SCP-4893 Tale

「先生に文字の読み方を教わってから世界が鮮やかになったよ」

ここの花園は植物が好きだった祖母が作ったものだ。

私に文字の読み方を教わった村人は皆私と同様に
「彼女にこれを」

SCP-4893の確保部隊の一員であり、また任務中に暴露者が暴徒化し鎮圧の際に脚をやられ今後任務に就けなくなったことからSCP-4893の収容職員として配属されてしまった。
収容職員なんて

親戚と言うには血縁が遠すぎる男爵から1通の手紙が来た。内容は娘が肺を患ったためこちらに休養にやるのこと。そしてこの手紙が届く頃には娘も到着するだろうと書かれていた。
親類とはいえあまりよく知らない未婚の男の元に娘をやることについてこの人は何も思わないのだろうか。もうここには父も母もいないというのに。それとも、その事すら知らないのだろうか。
彼の中では私がお嬢さんを迎え入れるのは決定事項なのだろう。返信の手紙を書くのも億劫で、何よりお嬢さんがやって来るなら迎えの準備もしなくてはいけない。使用人達、と言っても数えるほどしかいないが、を呼び、客室を掃除するよう伝えた。久しぶりのお客、しかもお嬢様が来るということで彼らは嬉しそうだ。ここに来るのは近くの村の住人ばかりで上流階級の人間が来ることは長らく無かった。そして私はそれを快く思っていない使用人もいるのを知っていた。しかし村の住人は私の数少ない友人だ、それのどこが悪いのだろう。

お嬢さんが到着した。付き人は乳母一人だけだった。

村にお触れが出たらしい。村人は文字を読むことが出来ない。と言うことで私が呼ばれた。お触れの内容を読んでみると「魔法を使う者は悪魔と契約しているためそのような者を見つけた場合は教会に報告するように。またその者を匿った者も同様の罪に問う」といったものであった。また不思議なお触れが出たものだと思いつつ内容を通訳する。

ERROR

The KoikeSanshouemon's portal does not exist.


エラー: KoikeSanshouemonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4120291 ( 27 Aug 2019 03:58 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License