トラッシュファイア (カノン-EN)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

トラッシュファイア

The Trashfire


The Stories/ストーリー

(おおよそ時系列順)

(in rough chronological order)


How To Clean A Polyester Dress

TERF1、そして決まって彼らを丸呑みにしてしまうファシズムの裂け目の話。

How To Clean A Polyester Dress

A story about TERFs, and the fascistic chasm that inevitably swallows them whole.

Black and White and Red All Over

ネオナチがアウター・リヒテンベルクに侵攻している。反撃の手綱を握るのは住人たちだ。

Black and White and Red All Over

Neo-nazis are invading Outer Lichtenberg. It's up to the residents to fight back.

When Will You Die for the Last Time in my Dreams

『スペードのハウス』の興亡、そしてその狭間の瞬間とき

When Will You Die for the Last Time in my Dreams

The rise and fall of House of Spades, and the moments in-between.

Summary/概要

トラッシュファイアは次の一文に要約できる: 「世界は酷く、誰もがそれを修正しようと足掻いている」。

The Trashfire can be summed up in a single sentence: "The world sucks, and everyone's scrambling to fix that."

存在を苛む恐怖の原因は終末ではない。支配を拒絶され被造物を滅さんとする堕天使でもなければ、失敗した実験の周囲でゆるやかに解れていく空間のせいでもない。壮大な物語がそれらを現実の中心部につなげているのでもなく、呪縛がそれらの形を動かしているのでもない。存在の抱える問題は、愚者が仕組んだわけでもなかった。

The terrors that plague existence are not the result of some apocalypse, some fallen angel looking to ruin the creation they were denied power over, a steadily fraying space around an experiment gone wrong. No grand narrative will link them to a set of reality keystones, and no curse animates their forms. Mistakes of existence were not engineered by the foolish.

彼らはただこの世界にいるだけだ。そして君がまず間違いなくそうするようには、その事実に憤りを抱いている。

They're simply there, and they resent that fact as much as you most likely do.

それは多元宇宙に──イオンが視た肉の山嶺に、Mekhaneが徴発したと思しき美しき機械に、オルトサンが敬愛する現実の襞目に──特有の問題だ。この宇宙論を制御する宇宙的コンピュータがどんなものだろうと、そいつは無数の冗長で廃れた部品でいっぱいだし、存在論CPUは極限まで稼働していて、埃やら壊れたケーブルやらを懸念している場合ではない。そいつはバグでいっぱいだ。それも色んな意味で。

It's a problem endemic to the multiverse, to the mounds of flesh Ion witnessed, to the beautiful machine supposedly commandeered by Mekhane, to the folds of reality the Ortothans hold dear. Whatever cosmic computer controls the cosmology has been fitted with numerous redundant and obsolete components, stretching the ontological CPU to its absolute limit even before one factors the dust, broken cabling, and otherwise. It is filled with bugs, in more than one sense.

問題はもう十分。しかし、悪人たちが私利私欲のためにそんな恐怖に手を出したなら──いったい何が起こるのか?

That's problem enough. But what happens when bad actors attempt to exploit such horrors for their own gain?


The 'verse/世界観


地獄34へようこそ!

Welcome to hell5!

このカノンで書くことに興味がお有りでしたら:

  1. 試しに少し読んでみてください!全部ではありません。ざっくり理解できるまでで十分です。
  2. わからない部分があれば残りのタブを確認してください。
  3. どんなくだらないことでもUraniumEmpireUraniumEmpireに聞いて構いません。

If you're interested in writing for this canon:

  1. Try to read a bit of it! Not all, just enough to get a general idea.
  2. Check out the rest of the tabview if you need to fill in some of the blanks.
  3. Feel free to shoot the shit with UraniumEmpireUraniumEmpire

タグ: en ハブ トラッシュファイア

The Trashfire
http://scp-wiki.wikidot.com/the-trashfire
© UraniumEmpireUraniumEmpire

”シリーズ”の”錯誤の結果”タブはCN版のオリジナルコンテンツです。
http://scp-wiki-cn.wikidot.com/the-trashfire

いくつかのメモ書き

  • 下線は特に訳文を不安視している箇所です。
  • トラッシュファイアは、これまでUraniumEmpire氏が著した複数の作品にわたって共有されていた世界観・宇宙の設定をまとめて体系化したものです。
  • この宇宙は陰惨かつ混沌としており、その中で数多の衆生が足掻いています。彼らの試みの多くは失敗しますが、まったく希望がないわけでもありません。
  • ディセンサスはSCP-1348等に登場する、現生人類以前の支配種族です。
  • ”テーマ”タブで緋色の王が去勢されたと書かれていますが、UraniumEmpire氏のフォーラムでのヘッドカノンの開示等を見るに、どうやら比喩ではなく実際に去勢されている模様です。
  • サイト-56に収容されているSCP-001は、おそらくは”菫色の女王 / 悪精の女王”と同一であると考えられます。
  • ”蟲形の穴を空けるもの / 蟲王”はSCP-4947と同一であると考えられます。
  • ”翠色の魔道士 / 白の狼”も同一存在のようです。
  • ”重要団体”タブの”オブスクラ” (OBSUKRA) のところでわざわざ”翳”かげなどという回りくどい表現を使っているのは、GOCハブでのOBSUKRAの別称が”翳”であったことにちなんで洒落を入れた形になります。
  • 第四帝国は要注意団体-DE (をトラッシュファイア流に再編したもの) です。異常利用特殊部隊 (SKP) も同様です。
  • 同盟オカルト連合 (AOC) はIJAMEAハブ等に登場する、世界オカルト連合 (GOC) の前身機関です。

参考文献

  • UE Canon: UE氏のヘッドカノンに基づく年表。
  • Trashfire Primer: 書きかけで放置されているトラッシュファイアのガイド。
  • Uraniumempire's Personnel File: 著者ページ。一部のキャラクターや神格の設定が載っています。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 ( 01 Jun 2018 11:19 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License