る身になれただろうか、と不平をこぼした。
Before a victor can be declared numerous Foundation security personnel break into the ring and recontain all SCPs. Able's persona changes to Terry Malloy, complaining about how he could have been a contender.

番組はアベルが「これがオレのサイト-19での生活さ」と言う生の撮影シーンに切り替わる。他のキャラクター達がぽかんとしてアベルを暫くの間見つめる中、グラブノックは「アホ抜かせ」とツッコミを入れた。
The show then cuts to a live action shot of Able who says "And that's what my life at Site 19 was like." The other characters stare at him blankly for a moment before Grabnok says "Bullshit."

財団による解説: 正確性に欠ける描写が多々ありますが、例を挙げれば、他のSCPの視線内で173が動くことが可能なこと、他のSCPが顔を見ることが出来ているにもかかわらず096が682のみを攻撃すること、106がビデオゲームポータルのチェルに似た方法でポータルを使用していることを含みます。SCP-2337が非常にうるさくイライラさせることから、おそらく最も正確な描写をされています。
Foundation Commentary: Inaccuracies are numerous but include 173 being able to move while in line-of-sight of other SCPs, 096 only attacking 682 despite other SCPs being able to see its face, and 106 using portals in a manner similar to Chell from the video game Portal. SCP-2337 is probably the most accurate portrayal, as it is extremely loud and irritating.

エピソード番号109、『Keter任務』
Episode # 109, "Keter Duty"

あらすじ: 新しく捕獲された大型のブロブフィッシュ[[footnote]Psychrolutes marcidus[[/footnote]]に似ているKeterクラスの実体は一時的収容のためにサイト-17に持ち込まれ、他の場所に移動できるようになるまでカインとアベルはそれを世話をするよう任命された。SCiPは比較的おとなしいが2人の守衛の間にはかなりの緊張があることに気付く。
Synopsis: A newly captured Keter-class entity resembling an oversized blobfish4 is brought to Site 17 for temporary containment, and Cain and Able are assigned to look after it until it can be moved elsewhere. The entity is relatively docile but notices that there's a good deal of tension between its two guards.

ついに彼らは、幾千年もの間2人が疎遠になったのはどちらの所為なのかと口論になり、この機会を利用して脱走と1000人単位の殺戮を行う。
It eventually gets them arguing with each other over whose fault it was they've been estranged for so many millennia and uses the chance to escape and kill thousands.

サブプロットでは、サイビーがウィルスに感染して多数の誤作動を起こし、彼女が回復するまで周囲の者が後処理をする羽目になる。
The secondary plot involves Cybie catching a virus and experiencing numerous malfunctions that the others have to deal with until she recovers.

財団による解説: このエピソードは、変則的に暴力的で、Keterの実体は最終的に爆発するまでにほとんどの犠牲者を食べました。
Foundation Commentary: This episode was atypically violent, with the Keter entity eating most of its victims until it eventually exploded.

エピソード番号110『データ削除済』5
Episode # 110, "Data Expunged6

あらすじ: グラブノックはカインに、彼がアベルとの交友の中で得た彼の心理についての私見を提供することで、彼に様々な機密情報を明らかにさせようとする。
Synopsis: Grabnok attempts to get Cain to reveal various pieces of classified information to him, by offering him insights into Able's psyche he has gained during their friendship.

カインは彼に、SCP-447は死体にモンスター・マッシュを踊らせるのだとか、110-モントークとはSCP-231-7にニッケルバックを聴かせることだとか、SCP-055は本当は単なる記憶処理剤貯蔵タンクの水漏れで、誰もその修繕の必要性を思い出せない現象だ、ということを信じ込ませることができたため、グラブノックが極めて騙されやすいことが判明してしまう。
Grabnok proves extremely gullible, as Cain is able to convince him that SCP-447 causes dead bodies to do the monster mash, 110-Montauk is making SCP-231-7 listen to Nickelback, and that SCP-055 is really just a leak in an amnestic storage tank that no one can remember to fix.

グラブノック引き換えに、アベルは両親の農場での幼少期についてよく考えており、彼はそれを取り戻すことを望んでいるが、それはカインのことを許すのに十分ではないと伝える。カインは悲しげにうなずき、彼の業務を行うために去る。
In exchange, Grabnok tells him that Able thinks a lot about their childhood on their parents' farmstead, wishes he could have it back, but that's not enough to forgive Cain for what he did. Cain nods sadly and leaves to attend his duties.

サブプロットでは、アベルとアイリスが女の子達をサイトの図書館に連れて行き、サイビーは子供用のイラスト付きの聖書を見つけ、アベルが本と同じ人かどうかを尋ねる。彼の名前は明らかに別の綴りであるため、彼は違うと答えるが、アベルの殺害に対する彼の暴力的な反応は、彼がそうであることを暗示している。
In the secondary plot, Able and Iris take the girls to the Site's library, where Cybie finds a children's illustrated bible and asks if Able's the same one from the book. He replies no since their names are spelt differently apparently, but his violent reaction to Abel's murder implies that he is.

財団による解説: いいえ、ニッケルバックは処置110-モンタークに関与していません。これはモニタリング担当者が音響機器を消すことが許可されている理由ではありません。
Foundation Commentary: No, Nickelback is not involved in Procedure 110-Montauk. That is not why monitoring personnel are permitted to turn the audio off.

エピソード番号111、『LOL財団』
Episode # 111, "The LOL Foundation"

あらすじ: スタッフは表向きには彼らについてもっと学ぶためだが実際には彼らを苦しめるためだけにメインキャラクター達に様々な実験を施す。これらの検査の多くは、明白な理由がないのにDクラスを殺すことを伴う。
Synopsis: The staff put the main characters through different tests, ostensibly to learn more about them but really just to torment with them. Many of these tests involve killing D-class for no apparent reason.

グラブノックが遂にキレて財団に反対するSCP達の蜂起を先導する。彼は容易にサイトの核爆弾のコントロールを得て、彼の要求が満たされなければそれを爆発させると脅す。
Grabnok is the one to finally snap and lead an uprising of SCPs against the Foundation. He easily gains control of the site's nuclear bomb and threatens to detonate it unless his demands are met.

彼のスタッフへの要望は基本的に、スタッフが実際の財団プロトコルとポリシーに従って行動することだったので、それらは承諾される。サイト-17に火曜日のタコス会が開かれることを除いて、すべてが正常に戻る。
As his demands are basically that the staff conduct themselves according to actual Foundation protocols and policies, they are granted. Everything goes back to normal, except that Site 17 now has a Taco Tuesday.

財団による解説: Dクラスの人材の月額契約終了に関する複数の陰鬱なジョークが含まれるため、このエピソードを雇用1ヶ月未満のDクラスに見せないことをお勧めします。この噂を強固にすることは新しいDクラスのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。
Foundation Commentary: It is advised not to show this episode to D-class who have been in service for under a month, as it makes multiple morbid jokes regarding the alleged monthly termination of D-class personnel. Reinforcing this rumour to new D-classes would likely negatively affect their performance.

エピソード番号112、『049、049、049!!!!!!』
Episode # 112, "049, 049, 049!!!!!!"

あらすじ: このエピソードは珍しいことに財団研究員、新人若手研究員のグループを訓練するロック博士に焦点を当てている。ロック博士は、若い研究員により無名のSCPのいくつかを示し、主なキャストや他の「古典的な」SCPに彼らが執着することに苛立ってしまう。
Synopsis: This episode is unusual and that it focuses on a Foundation researcher, Dr. Locke, training a group of new junior researchers. Dr. Locke attempts to show the young researchers some of the more obscure SCPs, only to become frustrated with their obsession with the main cast and other 'classic' SCPs.

最終的に彼らはサイト-19から最近の最終対決に関する賭け金を徴収すると主張するSCP-049に遭遇する。新人研究員達は彼に「私こそが救済だ」と言うようやかましく要求し、彼がそれに応じると喜んだ。
Eventually they encounter SCP-049, who claims to have wandered over from Site 19 to collect on a wager regarding the most recent Ultimate Showdown. The new researchers all clamour for him to say "I am the cure", and are elated when he obliges.

この時点でロック博士はSCP-049にがなり散らし始め、彼の衣装は歴史的に正確ではなく彼の対話がどんなに誇張されているのか指摘する。SCP-049は新人研究員の反応に気を善くし「先生私の治療はこの上なく効果的なのだよ」と答える。
At this point Dr. Locke starts ranting at SCP-049, pointing out how his costume is not historically accurate and how hammy his dialogue is. SCP-049 responds with "Good sir, my cure is most effective", much to the delight of the young researchers.

ロック博士がSCP-049の顔面にパンチし、エピソードは終了する。
Dr. Locke punches SCP-049 in the face, and the episode ends.

財団による解説: 若手研究者は、なぜ自分が好きなSCPが最高なのかを正当化するためにそれの評価を引用することがよくあります。はっきり申し上げると、データベースの評価システムの実際の目的は[データ削除済]です。
Foundation Commentary: The junior researchers often cite the ratings of their favourite SCPs to justify why they're the best. To clarify, the actual purpose of the database's rating system is [DATA EXPUNGED].

エピソード番号113、『お願いだから、自分を抑制して』
Episode # 113, "Please, Contain Yourself"

あらすじ: 女の子達の面倒を見ている間、アベルはステラの障害に苛立ち、物理的に彼女を叩いた。彼はすぐに恐怖を感じ、走り去る。出演者が彼を探しに行くと、カインはアベルが家具を使って自分自身のための初歩的な封じ込め区域を建設して地下室にいるのを発見した。
Synopsis: While looking after the girls, Able becomes frustrated with Stella's limitations and physically hits her. He's immediately horrified and runs off. The cast goes looking for him, and Cain eventually finds Able in the basement, having constructed a rudimentary containment area for himself using the furniture.

アベルはサイト-17にいるべきではないと主張し、他の化け物と一緒にサイト-19に戻るべきだと主張する。彼はエージェント・███████が死亡して以来、彼は人間に感情移入をしそして誰も殺すことができない点にまで怒りが静まったと発言する。しかし彼はまだ皆にとって危険なので、SCP-076-1に永遠に閉じ込められるべきだと言う。
Able claims that he doesn't belong at Site 17 and that he should be back at 19 with the other monsters. He says that ever since the death of Agent ███████, he's been feeling more empathy for people and less rage until it eventually got to the point he couldn't even kill anymore. He's still dangerous to everyone though, so he should stay locked up in SCP-076-1 forever.

カインは何千年も前にアベルを殺した後、彼がそのように感じたこと、そしてなぜ彼が今できるだけ多くの人を助けることに専念しているかを言う。檻の中の怪物はまだ怪物であり、アベルが贖罪を望む場合自らそれを得る必要があるが、カインは進んで助けてくれる。
Cain says that that's how he felt after he murdered Able all those millennia ago, and why he now dedicates himself to helping others as much as possible. A monster in a cage is still a monster, and if Able wishes for redemption he'll have to earn, but Cain is willing to help.

アベルは兄の申し出を受け入れ、謝罪に向かう。ステラは受け入れるが、彼女とサイビーは公正な報復として枕で彼を攻撃する。カメラはSCP-1867を含む水槽に視点を移し、「そうやってワンダーテインメント博士は超越瞑想の本当の価値を学んだのだよ、私の友人達。おやすみなさい」と言う。
Able accepts his brother's offer and goes to apologize. Stella accepts, but she and Cybie assault him with pillows as fair retribution. The camera pulls out and focuses on an aquarium containing SCP-1867 who says "And that my friends is how Doctor Wondertainment learned the true value of Transcendental Meditation. Goodnight."

財団による解説:このエピソードは「非常に特別なエピソード」を試みたようです。率直に言って、SCP-076-2のそのような描写は終了された無数の職員と一般市民に失礼です。さらにこのエピソードはシリーズの全体的な雰囲気と比べるとやや不快感を感じました。カインとサイビーのスクリーン時間を最小限に抑え、彼らが映るときは彼らの補綴物が曖昧に見えるよう戦略的な角度から撮影されていることから、生産者はこの時点でCGI予算を使い果たしてしまった疑いがあります。
Foundation Commentary: This episode appears to have been an attempt at 'a very special episode'. Quite frankly, such a portrayal of SCP-076-2 is disrespectful to the countless staff and civilians terminated by it. It was also somewhat jarring when compared to the overall tone of the series. It is suspected the producers had exhausted their CGI budget at this point in the series, as Cain and Cybie have minimal screen time and when they are present are shot from strategic angles to obscure the view of their prosthetics.

財団研究者達の総意は、これに資金提供をしていた人物が誰であれシーズン2を依頼する可能性は低いということです。
The general consensus among Foundation researchers is that it is highly unlikely whoever was funding this will order a second season.


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The KoikeSanshouemon's portal does not exist.


エラー: KoikeSanshouemonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4120291 ( 27 Aug 2019 03:58 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License