SCP-5751 - 最期の言葉

このページの批評は終了しました。

/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}

  • 評価: 0+x

アイテム番号: SCP-5751
レベル4
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
cernunnos
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

Disc.jpg

SCP-5751-3381-3.

特別収容プロトコル: SCP-5751を収容するには、財団は世界中全ての光学的記録メディアを確保し、これ以上の製造を停止させる必要があります。このような行動は資金・人材に莫大な支出を強いるのみならず、著しくメディアの注目を集めることになるため、このアプローチは現在考えられていません. Cernunnosクラスのオブジェクトは財団による収容自体は可能なものの、収容に要する手段が非現実的です。

Special Containment Procedures: To contain SCP-5751, the Foundation would need to secure all instances of optical storage media worldwide and halt their further production. As such action would represent an enormous expenditure of funds and manpower, and attract considerable media attention, this approach is not presently under consideration.. Cernunnos-class objects can be contained by the Foundation, but the measures required to do so are impractical.

ソリッドステートメディアが完全に光学的記録メディアを置き換えたならば、SCP-5751は再分類を要されるでしょう。それまでは、財団の利潤に関する場合を除き、SCP-5751実例の回収は最小限に留めるものとします。必要に応じ、記録メディアのコレクションを購入するために適度な予算ラインが組まれています。法執行機関により証拠として保管されているコレクションに関しては、より上位の機関への偽装、ないしは (可能な場合は) 機関間の協力を通して回収されるものとします。

In the event that solid-state media entirely replaces optical storage media, SCP-5751 may require reclassification. Until that point, except in cases relating to Foundation interests, minimal effort to acquire SCP-5751 instances will be made. A modest budget line exists for the purchase of storage media collections when necessary; collections held as evidence by law enforcement agencies should be acquired via impersonation of higher-level authorities or inter-agency cooperation (where possible).

SCP-5751実例はサイト-43の高価値データ保管施設-4に収蔵されています。

Instances of SCP-5751 are archived in High-Yield Data Storage Facility 4 at Site-43.


説明: SCP-5751は所有者の死後、ディスクベースの記録メディアのコレクション中に追加のディスクが現れる現象です。初期のSCP-5751実例は8インチ“フロッピー”ディスクでした。以後、本アノマリーは5¼インチ・3½インチディスク、ハードディスク、ZIPディスク、コンパクトディスク (CD-ROM)、デジタル多用途ディスク (DVD)、ミニディスク、ミニDVD、レーザーディスク、Blu-Rayディスクにも及んでいます。

Description: SCP-5751 is the phenomenon of additional items appearing in collections of disc-based storage media after their owner's death. The first SCP-5751 instances were 8-inch 'floppy' disks. The anomaly has since spread to 5¼-inch and 3½-inch disks, fixed disks, Zip disks, compact discs (CD-ROM), digital versatile discs (DVD), MiniDiscs, MiniDVD, LaserDiscs and Blu-Ray discs.

Disk.jpg

SCP-5751-305。 / SCP-5751-305.

20枚以上のディスクのコレクションを所有している人物が亡くなった際、高確率でSCP-5751実例がその中に出現します。実例には、コレクションの所有者に関するセンシティブなデジタル情報が記録されています──これには画像、文書、映像、アプリケーション固有ファイルが含まれ得ます。これらのファイルは本アノマリーにより作り出されたわけではなく、復元されたものです──ファイルは生前にコレクション所有者により削除もしくは破壊されたものです.このように断定できる証拠については、SCP-5751-1およびSCP-5751-5958のデータベースエントリを参照ください。。ディスク自体は本アノマリーにより作り出されており、同じコレクション内の他のディスクをそっくり再現しています──物理的状態まで一致しているため、財団外に起源を持つ実例では、発見者が機械で読み込めるように施した粗雑な“修理”が散見されます。

Upon the death of an individual possessing a disc collection numbering twenty items or more, there is a high probability that an SCP-5751 instance will manifest within it. The instance will contain sensitive digital information pertaining to the collection's owner; this can include images, documents, videos, and application-specific files. These files are not created by the anomaly, but rather restored; they were deleted or destroyed by the collection's owner at some point during their lives..See database entries for SCP-5751-1 and SCP-5751-5958 below for the evidence behind this assertion. The discs themselves are created by the anomaly, though they closely mimic other items in the same collection — to the point of matching their physical condition, such that instances originating outside of the Foundation often feature crude 'repairs' attempted by their discoverers to make them machine-readable.

SCP-5751実例のファイルは、どれも前所有者の道徳的・法的な問題点を提起するものです。ポルノグラフィ、それも違法な類のものが一般的です。不正行為の文章/写真/映像証拠や反社会な嗜好・志向を示すインターネットブラウザの履歴、他人から盗んだ情報なども一般的です。ほとんどの場合、SCP-5751実例が財団の注意を引くのは、死後すぐに著名人や犯罪者の個人生活に関する不自然な暴露が起こった際です。

Every file on an instance of SCP-5751 carries negative moral or legal implications about its former owner. Pornography is common, particularly illegal varieties. Textual, photographic or video evidence of wrongdoing, internet browser histories suggesting antisocial proclivities or pursuits, and information stolen from other individuals are also common. In most cases the existence of SCP-5751 instances comes to Foundation attention when unusual revelations about the personal lives of celebrities or criminals occur immediately after their deaths.


補遺5751-1、インベントリ抜粋: サイト-43ネットワークデータベース (43NET) より取得されたSCP-5751実例の代表的サンプルを以下に転載します。

Addendum 5751-1, Partial Inventory: A representative sample of SCP-5751 instances retrieved from the Site-43 Network Database (43NET) is reproduced below.

43NET: SCP-5751実例目録 [抜粋]
43NET: Catalogue of SCP-5751 Instances [SELECTED]
アイテム番号: SCP-5751-1
Item #: SCP-5751-1
日付: 1980/05/14
Date: 05/14/1980
5.jpg

説明: 19点のVISUSブランドの5¼インチフロッピーディスク。それぞれに非可逆DCT圧縮された一枚の画像ファイルが保存されている。各画像は計19のバラバラ死体の1つを写している。

Description: Nineteen VISUS brand 5¼-inch floppy disks, each containing a single image file with lossy DCT compression. Each image depicts one of nineteen mutilated corpses.

備考: 1979年、アルバニアの映画製作者B. プリフティは『傷負う者たち』 (The Wounded)、“スナッフ”要素が含まれている疑惑のあるグラフィックホラー映画を発表した。暗い照明とキャスト情報の欠如により、1980年に彼が麻薬のオーバードーズで心臓発作を起こして、3分間の死亡後に蘇生するまでは逮捕を免れていた。警察は麻薬関連品を発見しようと彼の住居の捜査令状を確保したが、代わりに発見されたのは、個人特定に十分鮮明な殺害された俳優らの画像が保存されたフロッピーディスクであった。この証拠をもとに、プリフティは1982年に死刑となった。

Notes: In 1979 Albanian filmmaker B. Prifti released The Wounded, a graphic horror film suspected to contain 'snuff' elements. The low lighting and lack of cast information precluded his arrest until 1980, when he suffered a heart attack after a drug overdose and was dead for three minutes before resuscitation. Police secured a search warrant for his apartment, hoping to find drug paraphernalia; they instead discovered the floppy disks, which contained images of the murdered actors of sufficient resolution for their identification. This evidence led to Prifti's execution in 1982.

これらの発生事例について、レベル2クリアランス以上の全職員がアクセスできるログを開設する。本アノマリーは注目に値するものだ。 [V.L. スカウト管理官]

Inaugurating a log of these occurrences, accessible to all personnel at or above Level 2 clearance. This anomaly bears watching. [Scout, Dir. V.L.]

アイテム番号: SCP-5751-905
Item #: SCP-5751-905
日付: 1999/02/19
Date: 02/19/1999
3.jpg

説明: 1点のVISUSブランドの3 1/4インチフロッピーディスク。後期モデルの素材の質が悪かったため、状態は悪い。ディスクにはPortico 1.0のこれまで知られていなかった初期ビルドのごく一部が保存されている。Portico 1.0はソフトウェアの偉人マーク・ポストによりコードされたオペレーティングシステムであり、彼の会社を世に知らしめた。

Description: One VISUS brand 3 1/4" floppy disk, in poor condition due to inferior late-model materials. The disk contains a small portion of a previously-unknown early build of Portico 1.0, the operating system coded by software pioneer Mark Post which made his company a household name.

備考: ポストの死後、ディスクは伝記作家により発見された後、ニューヨーク・タイムズの記者に売却された。ソフトウェア分析は、このコードにAnanasoft Inc.のソフトウェアエンジニアのコメントがそのまま入っており、コードが競合オペレーティングシステムであったANANASYS Cayenneから盗用されていた事実を明らかにした。ポストはその後、社の宣伝資料から除外された。

Notes: After Post's death, the disk was discovered by his biographer who sold it to a reporter for the New York Times. Software analysis revealed that the code still contained comments from software engineers at Ananasoft Inc., indicating that it was actually plagiarized from the competing ANANASYS Cayenne operating system. Post was subsequently excised from his company's promotional material.

さて、どうすればこいつらは出現するんだろうな? 何も必ずや現れるとは限らないからだ。なるべく多くのセクションにこれを見てもらいたい。 [H. ブランク博士]

So, what makes these things appear? Because they don't always appear. I'd like to get as many Sections looking at this as possible. [Blank, Dr. H.]

アイテム番号: SCP-5751-1853
Item #: SCP-5751-1853
日付: 2002/11/17
Date: 11/17/2002
Laser.jpg

説明: 1点のMCA DiscoVision レーザーディスク。サイト-77の故 Y. 芹沢研究員の専門家としての活動に関する特に目立った点のない記録を保存している。

Description: One MCA DiscoVision LaserDisc containing an unremarkable record of the professional activities of deceased Senior Researcher Y. Serizawa at Site-77.

どうやら我々は冷酷なうえ残酷だと思われているらしい。 [T. モンティ]

Apparently it thinks we're cold and cruel. [Monti, T.]

こいつにかかりきりだな、ティモ? [H. ブランク博士]

Been sitting on that one long, Timo? [Blank, Dr. H.]

アイテム番号: SCP-5751-2929
Item #: SCP-5751-2929
日付: 2015/09/08
Date: 09/08/2015
Zlata.jpg

説明: 1点の書換不可能なソニーブランドのコンパクトディスク。工場出荷状態で、プラケースと内紙が完備されている。ディスクは691MBの合法ながら特殊性癖のポルノグラフィが.mp4ないしは.wmvフォーマットで保存されており、同梱されている.txtファイルに完全に目録化されている。

Description: One non-rewritable Sony brand compact disc in factory fresh condition, complete with jewel case and labelled insert. The disc contains 691MB of legal, fetish pornography in .mp4 and .wmv format, immaculately catalogued in an included .txt file.

備考: サイト-43研究員 アドリヤン・ズラター博士は2015/09/08、SCP-5243に巻き込まれ、玄妙除却施設AAF-Dで亡くなった。保安・収容セクションの職員が、同日中に彼のオフィスでSCP-5751-2929を発見した。

Notes: Site-43 researcher Dr. Adrijan Zlatá was killed in Acroamatic Abatement Facility AAF-D by SCP-5243 on 09/08/2015. Security and Containment Section personnel discovered SCP-5751-2929 in his office that same day.

アドリヤンを5年間毎年かかさず殺しているタイムループ事象のおかげで、我々の手元には彼が消した秘密の埋蔵ポルノが今や5つもある。彼のCDコレクションを廃棄するか、アダルトビデオ店を開くかしたほうがいいと正式に勧めておこう。 [H. ブランク博士]

Thanks to the time loop event that's killed Adrijan every year for half a decade, we've now got five copies of his deleted porn stash. I'm officially recommending we either dispose of his CD collection or open an adult video store. [Blank, Dr. H.]

このアノマリーは戦術的に利用できるな、ちょっと頭を捻らなければ。 [D. ソコルスキー博士]

There's a tactical use for this anomaly, I just need to wrap my head around it. [Sokolsky, Dr. D.]

そうするには悪い風向きだけれど、流れは変わるものよ。思いついたら聞かせてもらうわ。 [S. ライト管理官]

The climate for that is bad right now, but climates change. If you think of something, let's talk. [Light, Dir. S.]

アイテム番号: SCP-5751-5760
Item #: SCP-5751-5760
日付: 2018/04/25
Date: 04/25/2018
DVDR.jpg

説明: 傷だらけの書換可能なMemorexブランドのDVD-ROM。D.コッツ博士のコレクションに入っていたもので、10年間に渡るクラスD職員への職務要件を逸脱した違反行為の記録と、今後予定している違反行為を詳しく述べている電子日誌が保存されている。

Description: One badly scratched rewritable Memorex brand DVD-ROM in the collection of Dr. D. Coutts, containing a decade-long record of transgressions against Class-D personnel beyond the requirements of his duties, and an electronic diary detailing planned future transgressions.

備考: 倫理委員会に対してコッツ博士の違反を立証できなかった後、T.モンティ博士はサイト-77の居住区域で彼を銃殺し、結果発生したディスクを証拠として提出した。その後モンティ博士は自身の所有する個人的なディスクコレクションを破壊し、コッツ博士の遺体が発見される前に自殺した。

Notes: After failing to prove Dr. Coutts' offenses to the Ethics Committee, Dr. T. Monti shot him dead in his living quarters at Site-77 and submitted the resulting disc as evidence. Dr. Monti then destroyed his own personal disc collection and committed suicide before Dr. Coutts' body was discovered.

これを思いついていればなあ。自殺は余計だが。 [D. ソコルスキー博士]

Wish I'd thought of this. Minus the suicide part. [Sokolsky, Dr. D.]

友人の死後、その恥ずかしいファイルを消し去ってやるみたいなことではあるんだが、ただ……真反対なんだよな。 [H. ブランク博士]

It's like how people wipe their friends' embarrassing files after they die, only… the opposite. [Blank, Dr. H.]

同様のインシデントを防ぐため、5751をクリアランスレベル4まで上げるとしよう。 [A. マッキンス管理官]

Bumping 5751 up to Clearance Level 4 to prevent similar incidents. [McInnis, Dir. A.]

アイテム番号: SCP-5751-5958
Item #: SCP-5751-5958
日付: 2020/06/18
Date: 06/18/2020
D.jpg

説明: 1点の損傷した、書換可能なBlu-Rayディスク。D-11424のコレクションに入っており、内容は[データ削除済]。

Description: One damaged, rewritable Blu-Ray disc in the collection of D-11424, containing [DATA EXPUNGED].

備考: D-11424は彼のファイルが戻ってきたことに喜び、「これもう消えちまったと思ってたんだ!」と述べた。その後ファイルは没収された。

Notes: D-11424 expressed satisfaction at the return of his files, remarking "I thought I'd lost these forever!" The files were subsequently confiscated.

エウレカ。ちょいと提案をまとめる時間だ。 [D. ソコルスキー博士]

Eureka. Time to whip up a few proposals. [Sokolsky, Dr. D.]

待ってるわね。 [S. ライト管理官]

I'll be waiting. [Light, Dir. S.]

君たちがこれをもう忘れてくれてることを願ってたよ。 [H. ブランク博士]

I was hoping you'd both forgotten about this. [Blank, Dr. H.]

アイテム番号: SCP-5751-6018
Item #: SCP-5751-6018
日付: 2020/09/30
Date: 09/30/2020
BD1.png

説明: 1点の書換不可能なBlu-Rayディスク。財団エージェント C. マクデヴィットの雇用前に起きた未報告のインシデント群が保存されている。

Description: One non-rewritable Blu-Ray disc containing unreported incidents from Foundation agent C. McDevitt's pre-employment history.

備考: エージェント・マクデヴィットと他4名のエージェントらは要注意団体 第二触覚集会の3つの異なるセルでモグラとして活動していた。彼女の個人コレクションにディスクが出現したことでMTF司令官に彼女の死亡が通報され、残る4名のエージェント中3名が無事素性がばれる前に救出された。

Notes: Agent McDevitt and four other agents were working as moles within three separate cells of the Second Haptic Assembly group of interest. The appearance of a disc in her personal collection alerted her MTF commander to her death, and three of the four remaining agents were successfully extracted before their covers were also blown.

死亡センサーに使ったわけか。冴えてるな。4人目のエージェントはどうした? [H. ブランク博士]

Using it as a death signal. Clever. What happened to the fourth agent? [Blank, Dr. H.]

まずそいつが死んで、拷問でマクデヴィットのことを吐いたらしいな。ディスクが生成されなかったから、手遅れになるまで気づけなかった。 [D. ソコルスキー博士]

They died first, and apparently gave up McDevitt under torture. Didn't generate a disc, so we didn't find out until it was too late. [Sokolsky, Dr. D.]

前言撤回。冴えてはないな、こりゃ駄目だ。 [H. ブランク博士]

I take it back. This isn't clever, it's idiotic. [Blank, Dr. H.]

アイテム番号: 無し
Item #: None
日付: 2020/10/07
Date: 10/07/2020

説明: N/A

Description: N/A

備考: 財団の情報提供者として活動していた5名の壊れた神の教会メンバーらが、2020年10月早期に裏切り者であると露呈してしまった。彼らはサンクト・ペテルブルグのセーフハウスに逃げ込み、救出を待った。最高司祭ロバート・ブマロはO5評議会に対峙し、財団が関与していない証拠を要求した。両組織間の不安定な停戦状態を守るため、エージェントらは評議会に否認されたのち空爆で殺害された。こうした不慮の事態をカバーするため前もってディスクコレクションが用意されていたが、新たなディスクは発生しなかった。

Notes: Five members of the Church of the Broken God, who had been acting as informants for the Foundation, were uncovered as traitors in early October 2020. They were able to escape to a safehouse in St. Petersburg to await extraction. Highest Priest Robert Bumaro confronted the O5 Council and demanded proof that the Foundation was uninvolved. The agents were disavowed by the Council and killed via airstrike, to preserve the tenuous truce between the two organizations. Disc collections had been prepared in advance to cover this eventuality; no new discs appeared, however.

私の判断だとも。だが私のミスじゃない。オッズは良かった。次は上手く行くさ。 [D. ソコルスキー博士]

My call, yes, but not my fault. The odds were good; it'll work next time. [Sokolsky, Dr. D.]

ギャンブラーの誤謬だけど、ここでやめるわけにはいかないわ。 [S. ライト博士]

Gambler's fallacy, but we've come too far to stop now. [Light, Dir. S.]

それを言うならサンクコストの誤謬だな、文句をつけるわけじゃないが。 [D. ソコルスキー博士]

Sunk cost fallacy, but I'm not complaining. [Sokolsky, Dr. D.]

アイテム番号: SCP-5751-6396
Item #: SCP-5751-6396
日付: 2020/10/28
Date: 10/28/2020
BD2.png

説明: 1点の書換不可能なBlu-Rayディスク。カオス・インサージェンシーの基地に関する技術的詳細とフィールドノートが保存されている。

Description: One non-rewritable Blu-Ray disc containing technical specifications and field notes on a Chaos Insurgency installation.

備考: 潜入財団エージェント L. ロイルは、カオス・インサージェンシー構成員としての偽装身分の下で一連の反規則行為を行った。彼はこれらの行いを一連のテキストファイルにまとめ (彼が勤務しているCI施設の人員配置、軍備、活動の重要な詳細情報を記載)、これらを削除した後、自殺した。ファイルはミッション開始前に彼の名義で購入されたBlu-Rayコレクションから回収された。

Notes: Embedded Foundation agent L. Royle performed a series of violent acts as part of his cover as a member of the Chaos Insurgency. He summarized these acts in a series of text files, including vital details about the staffing, armaments, and activities of the CI facility where he worked, deleted them, and subsequently committed suicide. The files were recovered from a Blu-Ray collection purchased in his name before the mission began.

どれほど下衆なことをロイルにやらせてこの情報を手に入れた? そして任務完了時、彼に自殺するのをどうやって納得させたんだ? [H. ブランク博士]

How much awful shit did Royle have to do to get us that info? And how did you convince him to commit suicide when he was done? [Blank, Dr. H.]

1) 君は知りたくないだろう 2) 彼を説得させた方法も君は知りたくないだろう [D. ソコルスキー博士]

1) You don't want to know, and 2) the stuff you don't want to know about convinced him. [Sokolsky, Dr. D.]

アイテム番号: SCP-5751-6504
Item #: SCP-5751-6504
日付: 2020/11/21
Date: 11/21/2020
HDD.jpg

説明: 1点のハードディスクドライブ。500GBのポルノグラフィ画像・動画が、43点の様々な個人コンピュータのメタデータと、1つのアドレス帳とともに保存されている。

Description: One hard disk drive containing 500GB of pornography images and video with metadata from thirty-four different personal computers, and one address book.

備考: ライプツィヒ警察は2009年、コンピュータ技師 O. レヴァンドフスキに対し、彼が児童ポルノグラフィのブローカーである疑いから捜査令状を執行した。レヴァンドフスキの自宅にある全てのハードディスクドライブは、磁気によりデータを削除されていることが発覚した。2020年、彼の死後に2度目の捜査令状が取得され、そこで上述のファイルを保存したドライブが発見された。メタデータとアドレス帳の情報を基に、47名のレヴァンドフスキのサプライヤーと顧客が裁判にかけられた。

Notes: Leipzig police executed a search warrant in 2009 against computer technician O. Lewandowski, on suspicion that he was acting as a broker for child pornography. All hard disk drives in Lewandowski's home were found to have been wiped clean, via magnetization. A second search warrant was issued after his death in 2020, whereupon a drive was found containing the aforementioned files. Information from the metadata and address book was used to bring forty-seven of Lewandowski's suppliers and customers to trial.

健闘を祈るぞ、5751。 [H. ブランク博士]

Keep fighting the good fight, 5751. [Blank, Dr. H.]

HDDが影響を受けるとは考えもしなかったな。ハインドサイト・2020エディション1ってわけだ。 [D. ソコルスキー博士]

Never occurred to me HDDs would be affected. Hindsight, 2020 edition. [Sokolsky, Dr. D.]

君は戦術対応のスペシャリストだろ。君には先見の明フォアサイトがないと困る。 [H. ブランク博士]

You're a tactical response specialist. You're supposed to have foresight. [Blank, Dr. H.]

アイテム番号: SCP-5751-6827
Item #: SCP-5751-6827
日付: 2020/12/19
Date: 12/19/2020
BD3.png

説明: 5点の書換不可能なBlu-Rayディスク。財団のデータを保存している。

Description: Five non-rewritable Blu-Ray discs containing Foundation data files.

備考: 2020年後期、マクスウェリズム教会は財団に最後通牒を発し、SCP-5751に関する全情報を要求した。この最後通牒が棄却されたことを受け、マクスウェリストの工作員らがサイト-43の保安境界を破り、地下施設への侵入に成功した。D. ソコルスキー博士はSCP-5751の全データを削除した。この時までに、彼はアノマリーの実践的用法についての詳細なメモとともに、データを5つの大容量ファイルにまとめていた。意気消沈したマクスウェリストらは敗戦、捕縛の末に尋問された。彼らはSCP-5751が「WANの平準化装置レベラー」であり、分散化した電子の神の正義感の顕現であったと証言した。詳細調査については、ファイルの復元を待っている。

Notes: In late 2020 the Church of Maxwellism issued an ultimatum to the Foundation, demanding all information pertaining to SCP-5751. When this ultimatum was refused, Maxwellist operatives breached the security perimeter of Site-43 and successfully entered the underground facility. Dr. D. Sokolsky deleted all SCP-5751 data, which he had already condensed into five large files along with his detailed notes on the anomaly's practical applications. The demoralized Maxwellists were defeated, captured, and interrogated. They referred to SCP-5751 as "WAN's Leveller," a manifestation of their fragmented electronic god's sense of justice. Further investigation is pending the recovery of the files.

更新: 2020年12月後期にソコルスキー博士に行われた一連の自発的医療措置の結果、失われたデータが復元された。

Update: Following a series of voluntary medical procedures conducted on Dr. Sokolsky in late December of 2020, the missing data was recovered.

私の誤読でないなら、ダニイル、君はBlu-Rayコレクションに全データが現れるまで殺害・蘇生させられたというわけか? [H. ブランク博士]

Am I reading this wrong, Daniil, or did you let them kill and resuscitate you until all the data showed up in your Blu-Ray collection? [Blank, Dr. H.]

誤読だな。私こそがBlu-Rayコレクションに全データが現れるまで殺害・蘇生させたのだ。 [D. ソコルスキー博士]

You're reading it wrong. I asked them to kill and resuscitate me until all the data showed up in my Blu-Ray collection. [Sokolsky, Dr. D.]

いったい何度繰り返した? [H. ブランク博士]

How many tries did that take? [Blank, Dr. H.]

5回以上。 [D. ソコルスキー博士]

More than five. [Sokolsky, Dr. D.]

お前にはもうSCPファイルを読ませるべきじゃないな。 [H. ブランク博士]

You shouldn't be allowed to read SCP files anymore. [Blank, Dr. H.]



財団 緊急時脅威戦術対応機構からの通達

NOTICE FROM THE FOUNDATION EMERGENT THREAT TACTICAL RESPONSE AUTHORITY

Asterisk.png

SCP-5751のデータベースファイルならびに関連する全情報は、現在本オフィスの専有的管轄下に置かれています。実験申請に関する全ての問い合わせ・提案は、サイト-43のダニイル・ソコルスキー博士までお願いします。

The SCP-5751 database file and all information pertaining thereto are now under the exclusive purview of this office. Please direct all enquiries or proposals for experimental applications to Dr. Daniil Sokolsky at Site-43.

— ETTRA ダン・███████長官

— Dr. Daniel ███████, Director, ETTRA



SCP-5751 - The Last Word
https://scp-wiki.wikidot.com/scp-5751
© HarryBlankHarryBlank, rev.69


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 (01 Jun 2018 11:19)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License