SCP-xxx-JP「チョコレートの日」

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは半径10メートル以内にSCP-xxx-JPよりも小さい物がないようにして、担当職員は毎日必ずSCP-xxx-JP-1を1本食べることが義務付けられています。そして担当職員の味覚チェックは毎日欠かさず行ってください。

説明: SCP-xxx-JPは現在サイト-███の専用冷蔵庫で保管されています。SCP-xxx-JPは███社の販売するチョコレート菓子と酷似した商品です。SCP-xxx-JPの中身であるSCP-xxx-JP-1は取り出すたびに補充されます。このSCP-xx-JP-1は食べた人物は一時的にこれからたべる全ての食材がSCP-xxx-JP-1と同じ味に感じるようになります。この効果はSCP-xxx-JP-1を食べ続けることで解消されるケースが多いですがまれに後遺症が残り、再発する可能性があります。SCP-xxx-JPは一日必ず一本食べることが義務付けられており、食べなかった場合はSCP-xxx-JP-aが発生します。出現はSCP-xxx-JP-1を食べることで遅らせることが出来ますが、SCP-xxx-JP-1の異常性から完治し、味覚異常が起きなくなった人物はカウントされないため、担当職員には味覚チェックが毎日行われています。
SCP-xxx-JP-aが発生した場合、SCP-xxx-JPは周囲の物体をチョコレートに変換し始めます。この変換はSCP-xxx-JP-1を食べることで鎮静化していきます。SCP-xxx-JP-aの発生は過去3回あり、回数を重ねるごとに変換のスピードは速くなっている関係上、再発防止が急がれていますが、現状SCP-xxxx-JP-1に耐性をもつ職員が大半をしめるため、さらなる人材の確保が検討されています

ERROR

The unusi's portal does not exist.


エラー: unusiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3952864 ( 13 Apr 2020 02:24 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License