【翻訳案】SCP-7940 - Reaching Higher / より高きに手を伸ばし

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-7940 - Reaching Higher / より高きに手を伸ばし
著者: ParallelPotatoesParallelPotatoes
作成日(EN): 2023/2/21
Rev: rev.9まで反映済み

Tags: alive euclid extremity humanoid immobile intangible sapient scp
タグ: 生命 euclid 体肢 人間型 移動不可能 非実体 知性 scp en


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-7940
レベル1
収容クラス:
euclid
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Special Containment Procedures: SCP-7940 is assigned a humanoid containment cell at Site-403. Due to its low potential for disruption and record of loyalty to the Foundation, it is allowed to freely leave its containment cell to access common areas of Site-403 and areas relevant to its position as Senior Researcher.

特別収容プロトコル: SCP-7940にはサイト-403の人型オブジェクト収容室が割り当てられています。収容違反の可能性が低く、財団への忠誠を示していることから、SCP-7940は収容室を自由に離れ、サイト-403内の共有区域及び上級研究員の職務に関する場所へのアクセスが許可されています。

Description: SCP-7940 refers to Senior Researcher Ryan Tegen, a 30-year-old humanoid male. Its anomalous effect occurs when it attempts to bring its hand 45 centimeters above its head. This will cause an invisible ceiling to manifest above SCP-7940's hand. This ceiling will block the upward movement of SCP-7940 and inanimate objects it is holding, but is completely intangible to other living beings.

説明: SCP-7940は30歳の人型男性で、上級研究員のライアン・ティゲンです。SCP-7940の異常性は頭部から45cmより上の高さまで手を挙げようとした際に発現します。この際、SCP-7940の手の上部に不可視の天井が出現します。この天井はSCP-7940やSCP-7940が手に保持している無機物の動きを阻害しますが、他の生物はこの天井に一切触れることができません。

Discovery: SCP-7940 was discovered on 2/16/2023 when it reported its anomalous properties to its supervisor. It claimed that these abilities might have existed intermittently throughout its life but only became permanent recently. SCP-7940 believed that its diary entries reveal a reason as to its manifestation of anomalous properties. Relevant entries are shown below, with surrounding entries included for context.

発見: SCP-7940は2023/2/16、SCP-7940が自身の異常性を上長へ報告したことで明らかになりました。この異常性は生涯を通して断続的に発現していたものと思われますが、恒久的に発現する状態になったのは最近のことである、とSCP-7940は主張しています。SCP-7940は、自身の日記の記述を見れば異常性の発現理由が分かると考えていました。以下に関連する記述を提示します。なお、前後の関係を示すため、その周辺の記述も付記されています。

Day 1: First day at the Foundation. I can’t say I was expecting to be hired by the shadow government straight out of college, but it pays better than any other job. I don’t know anything about these “anomalies”, but the trainers are saying I’m picking up the science very quickly. I'm excited to start real work here!

1日目: 財団での初日。大学を出てすぐに影の政府に雇われるだなんて想像もしていなかった。しかし、他のどの仕事よりも給料が良い。「アノマリー」とやらについては何にもわからないけど、僕の教育担当たちはみな、ここのサイエンスについて君はすぐに理解できるよ、と言ってくれた。ここで正式に働き始められる日が待ち遠しいね!

Day 3: I finished their basic “What Is An Anomaly?” training course and they’re having me help out with tests. Honestly, I have no clue what I’m doing. College prepared me for real stuff, not a flower that blooms when you speak purple around it. How the hell does that even work? Well, I guess this is real stuff. The point is, I was doing tests like they asked me to, but I don’t understand what the tests are actually doing. Hopefully it will make sense soon, but I’m not sure if it ever will.

3日目: 「アノマリーとは何か?」の基礎トレーニングコースの受講を終え、実験の手伝いをすることになった。正直に言って、何をやってるのか全然わかんない。大学は僕に「真実」を教えてくれた。だけど、「紫」と言ったら咲く花のことは教えてくれなかった。一体どういう仕組みなんだ? まあいいんだ、「真実」はこうだったということなんだろう。それより深刻なのは、頼まれたとおりに実験を行ったけど、その実験が実際はどういったものなのか理解できなかったことだ。すぐ理解できればいいんだけど、できるかどうか不安が残る。

Day 4: Not the best day today. One of the tests went wrong because I mixed up the equipment. The senior researchers didn’t say anything, but I could tell they weren’t happy. Right after that, when I was putting the test materials away in the high cabinets, I think I bumped my hand on something and dropped a bunch of glassware. If they weren’t disappointed earlier, they certainly are now.

4日目: 最良の日、とは言い難い日だった。機材を取り違えたから1つ実験を失敗した。上級研究員の皆さんは何も言わなかったけど、満足していない様子なのは僕でも理解できる。その直後、実験器具をキャビネットの高いところにしまう最中、何かに手がぶつかった。そして、ガラスの器具をたくさん落としてしまった。仮にさっきの失敗が気にされていなかったとしても、今度の失敗で間違いなく失望された。

Day 5: They said they weren’t mad and it's expected for my first week, but that doesn’t change much. I’m not picking this up as fast as I normally pick things up. There’s still a huge wall between me and competence.

5日目: 別に怒ってなどいない、最初の週はこんなものだよ、と皆さんが言ってくれる。だけど状況はあまり変わってない。普段物事を理解する時のような早さで理解することができていない。今の自分とここで求められている力量との間にはまだ大きな壁がある。

Day 6: I bumped my hand when putting equipment away again, dropping all the test tubes I was holding. I really need to be more careful. I didn’t even see what I hit. What if they decide I’m too clumsy for this job? I can’t do this.

6日目: 機材を片付けている時にまた手をぶつけた。そして、持っていた試験管を全て落としてしまった。本当にもっと気を付けないと。何に当たったのかさえ分からなかった。この仕事に向いてないと判断されたらどうしよう? そうならないようにしないと。

Day 8: They said I’m doing good work. They’re just being nice though. I understand what these tests are measuring for, but I don't understand anything about why they are designed this way.

8日目: 良い働きぶりだよ、と先輩方から言ってもらえたけど、気を遣ってるだけだと思う。これらの実験で何を測定しているのかは理解できたけど、何故こんな設計になってるのかが全く理解できていない。

Day 20: I think I’m starting to get the hang of this. It feels like I managed to get through something holding me back. I’m able to help out the other new junior researchers who are struggling on testing their assigned anomalies.

20日目: コツをつかみ始めている気がする。僕を阻んでいた何かを乗り越えられたような、そんな感覚だ。これなら担当のアノマリーの実験で苦労している新人の下級研究員の補助に回れそうだ。

Day 180: The senior researchers assigned me to design a test procedure for an anomaly myself. How the hell do they expect me to do this? I’m not there yet; I still need to improve before I know how to design a test myself. I just know the basics of testing procedures. I’ll do my best, but I’m probably not going to do very well.

180日目: 上級研究員からアノマリーの実験手順の設計を割り当てられた。一体僕に何を期待しているんだろう? 僕はまだその水準まで達していない。実験の設計方法を学ぶ前に直すべきところがまだまだある。実験手順については基礎的なところしか知らない。最善は尽くすけど、たぶんあまりうまくいかないと思う。

Day 185: I hit my hand on the ceiling earlier and bruised it. Stupid low ceilings. And something’s not right with the test. The Hume readings should not be fluctuating this much around the anomaly. The fluctuations don't seem to be affecting it though. Is there something wrong with the test? I’ll need to recheck the design.

185日目: さっき天井に手をぶつけて打撲を負ってしまった。バカみたいに天井が低い。実験も何かが引っかかっている。このアノマリーの周囲でこんなにヒュームの測定値が大きく変動するはずがない。それにこれだけ変動してるのに何も影響が起きていない。実験方法に欠陥があるのか? 設計内容を再確認しないと。

Day 186: I rechecked the test design and I can’t find anything wrong. Did I double check it right? Is it something wrong with me? Fuck, I could get fired. Why couldn’t I get it right the first time?

186日目: 実験の設計内容を再確認したけど、問題は何一つ見つからなかった。ダブルチェックもちゃんとしたはず。僕がミスをしているからなのか? クソ、クビになるかもしれない。なぜ最初の実験の時からうまくいっていないんだ?

Day 188: I hit my hand on something when doing the tests again, and I’m not even sure what it was this time. I was just climbing the ladder to get to the test aperture, and I hit something where I bruised it. I almost fell down the ladder. Fortunately I was able to finish the test, but things are still looking grim though. The test still has major Hume fluctuations. I’m not going to be able to complete this, am I?

188日目: 再実験中に手が何かにぶつかった。今回は何にぶつかったかすらわからなかった。実験用のアパチャーチューブを取りに梯子を上っていたところ、何かにぶつかって打撲をしてしまった。あやうく梯子から落ちるところだった。幸運なことに実験は終えることができた。だが、状況は芳しくない。今回の実験でも大きなヒュームの変動があった。実験の完遂は無理じゃないか?

Day 189: Another obstacle is gone. It turns out there was a malfunction in the reality anchor, which caused the Hume fluctuation. The senior researchers said the test I designed was fine, but I’m sure there’s still room for improvement. There always is.

189日目: 一つ障害がなくなった。現実錨に不具合があり、こいつがヒュームの変動を引き起こしていたことが分かった。上級研究員は僕が設計した実験内容に問題はない、と言ってくれた。けど、まだ改良の余地はあると思う。いつもそうなのだから。

Day 806: They promoted me to senior researcher and assigned me my own anomaly to study. I should be glad, but I’m not qualified for this. I’ve only been here around two years so far. I told the other senior researchers I wasn’t ready, but they insisted that I’m the right person for the job. Let’s hope I don’t mess this up too badly.

806日目: 上級研究員に昇進した。そして、研究対象として専属のアノマリーが割り当てられた。喜ぶべきことなのだろう。だが、今の私にはそれに見合うほどの実力はない。ここに来て2年そこそこしか経っていない。他の上級研究員に私では力不足だと進言したが、君が適任なんだと言われてしまった。ひどいへまをしないようただ祈るばかりだ。

Day 808: I’ve assigned some of the junior researchers to various tests on the anomaly. One of the tests was to see the chemical output’s reaction to iron, but the researcher grabbed the aluminum instead. Not a huge mistake, but it cost us an hour or two to reset the test. I’m sure he’ll do it right tomorrow though.

808日目: アノマリーに関する諸々の実験を下級研究員にそれぞれ割り当てた。その中に、アノマリーが化学的に生成した物と鉄との反応を見る実験があったが、担当研究員が鉄じゃなくてアルミニウムを使ってしまった。大したミスじゃない。だが、実験のやり直しに1、2時間ほどかけてしまった。とはいえ、明日は間違えずにやってくれると思う。

Day 813: The tests are going slowly. It’s not the fault of the junior researchers; I just designed the tests they’re doing inefficiently. We need to finish up these research tasks so the containment specialists can get the right conprocs out.

813日目: 実験の進みは芳しくない。下級研究員たちのせいではない。私の設計した実験内容が非効率なだけだ。収容スペシャリストたちが適切な収容までの道筋を立てることができるようにこの研究タスクは完遂させる必要がある。

Day 815: I tried to change a lightbulb today, but something was preventing me from reaching the outlet. I’ll figure it out and tell someone later though. This damn anomaly takes priority. It’s just not doing what it's expected to, and it’s my fault and I need to focus on it.

815日目: 今日電球を替えようとしたが、何かに阻まれてソケットに手が届かなかった。原因を突き止めて後で誰かに報告をする。あの忌々しいアノマリーの方を優先する。期待に応えることができていない。私のせいだ。こちらに集中しなければ。

Day 825: Why did they make me senior researcher on this project? I'm just a failure. I need to do better on this project but there’s something about me that I just can't change. It doesn’t help that there’s something anomalous preventing me from changing the light bulb. I have too many things to worry about.

825日目: 何故私はこのプロジェクトの上級研究員にさせられたんだ? 私はただの出来損ないだ。プロジェクトについてもっと改善する必要がある。けれど変えることができない何かが私に存在している。何らかの異常性に阻まれて電球が交換できないことに関しても手の付けようがない。懸念すべきことが多すぎる。

Day 830: There’s been a breakthrough, and we are finally making progress. I’m going to host a congratulatory party for Bob, Jane, and Sally; they did excellent work on the tests.

830日目: ブレイクスルーがあった。ついに前進した。ボブ、ジェーン、サリーのために祝勝会を開いてやろうと思う。みんな実験で素晴らしい成果を上げてくれたからね。

Day 840: We finally got our research to a point that the higher ups consider satisfactory. They said it was completed significantly faster than was expected, but I think that’s bullshit. It could have been done better. At the very least, I learned something from the experience, and I’ll be able to do better next time.

840日目: ついに上層部が満足できる状態まで研究を進められた。予想よりもずっと早くこなしてくれた、と言っていただけたが、社交辞令といったところだろう。もっとうまくやれたと思う。少なくともこの経験から学ぶものはあった。次はもっとうまくやってみせる。

Also, I finally changed that light bulb. I’m not sure what was preventing me from doing it, but it seems to be gone now. I logged it as a minor extranormal event.

そういや、結局電球は交換できた。何が私を阻んでいたのかはよくわからなかったが、もう解消されているみたいだ。軽微な超常現象として記録しておいた。

Day 2054: Over the past few years, it’s become clear to me I have some sort of anomalous property. I’m going to report it, but my supervisors will probably remove me from my position since I’m an anomaly. And honestly? I think it’s for the best.

2054日目: ここ数年で、自分が何らかの異常性を持っていると分かった。このことを報告するが、管理官は私を今の地位から外すことになるだろう。何せ私はアノマリーなのだから。正直に言うと、それがベストではないだろうか。

If there’s one thing I’ve learned at this job, it’s that I’ll never be good at it. Or at least, I’ll never be as good as I want to be. Have I improved since I first came here? Yes, certainly. But it’s not enough. I’m still fucking up. I’m still making stupid mistakes. This stuff can get people killed if I keep like this. If they decide I stay as a researcher, I need to improve. I need to get past whatever’s stopping me.

この仕事で私が学んだことが一つあるとすれば、私は有能にはなれないということだ。少なくとも、私がなりたいレベルにはなれない。初めてここに来た時より成長したかと問われれば、当然そうだと言える。だが、それで十分ではないのだ。私はまだ未熟も未熟だ。いまだにありえないミスを犯している。このままでは私のミスで誰かが死んでしまうかもしれない。もし研究者としてとどめる判断をしていただけるのならば、改善しなくてはならない。私を阻むものは乗り越えなくてはならない。

Maybe one day I’ll reach those heights I never could.

いつかまだ見ぬ高みに手の届く日が訪れるかもしれない。


It is believed SCP-7940’s anomalous effects became permanent shortly after the final entry was written. Due to SCP-7940’s record of high quality work, it was considered that strict containment procedures would only serve as a detriment to Foundation operations.

最後の記述が書かれた後、SCP-7940の異常性は恒久的なものになったと考えられています。SCP-7940は質の高い働きを見せてきた実績があるため、厳重な収容プロトコルは財団の活動に悪影響を及ぼすのみであると判断されました。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The izumi_sngw's portal does not exist.


エラー: izumi_sngwのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4052664 (18 Jun 2018 18:44)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License