退勤

現在このページの批評は中断しています。


座って。そこに、そう。落ち着いてくれ。君の任期はどれくらいだ?7週間か。そこそこだな。OK。

あー、この施設に関するオリエンテーションは受けてきたか?よろしい。面倒だろうが、改めてここでオリエンテーションを受けてもらう。君の仕事は3日後から始まる。それまでゆっくりと心を落ち着けてほしい。ああ、いや。オリエンテーション自体は今日中に終わる。外で大体3週間くらい研修した後だろう?だから別に詳しく説明するわけじゃない。ただ、おさらいをするだけだ。よし。

この施設はCKに対抗するためにある。CKは過去改変に伴う因果の影響がうんたらかんたら……まあ、難しい話はどうでもいい。とりあえず、この施設は普通の施設じゃ観測できないようなものを観測するための施設だ。この施設はかなり厳重に設計されている。核爆弾で地球が吹っ飛ぼうが、過去をちょちょいと弄ってこの施設を建造できなくしようが、この施設は絶対に残り続ける。もちろん、内側の人間は絶対に死なないようになってる。中長期的なライフラインの切断にも強いし、その気になればこの中の人間が全員寿命を迎えるまでそれなりの生活を続けることができるような構造になってる。この施設で君が死ぬとしたら誰かから殺されるか、機密情報を変に弄りまわすか、自殺するくらいしか手段はない。君がこの施設にいる7週間は、外で何が起ころうと絶対に生存する。誰が呼んだか、ここは"世界で最も安全な場所"だ。

ここを世界で最も安全な場所たらしめてるのはやはり、概念的な保護だろう。ここは完全に閉ざされた環境で何が起ころうとこの施設の中と外は明確に断絶されている、という概念がこの施設には付与されている。だから、ここに入るにはかなりの複雑な手順と多くの人間の合意が必要なんだ。何が言いたいかっていうと、この施設からはそう簡単に出入りすることができない。22.5日に一回、外と内を少しだけ概念的に接続する。その接続の中で物資を内と外でやり取りするんだ。君も体験しただろう?例えるなら……そうだな。常夏のホテルのエントランスをイメージしてもらえばいいか。あの灼熱からエントランスに入った瞬間に来る明確な冷気。あれとは全く異質だが、外から内に入るって点ではまぁ似たようなもんだ。

OK。ここまでは君の知ってたり、体験した通りだろう。これからは、君が外側で教えてもらわなかった話をしよう。といっても伝えられてないのは1個だけだ。それを伝えたらこのオリエンテーションはおしまい。君の自室に案内しよう。

さて、伝えられてないのはこの施設が誰にされたわけでもなく、突然ショパンのノクターン第2番を全体放送で流し始めたときの対処法だ。
まず、この音楽が流されたら全員カフェに集合する。この施設にいる人間はそう多くない。大体7人から10人くらいか。それくらいの人間がカフェに集まる。そして、機械から薬を渡される。それでおしまいだ。薬を飲んでもいい。飲まなくてもいい。それだけだ。

詳しく説明しよう。

まず、空想科学という学問を君は知っているか?これは、世界に異常が出現するのはすべて上位存在によるこの現実への干渉によって行われる、という考え方に基づく学問だ。まずもって、この考え方は到底受け入れにくいだろう。だが、財団はこの学問をある程度認めている。この考え方はある程度の信憑性があると判断されたのだ。

さて、次はノクターンがいつ鳴るかの話をしよう。過去改変の原因が上位存在の時、この曲は鳴る。上位存在が過去改変を実行すると、その改変された瞬間より先の時間は全部切り捨てられる。普通なら、遡及的な改変が現在までされ上書きされるはずだが、そうならない。過去が改変された瞬間に、その先の未来は全部"腐り落ちる"。世界が腐り落ちたとき、この曲は鳴る。

世界が腐り落ちたとき、この施設はどうなるかわかるか?ここはな、"世界で最も安全な場所"なんだ。たとえ世界が腐り落ちようとも残り続ける。そのくらい、ここは頑丈だ。たとえ、この施設以外に世界に何もなくなったとしても、ここには影響が何もないんだ。中の人間の数人だけを残して、世界は勝手になくなっちまう。

カフェに集められた人間に渡された薬は安楽死用のものだ。使って死ぬか、使わずにそのまま寿命まで生き続けるかは自由だ。

この曲が流れてから君がどう生きるか、どう死ぬかは勝手に決めるといい。同僚を枕に誘ってみるのもいいかもしれない。ただ、子供はできないようになっている

君はただ、この長い7週間の中でノクターンが流れないことを祈り続ける必要がある。無事に外に帰れることをともに願おうじゃないか。どうせ外には出られない。君にどれだけ外に出ることを防止する機能があるか教えてあげたくはないんだ。

さぁ、部屋に行こう。今までの寮なんかとは比べ物にならないほど広いよ。ここに来たがる人はいないからね。

ERROR

The H0H0's portal does not exist.


エラー: H0H0のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4094174 ( 07 Jun 2018 14:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License