SCP-xxx-JP 「螺旋階段の進化論」

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

アイテム番号:SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス:Euclid
特別収容プロトコル:SCP-xxx-JPの敷地内は常に封鎖し、SCP-xxx-JP-aに関する実験は禁止されています。また月に一度、SCP-xxx-JPの階数の変化の確認が義務づけらています。
説明:SCP-xxx-JPは幅██m、奥行き██mの敷地内に存在する螺旋階段です。SCP-xxx-JPは敷地内でのみ確認することができます。SCP-xxx-JPは一定間隔に階数が記されており、それぞれの階には敷地内の生物に酷似した彫刻(SCP-xxx-JP-a)が置かれています。
実験記録xxx-JP-1
日付:████年12/██
担当職員:██博士
概要:SCP-xxx-JP-aを外に持ち出す
結果:SCP-xxx-JP-aは外に持ち出した瞬間消えた。再度入るとSCP-xxx-JP-aは再配置されていた。

実験記録xxx-JP-2
日付:████年1/██
担当職員:██博士
概要:SCP-xxx-JP内に他の生物と同時に入った。今回はポメラニアンを使用した。
結果:SCP-xxx-JP-aは同じ階に二種類出現した。

事案xxx-JP-1
日付:████年1/██
実験中に██階███のSCP-xxx-JP-aを誤って破壊した。███は████年までの記録がその年に絶滅したと記録に置き換わるなどの大規模な収容違反が起こった。このことより、階数は年数と連動していることが明らかになり、SCP-xxx-JP-aに関する実験は禁止されています。

補遺:SCP-xxx-JP内で、3█階から先の階で人間をかたどったSCP-xxx-JP-aが確認されなくなりました。

[[/collapsible]]

ERROR

The unusi's portal does not exist.


エラー: unusiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3952864 ( 13 Apr 2020 02:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License