【翻訳済み】SCP-2209 - Virtual Reality / バーチャル・リアリティ

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-2209
著者: Zacharia HZacharia H
作成日(EN): 2015/8/29
SCP-2209 - Virtual Reality
SCP-2209 - バーチャル・リアリティ
tags: ectoentropic metallic prometheus safe scp sphere
タグ: 外部エントロピー 金属 プロメテウス safe scp 球体

Item #: SCP-2209

Object Class: Safe

Special Containment Procedures: SCP-2209-1 is housed in Secure Storage Unit B-89 at Site-151, with a power outlet modified to comply with SCP-2209-1's wiring system and power requirements. SCP-2209-1 is only to be connected to a power source during authorized testing. When testing is not underway, SCP-2209-2 is to be stored in a standard inanimate item containment locker in Secure Storage Unit B-89. Further testing of scenarios in "Ultra-Realism Mode" requires the authorization and presence of a researcher with minimum Level 3/2209 clearance.

アイテム番号: SCP-2209

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2209-1は、サイト-151の収容保管ユニットB-89に収容されています。当該ユニットには、SCP-2209-1の配線システムおよび電源要件に適合するよう改造された電源コンセントが備え付けられています。 SCP-2209-1には承認を受けた実験中のみ電源を接続するようにしてください。実験が行われていない時には、SCP-2209-2を収容保管ユニットB-89内にある標準的な無生物アイテム収容ロッカーに保管してください。「ウルトラ・リアリズム・モード」のシナリオを追加テストする際は、レベル3/2209以上のクリアランスを持つ研究員の承認と同席が必要です。

Description: SCP-2209-1 is a hollow spherical object with a diameter of approximately 3.8 metres. The outer surface of SCP-2209-1 is composed of stainless steel and bears no textural irregularities, with the exception of a circular entry hatch, a single ventilation grate for the intake/output of air, and a socket connected to a large cluster of removable power and data cabling. A hand lever adjacent to the socket allows power to SCP-2209-1 to be alternated on and off. The hatch is opened and sealed by means of a timed pressure-release mechanism with an embedded handle. Large black print on one side of SCP-2209-1 reads "VRZ PRT-TYP 4512". The internal surface of SCP-2209-1 is composed of white HDPE plastic with an array of electrical lighting and evenly spaced, circular plates of a currently unidentified metal alloy.

説明: SCP-2209-1は、直径約3.8メートルの中空球形をしたオブジェクトです。 SCP-2209-1の外部表面はステンレス鋼で構成されており、円形の出入用ハッチ、空気の吸入/排出を行うための換気口の格子1つ、および太く束ねられた着脱式の電源用/データ用ケーブルに繋がっているソケットを除き、表面に凹凸はありません。ソケットに隣接したハンドレバーによって、SCP-2209-1の電源のオン/オフを切り替えることができます。ハッチは、埋め込み式のハンドルがついた時限式の圧力解放機構によって開放および密封されます。 SCP-2209-1の片側には大きく黒字で「VRZ PRT-TYP 4512」と印字されています。 SCP-2209-1の内部表面は白色のHDPEプラスチックで構成されており、等間隔に並んだ多数の電気照明や、現在のところ未知の合金でできた円形プレートが備えつけられています。

SCP-2209-2 is a full-body suit composed of an inner layer of elastane and a thin outer layer of dark neoprene. Multiple metal nodes on the limbs, hands, chest, and spine of the suit are connected by a complex network of wiring. Fixed to the head of the suit is a large headset with a visor, which connects to a network of smaller, more closely-spaced cranial nodes.

SCP-2209-2は、エラスタンでできた裏地と、暗黒色のネオプレンでできた表地からなるボディースーツです。スーツの四肢、手、胸部、脊柱部についた多数の金属のノードは、複雑な配線網で繋がっています。スーツの頭部には、バイザー付きの大型ヘッドセットが固定されています。また、頭蓋部により密集したノードがあり、小規模な配線網で繋がっています。

When provided with an adequate power source, SCP-2209-1 is capable of recreating a number of complex, presumably predetermined virtual reality scenarios for the subject wearing SCP-2209-2. Test subjects have consistently attested to the total verisimilitude of said scenarios, experiencing sensations and physical effects that cannot be accurately replicated using current conventional technology (refer to Test Log). Upon being sealed within SCP-2209-1 and stepping onto a large central plate, the subject is prompted by an artificial androgynous voice[[█footnote]]Voice will address test subjects in an indistinct dialect, possibly New Zealand English or South African English.[[█/footnote]] to select a scenario. Following voice confirmation, the chosen virtual scenario will be recreated for the subject.

適切に電源が供給されると、SCP-2209-1は、複雑で、恐らくあらかじめプログラムされた多数の仮想現実シナリオを、SCP-2209-2を着用している対象へ追体験させることが可能になります。被験者は一貫して、先述のシナリオ、認識できる感覚、身体への影響が全て本当に起こっているようだと証言します。これらの認識は現在の最新技術を用いても正確に再現することはできません(実験記録を参照してください)。 SCP-2209-1の中に密閉された状態で、被験者が大きな中央プレートの上に足を踏み入れると、被験者は人工的で中性的な声[[█footnote]]声は不明瞭な方言、おそらくニュージーランド英語または南アフリカ英語で話します。[[█/footnote]]にシナリオを選択するように指示されます。音声確認の後、被験者は選択したシナリオを追体験することになります。

SCP-2209-1 and SCP-2209-2 were recovered from a suspected Prometheus Labs facility in ██████, South Africa on ██/02/2007, following a tip received from a Foundation agent operating in the area. A thorough search determined the facility to be abandoned, and failed to produce any links to Prometheus Labs Inc. However, recovered documentation contained multiple references to Simtec Virtual Solutions, an unlisted company.

SCP-2209-1とSCP-2209-2は2007年2月██日、南アフリカ・██████で行動中の財団エージェントから受けた内部情報をもとに、当該エリアにあるプロメテウス研究所との関係が疑われていた施設から回収されました。詳細な調査の結果、施設は放棄されたものと結論づけられました。また、プロメテウス研究所に繋がる手がかりは見つけられませんでした。しかし、回収された資料には、非上場企業であるシムテック・バーチャル・ソリューションズSimtec Virtual Solutions社へ言及した文章が複数含まれていました。

Addendum:

Following Test 2209-024515-B (██/04/2007), it has been determined that SCP-2209-1 possesses limited sapience, and is capable of coherent interaction with subjects. Testing aimed at determining the full extent of SCP-2209-1's sapience is currently under consideration.

For further details, see Test Log 2209-024515.

補遺:

実験2209-024515-B(2007/04/██)の後、SCP-2209-1は限定的に知性を有しており、被験者と整合性の取れたやりとりが可能であると結論づけられました。 SCP-2209-1の知性が及ぶ範囲を完全に特定することを目的とした実験は、現在検討中です。

さらなる詳細は、実験記録 2209-024515を参照してください。


いつもお世話になっております。

SCP-2209 - Virtual Reality / バーチャル・リアリティ
』の翻訳案になります。

原文を青字で、翻訳案を黒字で記載しております。
また、自信のない部分は、原文の該当箇所に下線を引き、翻訳案の該当箇所を赤字にしております。

なお、補足記事『Test Log 2209-024515』はまだ翻訳案が完成しておりません。
翻訳案が完成いたしました。[http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4052664-27-5623]
宜しければこちらも見ていただけると非常に助かります

お時間あるときに見ていただけると幸いです。何卒宜しくお願い致します。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The izumi_sngw's portal does not exist.


エラー: izumi_sngwのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4052664 (18 Jun 2018 18:44)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License