SCP-4841 - 血塗れ十字の聖ヨハネ

このページの批評は終了しました。

SCP-4841 - St. John of the Blood-Smeared Cross
http://www.scp-wiki.net/scp-4841
© TuftoTufto

画像: Wikimedia - パブリックドメイン

タグ: 芸術 建造物 外部エントロピー 宗教 safe サーキック scp

日誌部分を誤訳してそうで怖いです


yenisei_small.jpg

SCP-4841-2に添付されていた写真。裏面のキャプションは”ヤコフ・ツァノフ、1905年の戦争前”と読み取れる。
Photograph found attached to SCP-4841-2; caption on the reverse reads "Yakov Tsaanov, before 1905 war".

アイテム番号: SCP-4841

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4841はロシア政府と協力してスヴャティリシェ以外から封鎖され、市民の侵入は軍による土地差押を装い防止されています。SCP-4841付近における財団の考古学的発掘調査が2020年中期に予定されています。

Special Containment Procedures: In cooperation with the Russian government, SCP-4841 has been cordoned off from the rest of Svyatilishche and public access has been prevented under the guise of a military land seizure. Foundation archeological digs are planned in the vicinity of SCP-4841 for mid-2020.

説明: SCP-4841はロシア連邦クラスノヤルスク市トゥルハンスキー地区のスヴャティリシェ(Svyatilishche)村にある聖ヨハネ教会です。SCP-4841は1690年代に建設され、未知の宗教的目的のため利用されていた初期ケット族1の建造物上に建てられたものと見られています。

Description: SCP-4841 is the Church of St. John in the village of Svyatilishche, Turukhansky District, Russia. SCP-4841 was constructed in the 1690s, and is believed to have been built on top of an earlier Ket2 structure used for an unknown religious purpose.

SCP-4841に持ち込まれたいかなる人物画も、1時間未満の不確定な時間の後、絵内の目と手首の周辺に血液が異常に生成され始めます3。その後すぐに絵の目が独自に動くように見えます。この目は通常、教会の中にいる人々、他の人型画、祭壇画を見つめます。

Any depiction of a human figure brought into SCP-4841 will, after an indeterminate period of time beneath one hour, begin to anomalously generate blood around the eyes and wrists in the painting4. Shortly afterwards, the eyes of the painting will appear to move independently; they most commonly look at people present in the church, other depictions of the human form, and at the altarpiece.

確証となる文書は見つからなかったものの、スヴャティリシェに長年住む住民は、SCP-4841が20世紀初頭のいずれかの時点で放棄されたと主張しています。1911年1月に新たな教会が完成し、2018年8月の火災事故で損傷するまでコミュニティに利用されていました。2018/09/29、一時的に旧教会が再利用され、建造物内に正教会の聖画が持ち込まれた際にようやくSCP-4841の異常性が明らかになりました。

Although no corroborating documents were found, long-time Svyatilishche residents claim that SCP-4841 was abandoned at some point in the early 20th century. A new church was completed in January 1911, which served the community until an accidental fire damaged it in August 2018. SCP-4841's anomalous properties were thus only discovered on 29/09/2018, when Orthodox icons were taken into the building after it was temporarily reopened.

その異常性に加え、SCP-4841はいくつかの非常に特異的な図像的・建築学的要素を特徴とします:

In addition to its anomalous properties, SCP-4841 also features several highly unusual iconographical and architectural elements:

  • 17世紀のシベリアでは非常に珍しく、石造りである5。石材の分析は、その起源がモンゴル北部であり、おそらくこの場所にあった以前の建造物から再利用したであろうことを示した。
  • Its construction in stone, a very rare occurrence in 17th century Siberia6. Analysis of the stone showed that it originated in northern Mongolia and had probably been reused from a previous structure on the site.
  • 複数の腕を持つ聖ヨハネを示す外観の彫刻。その特徴である聖爵に加え、ヤコブの杖も保持している。
  • Carvings on the exterior showing St. John with multiple arms. Aside from his characteristic chalice, he is also holding a cross-staff.
  • 教会入口付近の壁面に刻まれた特殊な碑文。(明らかに意図的に)酷く損傷しているものの、碑文は罪、誘惑、”宗匠(masters)”に対する救済を嘆願する、聖ヨハネへの祈りの言葉であるように見える。彫り痕の分析は、対象が20世紀初頭のものであることを示している。
  • An unusual inscription carved on a wall close to the church entrance. Although heavily damaged (apparently deliberately), it appears to be the words of a prayer to St. John which implores his aid against sin, temptation and "masters". Analysis of the carving dates it to the early 20th century.

更なる分析が計画されています。

Further analysis is planned.

補遺 4841-1: 2019/06/06、財団はいくつかの超常コミュニティに関与していたロシア系アメリカ人の実業家、ヘンリー・コルサコフの収集品を回収しました。彼の所持品の中には、未知の個人が所持していた日誌のいくつかのページと、それに添付された写真(上記参照)がありました。この日誌は主にロシア語で執筆されていたものの、一部の単語は未知のエニセイ方言に由来するものと考えられます。以下は日誌の書き込みの翻訳です。

Addendum 4841-1: On 06/06/2019, the Foundation recovered the collection of Henry Korsakov, an American businessman of Russian descent who was involved in several anomalous communities. Among his belongings were several pages of a journal belonging to an unknown individual and an attached photograph (see above). The journal was primarily written in Russian, but with some words believed to have originated in an unknown Yenisei dialect. A translation of the journal entries follows.

1910年12月29日 [グレゴリオ暦では1911年1月11日]7
29th December, 1910 [11th January 1911 in the Gregorian Calendar]

こないだ、村の下側から来たエレナさんが相応の死を迎えた。皆そのことについて怒ってた。ボクは今日9歳になったけれど、皆がそのことでチャルキ[?]・ミロスラヴァを責めてるから全然[嬉しく?]なかった。ママは、その人はなんでボクたちがこんなに聖ヨハネを愛しているのか理解できないためにモスクワからやって来た、新しい司祭なんだって言った。
Miss Elena from down in the village proper died the other day. People are very angry about it. I turned nine today but I don't feel very [happy?] about it, because they are blaming Charki[?] Miroslava for it. Mama says it's the new priest, the one from Moscow, because he doesn't understand why we love St. John so much.

そのことについてチャルキ・ミロスラヴァに尋ねたけど、自分がしたのは[作る? 造る?]ことだけだって言った。ヤコフが戦争から帰ってきた時もヤコフにこれと同じことをしていたのを見たし、その時はちゃんと効いていた。それがチャルキのしたことなのだとしたら彼女は悪くない、ヤコフは死ななかったのだから。
I asked Charki Miroslava about it but she said that all she'd done was [making? crafting?] which I saw her do on Yakov when he came back from the war, and it worked on him. If that's what she did then it's not her fault, he didn't die.

1911年1月3日 [グレゴリオ暦では1911年1月16日]
3rd January, 1911 [16th January 1911 in the Gregorian Calendar]

みんなは新しい教会を建てて、古いのを捨てようとしてる。新しい司祭は周りに[異教徒? 悲鳴?]が多すぎるって言ってる。ママは司祭のことを[悪魔? 東国人?]と呼んで、彼も出ていくでしょう、他の奴らも皆出ていこうとしたのよ、って言った。ママはヨハネとその友リュドミラ、キリストの名の下に行われた宗匠達との戦争の話をして、それからボクの肌からイボを[取った?]。
They're going to build a new church, and abandon the old one. The new priest says that there's too much of the [pagan? scream?] around it. Mama called him a [demon? easterner?] and said that he'd be gone too, all the others that had tried had gone. She told me stories of John and Lyudmilla his consort, and the war against the masters in Christ's name, and then she [took?] the wart from my skin.

今日、男の子達がボクとドミトリに向けて石を投げ始めた。ヤコフとアファナサイはあの子達のパパやおじいちゃん達も聖ヨハネを愛していたのに、あの子達は忘れてしまったんだろうって言った。ヤコフは、ヤコフのおじいちゃんがまだ若かった頃はみんな聖ヨハネを愛していたと、下流の野蛮人達さえも愛していたし、数十人もがそうだったって言った。今ではたった3家族だけしか覚えてない。
Boys started throwing stones today at me and Dmitry. Yakov and Afanasay told me that their fathers and grandfathers had loved St. John too, they'd just forgotten. Yakov said that when his grandfather was young, they had all loved St. John, and even the savages down the river had loved him, dozens of them. It's only three families now who remember how now.

1911年1月9日 [グレゴリオ暦では1911年1月22日]
9th January, 1911 [22nd January 1911 in the Gregorian Calendar]

今日は学校から追い出された。前の先生は[いい人?]だったけど、昨年のペトログラード8での一件9の後に去らねばならなかった。新しい先生はドミトリとボクに、間違ったことを教えられていたんだって言い続けてる。
I got chased away from the school today. The old teacher was a [lover?] but he had to leave after the stuff in Petrograd last year10 but the new one keeps telling Dmitry and I that we've been taught wrong.

本当に怖くて誰にも話せないけど、司祭のいない時、ママはアファナセイの話を聞きに教会にボクらを連れて行き続けてる。アファナセイは壁に祈りを彫って教えてくれた、[悪魔? 東国人?]に近寄らないようにって。ヤコフに話そうとしたんだけど、ただ信仰を持って聖[ツァーン?]のようにしろ、身を隠せというだけだった。
I'm really scared and there's nobody to talk to, Mama keeps taking us to the church to listen to Afanasay talk when the priest is gone. He carved a prayer into the wall and taught it to us, to keep away the [demons? easterners?] away. I tried to talk to Yakov but he just told me to have faith, and to be like St. [Tsaan?] and to hide myself.

1911年1月10日 [グレゴリオ暦では1911年1月23日]
10th January, 1911 [23rd January 1911 in the Gregorian Calendar]

ボクらは教会にいる、みんながだ、ツァノフもコルサコフもボクらペトロフも。ヤコフが何かして、奴らはドアを通って来れないけど、寒いし食べ物もあまり無い。ドミトリは青ざめた顔で逃げ出したがっているけれど、コルサコフのママはそれはできない、ドアの[骨?]は壊れないし、そうでなければボクらは皆死ぬだろうって言った
We're in the church, all of us, Tsaanovs and Korsakovs and us Petrovs. Yakov did something and they can't come through the door but it's cold and we don't have much food. Dmitry keeps looking pale and wanting to run away but Mama Korsakov said he couldn't, that the [bone?] on the door couldn't be broken or we'd all die

ただ家に帰りたい。食べ物は余り残ってない。ヤコフはどうして誰も覚えていないのかって言い続けてるけど、ヤコフが覚えてるとは思わないし、アファサナイ11が覚えてるとも思わない、彼らはヤコフのおじいちゃんが教えてくれた言葉をただ何度も何度も言い続けてるけど、あれはただ物事を成すためだけの言葉だし、何を意味するかも忘れられちゃってる。聖ヨハネは彼らの言うようなことをしていなかったと思う。ボクたち以外はみんなそう思っている。
I just want to go home. There's not much food left. Yakov keeps talking about how nobody remembers but I don't think he does, or Afasanay, they just keep saying the words over and over again that Yakov's grandfather taught then but they're just words, words that do things, they've forgotten what they meant. I don't think St. John did the things they said. Nobody else thinks so but us.

ママは   だと思う
I think Mama is

ママは   じゃないと思う
I think she's not

1911年1月18日 [グレゴリオ暦では1911年1月31日]
18th January, 1911 [31st January 1911 in the Gregorian Calendar]

寒い、[骨?]が壊れてる。
It's cold and the [bone?]'s breaking.

ママは病気で弱ってて、ヤコフはただ唱え続けてて、アファサナイは壁に唱え続けてて、でもボクらは外に出られない。奴らは皆外にいて、その松明は燃え上がってて、逃げ場はない。
Mama is sick and weak and Yakov just keeps chanting and Afasanay keeps chanting at the walls but we can't get out, they're all outside and their torches are aflame and there's no way out.

聖ヨハネは我らをお救いくださる、ってヤコフは言った。彼は[東国人? ダエーワ?]を打倒して、リュドミラを[肉?]の光に導いたけど、ボクらは皆忘れちゃった、ただボクらが何であったかを覚えておきさえすれば大丈夫だって。
St. John will save us, Yakov says, he overthrew the [easterners? daeva?] and he led Lyudmilla to the light of the [flesh?] but we've all forgotten, we just need to remember what we were and it'll be fine.

アファサナイはボクらを保存する、永久に保存する方法を見つけたと言うけど、そんなのいやだ、[肉?]を[土壌? 石?]と混ぜて1つにならなきゃいけないけど、ボクはそんなの望んでない、アファサナイはボクらは泣いて泣いて泣かないといけないんだ、聖痕は流しだし続け、ボクらは壁の中の[肉?]になって見つめるだけになるって言うんだ
Afanasay says he's found a way to cure us, cure us forever, but we won't like it, the [flesh?] must mix with the [loam? stone?] and become whole but I don't want to, he says we'll have to weep and weep and weep and the stigmata will keep pouring out and we'll just stare as the [flesh?] in the walls

ママは病気で泣き続けてる。ボクらは出られない。ヨハネ様は救ってくださる、ヨハネ様は救ってくださる、ヨハネ様は救ってくださるんだ。
Mama is sick and she keeps crying out. We can't leave. John save us, John save us, John save us.


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 (01 Jun 2018 11:19)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License