【翻訳済】SCP-7991 - From Heaven I Watch / 天国から見守ってるよ

このページの批評は終了しました。

【以下、ディスカッションに投稿予定】

出典: SCP-7991 - From Heaven I Watch / 天国から見守ってるよ
著者: Jack WaltzJack Waltz
作成日(EN): 2022/10/6
Rev: rev.13まで反映済み

ソース: Flickr
ライセンス: CC BY 2.0

タイトル: Black Country Living Museum - The Village Centre - Gregory’s General Store - door to the living room
著作権者: Elliott Brown
公開年: 2011
補足:

【ディスカッション投稿予定ここまで】

tags: auditory keter mind-affecting scp sensory
タグ: 聴覚 keter 精神影響 scp 感覚 en

【翻訳済】SCP-7991 - From Heaven I Watch / 天国から見守ってるよ
By: izumi_sngwizumi_sngw
Published on 08 Oct 2022 10:36

SCP-7991

評価: 0+x
thumbnail.jpg

Thumbnail

アイテム番号: SCP-7991

オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: MTF Psi-7 ("Home Improvement") is working with locally implanted surveillance agents and Foundation front companies to bring SCP-7991-affected households under Foundation control. Affected individuals may be interviewed by personnel who have attained a CRI1 score of 5.8/10 or higher.

特別収容プロトコル: SCP-7991の影響を受けた世帯を財団の管理下に置くため、機動部隊プサイ-7 ("リフォーム屋")が、現地の監視エージェント及び財団のフロント企業とともに出動しています。影響を受けた人物に対し、CRI2のスコアが10点中5.8点以上の職員による尋問を行ってください。

Image # 7991-0324
chair.jpg
Last location of Miss ████ ██████ (49), ██, US.
Taken — 08/29/09

Cover-up protocols are to be enacted as appropriate to handle the disappearances of SCP-7991-affected persons.

SCP-7991の影響を受けた人物の消失に対応するため、必要に応じ隠蔽プロトコルを実施してください。

Description: SCP-7991 is a spontaneous and currently unpredictable occurrence that affects individuals who have been alone in their homes for a prolonged period of time, and who will continue to remain so for the duration of the phenomenon in spite of any and all unforeseeable circumstances.3 No pattern or link between affected individuals has been determined, however, SCP-7991 mainly appears to affect those in high-stress, urban environments.

説明: SCP-7991は、長期間一人で自宅にいる人物に影響を及ぼす、自然発生的かつ現在のところ予測が不可能なイベントです。予測不可能な状況にもかかわらず、影響を受けた人物は当現象の持続のため一人の状態を継続します4。影響を受ける人物のパターン及び関連性は特定されていないものの、高いストレスに晒されている都市部の人物が主に影響を受けているとみられています。

Once afflicted by SCP-7991, the subject will complete their daily routine before returning to their bedroom. They will then move an object suitable for sitting down on next to a window, situated within the room, and will sit there for the remainder of the day with a sombre and relaxed expression.

SCP-7991の影響を受けると、対象は日課を済ませ、寝室に戻ります。その後、対象は座るのに適した物体を室内の窓付近に移動させ、物憂げながらもリラックスした表情で、その日の残りを座って過ごします。

During the length of SCP-7991, no adverse weather conditions will arise in the subject's immediate vicinity, with most cases almost always consisting of sunny and cloudy weather.

SCP-7991期間中、対象の付近は悪天候にならず、ほとんどのケースで晴天及び曇天となります。

Over the course of the day, the subject will lose the ability to perceive the voices of individuals around them, though will display no distress towards this change. They also appear to become hypersensitive to other stimuli, with a fondness for natural sounds.

日が経つにつれて、対象は周囲の人物の声を知覚する能力を喪失します。しかし、対象はこの変化に対して苦痛を覚える様子は見られません。加えて、対象は自然の音を好むようになり、声以外の刺激に対して非常に敏感になります。

The affected individual is unable to engage in any meaningful conversation, often expressing confusion when such attempts are made. Upon noticing that they are being spoken to, the subject will glance between their surroundings, the initiator of the conversation, and the window they are seated near with visible tension. After several seconds, the individual then regains their composure, smiles, and politely waves the initiator off before they resume looking back towards the window.

SCP-7991の影響を受けた人物は意味を持った会話をすることが不可能になり、会話を試みるとほとんどのケースで混乱した様子を見せます。話しかけられていることに気が付くと、対象は目に見えて緊張した様子で、周囲や会話を始めた人物、座った場所にある窓を一瞥します。数秒後、対象は落ち着きを取り戻し、微笑んで、会話を始めた人物を丁重にあしらい、再び窓の外を見やります。

The next morning, occurrences coinciding with the start of an SCP-7991 IRIDESCENT event will transpire. Attached below is a written transcript of a recorded IRIDESCENT event, experienced by an SCP-7991-affected subject henceforth only referred to as "Jane"5 due to privacy concerns.

翌朝、SCP-7991インシデントの開始と共にイベントが発生します。以下は、SCP-7991の影響を受けた対象(プライバシーに配慮し「ジェーン」6と呼称)に発生したインシデントイベントを記録した転写です。

[ 記録開始 ]

[Jane stares outside the window during the early hours of the morning.]

[早朝、ジェーンは窓の外を眺めている]

[She leans against her chair and tilts her head, tracking the slow cluster of clouds in the distance, hiding the sun behind them, only letting several small strands of light escape through.]

[彼女は椅子にもたれかかり、頭を傾け、遠くをゆっくりと流れる雲の塊を目で追っている。その雲は太陽を覆い、雲を通して光がいくつかの筋となって注いでいる]

[She watches the clouds, intently, and slowly turns her attention to the shadow of a large oak tree in the back garden. Its old branches sway with the soft breeze blowing past and creak amidst the sound of the rustling leaves.]

[彼女はひたすら雲を見ている。彼女の関心は裏庭にある大きな樫の影にゆっくりと移る。古い枝が吹き抜ける穏やかな風に揺れ、葉擦れの音がする中で軋んでいる。]

[A frog hops towards the tree's base, having jumped out of the garden pond, and takes cover behind it. It croaks in unison with the few chirping crickets in the garden and the two yellow warblers, singing atop the tree's branches.]

[庭の池から跳び上がってきたカエルが、木の根元に向かって跳んでいき、その陰に隠れる。庭で鳴く数匹のコオロギと木の枝の上にとまって鳴く2羽の黄色いウグイスと共にゲロゲロと鳴いている。]

Image # 7991-0316
rainbow.jpg
Rainbow formed by the phenomena, prior to demanifestation. / 消失前、当現象によって構成された虹
撮影 — 09/08/29

[A soft rain starts falling. Jane raises her head, looking at the light-grey clouds above.]

[穏やかな雨が降り始める。ジェーンは頭を上げ、薄灰色の雲を見上げる。]

[The drizzle continues for a while. The warblers puff their feathers out and continue to sing. Jane yawns, listening to their songs mixed with the ambience of the soft rain patter on the window.]

[霧雨が続く。ウグイスが羽を膨らましながら、さえずり続ける。そのさえずりと窓に当たる穏やかな雨音を聞きながら、ジェーンはあくびをする。]

[A small rainbow appears in the distance. Growingly vivid, it towers up into the clouds. Jane's gaze rises towards it and she observes it with great interest, highly enamoured.]

[小さな虹が遠くに出現する。虹は徐々に鮮やかさを増し、雲の中にそびえたつ。ジェーンは虹に向けて視線を上げる。彼女は興味深げに虹を眺め、夢中になっている。]

[A splash is heard from the garden, the frog having jumped back into the pond. The number of chirping crickets, now having been reduced to one, rings quietly with the birdsong.]

[水の跳ねる音が庭から聞こえる。カエルが池に飛び込んだ音である。1つに減ったコオロギの鳴き声が、鳥のさえずりとともに静かに響いている。]

[Jane smiles.]

[ジェーンは微笑む。]

[Leaning back into her chair, she exhales and closes her eyes. Her chest continues to rise and fall, rhythmically, as she falls into a deep sleep listening to the rain and the echoes of a clock monotonously ticking throughout the dull peeling walls of her home.]

[椅子にもたれかかり、彼女は息を吐いて目を閉じる。彼女の胸はリズミカルに上下を繰り返す。所々剥げた壁に掛けられた時計の単調な音と雨音を聞きながら、彼女は深い眠りに落ちる。]

[The clouds part, revealing the sun. Slowly, the sunlight penetrates the window, falling on Jane, lounging. With every passing second, it grows in intensity and brightness and the ray, golden and pristine, reflects off the slow particles of dust afloat beside Jane.]

[雲が切れ、太陽があらわれる。陽光がゆっくりと窓から差し込み、ゆったりと寝ているジェーンに降り注ぐ。時間が経つごとに、黄金色に輝く光の筋は強さと明るさを増し、ジェーンのそばを漂う埃をゆっくりと反射している。]

[The camera is soon blinded, the last viewable frame still showing a genial smile on Jane's face.]

[程なくして映像が見えなくなる。最後に視認できる映像は、穏やかに微笑むジェーンの顔である。]

[A short period of time later, the light dims. The clouds begin blanketing the sun once more, and gradually the ray grows smaller.]

[光が弱まる。雲が再び太陽を覆い始め、光の筋は徐々に小さくなる。]

[An empty chair is revealed.]

/[[誰も座っていない椅子が現れる。]//

[ 記録終了 ]

The subject invariably disappears in all recorded IRIDESCENT events.

記録された全てのインシデントイベントにおいて、対象は必ず姿を消します。

Of note is that the subject's close family members are observed to overcome their grieving period, find closure, and return to their mundane routines significantly faster than anticipated through the cover-up process. These individuals will then completely forget about the subject over the coming months.

隠蔽プロセスから予想されるよりも早く、対象の近親者が深い悲しみにくれる時期を乗り越え、気持ちの整理が着き、通常の生活に戻る様子が観測されている点は注目に値します。数か月経つと、対象の近親者は対象のことを完全に忘却します。


評価: 0+x

ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The izumi_sngw's portal does not exist.


エラー: izumi_sngwのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4052664 (18 Jun 2018 18:44)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License