SCP-12/25-JP-J - 聖夜の魔法

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-12/25-JP-J

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: イベント12/25-JP-J発生中は北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と連携しSCP-12/25-JP-J-Aの追跡が行われます。

SCP-12/25-JP-Jに関連する情報は集積され、特異な状況が確認された場合には監視AIより直ちに担当職員へ通達が行われます。またイベント12/25-JP-J発生時間、担当職員は全員通達の受理、出勤が行える状態で待機していて下さい。

カバーストーリー「年末商戦」を流布し改変効果を補強しています。

説明: SCP-12/25-JP-Jは世界各地に存在する工場群です。SCP-12/25-JP-J-001からSCP-12/25-JP-J-192までの192件が確認されています。

大部分のSCP-12/25-JP-Jはテーマパーク、一般企業の工場、集積拠点或いはそれに類する施設に偽装されており、その他一部のSCP-12/25-JP-Jは秘匿されています。内部調査は成功していません。

SCP-12/25-JP-J-001及び002はそれぞれ北極海深部、南極大陸に存在する地下空間です。SCP-12/25-JP-Jを統括する最重要施設であると推測されていますが、詳細は不明です。

SCP-12/25-JP-Jでは市販されている多くの製品を製造可能であると見られ、製造法及び原料が社外秘となっている一般企業製品の製造も確認されています。機材、材料の搬入は確認されておらず、地下に搬入口を有するか、何らかの異常な流通手段を用いていると推測されます。

SCP-12/25-JP-Jを統括していると推測される約120体の人型実体(以下SCP-12/25-JP-J-A)の他、関連業務に従事していると思われる複数の人型実体が確認されています。SCP-12/25-JP-J及びSCP-12/25-JP-J-Aは全て国際NPO法人WSCCに属すると考えられますが、WSCCのあらゆる詳細は不明です。比較的著名な組織であるにも関わらず公的、私的を問わず如何なる調査、監査、それらに関する提言等も行われていない事から、WSCCの情報自体が何らかのミーム災害キャリアとなっていると推測されます。SCP-12/25-JP-J-Aの多くは高レベル現実改変者である事が確認されており、民間人として全ての情報の特定に成功しているにも関わらず追跡、捕獲の試みは一例を除き全て失敗している他、WSCC全体の統括的指導者と見られるグリーンランド在住の人型実体(以下SCP-12/25-JP-J-A-1)は非常に強力な現実改変能力を有し、一切の撮影装置に赤い光線としてのみ補足されます。ただしSCP-12/25-JP-J-A-1以外のSCP-12/25-JP-J-Aは基本的に撮影が可能であり、また記念写真の申し出に快く応えます。

毎年11月頃から年末頃まで、SCP-12/25-JP-Jに莫大な量の手紙、メールが送られている事が確認されています。手紙は高齢者ツアーのバス、外注したチラシ等に偽装されて輸送され、それらを奪取する試みは全て輸送人員及び内容物の消滅という形で失敗しています。また、メールデータの傍受には成功したものの、全て不可解かつ巨大な画像データで構成されていました。

12月頃より年末の日雇いアルバイトに偽装した人員の出入りが増加します。SCP-12/25-JP-Jに入場する際には非常に軽装にも関わらず、退場する際には非常に多くの荷物を携えているケースが多く確認されていますが、いずれも追跡は失敗しています。

gahag-0037442058.jpg

コンドラキ博士が奇跡的に撮影に成功したSCP-12/25-JP-J-Bの鮮明な画像。

12月25日未明に米軍、自衛隊を始めとする世界中の警備レーダーに高速で飛翔する何者か(以下SCP-12/25-JP-J-B)が映る(以下イベント12/25-JP-J)事が知られていますが、WSCCの関与が疑われています。確認出来る1飛行体はダミーであり、同時に多数の類似の飛行体が活動しているとの情報が齎されていますが、信憑性に乏しく検討も不十分である事に留意して下さい。

SCP-12/25-JP-J-Bが、イベント12/25-JP-Jが発生した次の4月1日段階で満18歳未満の人間(以下"対象")が住んでいる住宅上空を通過した際、SCP-12/25-JP-Jで生産されたと思われる物品(以下SCP-12/25-JP-J-C)が住宅内に出現します。この時同居している保護者の有無や子供及び保護者の宗教観等により出現した際に過去改変が行われるケースが多数確認されており、その多くで「親が子供にプレゼントを買った」と言う記憶、記録が捏造されます。ただし、上記情報はあくまで81地域内での現象であり、地域により対象の年齢に差異があります。加えて、イベント12/25-JP-Jは12月25日に発生しているにも関わらず、7地域を始め、12月6日等に子供がプレゼントを貰っていたと言う過去改変が発生する地域が複数存在します。

SCP-12/25-JP-J-Cは財団が保護する児童及び財団職員の子の元にも出現しています。しかし関連する痕跡の確認、侵入経路の把握は失敗しています。以下、関連する調査記録です。

SCP-12/25-JP-J-Cの確保


目的: SCP-12/25-JP-J-Cの保持する異常性について調査する。

手順: 財団職員の子の元に出現したSCP-12/25-JP-J-Cの代替品を購入、すり替える。

結果: 一切の異常は確認されなかった。

付記: どうやら、出現の仕方が異常なだけで、SCP-12/25-JP-J-C自体は普通に生産された普通の品物の様に見える。


SCP-12/25-JP-J-Cの出現の観測


目的: SCP-12/25-JP-J-Cが出現する瞬間を観測し、関連する現実改変の実態を解明する。

手順: 財団職員の自宅で、例年SCP-12/25-JP-J-Cが出現している場所を定点観測する。

結果: 当該職員がプレゼントを置く瞬間が記録されていた。

付記: なんで過去改変対策しないで記録したんだ?


SCP-12/25-JP-J-C出現条件の確認


目的: SCP-12/25-JP-J-Cが出現しないケースが存在するのか確認する。

手順: SCP-12/25-JP-J-C出現前に、財団側で用意した品物を設置、SCP-12/25-JP-J-Cが出現するか調査する。

結果: 出現しなかった。

付記: これは有意かも知れないが、どうやって"SCP-12/25-JP-J-Cが我々の手によって置かれた"と言う改変がされていないと立証すれば良いだろう。


イベント12/25-JP-Jによる改変範囲の測定


目的: イベント12/25-JP-J時の改変に対抗する手段を考察する。

手順: 前年自宅にSCP-12/25-JP-J-Cが出現していたと予測される財団職員を高現実性実験室内に宿泊させ、現実改変の影響が及ばない事を確認する。

結果: 高現実性実験室内に留まっている間、記憶の改変は発生しなかった。しかし高現実性実験室を出た直後、数日前に子にプレゼントを購入し妻に預けていた事を思い出したと供述した。調査の結果、当該日時の玩具店の監視カメラ映像に当該職員が写っており、また購入記録も確認された。

付記: どうやらこの改変は、イベント12/25-JP-J後でも発生するし、我々に一瞬の隙も許さない様だ。


以下、SCP-12/25-JP-Aの確保に成功した際のインタビュー映像記録です。

探索映像ログの書き起こし

日付: 不詳

インタビュアー: 山田研究員

対象: SCP-12/25-JP-J-A

付記: 対現実改変者部隊がSCP-12/25-JP-J-Aに成功、その後最寄りのサイト-81██へ護送されインタビューが行われた。これはその際の映像記録である。


publicdomainq-0040812vpynja.jpg

SCP-12/25-JP-J-A。

[ログ開始]

[SCP-12/25-JP-J-Aは人型実体一時収容室の机にくつろいだ様子で座っている。]

山田研究員: では、これより幾つか質問させて頂きます。

SCP-12/25-JP-J-A: どうぞ、お好きな様に。

山田研究員: ここに連れて来られた事に、余り驚いていない様ですね?

SCP-12/25-JP-J-A: まあ、そうですかね。さ、用件があるなら手短に済ませて貰えませんかね。私も暇では無い。

山田研究員: 失礼。では、お名前から伺っても?

SCP-12/25-JP-J-A: SCP-12/25-JP-J-A、で結構。長ければAと呼んで下さい。[確保時のエージェントの会話から、自らが何と呼称されているかを認識した可能性が高い。]

山田研究員: [4秒沈黙。]分かりました。ではA、どうしてここに連れて来られたのか、分かっていますね?

SCP-12/25-JP-J-A: 君達もプレゼントが欲しいのかね?

山田研究員: は?

SCP-12/25-JP-J-A: いや、最近話題になっていたのですがね。国によって子供とされる歳は違うし、何より本当に不幸な子は、子供の内に本来受けるべき幸福が足りないまま育ってしまう。これでは余りに可哀想じゃありませんか。

山田研究員: 私がお聞きしたのは……

SCP-12/25-JP-J-A: 何より、子供は夢を糧に育ちますが、今では大人ですら、夢以外に縋る物の無い方々もいらっしゃいます、ええ、我々はその夢を与えたいんです。なら大人だって、年に1度、頑張った分のご褒美があったって良いですよねぇ?

山田研究員: あのですね……

SCP-12/25-JP-J-A: しかし、これもまた難しい問題なのですよ。大人となると……

山田研究員: Aさんっ![机を叩きつつ山田研究員が立ち上がる。]

SCP-12/25-JP-J-A: ああ、これは失敬。[懐から懐中時計を取り出し見る。]おお、私とした事が、もうこんな時間ですか。行かなくては。

山田研究員: あの、失礼ですが……

SCP-12/25-JP-J-A: いえ、御構い無く。煙突さえあれば十分ですから。

[SCP-12/25-JP-J-Aは背後の天井に設置された換気ダクトを見上げ、右手の指を鳴らす。直後に消失。]

[聴取担当職員らが慌しく動き、内1名が警備室へ連絡している。]

[ログ終了]


付記: 数日後のイベント12/25-JP-Jに於いて、本インタビューを実施した人型実体一時収容室内にラッピングされた大型の立方体が出現。精密検査の後開封した結果、低脅威度物品庫で用いられている中型ロッカーと同型の新品4セットであると判明した。その年、経年劣化により廃棄が決定していた個数と一致していた事は特筆すべき点である。

SCP-12/25-JP-J-Aに関し一般に流布されている"煙突から出入りする"と言う言説には、換気ダクトが含まれる事が判明した。また、SCP-12/25-JP-J-Aが指を鳴らしてから消失するまでの映像に、SCP-12/25-JP-J-Aが粒子状に拡散する瞬間が記録されており、肉体を細分化する事で物理的障害を突破している可能性がある。この説が正しいならば、SCP-12/25-JP-J-Aは完全な密閉空間に収容されねばならず、収容難度の高さが予想される。

以下は出現したロッカーに同封された手記である。

世界の為に頑張る君達に、プレゼントだ!

何が欲しいかお願いが無かったから、これを選んだよ。

Dear friend.

SCP-12/25-JP-Jが関係する一連の現象は一般への露見の可能性が低い事、長期間同様のイベントが継続しており他の目的があるとは考え難い事、財団が保有している技術で可能な確保行為の限界を超えている事等から、調査を目的としない一切の確保行為は見送られています。一部倫理委員より収容手順の策定が提案されていますが、現状反対多数で否決されています。尚、該当案件の賛成者はSCP-12/25-JP-J-Aに関する伝承が存在せず且つSCP-12/25-JP-J-Bが上空を通過しない地域の出身者のみであり、反対者はSCP-12/25-JP-J-Aの何らかの現実改変の影響下にある可能性が示唆されています。したが、確認されませんでした。以降本件に関する提言は却下されます。

追記: インタビュー以降、イベント12/25-JP-J毎にSCP-12/25-JP-J-Bがサイト-81██上空を通過する様子が観測されており、同時に人型実体一時収容室にラッピングされた何らかの物品が出現しています。物品の出自に関する過去改変は確認されていませんが、出現直後から物品に関連する部署の職員の、SCP-12/25-JP-J-Aに対する警戒心が緩んでいると報告されています。現在同現象が発生していないのは倫理委員会のみです。何らかの早急な対策が必要です。
―彼岸花倫理委員


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The falsehood's portal does not exist.


エラー: falsehoodのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3979506 ( 02 Jun 2018 23:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License