「怪奇部門」の調査報告

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

/*
    Simple Yonder Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
        Sigma-9 Theme by Aelanna and Dr Devan
        Anderson Robotics Theme by Croquembouche
        Minimal Theme by stormbreath
        Word Processing Theme by stormbreath
        Flopstyle CSS by Lt Flops
*/
 
@import url('https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Asimple-yonder/jost.css');
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Open+Sans&display=swap');
@import url(https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code&display=swap);
 
:root {
    --themeColor: #7E2520;
    --accentColor: #E01F1F;
    --whiteColor: #FBFBFB;
    --borderColor: #C4C4C4;
}
 
#page-content { font-size: .87rem; }
 
body {
    color: #000000;
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    background-color: var(--whiteColor);
}
 
.code pre, .code p, .code, tt{ /* ---- Code by Croquembouche ---- */
    font-family: "Fira Code", monospace;
}
 
.page-source {
    font-family: "Fira Code", monospace;
 
}
a {
    color: var(--accentColor);
}
 
a:visited {
    color: var(--themeColor);
}
 
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: var(--themeColor);
    font-family: 'jostregular';
    font-weight: bold;
}
 
#page-title {
    color: var(--themeColor);
    font-family: 'jostregular';
    font-weight: bold;
    font-size: 2.4em;
    border-color: var(--borderColor);
}
 
/* ---- HEADER ---- */
 
 div#container-wrap{
     background-image: url('https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Asimple-yonder/bg3.png');
     background-repeat: repeat-x;
}
 
div#header {
    background-image: url('https://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Asimple-yonder/logo.png');
    background-size: 7.3rem;
    background-position: 3px 29px;
}
@media (max-width: 767px) and (min-width: 480px) {
    div#header {
      background-size: 6rem;
      background-position: -4px 44px;
    }
}
@media (max-width: 479px) {
    div#header {
      background-size: 4.6rem;
      background-position: -3px 58px;
    }
}
 
#account-topbutton {
    border-width: 0;
}
#login-status,
#login-status a {
    color: var(--whiteColor);
    font-weight: bold;
}
#login-status ul a,
#login-status ul a:hover {
    color: var(--themeColor);
}
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus,
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: none;
    background: #282828;
    box-shadow: none;
    border-radius: 2px;
    color: #f4f4f4;
}
 
#search-top-box input.empty {
    color: var(--borderColor);
}
 
div#header h1 a span {
    font-family: 'jostregular';
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
}
div#header h2 span {
    font-family: 'Open Sans', sans-serif;
    font-weight: bold;
    color: #f4f4f4;
    padding: 17px 0;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
    white-space: pre;
}
 
/* ---- TOP BAR ---- */
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    color: var(--themeColor);
}
 
#top-bar ul li ul {
    border-color: var(--borderColor);
    box-shadow: none;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a {
    background: #f4f4f4;
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
div#side-bar {
    font-size: 104%;
    background-color: var(--whiteColor);
}
 
#side-bar .side-block.media > * {
    display: flex;
    justify-content: space-evenly;
}
#side-bar .side-block {
    border: var(--whiteColor) 4px;
    border-radius: 0;
    box-shadow: none;
    background: var(--whiteColor) !important;
    padding: 2px;
}
#side-bar .heading {
    border: none;
    border-radius: 0;
    color: #282828;
    font-size: 1.3em;
    padding: 1em 1em 0 0;
    border-top: 1px solid var(--borderColor);
    margin: 1em -0.8em 1em -0.5em;
    font-weight: normal;
}
 
#side-bar .menu-item > a:hover {
    background-color: rgba(0,0,0,0.05);
    color: var(--accentColor);
    text-decoration: none;
}
 
#top-bar div.open-menu a {
    border-radius: 0;
    box-shadow: 0px 1px 4px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2), 0px 3px 10px 0 rgba(0, 0, 0, 0.19);
    color: var(--themeColor);
    border: none;
}
 
#side-bar a:visited {
    color: var(--themeColor);
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
    #side-bar {
        left: -19em;
    }
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: 1px 0 5px 0 rgba(0,0,0,0.2);
    }
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
        opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3);
        background-position: 19em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 19em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
    #side-bar {
        top: 0;
    }
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: var(--themeColor); /* color between tab list and content */
}
 
.yui-navset .yui-nav a,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background: var(--whiteColor); /* tab background */
    border-color: transparent;
    color: black;
    transition: 0.125s;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em {
    background: #f4f4f4;
    box-shadow: none;
    border-color: var(--whiteColor);
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a em {
    font-weight: bold;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    background: var(--whiteColor); /* selected tab background */
    color: var(--themeColor);
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: var(--whiteColor);
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border-color: transparent;
    box-shadow: 0px 1px 2px 0.5px rgba(0,0,0,0.5);
    background: var(--whiteColor);
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background: var(--whiteColor); /* content background color */
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    border: solid 1px var(--borderColor);
    border-top-width: 0;
}
 
.yui-navset-left .yui-content {
    border-left-color: #b7a9a9; /* different border color */
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
 body{
     --barColour: var(--themeColor);
}
 
 .info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table{
     width: 100%;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate{
     margin: unset;
    margin-bottom: 8px;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: var(--whiteColor);
    border: solid 1px var(--whiteColor);
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
    border: none;
    color: var(--themeColor);
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
    background: var(--whiteColor);
    color: var(--accentColor);
}
 
.rate-box-with-credit-button .cancel {
    border: solid 1px var(--whiteColor);
}
 
.modalbox {
    background: var(--whiteColor);
    border: none;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
}
iframe.close-credits {
    top: 1.25em;
    right: 1.5em;
    transform: scale(1.5, 1.25);
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
    box-shadow: none;
    margin: unset;
    margin-bottom: 8px;
}
 
div.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: var(--whiteColor);
    color: var(--themeColor);
    border: solid 1px var(--whiteColor);
}
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: var(--whiteColor);
    border-top: solid 1px var(--whiteColor);
    border-bottom: solid 1px var(--whiteColor);
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: var(--themeColor);
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: var(--whiteColor);
    color: var(--accentColor);
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: var(--whiteColor);
    border: solid 1px var(--whiteColor);
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: var(--themeColor);
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: var(--whiteColor);
    color: var(--accentColor);
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px var(--borderColor);
    background-color: #f4f4f4;
    /* set border for table title */
}
 
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px var(--borderColor);
    /* set border for table content */
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: #f4f4f4;
     border: solid 1px var(--borderColor);
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px var(--borderColor);
    box-shadow: none;
    box-sizing: border-box;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #f4f4f4;
    border-top: solid 1px var(--borderColor);
    color: black;
}
 
hr {
    background-color: var(--borderColor);
}
 
.hovertip {
    border-color: var(--borderColor)!important;
}
 
/* ---- FOOTER ---- */
#footer { background: transparent; }
#footer a { color: var(--themeColor); }

doorway3.jpg

*ハッチがひらく音*


概要

登場とその共通モチーフ


怪奇部門 (Department of Abnormalities, 略してDoAとも) は、2018年に投稿された記事「SCP-3790 - 怪奇部門」で初登場した概念である。怪奇部門は多くの場合で”SCP財団”の下位にある部署の名前として登場するものの、財団はそのような部門を認知しておらず、過去にそのような部門を有していた記録も存在しない。いわゆる”幽霊部門”であるわけだ。

基本的に、関連記事では怪奇部門そのものが登場することはない。何らかの古びた廃墟や放棄された施設に、”怪奇部門”のネームプレートが付いている……という形で彼らの活動の残滓が登場するのみである。

怪奇部門登場記事では、以下の要素のうちいくつかを採用している場合が多い:

  • 原型性
    • 既存オブジェクトの起源・再解釈
  • 根源的恐怖
    • 暗闇
    • 閉塞感
    • 無機質
  • 封鎖・隠蔽・謎
  • 過去・忘却
  • 暗喩・メタ

怪奇部門に関する明示的な説明が書かれた記事はなく、著者間でもその認識はバラバラである。基本的にはパターンスクリーマーのような、いくつかの共通するモチーフによって特徴づけられる存在である。

最近では主に、”既存オブジェクトの起源・再解釈”を取り扱うジャンルとして扱われる傾向がある。



怪奇部門とは何か?

1つの仮説


怪奇部門が何か? に対する答えはない。しかし、我々は各々でその答えを用意することはできる。

以下はDr_Kasugaiの私見である。もちろんこれは1つの解釈に過ぎず、これに囚われるべきではないし、これに当てはまらない怪奇部門の形もあるだろう。参考程度になれば幸いだという気持ちでここに書き記す。

まず、大元であるSCP-3790であるが、ここからはある種のメッセージを読み取ることができる。我々、創作コミュニティ”SCP財団”がその歩みを進める中で失ってきた、原始的・根源的な怪奇性、すなわち”何だかよくわからないが不気味”への回帰である。このホラー性の他にも、記事のミニマリズムや明かされない謎などはシリーズⅠの特徴をどことなく想起させる。

ここから少々飛躍させるが、SCP-3790とは”過去の財団”そのものの暗喩であると読み取ることが可能である。怪奇部門とはかつての朧気で正体不明な極秘組織であった”財団”が投影されたものであり、怪奇部門が存在しないのもコミュニティが拡大するに従って、かつての財団像が否定されてきたことに根ざすと考えられる。

つまるところSCP-3790、ひいては怪奇部門とは、我々が歩みを進めていくに従って棄却し、忘却してきたものたちの亡霊である。そして財団世界において極秘指定であるところを見るに、この世界の財団にとってもまた、その根源にして棄却してきた何かが、特に第7層においてあるのだろう。しかしそれは語られることなく、真実は闇の中に眠っている。

これを踏まえ、怪奇部門への説明を試みるとしよう。怪奇部門とはある種の亡霊にして、現象型の大規模異常1である。怪奇部門は以下の性質によって特徴づけられる:

  • 怪奇部門は”現在の財団”へのアンチテーゼが財団世界内に形を取って現れた存在である
  • それらは財団が前進する中で捨て去ってきた、忘れ去ってきた”過去”や”起源”を掘り起こし、財団の眼前へ提示する
  • それらは”過去”から現れる──財団が足を踏み出せば、そこには過去からあったものとして怪奇部門が出現する
  • 怪奇部門は過去性の象徴として廃墟、跡地、残滓の形で現れる
  • 彼らのアンチテーゼ性はメタ的なものと財団世界的なもの双方を孕む、ある種の架け橋ともいえる

つまるところ、財団あるところに怪奇部門がある。彼らが歩みを進めるほどに怪奇部門もその先に現れ、その過程で彼らが忘れ去り、奥底に封印してきた過去を提示する。

もっとわかりやすく言えば──

過去は………バラバラにしてやっても石の下から…………………ミミズのようにはい出てくる……

ジョジョの奇妙な冒険 第61巻

……ただし、最初にも述べたように、怪奇部門の正体に関しては他にもいくつかの仮説がある。例えば以下が挙げられる:

  • 単なる財団のパロディ的な異常存在、あるいは財団の活動を模倣する異常存在。
  • 捨てられた過去などではなく、捨てられたアイデアが具現化したもの。アイデアの墓場。(特に3790に対して)
  • 反ミーム部門や対抗概念部門のような影の部門。
  • 財団の前身。”SCP財団”は元々多角的な団体であったが、後に他の業種を切り捨てて、あるいは彼らによってクーデターを起こされ、異常だけを取り扱う組織になった。
  • SCP-2000起動前の財団。

カノンはなく、解釈は一意に定まらない。あなただけの怪奇部門を育ててみることもまた一興のはずだ。



確認された関与例

(関与度: 高)

怪奇部門が主眼の記事。


投稿順-EN

怪奇部門
ドアには、ドアノブのすぐ上に取り付けられた“SCP財団 怪奇部門(Department of Abnormalities)”という小さな金属製プラカード以外の識別マークが存在しません。

パノプティコン II
跳ね上げ戸には”怪奇部門(Department of Abnormalities)”という言葉が日本語で刻まれた小さな金属製プラカードが取り付けられています。

We Die in The Dark
SCP-4099 designates a series of documents under the title: "SCP Foundation Department of Abnormalities".

月の陰
このシャフトの底には跳ね上げ戸があり、“怪奇部門”という文言が刻まれた金属製プラカードがボルト留めされています。

To Never Again See The Light Of Day
Dr. Adam Bright — Department of Abnormalities

Huddle with Us
Of note is a tarnished silver placard on the basement door which reads "SCP Foundation Department of Abnormalities".

汚されて
アパートメントの番号の下には“怪奇部門”と記された小さな金属製プラカードがあります。

With Apologies to Mercury
The interior airlock door to SCP-5845-A is adorned with a gold placard reading "Department of Abnormalities" with a second placard below it in silver reading "Supreme Sacred Congregation of the Roman and Universal Inquisition".

Act V: Him, His Devil, and Confessional
On the placard, a section reading "Of Abnor" is the only legible portion remaining.

Deep Sleep
Above that appears to be a heavily damaged placard; with the only readable portion being "Abnormalities".

血に染まる街
ドアの横にある金属のプラカードには、”SCP財団 怪奇部門”と書かれています。

投稿順-JP

ミーム汚染、上から見るか、下から見るか。
稼動隔壁の操作パネルには”怪奇部門”という言葉が日本語で刻まれた小さな金属製プラカードが取り付けられています。

おもかげ
蓋の裏には”怪奇部門”という文字が日本語で刻まれた小さな金属製プラカードが取り付けられています。

酩酊より奇っ怪な夢を
”怪奇部門”と書かれたプレートが飾られた扉は重苦しい音を立てながら開いていく。

ベルの鳴る時
側面には『怪奇部門 ███-████-████』と記述されている。

その手を離してくれ
101号室の扉には"SCP財団 怪奇部門"と記された小さな金属製プラカードが、"SCP財団 維持部門"と記されたプラカードに被せるようにボルト留めされています。

もう赤は必要ない
同外観を持つ山小屋は周囲に9つありますが、SCP-2851-JPのみドアノブのすぐ上に"怪奇部門 (Department of Abnormalities)”という小さな金属製プラカードが取り付けられています。



確認された関与例

(関与度: 中-低)

怪奇部門がゲスト主演している、
またはJoke的な性質を多分に帯びた記事。


投稿順-EN

“はーびー ふぁっかー ひじょうに とても よい おちつかない の さーかす by dado”
そこであなたdadoサーカスを見るできる、dadoは沢山の出し物ある、例えば月魔法使い、月チャンピオン、そして大きい望遠鏡 by dado。あなたそれで怪奇部門の偽物の月を見るできる。

An Eye for an Eye
I'm sure the Foundation has plenty of dark places for things like that. Good riddance.

Log of Unexplained Locations#315520
An elevator affixed to the ice with a placard above the doors that bear the words, "Department of Abnormalities". The doors themselves appear to have been welded shut and the button panel has been altered to no longer function.

Pantopicon IV: The Search for Pantopticon III (sic)
A paper sign is taped to the inside of the door, reading "SEALED BY THE DEPARTMENT OF HEALTH ABNORMALITIES".

投稿順-JP

月下美人を笑わせようとした男
そういうわけで、彼女のいる財団の標準ヒト型収容ユニットにおいても、ドッキリが開催されました。テーマは、『怪奇部門』。

祝福、新たなる時代へ
また、奇妙な点として施設内には“SCP財団 怪奇部門(Department of Abnormalities)”と表記された金属製プレートが多数壁に貼り付けられていました。

我らの壊れたる機動精神 ブロークン・ガンダム
私が目をこらすと、階段の先、通路の奥に、見えたのは金属のハッチでした。

Anomalousアイテム#01916
怪力部門(Department of Strengths)と書かれた金属製プラカード。扉に貼り付けると、部屋内部に複数の筋力トレーニング用品が、扉に覗き窓が出現する。また、貼り付けた扉はプラカードを取り外さない限り開閉できなくなる。



関与可能性

怪奇部門との関係が暗示される記事。


投稿順-EN

後記 - 鏡によりて幽に
現場の更なる調査で、大量の砕けたコンクリート片と捻じれた鉄筋、並びに血液と糞便で詰まった複数の床排水溝が発見されました。

魔性のランスロットと空中都市アウダパウパドポリス
彼の頭上には鉄の王冠が浮かんでいます — 王冠には未知の言語が彫り込まれ、煌めく白い宝石が散りばめられています。

サイト-5は実在しない
職員はサイト-5が実在しないことを念頭に置いてください。

投稿順-JP

道を紡ぐ廃忘
SCP-975-JPは各地の廃建造物内に存在する金属製の扉です。

やりかけの仕事
SCP-2510-JPの内部構造はサイト-17の旧収容棟の人型異常存在収容フロアと類似しており、廊下に向かい合うように並べられた4つの収容セル、遠端にある階下へ向かう為のエレベーターで構成されています。



表面的類似

怪奇部門とは全くもって関係はないが、
形式が類似する記事。先達、オマージュを含む。


投稿順-EN

記憶博物館
焦点#1 (『起源』): コンパートメント#1の上にある、番号の付けられていないコンパートメントです。長い木製の机と13脚の革張り肘掛け椅子が備えられた会議室の光景の感覚を与えます。英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語やスペイン語の話し声が聞こえますが、それらは不明瞭で聞き取り難いものです。憂慮や決意、そして隠し事をしているような感情もまた与えられます。

機械仕掛けの女神の静かな哀歌
黒き月は忘れ去られた戦争の中で喪われた者たちを悼んで歌う。

ティターニアの檻
SCP-2932-Aより得られた情報から、SCP-2932はかつて造られ、今も機能し続ける、無数の生物や他の実体を封じ込めるために設計された大規模拘禁システムであると推定されています。

冠に重圧あり
知識の冠に重圧あり、
其が齎すは悲惨のみ。
この墓所を我ら闇に繋ぐ、
庭を荒らすこと無きように。

投稿順-JP


また、各収容室にはチタン合金製のプラカードが取り付けられており、収容されている物品の名称と思われる文が刻印されていました。

投稿順-ES

キューバ国家対異省
ハッチの取っ手には"MAC"のイニシャルが刻印されています。



おまけ

1本あたりではない





参考

礎となったものたち。


砂箱Ⅲ: 怪奇部門に関して
here

SCPD: SCP-3790解説
here

Twitter: KanKan氏の3790解釈
here

*ハッチがとじる音*


ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 ( 01 Jun 2018 11:19 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License