錬金術部門 ハブ / The Alchemy Department Hub

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

……そう、すべては僕がサイト-127に来たときに始まった。管理官は、彼が教えてくれた以上にずっと昔からいたのだろう……

──デブリーフィング抜粋 - アルトゥーロ・ジェヌオモ、[編集済]年

…You know, it all started when I got to Site-127. I think the Director had been around a lot longer than he let on…

-Excerpt, Debriefing - Arturo Genuomo, [REDACTED]

sd.png

科学部門 - 錬金術課

Department of Science - Alchemy Division


錬金術課Alchemy Division──それは長年続く財団のジョーク。普通の研究員からは陰口が絶えない部署であるが、ほんの一握りの人間だけがその重要性を理解している。錬金術は化学物質を弄り回して鉛を金にしているのではない。そうすることもできるとはいえ、それ以上のものである。錬金術とは、身の回りの現実を形造るエーテルの力を操作する術なのだ。

The Alchemy Division - long running joke of the Foundation. A department much-maligned by the usual research staff, very few people really understand just how much it does. Alchemy isn't poking around with chemicals, and turning lead in to gold; it can, but it's more than that. Alchemy is the manipulation of the Aetheric forces which generate reality around us.

錬金術部門Alchemy Departmentの人々は少数ながらも精鋭揃いだ。ルスラフ・ディアギレフ管理官に率いられ、彼らは合理科学の埒外、大半の財団職員には夢見ることしかできない領域にある脅威を収容することを任務とする。

The men and women of the Alchemy department, are few and extraordinary. Lead by Director Ruslav Diaghilev, they are tasked with containing threats beyond rational science, in places most Foundation personnel can only dream of.

彼らは財団の大部分から、感謝も尊敬も受けることなくそれをやってのけるのだ。

They do so without thanks, or respect from the majority of The Foundation.

もし君が説明しようのないほどファンタジーなものに遭遇したのであれば、錬金術師に相談すべきかもしれないな。

If you ever encounter something so fantastic that you just can't explain it, you just may need to consult an Alchemist.


この設定内のTaleシリーズ

Tales Series in this Setting

  • 大封──大いなる封印
  • The Great Seal
    • Finding Balance - ディアギレフ管理官は財団で最高齢の職員の一人だが、この日新たな弟子を迎える。 by DrMagnus
    • Finding Balance - Director Diaghilev, one of the most senior personnel in The Foundation, acquires a new student. by DrMagnus
    • Channeling Flows - アルトゥーロは錬金術師への道の第一歩を踏み出し、その中で師匠たちには思っていた以上の背景があると気づく。 by DrMagnus
    • Channeling Flows - Arturo takes his first steps on the path to becoming an Alchemist, and in the process discovers there's much more to his teachers than he expected. by DrMagnus
    • Restoring Harmony - ルスラフの過去は予想もつかぬものだった。錬金術大学内の反乱分子との対立によって、戦争の火蓋が切られる。 by DrMagnus
    • Restoring Harmony - Ruslav's past isn't what you'd expect. A confrontation with a subversive force within the College of Alchemists kickstarts a war. by DrMagnus
    • Lepidoptraetheia - ルスラフは錬金術師であって、生物学者ではない! 錬金術課は桐生研究所に助力を求め、そして若き女性は自分に才能が秘められていたかもしれないことに気づく。 by DrMagnus
    • Lepidoptraetheia - Ruslav is an Alchemist, not a biologist! The Alchemy division enlists the help of Kiryu labs, and a young woman discovers she may have hidden talents after all. by DrMagnus
    • An Alchemist Goes to War - 管理官は機動部隊を連れてレデノフ・テクノロジーズを訪問し、思いがけない場所でかつての敵と再び相対する。 by DrMagnus
    • An Alchemist Goes to War - The Director leads an MTF to pay Ledenoff Technologies a visit. An old enemy resurfaces, in an unexpected place. by DrMagnus
    • The Summer of Bad Memories - 人生では得るものもあれば、失うものもある。だが失う際、時には酷い失い方をすることもあるものだ。 by DrMagnus
    • The Summer of Bad Memories - Win some, lose some. But when you lose, sometimes, you lose bad. by DrMagnus
    • Le Mort Du Alchemist - 真実が形になり始める。ルスラフ・ディアギレフとは一体何者だ? by DrMagnus
    • Le Mort Du Alchemist - The truth begins to take shape. Just what is Ruslav Diaghilev? by DrMagnus
    • Once and Future Alchemist - アーサーは騎士たちを側に集め、彼も予期していなかった力を発見する。 by DrMagnus and MalyceGraves
    • Once and Future Alchemist - Arthur gathers his knights to his side, and discovers a power he never expected. by DrMagnus and MalyceGraves
  • パラテック&パートナーシップ
  • Paratech & Partnership
    • Small Town Problems - 我々は主人公たちの最期に直面する。この話は警告だ──どれほど破天荒な人間であっても、急いては事を仕損じる。 by DrMagnus
    • Small Town Problems - We meet our protagonists at the end. It serves as a warning: no matter how dangerous you are, you can't rush in to anything. by DrMagnus
    • Denton and McDowell Save Sixty Dollars - サムはグレーハウンドバスに乗れば多少の金が浮くと考えた。だが、二人はその途中で何か注意を引くことが起きるとは想像もしていなかった…… by DrMagnus
    • Denton and McDowell Save Sixty Dollars - Sam figures they can save some money by taking greyhound. They weren't expecting anything interesting along the way… by DrMagnus
    • 財団の資源を悪用しないために - バスでの一旅を終えて、デントンとマクダウェルは小さな衛星サイトに割り当てられた。普段の仕事から離れて息抜きしてくれとのことだ。何もおかしなことは起きないはずさ。 by DrMagnus
    • How not to Misappropriate Foundation Resources - After their bus trip, Denton and McDowell are assigned to a small satellite site for some down time from their usual level of work. What could possibly go wrong? by DrMagnus
    • Denton and McDowell Recover La Chupacabra's Pinata from a Jersey Devil - 結局、彼らは世界を救ったというほどでもないが、少なくとも管理官は救ったということか? ディアギレフ管理官が二人に望んだメキシコでの仕事とは……? by DrMagnus
    • Denton and McDowell Recover La Chupacabra's Pinata from a Jersey Devil - So they didn't exactly save the world, but they saved the Director at least right? I wonder what Director Diaghilev wants them for in Mexico….? by DrMagnus

その他のTale

Other Tales

  • Bewitched Bothered and Bewildered - ローゼンがペットプロジェクトを抱えているのは地下の奥深く。他に誰がちっぽけな旧式のハットボットなんて気にするだろう…… by Roget
  • Bewitched Bothered and Bewildered - Rosen has a pet project, deep in the basements. Who else would care about little old hatbot… by Roget
  • It's fine, but it still hurts - マグナス博士はヘレン・マグナス博士の墓を訪れる。苦しい記憶、新たな責任、古い友人が一同に会する…… by DrMagnus
  • It's fine, but it still hurts - Dr. Magnus visits the grave of Dr. Helen Magnus. Painful memories, new responsibilities, and old friends come together… by DrMagnus
  • An Arm-y of Two - ルスラフは思いもよらぬ同盟者を引き入れなくてはならない。我々の現実を揺るがす脅威に対処するには、彼が必要であるのだ。 by DrMagnus
  • An Arm-y of Two - Ruslav has to recruit an unlikely ally to deal with an existential threat to our reality. by DrMagnus
  • Alchemic Arm-istice - アルマンドは収容違反中に奇妙な人物と遭遇する。何が起きているかを突き止めるために、二人は協力し合う必要がある…… by weryllium
  • Alchemic Arm-istice - Armando comes across a strange figure while breaching containment. They're gonna have to work together to figure out what's going on… by weryllium

この設定内の、あるいは関連するSCP記事

SCPs in, or incorporating this Setting

  • SCP-3622 - とある敵対的なソフトウェア会社が、錬金術部門長の古い記憶を呼び覚ます。 by DrMagnus
  • SCP-3622 - An antagonistic software company kicks up old memories for the Director of the Alchemy Department. by DrMagnus
  • SCP-3714 - 何の変哲もない指輪だろ? フリーマーケットで見つけたそうだ。間違いなく錬金術部門とは何の関係もない…… by DrMagnus
  • SCP-3714 - An inoccuous ring, right? They found it at a flea market. Certainly has nothing to do with the Alchemy Department… by DrMagnus
  • SCP-3872 - W. H. スワードが生きている? それも糖蜜についてわめいてるって? 何かが起きている、そしてまたもや錬金術案件みたいだぞ! いつものエージェント二人組が元国務長官を回収する…… by DrMagnus
  • SCP-3872 - W.H. Seward is alive? And ranting about molasses? Something's up, and it may be Alchemic after all! Our two favorite agents recover the former Secretary of War… by DrMagnus
  • SCP-3615 - 錬金術、奇跡術、そして積もった糞便を合わせたら何が起きる? 悲劇だ。哀れなバアルよ…… by mlister
  • SCP-3615 - What do you get when you combine alchemy, thaumaturgy, and a layer of shit? A tragic story. Poor Baal… by mlister
  • SCP-5621 - 隠れた才能が嫉妬深いチームメイトに消されてしまったとき、何が起きるのか? 謎解きの時間だ! デントンとマクダウェルが嫉妬、殺人、錬金術を捜査する! by DrMagnus
  • SCP-5621 - What happens when a latent talent is offed by a jealous teammate? Find out, as Denton and McDowell investigate Jealousy, Murder, and Alchemy! by DrMagnus
  • SCP-5501 - 「一枚の写真は一千の語彙に値する」という言葉を覚えているだろうか? まあ、これらの写真は我々の世界の命運を握るに値する。 by MalyceGraves
  • SCP-5501 - Remember the saying "A picture is worth a thousand words"? Well, these pictures are worth the fate of our world. by MalyceGraves

この設定とキャラクターで書くうえで

Writing for this Setting + Characters

錬金術は、その根底において、とても曖昧なものです。それは我々の周り一面にある根源的な力エレメンタル・フォース──水、火、土、金属、重力等の力を操作する術です。その効果は奇跡術と大差ありません。

Alchemy, at its base, is a pretty loosely defined thing. It involves manipulating elemental forces all around us, be it water, fire, earth, metal, gravity etc. Its effects are not unlike thaumaturgy.

錬金術を実際に行おうとしても、地球と、そこから2光年以内では厳しい制限が課せられています。これは20世紀初頭にディアギレフ管理官が財団資産と行ったある行動によるものです。彼らは“大封”Great Sealとして知られる操作を実行して局所現実内の錬金術の影響を弱め、膨大な敵性存在からの防護としました。それゆえ、錬金術は大多数の人にはほぼ扱えないようになっています。注目すべき例外は、ディアギレフ管理官 (何はともあれズルをしたのです)、そして地球から2光年以上外にいる錬金術師です。

The actual application of alchemy is severely limited on earth, and within 2 light-years of it, due to actions caused by Director Diaghilev alongside Foundation assets in the early 20th century. They enacted a working known as the "Great Seal" which reduced alchemic influence over local space-time as a protection against a significant number of hostile entities. As such, Alchemy is sharply limited by most people. Notable exceptions are Director Diaghilev (who cheats, more or less), and any alchemist outside of two light-years from earth.

この例外には、大封を実施しなかった並行現実や、地球から離れたどこかも含まれます。

This includes alternate realities that didn't implement the Great Seal, and anywhere distant from earth.

この設定の全体的なテーマは、過去があなたに追いついてくること、そしてあなたの力と影響力で世界を過去から引き離してやることです。

Overall themes of this setting are the past catching back up to you, and using your power and influence to help the world move on from its past.

注意すべきポイントとして、“錬金術”は“魔法”の言い換えではありません。単にどこからともなく物を取り出してくることはできません。確かに魔法じみた能力ではありますが、使ってみるならば慎重を期してください。私の基準はこうです──エレメントに関わっているか、および/またはストーリーのためになるか? 破壊光線を打ったりはしませんよ、基本的には。

Important to note, "Alchemy" is not a stand-in for "Magic". You can't just poof things out of thin air. There's definitely magic-like abilities, but try and use your best judgement. My yardstick is: does it involve elements, and/or does it serve the story? No flinging Ray of Disintegration around, basically.

それでは楽しんで! 質問があれば連絡してください!

Have fun, and let me know if there's any questions!

~Magnus

……僕は正しかったんだ。ディオ、そうでなければ良かったのに…..

──デブリーフィング抜粋 - アルトゥーロ・ジェヌオモ、[編集済]年

…Turns out I was right. Dio, I wish I wasn't…

-Excerpt, Debriefing - Arturo Genuomo, [REDACTED]


The Alchemy Department Hub
https://scp-wiki.wikidot.com/the-alchemy-department-hub
© DrMagnusDrMagnus

タグ: en ハブ 錬金術部門 批評者スポットライト

科学部門ロゴ
タイトル: sd.png
著作権者: Osobist
ソース: SCP-RU
ライセンス: CC BY-SA 3.0
公開年: 2012
補足: Internal Departmentsのディスカッション欄で元のページ作成者であるOsobist氏がロゴの作成について話しており、かつSCP-4400にて同ページの画像が氏に帰属されていたことを受けてOsobist氏の画像と判断している。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 ( 01 Jun 2018 11:19 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License