「対話記録092-21/Gesprächsaufzeichnung 092-21」(SCP-092-DEの対話記録)

このページの批評は終了しました。

タグ: 補足
原文: http://scp-wiki-de.wikidot.com/gespraechsaufzeichnung-092-21
親ページ: http://scp-wiki-de.wikidot.com/scp-092-de


評価: 0+x

Das folgende Gespräch wurde drei Wochen nach Vorfall 092-04 aufgezeichnet und behandelt die Ablehnung von SCP-092-DEs Antrag, Mobile Task Force DE17-𝔶 beitreten zu dürfen.
以下の対話はインシデント092-04の3週間後に録音されたものであり、SCP-092-DEの機動部隊DE17-𝔶への参加要求の却下に関するものです。

Gesprächsaufzeichnung 092-21, 12.08.20██
Gespräch durchgeführt von Dr. Klanic & Dr. Stein

対話記録092-21, 20██/08/12
クラニック博士とシュタイン博士によって実行された対話

Dr. Klanic: Hallo, 092. Wie geht es dir heute?
クラニック博士: ハロー、092。今日は元気か?

SCP-092-DE: Gut, Doc, danke. Haben Sie schon eine Antwort erhalten?
SCP-092-DE: いいさ、博士、ありがとう。もう返答は受け取っているか?

Dr. Klanic: Bezüglich ihres Antrages, MTF DE17-𝔶 beizutreten … ja, habe ich.
クラニック博士: 機動部隊DE17-𝔶への参加要求に関しては……まあ、そうだな。

SCP-092-DE: … Bitte sagen Sie mir nicht, dass abgelehnt wurde.
SCP-092-DE: ……お願いだから却下されたなんて言わないでくれ。

Dr. Klanic: Ich befürchte schon, 092. Es tut mir leid.
クラニック博士: 既に危惧していた通りだ、092。すまないな。

SCP-092-DE: Verdammt. Ist Ihren Vorgesetzten nicht klar, dass ich der Einzige bin, der es töten kann?
SCP-092-DE: クソッ。あんたらのボスは私がそれを殺せる唯一の存在だと知らないのか?

Dr. Stein: Das ist nicht bewiesen. Und es fällt schwer, jemandem zu vertrauen, der einen Mitarbeiter als Geisel genommen hatte.
シュタイン博士: その証明はなされていません。それに職員を人質に取った者を信用するのは困難です。

Dr. Klanic: Stein, bitte.
クラニック博士: シュタイン、落ち着け。

SCP-092-DE: Ich habe das nur getan, weil ich es töten wollte, bevor es noch jemandem schadet! Und wenn Sie mich hätten gehen lassen, wären nicht so viele Ihrer Kollegen tot.
SCP-092-DE: それが誰かを傷つける前に殺したかったからやっただけだ! それにあなたが私を行かせたとしても、あんなに多くの同僚が死ぬことはなかっただろうさ。

Dr. Klanic: Ich weiß, 092. Dr. Stein ist nur etwas gestresst.
クラニック博士: わかっている、092。シュタイン博士は少しストレスを感じているんだ。

SCP-092-DE: Warum haben sie abgelehnt? Haben sie Ihnen eine Begründung genannt?
SCP-092-DE: どうして却下したんだ? 理由は教えられているか?

Dr. Klanic: Ja. Man denkt, dass du zu unberechenbar bist; und dass deine bisherigen Fluchtversuche Grund zu der Annahme geben, dass du bei der ersten Gelegenheit flüchtest.
クラニック博士: ああ。お前はあまりにも予測ができないと思われたんだ。そしてお前が最初の機会を与えられた際に逃げ出すという推測を以前の脱走の試みが裏付けている。

Dr. Stein: Habe ich ja gesagt.
シュタイン博士: 私はそうだと思いますが。

Dr. Klanic: Zudem hat unsere Organisation in der Vergangenheit schlechte Erfahrungen mit ähnlichen Unterfangen gemacht.
クラニック博士: 加えて、我々の組織は過去に似たような取り組みで苦い経験をしている。

SCP-092-DE: Das darf nicht sein. Ohne meine Waffen kann man es nicht töten, zumindest nicht ohne den Dolch!
SCP-092-DE: ダメだ。それは私の武器がないと殺せない、少なくともダガーがなくては!

Dr. Stein: Dann geben Sie uns den Dolch.
シュタイン博士: ならダガーを渡してください。

Dr. Klanic: Stein, wir wissen, dass das nicht-
クラニック博士: シュタイン、わかっているだろ、それは――

Dr. Stein: Kommen Sie, 092. Lassen Sie den Scheiß und geben Sie uns den Dolch.
シュタイン博士: ほら、092。グダグダ抜かさず我々にダガーを渡しなさい。

SCP-092-DE: Das kann ich nicht. Es ist wie mit meinen Schwertern, ich kann sie nicht von meinem Körper entfernen, weil ich den Griff nur loslassen kann, wenn es in der Scheide steckt; und die Scheide lässt sich nicht von meinem Körper entfernen.
SCP-092-DE: それはできない。これは私の剣と同じく体から離すことができない。鞘に入れた時だけ手から離すことができるようになるからだ。それに鞘は私の体から離れない。

Dr. Stein: Interessant. Deswegen tragen Sie den Dolch an einem Band um ihren Hals, wo er jedes Mal frei schwingt, wenn sie sich bewegen?
シュタイン博士: 面白いですね。だからあなたはダガーを首元に紐で下げているんですね。そこで動くたびに自由に揺れていますが?

SCP-092-DE: … Ich …
SCP-092-DE: ……私は……

Dr. Stein: Noch eine Frage: Der Dolch ist das Einzige, was das Monster töten kann? Wieso ist er dann so kurz, dass er unmöglich lange genug ist, damit Sie ihn bis in den Kern des Monsters stoßen können? Es sei denn natürlich, der Dolch wäre zum Werfen gedacht.
シュタイン博士: もう1つ質問です。ダガーは怪物を殺せる唯一のものですよね? どうしてその長さが怪物の核に押し込むことが不可能なほどに短いのでしょう? もちろん、それはダガーが投擲を考慮していない場合に限りますが。

Dr. Klanic: … 092, bitte versuch einmal, dein Halsband abzulegen.
クラニック博士: ……092、一度首飾りを外してみてくれないか。

SCP-092-DE: … Das kann ich nicht, Doc.
SCP-092-DE: ……それはできない、博士。

Dr. Stein: Blödsinn! Sie könnten uns den Dolch jederzeit geben, und uns ermöglichen, das verfickte Monster umzubringen, dass Ihren Sohn und so viele von uns getötet hat, Sie wollen nur nicht!
シュタイン博士: 嘘だ! あなたはいつでもダガーを渡せるし、そうすれば我々はあなたの息子やこちらの仲間をあれほど殺したクソったれな怪物を殺すことができるんだ、あんたが渡したくないだけだ!

SCP-092-DE: Ich muss es töten. Meine Fähigkeiten-
SCP-092-DE: 私はそれを殺さねばならない。私の能力は――

Dr. Stein: Sind einen Dreck wert. Die Zähne abwehren? Dafür gibt‘s viele Möglichkeiten. Die äußere Schicht abschneiden? Wir haben Werkzeuge, die wesentlich heißer werden, als Ihr Schwert. Geben Sie uns den Dolch!
シュタイン博士: ゴミと同じくらいの価値しかないですよ。牙を退ける? それに関する方法はたくさんあります。外層を切り離す? 我々はあなたの剣よりもはるかに高熱を出せる道具を持っています。ダガーを渡しなさい!

SCP-092-DE: Nein!
SCP-092-DE: いやだ!

Dr. Stein: Warum nicht?
シュタイン博士: なぜ嫌だと?

SCP-092-DE: Weil ich es töten muss! Ich werde es vernichten! Ich werde mich an diesem verschissenen Monster rächen, und das lasse ich mir nicht wegnehmen!
SCP-092-DE: 私が殺さなければならないからだ! 私が滅ぼす! あの忌々しい怪物に復讐するんだ、これは奪わせない!

(Zwanzig Sekunden Stille)
(2秒間の沈黙)

Dr. Klanic: Sie verweigern uns die Waffe, die das Monster töten kann, nur, weil Sie sich selbst rächen wollen?
クラニック博士: 我々に怪物を殺せる武器を渡さないのは、ただ自分が復讐したいからだと?

SCP-092-DE: Es hat mir meinen Sohn genommen. Ich habe das Recht.
SCP-092-DE: それは私から息子を奪ったんだ。私には権利がある。

Dr. Stein: Jeder unserer Mitarbeiter, der von dem Monster getötet wurde, war jemandes Sohn. Was ist mit deren Recht?
シュタイン博士: 怪物に殺された我々の仲間の1人1人が、誰かの息子でしたよ。彼らの権利はどうなるんです?

SCP-092-DE: Ich muss es töten!
SCP-092-DE: 私はそれを殺さなければならないんだ!

Dr. Klanic: … 092, ich tue das nicht gerne, aber gib uns den Dolch, oder wir holen Verstärkung und nehmen ihn uns.
クラニック博士: …092、やりたくはないのだが、ダガーを渡してくれ。さもなければ援軍を呼んでそれを手に入れることになる。

SCP-092-DE: Ich muss es töten.
SCP-092-DE: 私は殺さなければならない。

Dr. Klanic: Sprich mit mir.
クラニック博士: 答えなさい。

SCP-092-DE: Ich muss es töten…
SCP-092-DE: 殺さなきゃならないんだ…

Dr. Stein: Ich fürchte, das hat heute keinen Sinn mehr.
シュタイン博士: 今日はもうこれ以上の意味はないと思いますが。

Dr. Klanic: Stimme zu. Gehen wir.
クラニック博士: 同意だ。行こう。

SCP-092-DE: Ich muss… ich muss.
SCP-092-DE: やらなくては…やらなければならないんだ。

Alle anschließenden Versuche, SCP-092-DE den Dolch abzunehmen, schlugen fehl und endeten mit der Verletzung mehrerer Mitarbeiter. Wenn darauf angesprochen, verweigert SCP-092-DE, eine Antwort zu geben. Allgemein spricht SCP-092-DE nur noch sehr wenig.
その後SCP-092-DEからダガーを取り外す試みは全て失敗し、職員数名が負傷する結果となりました。SCP-092-DEは呼びかけられた際に返答を拒否しました。普段のSCP-092-DEはめったに会話をすることはありません。


SCP-092-DE: http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/draft:4009865-27-5ba0


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Mas_kera_de's portal does not exist.


エラー: Mas_kera_deのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4009865 (16 Sep 2019 11:51)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License