オルカディア ハブ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

これはカノン「オルカディア」に関する情報の集積であり、大部分は原作者であるDrBleep氏のサンドボックスに書かれていたハブ下書きに依拠します。このページの目的は、私個人の情報整理と、オルカディアカノンに興味を持つ読者への情報共有の2つを兼ねています。
情報は確定されたものでなく、また誤訳を含む可能性がありますので、その点はご留意くだだい。

それで、オルカディアって?: 海洋神話を中心としたカノン。


「オルカディアの海」カノンにようこそ。

─黒き月は吠えているか?

──13柱がオークニーを視るときのみ。

さて、どういうわけだか、あなたは思いがけず「オルカディアの海」と呼ばれる小さなものに迷い込んでしまいました。これはカノンです。比較的新しく、そしてこれから大きくなるだろうと期待される小さなカノン。

つまりどういうこと?
えーとですね、これは中心となる物語連続性の周囲に焦点を当てた合作の試みで、無数の小さな連続性を孕むかもしれません。言い換えると、ここで語る物語は数えきれないほど多くあります。こうした物語の大部分はオルカディアの神話か、その周りを基盤にしています。

何がテーマなの?

オルカディアの神話は、ケルト神話と北欧神話の両方からふんだんに要素を取り入れています。当カノン内のTale/SCPは何か一つの大きなテーマに固執しなくともよく、むしろこの特定の共有世界の側面に切り込む/触れるべきでしょう。以下にカノンを構成する各種物事についての簡易リストを掲載します。私がそれらの1つまたは全てに触れる/盛り込むことを強制することはないでしょうが、カノンのために執筆するというのならば、どうかそうしてくださると助かります。

  • オルカディアの神話、あるいはその周辺との関連。これらは実際の神話に基づく必要はないですが、それらからインスピレーションを得ることを推奨しています。新たな神話、または既存の資料と一致する民話の創出が奨励されています。枠組みに囚われないで。
  • 財団は頂点に立つ存在である。彼らは膨大な資源、大量のアノマリー、高度な訓練を受けて経験を積んだ研究職員の軍勢を利用できます。にもかかわらず、このカノンにおける財団は絶望的かつ大規模な場合を除いてアノマリーを使おうとはしません。彼らは魔法と魔法に基づく技術が存在することを認知していますが、理解・利用のレベルは他のGoIに及びません。
  • Magic, fantasy, and myth are big parts of this canon. Lore is important, and its still being built. DrBleep is writing from a specific vantage point with a set pantheon of gods. You do not have to follow her example in your writing, but like Sarkicism, there are certain things that will make this canon what it is . You don't have to be 100% in line with everything that happens in other tales, as there will be lots of wiggle room given the arcane nature of the Tales and SCPs in this canon. Get creative with your interpretation, just keep in mind what others have already written!魔法、幻想、神話はこのカノンの大部分を占めている。伝説は重要で、そして未だ構築中です。DrBleepは神々をはっきりと見渡せる場所から執筆していますが、あなたは
  • DrBleep has written a pantheon of 13 deities for the Canon. Each deity was carefully chosen based on their prominence within the Wiki/Orcadian lore. Some of their background tales, and GoI's may not line up 100% with the goals of this canon, and sometimes they may conflict with each other based on other material that's written. This is OK, and somewhat expected as author's headcanons tend to differ.
  • Locations will be primarily focused in and around Orkney. This is pretty obvious. Some tales will connect to other prominent locations for the differing deities, this is OK and acceptable.
  • The Mither is Chained. She has been placed in restrictive chains, limiting her powers to be equivalent to the rest. As you can imagine, she's not happy about this, and has, or was, in the process of hunting down her imprisoners.
  • マイザーは封印されている。彼女は限定的ながらも束縛されており、他と同等なレベルまで力を制限されている。お考えのとおり彼女はこれを快く思っておらず、自身を投獄した者たちを追い詰めつつあるか、あるいは既に追い詰めた。
  • Natural Cycles are Important. Ebb and flow of anomalies, and interactions play a prominent role in the canon's articles.
  • The Selkies/Finnfolk are a major and advanced civilization that has hid themselves from humans. Feel free to utilize them!
  • セルキーとフィンフォークは巨大で先進的な文明であり、人類から自らを隠し通してきた。彼らは好きに使ってくれ!
  • Arcane mystery/mysticism is common among those articles already written! Give the reader a feeling that something is going on, connected to a greater sense of occurrence.

さて、執筆したくなったかな?

おっ、カノンに興味を示してくれましたね。グッド! 熱心な著者はいつだって歓迎していますよ! 何か疑問点があれば、ご自由に活動中の著者まで連絡してくださって結構です。

ERROR

The Dr_Kasugai's portal does not exist.


エラー: Dr_Kasugaiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3995762 ( 01 Jun 2018 11:19 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License