アンブローズ茶屋・伏見 醍醐の花見のご案内

現在このページの批評は中断しています。

daigo-sakura

醍醐の花見のご案内


拝啓

春風駘蕩の候、皆々様におかれましては益々ご健勝のことと拝察いたします。
さて、平素より当店にひとかたならぬご支援、ご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

つきましては、ご高承の通り本年も醍醐の花見を開宴する運びと相成りましたことをご案内申し上げます。日程や場所等の詳細につきましては下記をご参照ください。

開会 日本標準時2020/04/20 AM:9:00
閉会 日本標準時2020/04/20 PM:21:00
場所 アンブローズ茶屋・伏見 壱-る階 醍醐寺室 存在形態等の理由で来場が困難な場合は、開会5日前までに予め当店にご連絡ください。
参加資格 当店会員の方、及び数奇執心のお連れ様
持参品 茶席をご利用の際は扇子、菓子切り、懐紙 お着替えはお一人様2着までご用意させていただきます。
太閤行列 日本標準時2020/04/20 PM:1:00-1:20
舞楽 日本標準時2020/04/20 PM:1:20-2:55

当室は遊蕩現実性非ユークリッド12次元位相空間と接続されている為、席及び来場者数の制限はございません。当宴でお出しさせていただくお酒、お茶、お菓子等に関しましては、一部にはなりますが別途資料を添付致しますので、ご来場の折には是非ご一読いただけますようお願い申し上げます。

皆々様のご来場を心よりお待ちしております。

敬具

アンブローズ茶屋・伏見
店長 猿田彦 三斎

お品書き



お酒


雪月下
常冬の街で作られたこのお酒。いつから寝かせていたのかもう誰も覚えていないほど、じっくりと熟成された年代物です。街の初雪を下弦の月明りでゆっくりと溶かし、雪国の高名なお米と合わせました。その味わいは街で出回っているどんなお酒より初々しく、またどんなお酒より円熟しています。忘却されるだけだったこの一杯は、あなたの忘れられない一杯になるでしょう。ようやく春が来ました。

νέκταρ
今や製法の現存していないこのお酒を、当店はほぼ完全に再現、ないしそれを超える一杯を開発しました。意富加牟豆美をベースとして、さらなる深みと風味を加えるため2種の桃を配合しています。これらの2種の桃は双方とも薫り高く、味も素晴らしいことが知られていましたが、健康上の被害の問題を解決できずにいました。しかし、独自の割合で配合することで一方の性質にもう一方の性質が適合し、その至味のみを残留させることを実現しました。その味わいはオリュンポス12神の方々も認めており、少々高値にも関わらず毎月泣き縋りながらMC&D社より定期にご購入いただいております。

養老酒
養老の滝伝説にあるように、現在養老の滝の上流からはお酒が滾々と湧いています。世間で養老の滝とされているものは、江戸時代初期にそのお酒を独占しようとした尾張藩が、妖術で接続した異界から水を引いてきてきた目くらましです。当店は現在滝を所有している個人と直接取引しており、贋物のおそれはありません。1000年以上前から湧き出で続けているこのお酒はほとんどの病気に有効な効能を持っており、味も甘草や丁子を思わせる芳香、滋味を備える一級品です。このお酒を一口飲めば、1週間先まで体の芯までぽかぽかです。

醍醐寺のお水

太閤井戸のお水

宇治橋三の間のお水

佐女牛井のお水

柳のお水

糺森のお水

縣井のお水

天王寺七名水

菊水のお水

染井のお水

音羽の滝水

桜井戸のお水

天岩戸のお水

天開水

██泉のお水

観音霊水

瓜裂の清水

をち水

泣沢女神の鰐の驟雨

三危山の露

崑崙のお水

搖水

曰山のお水

淄水のお水

澠水のお水

甘露

आत्मन्(純粋経験煮沸済み)

回春の泉のお水

ピション川上流のお水

トリートーニス湖のお水

ミーミルの泉のお水

ウルズの泉のお水

フェルゲルミルのお水

Στύξのお水

逍遥学派風血涙イデア

安寧水

鄭易の欷歔

お茶


Ἴκαρος茶(挙哀を添えて)
このお茶を一口飲んだその瞬間、貴方は基底現実から足を踏み外しゆらぎと神格的エクリチュールに支配されたポインタの中を落下します。霊・プシュケー・排中律の流転の様子や全身を突き抜ける滑昇霧状の生前の記憶をなどを楽しみながら、舌を中心として構成されるフラクタルな厚みをもった(比喩であり実際の厚みは常に重なって遊行しています。)繊細な組成の碾茶のイデアの風味・意味・トポス・クオリア・意義を覚醒胎動意識全体でご享受いただけます。ある地点まで落下すると周囲は絶対無の領域に到達しますが、予め茶葉に行った挙哀により、十分に頑強な悲涙の樽に乗りながら帰路をお楽しみいただけます。これまで多くのお客様が無事にご帰還されておりますので、ご安心してお楽しみください。

偽汽車茶
偽汽車:数多ある偽汽車の育て方の中から、古来より日本に伝わる狐と狸を素として、それぞれの荒魂を和魂を秘伝の割合で調合しました。通常狐は当店からほど近い伏見稲荷大社様の幼体のお稲荷様を、狸は茂林寺の成体をそれぞれ使用していますが、今回は特別に九尾神楽狸をストレスのかからないように細心の注意を払いながら、ソシュールの記号論に基づく日本語の形容・叙述可能(他の名詞と差異を認められる)領域と万物の隙間にのびのびと放牧し、あたたかな甘みと獣転幸魂特有のえぐみの除去を実現させました。当社所蔵の大陸横断列車に痛みを極力与えないように轢死させ、冷えて固まらないうちに素早く撹拌し偽汽車に形成しました。幻日を邪魔しないように雑味を除いた、シンプルで優しい風味に仕上がっています。

幻日:南極で観測される幻日を採取し、当社独自の技術でスペクトル分光培養しました。それぞれの色に様々な味覚を適応させており、そのグラデーションの色相は微分可能です。また、自身の色調を他の構成概念へ適応させることを自動実行するため、お飲みいただく時にお手を煩わせることはいたしません。なお、意味論的クロマトグラフィーで適応を行っている為、リブード中毒等の自我感覚流出を招くおそれもありません。

茶釜でお湯を沸かしている間、前述の偽汽車の各車両にお客様が色調を無意識に割り振り、その車両数や長さを決定していただきます。それぞれの色調から喚起されたイメージが味蕾を通過し、絶えず変化する味と感覚に陶酔するニューロンをお楽しみください。また、色調の個数を正の無限大に発散させるためにこれまでの虹に関連した記憶の処理を行うことも可能です。

鎮守茶
このお抹茶の粉末一つ一つには凝縮された神域結界が微量に含まれており、専用の茶釜で沸かしたお湯を注ぐことによってそれぞれが崩壊、融合するように調合しました。お茶碗の表面にはある種の次元ポータルのような領域が発生しており、神奈備、深山幽谷、またはそれに類する空間と接続されています。嚥下時には口腔、鼻腔内から十二指腸付近まで神域が広がりますが、脳内に直接感覚が接続されるので草木にアレルギーをお持ちの方でもご安心して、深い森林や神々と薫り高い宇治のお抹茶の織り成す風味をお味わいいただけます。なお、摂取後六時間以内に、消化管から流入するもの以外の外気に触れさせないでください。通常通りにポータルが閉まらなくなるおそれがあります。


お菓子


金魚眸子の水羊羹
ここ日本では、鶴屋は五代目岡本善右衛門がその妙味を生み出してからというもの、数百年に渡り羊羹というものの至味を数多の職人が追い求めてきました。ある者は栗や芋を練り混ぜ、またある者は清流や若人の慕情に混じりけのない雅を見出しました。当店も例に漏れず幾夜にもわたる試行錯誤を繰り返し、その長き行路の末にたどり着いたのは金魚の瞳でした。この水羊羹は種々様々な瞳を持つ金魚の中でも傑出した清澄さ、清冽さを誇る珍珠鱗の瞳をあらわしており、当社独自の技術で諒和小豆、宇治橋三の間のお水、アムリタ、ライラックの香気を再構築して作られています。お召し上がりになられる直前に、お客様の眼前で当店の生け簀から珍珠鱗を空中に浮流させ瞳を摘出しているため、瑞々しさを保っています。当に玉と蝋石の雑種もかくやというほど吸い込まれそうに耽美的で、冷える暗夜の空気を詰め込んだようなこの一品をお楽しみください。

沈魚落雁閉月羞花
この世に情趣のあるものは数多あれど、当店の落雁に勝るものはそうはないでしょう。我々は何人ものアナーティストの方々に協力を仰ぎ、過去、現在、夢蕩、そして未来に至るまでありとあらゆる空間に存在する美学の叡智の結晶を作り上げました。今まで世間で作られていた落雁は何かを模ったものばかりでしたが、我々は蓮華座をそのまま使用しています。契約業者が浄土にて直接仏様を培養し厳選したオーガニック菩提餌を与えることで、幼体のうちにスムーズに解脱させ青々しい蓮華座を収穫することを可能にしています。土英向望葵のゲノム編集を加え、2日間天日干しにして舌触りをより滑らかにしています。その美麗な有様と、舌の上で優美にとろける糖の玲瓏たる一粒一粒は、お客様の茶席に至上の彩りを加えること請け合いです。

注意: 当落雁を視認、または摂取したことによる脳機能の停止、筋肉の痙攣、自我感覚の崩壊等の健康上の被害に関して、当店は一切の責任を負いかねます。また、アナーティストの方々の成形はどれ一つとっても同じものはないため、一度お召し上がりになられますと全く同一のものを用意することは致しかねます。予めご了承ください。

満月煎餅
以前の本品は調理した地点から観測される月齢に連動して形状が変化しており、新月付近になると可食部位がやや消失してしまうという些細な瑕疵がありました。しかし、今回お出しする本品は内包している満月方程式にトポロジー等の手法を適用し、常に八世紀中頃の中華人民共和国延安市の満月に形状を対応させることで改良に成功しています。ふんわりと溢れる月灯りと香り立つ保食神米のハーモニーをぜひご堪能ください。なお、以前と同様に生死を問わずお客様の伴侶、ご友人、ご家族などをお煎餅を通して交信することが可能ですが、茶席の時間の調整のため、お出ししてから1分以内にはお召し上がりください。お土産としての販売は当店ではしておりませんので、ご所望の際はMC&D社より同名の商品をお取り寄せください。

三色団子
桃-色蘊: 認識の対象となる物質的存在の構成要素をこね混ぜて一纏めにしました。現在世論では原子論が隆盛を極めていますが、当店はそれよりも柔らかく、弾力のある食感にするためインド哲学に類した方法でアプローチを試みました。結果、凪いでいる甘茶の海に沈んでいくように、優しい呈示部の甘さが穏やかに口の中に広がるお団子になりました。しかし、このお団子は三つのお団子の中で最も空であることになるまでのスパン、揺籃期が短く、ほんのわずかな認識の穿ちで崩壊するおそれがあります。お客様への直接の被害はありませんが、故意に偏執狂的批判的方法及びそれに類する手段で定義、意味付け、認識、解釈を行わないでください。あくまでこれは単なるお団子です。

白-色処: 視認の対象となる存在は、認識の対象となる物質的存在に包含されているという考えは随分前に風化しました。煌々とした精神やウパニシャッド哲学の功績はよい例です。当店の特筆すべき部分はそれらの色を着色に使うのではなく、それを主材料として練り合わせたことにあります。世界一複雑な加法混色によって表される白色は何物にも負けぬ奇麗さを誇ります。

緑-名色: このお団子は元々のレシピではサンスクリット語の風味が強烈でしたので、日本の味覚に近づけるため国文学者の方々に監修を仰ぎました。語彙と存在は良質に対応しており、調和のとれた風味になっています。味のエントロピーが低いと感じられる方は、少々リポグラムやカットアップ、〈S+7〉などをお試しになると、当店も予測できない味の広がりをご体験いただけます。

Guest Reviews


★★★★★

素晴らしいの一言。ひしめき咲き乱れ、空を埋め尽くさんとする桜の連なる路地、茶の一滴に至るまで数奇の凝らされた風雅な茶席。この世の贅の限りを尽くしたあり様は筆舌に尽くしがたいほどです。老体に鞭打って足を運んだ甲斐がありました。

うららかな春和景明の中、叶うことならこの景色を先に逝った婆様にも見せてやりたいなあと思っていたところ、なんと手に取ったお茶菓子の中に婆様がいるじゃありませんか。もうその時は、こんな僥倖が、こんな老い耄れの爺にも巡ってきてよいものか、仏様はこんなにも慈悲深いものかと感涙に咽びました。それからはずっと月の向こうの婆様と他愛もない会話に興じています。さながらかぐや姫、いや、水月のようでしょうか。もうこの世に未練もなくいつ逝ってもよいと思っておりましたが、あちらとこちらを月に映して話をするのも中々乙なもので、もう少し頑張ってみようかと思いました。素晴らしい茶会を有難う御座いました。

~ mauji kanagasira

★★★★☆

前店長の織部さんと何かと御縁があり、彼がいつぞや話に出していた後任の方にもご挨拶をと顔を出させていただきました。出来ればお庭の冬牡丹の咲いているうちに伺おうと思っていたのですが、あれよあれよと機を逸し続けこのような時節となってしまいました。

まず路地に入ると暖かな春の芳芬に鼻をくすぐられ、両脇に並ぶ桜たちに出迎えられます。以前より来客の方は増えておられるようですが、流石にこのランクの会にお越しになる方々はそれなりの品格も備わっておられるので喧騒とは無縁です。三宝院の奥の方まで行くと店長様よりお点前を頂戴いただけますが、個別にご招待された方のみの席となっております故ご注意ください。

茶席については結構なお点前で、流石に織部さんの一番弟子であられただけのことはあるものでした。行列や舞楽も例年通りといったところでしょうか。ただ、以前と比べ霊宝館の方の桜がいくらか散り始めていたのが残念です。桜吹雪も確かに風情のあるものですが、いかんせん少しやつれた格好に見えました。

~ saramai

★★☆☆☆

会場が汚すぎる。私が愛したE)=L驟ゥ驟企♀阨ゥ豌怜�の花々はどこへ行ったのでしょう。花々だけではありません。ἀήρ、舞楽、池、Élan vital、全ての形而下的表象、概念、構成ポインタが汚染されています。弊害も様々あり、中でも最も特筆すべきは分光を利用した茶菓子がなべて恐ろしく彁いのです。私はお茶請けの中から金平糖をつまんだのですが、まあ、悪夢です。この店の茶頭の腕を考慮して星を1つ増やしましたが、もうここに足を運ぶことは無いでしょう。

追記 知り合いにこの現実の、それもこの区画のアーカイブを実行ファイルで落としていた奴がいました。商売を持ちかけるとか言ってたので、もしかしたら来年からは会場が清掃されるかもしれません。

清掃されるべきは僕の可視スペクトルでした。現在パーセプションクリーニングサービスを探しています。絶対にこの現実には立ち入らないのをお勧めします。

~ rukuku ku

★★★★★

Came here with my sister to give her a taste of Japanese culture. I loved Japanese tea with lots of flavour, and this is more than I expected. The cherry blossoms were also the most wonderful I've ever seen.

Among them, the one I would like to focus on the most is Bugaku. The eyling of his arms and the quiet carrying of his feet was impressive.It's a great thing for offering to God and I'd like to invite my colleagues to come next time.

5 stars!

~ Set


< 前のページ 1/62 次のページ >


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Moscow Mule's portal does not exist.


エラー: Moscow Muleのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3983884 ( 23 Jun 2019 09:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License