戦士と……クラウン?

http://www.scp-wiki.net/the-warrior-and-the-clown

All of Site 25b was flooded with seawater, polluted by lifeless bodies, all of its personnel lost in a desperate attempt to keep SCP-076-2 from breaching containment.

サイト25bのすべてが海水で浸水し、生命を失った死体で汚染され、SCP-076-2が格納容器を突破しないようにするための必死の試みで、そのすべての人員が失われました。

Their sacrifice was for nought though, for Able now walked free.

彼らの犠牲は無駄になったがアベルは自由の身となった

First, he had to punch his way through three solid cubits of titanium.
まず初めに、彼はチタンの3つの堅固な立方体をパンチしなければなりませんでした。

That irritated him a little since back when he worked for Pandora’s Box it seemed like the researchers were always complaining about how their assistants kept insisting on using titanium for everything.
パンドラの箱で働いていた頃は、研究者が何でもチタンを使うことにこだわっていたことに、研究者がいつも文句を言っていたように見えたので、それが彼を少し苛立たせていました。

‘We’re on a budget here, concrete will do fine!’
they’d say.
「予算がないんだから コンクリートでいいじゃないか!」
と言っていた。

When it came to him though, apparently they could afford to make three cubit thick walls out of the stuff.
彼にしてみれば、どうやら3立方メートルの厚さの壁を作る余裕があったようだ。

He guessed it made a little bit of sense, since they knew he could tear through steel and it would have to be corrosion resistant since they were immersing it in sea water all the time, but it still pissed him off.
彼は、彼が鋼を切り裂くことができることを知っていたので、それが少し意味のあることだと推測していたし、彼らはそれを常に海水に浸していたので、それは耐食性を持っていなければならないだろうが、それはまだ彼を怒らせた。

Once he did punch his way out of his titanium prison, he swam down the killing corridor whilst being electrocuted with 20 000 volts of electricity.
彼がチタンの檻から出てきた時、彼は20,000ボルトの電気で感電させられながら、殺戮の廊下を泳いだ。

Had he been mortal his muscles would have spasmed uncontrollably, but he was able to power through it and swim the three-quarters of a furlong to the security station in barely a minute.
もし彼が人間だったら、彼の筋肉は制御できないほどに痙攣していただろうが、彼はそれを力で乗り切り、1/4の長さの3/4の距離を、かろうじて1分で警備所まで泳ぐことができた

It would have been even faster, but his cape was not the most hydrodynamic garment and caused a lot of drag.
それはもっと速かっただろうが、彼のマントは最も流体力学的な衣服ではなく、多くのドラッグを引き起こしていた。

As he swam he effortlessly dodged the fire of the close-in weapon’s system with the grace of a penguin (he would probably have prefered a comparison to a more fierce animal, but penguins are graceful underwater so it’s apt) and then punched his way through the plexiglass barrier.
泳ぎながら、彼はペンギンのような優雅さを持って(彼はおそらくもっと獰猛な動物との比較を好むだろうが、ペンギンは水中で優雅なので、それは適切である)、プレキシガラスの障壁を通って彼の方法をパンチングした。

That’s when he switched from punching to slicing.
パンチからスライスに切り替えたのはその時だった。

He’d already killed everyone by the time they flooded the whole facility.
彼は施設全体に殺到した時にはすでに全員を殺していた。

Then he just swam up the shaft, bashed through each of the five blast doors (titanium, again), and fought his way through the surface outpost’s defences.
それから彼はシャフトを泳いで登り、5つのブラストドア(再びチタン製)を突き破り、地表の前哨基地の防御を通り抜けて戦った。

Now he was free. And angry. And wet.
今、彼は自由だった。 そして怒っていた。そして濡れていた。

He appeared to be in a coastal heathland of some sort, devoid of people for him to kill or places for him to hide.
彼はある種の海岸沿いの肥沃な土地にいるように見えて、殺すための人や隠れる場所がない。

Knowing the Foundation would be upon him shortly, he picked a direction at random and ran off at nearly high-way speeds.
財団が間もなく彼を襲うことを知っていた彼は、無作為に方向を選び、ほぼ高速道路のスピードで走り出しました。

After running for over an hour with no sign of his jailors, he finally came upon his first sign of human life.
看守の気配もなく1時間以上も走り続けた後、彼はついに人間の生命の最初の兆候に出くわしました。

A Circus, of all things, a couple miles to the southeast.
サーカス、何よりも南東に数マイルのところにある。

There was something disquieting about it, like it didn’t want him to see it and he had to fight to focus on it.
何か(不穏なもの)があって、それを見て欲しくなくて、それに集中するために闘わなければならないような感じだった。

Whatever sorcery it was, it failed to bewitch his ancient and alien mind.
それがどんな魔術であれ、彼の古代の異質な心を 魅了することはできなかった。

The Circus would hold hundreds of the little people, if not thousands.
サーカスには数千人とまではいかないまでも、数百人の小さな人々が集まるだろう。

They’d be even easier to kill than his jailors, unfortunately, but perhaps he could devise a way to use their sheer numbers and terror for his amusement.
看守よりも殺すのは簡単だが、残念だが、おそらく彼はその数の多さと恐怖を利用して、自分の娯楽のために工夫を凝らすことができるだろう。

He’d lay waste to the Circus, slaughter men and women, children and elders, none would be spared from his –
サーカスを蹂躙し、男も女も子供も長老も虐殺し、誰も彼を免れないだろう。

“Hey, Mister!”
「ねえ、ミスター!」

Able’s train of thought was broken by a cheerful, female voice.
アベルの思考の流れは、朗らかな女性の声で途切れた。

He turned and saw a ridiculous looking young woman in a childish purple dress, unbraided pigtails, and red and white clown makeup. Presumably, she came from the Circus, but what she was doing out here by herself he had no idea.
彼が振り向くと、子供っぽい紫色のドレスを着て、三つ編みのないおさげ髪をして、赤と白のピエロの化粧をしたばかげた若い女性がいた。 おそらくサーカスから来たのだろうが、一人で何をしているのかはわからなかった。

“What’cha doin’?” she inquired.
「何をしているの?」と彼女は尋ねた。

Able responded by summoning a small dagger and tossing it straight at her heart. It was more out of reflex than anything.
アベルは小さな短剣を召喚し、それをまっすぐに彼女の心臓に投げつけた。 それは何よりも反射的なものだった。

Such a pitiful opponent was hardly worth the bother.
そんな情けない相手には、ほとんど価値がなかった。

Turning his attention back towards the Circus, he again began contemplating how to best to make sport of it.
彼の注意をサーカスに向けて、彼は再びそれをスポーツにするための最善の方法を考え始めました。

Perhaps if he started off by killing them surreptitiously, allowing panic to spread among the crowd -
恐らく彼が密かに彼らを殺すことから始めたならば、パニックが群衆の間に広がることを可能にします。

“Wow, this dagger is vanta-black. It’s so weird to look at. Where’d you get it?”
「うわぁ、この短剣はバンタブラックだ。 見ていて気持ち悪いわ。 どこで手に入れたの?」

Slowly turning his head in disbelief, Able saw that the Clown was still alive and unscathed, holding the dagger in her hand.
ゆっくりと不信感の中で頭を回転させ、エイブルはピエロがまだ生きていて無傷であることを見て、彼女の手に短剣を持っていた。

“You caught that?” he asked.
「それを捕まえたのか?」とアベルは聞きました。

“Oh yeah, I’ve been part of knife throwing acts for years now,” she replied.
「そうそう、私はもう何年もナイフ投げに参加しているのよ」と彼女は答えた。

The blade suddenly dissolved into dust and vanish in a gust of wind.
刃は突風で突如として塵に溶けて消えた。

“Oh cool, just like the Morgul Blades from Lord of the Rings.”
Perhaps this ridiculous creature might be worth a fight after all.
「わあかっこいい、ロード・オブ・ザ・リングのモルグルの刃みたい」
この馬鹿げた生き物は結局戦う価値があるかもしれない

Do you have a name, girl?”
「名前は何だ、娘?」

he asked as he drew a sword from the void.
彼は虚空から剣を抜きながら尋ねた。

“Li’l Lollipop, but you can call me Lolly,”
「リル・ロリポップ、だけどみんな私のことをロリーと呼ぶわ」

she replied, drawing her giant wooden mallet from the hammerspace of her pockets.
彼女はポケットのハンマースペースから巨大な木槌を取り出して答えた。

“And I think I can guess who you are. A red cape with no shirt? You must be a big Zack Snyder fan.”
「あと、私あなたの正体を推測してみました。 シャツを着てない赤いマント? 「ザック・スナイダー」の大ファンに違いないわね」

She slammed her hammer into the ground, sending a shockwave of soil careening straight for him.
彼女は地面に彼女のハンマーを叩きつけ、彼のためにまっすぐケアニング土の衝撃波を送信します。

He dodged it with the grace of a dama gazelle (another animal he wouldn’t like to be compared too, but nonetheless an apt comparison) and then threw a chakram which immediately decapitated her mallet.
彼はそれをダマ・ガゼル(彼はあまり比較されたくない別の動物だが、それにもかかわらず適切な比較である)の優雅さでかわしてから、チャクラムを投げ、それはすぐに彼女の小槌の首を切断した。

Her jaw dropped in shock as the hammerhead fell to the ground.
ハンマーヘッドが地面に落ちたことにショックを受けて、彼女の顎が下がった。

"What the heck are these things made off? I fought a robot with this hammer once!"
「これは一体何でできているの?このハンマーでロボットと戦ったことがあるのに!」

"That could just as easily have been your head, girl. Beg for mercy now and I'll consider making your death swift!"
「お前の頭でもよかったんだよ、お嬢さん。 今すぐに慈悲を乞うといい、そうすればお前の死を迅速に考慮する」

"Ugh, you're just two hundred and fifty pounds of toxic masculinity, aren't you?" she asked as she pulled out a roll of bright red tape to reattach the hammerhead to the mallet.
「うわ、あなたはただの有毒な男らしさの250ポンドね」と、彼女はハンマーヘッドを鉄槌に再接続するために真っ赤なテープのロールを引っ張り出しながら尋ねた。

"Do you know that song Indestructible by Disturbed? I'm somehow hearing that in my head just looking at you."
「ディスターブドの「インディストラクタブル」って知ってる? 君を見てると頭の中で聞こえるんだ」

Able smirked at the girl's audacity in the face of death, and decided to give her a swift death anyways. He threw his sword at her, expecting that the blade would be too long for her to catch without being impaled.
アベルは死に直面している少女の大胆さに微笑み、とにかく彼女に即死を与えることにした。 彼は彼女に剣を投げつけたが、刃が長すぎて刺されずに受け止めることができないだろうと予想した。

But catch it she did, her arm stretching like it was made of rubber to grab the sword by its hilt, the tip of the blade barely half an inch from her face.
しかし、彼女はそれをキャッチした、彼女の腕はゴムで作られたように伸びて剣の柄をつかむために、その刃の先端は彼女の顔からかろうじて半分のインチであった。

She blew on it casually, causing it to disintegrate like a dandelion.
彼女は何気なくそれに吹きかけ、タンポポのように崩壊させた。

Huh, just what I thought,”
she murmured.
「ふーん、思った通りだ」

と彼女はつぶやいた。

Able had to admit he was impressed that the girl had managed to catch not only one but two of his legendary black blades.
アベルは、その少女が彼の伝説の黒刃を一本だけでなく二本も捕まえることに成功したことに感銘を受けたと認めざるを得なかった。

But could she catch them as fast as he could throw them?
He unleashed a flurry of daggers, several each second for five or six seconds, forty blades for her two hands to catch.
 しかし 彼女は彼が投げるのと同じくらいの速さで 短剣を受け止めることができるだろうか?
彼は次々と短剣を放った 毎秒数本の短剣を5、6秒の間 彼女の両手で受け止めるには 40本の刃が必要だった

And she caught none of them.

Instead, each blade disintegrated before it ever reached her.

彼女は何も受け止められなかった

その代わりに、刃は彼女に届く前に崩壊した。

“What?” he snarled.
「何だと?」とアベルは唸った。

“Went off prematurely, it looks like. Don’t feel bad, it happens to every guy.”
「早すぎたようだね、気にしないで、誰にでもあることだよ」

“How did you do that?” he demanded,
drawing out a massive sword from his cloak.

「どうやったんだ?」と要求してきた。

アベルはマントから巨大な剣を取り出した。

“As a Reality Bender, I know a thing or two about Hume fields, and those blades of yours have incredibly low Hume fields. It’s why they stop existing so soon after you throw them.
All I have to do it ratchet up the local Hume-idity a tiny bit and they vanish before they can touch me.
「リアリティ・ベンダーとして ヒュームフィールドのことは知っている 君のブレードは信じられないほどヒュームフィールドが低い だから投げてもすぐに存在しなくなるんだ
湿度を上げればすぐに消えてくれる」

“That means no more projectiles, lazy-bones. If you want to fight me, you’ll have to come over and do it yourself.”
「つまり、これ以上投げるものはないということよ、怠惰なガイコツさん。 私と戦いたいなら、自分で来て、自分でやるしかないの。」

A murderous smile spread over Able’s face.
“With pleasure.”
殺人的な笑顔がアベルの顔を覆った。
「喜んで」

He bolted towards her, seemingly unencumbered by his massive sword, swinging it so rapidly it was barely more than a blur.
彼は巨大な剣に邪魔されないように見えて、彼女の方に向かって、それはかろうじてぼんやりとしたものに過ぎないほど急速に振っていました。

To his astonishment, she was able to keep up with it, dodging each swing with impossible speed. Growling in frustration, Able simply thrust the blade forward, impaling nothing but the ground. His eyes darted back and forth searching for the Clown, only for her to strike him in the head with her mallet from behind.
驚いたことに、彼女はそれに追いつき、ありえない速さで一振り一振りをかわしていた。 悔しさにうなると、エイブルは単に何も地面に突き刺すことなく、前方にブレードを突き刺した。 彼の目はピエロを探して前後にダートし、彼女は後ろから彼女の鉄槌で彼の頭を打つためだけに。

The blow was so powerful he saw cartoon stars circling his head, though that was actually a magical property of the hammer and not a sign of a severe concussion.
その一撃は非常に強力で、彼は頭の周りを回る漫画の星を見たが、それは実際にはハンマーの魔法の特性であり、重度の脳震盪の兆候ではなかった。

Oh goody, it still works."
「おやおや、まだ動くのね」

During his brief moment of disorientation, Lolly pulled the sword from the ground and cartwheeled a safe distance away with it.
彼の一瞬の混乱の間に、ロリーは地面から剣を引き抜き、それを持って安全な距離を移動した。

“Hey Mister, look what else I can do.”
「ミスター、私他にもできることがあるの」

She kissed the blade, causing a visible flare of aspect radiation to flash off of it.
彼女はブレードにキスをして、それからフラッシュするためにアスペクト放射の目に見えるフレアを引き起こした。

She made a few demonstrative swings with it, illustrating not only her skill with a sword but the fact that the blade was no longer as ephemeral as normal.
彼女はそれを使っていくつかのデモンストレーションを行い、剣の腕前だけでなく、その刃がもはや通常のように儚いものではないことを示した。

“Fixed it! Now we can have a proper sword fight. Having a sword and hammer fight is pretty silly, after all, especially since you already broke it once you jerk!”
「修理しました! これでまともな剣の戦いができるね。 剣とハンマーの戦いなんて馬鹿げているわ。結局のところ、あなたは一度で壊してしまったんだから」

You sangdu nutuku, do you have any idea what that sword is?”
「サングードゥ・ナツク、お前はその剣が何か知っているのか?」
he demanded.
アベルは聞いた。
“Those blades are formed in the Darkness Below, brought into this plane by half-real Daevite sorceresses, apostles to the Scarlet King himself, you cannot tamper with such sacrosanct spellcraft!”
「この刃は下界の闇で作られている 半実在のデービットの魔術師によって この平面に持ち込まれたものだ 緋色の王の使徒だ そんな神聖な呪文に手を加えることはできない!」

I don't know the meaning of the word sacrosanct. Literally,” she said, sticking out her tongue at him.
「sacrosanctという言葉の意味がわからない。 文字通り」と彼女は舌を出して言った。

Insolent Wretch!”
「横柄な奴!」

Able roared, veins bulging in his neck, summoning two more swords.
アベルは咆哮し、首筋の静脈を膨らませ、さらに二本の剣を召喚した。

“I have been but trifling with you now because it amused me, but if you do not surrender that blade to me this instant you will face me in the full fury of my rage state!”
「私は今はそれが私を楽しませてくれたので 些細なことをしていたが その刃を今すぐ私に渡さなければ 私の怒りの激しさの中で 私と向き合うことになるだろう!」

ERROR

The MtKani_666's portal does not exist.


エラー: MtKani_666のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3782061 ( 27 Dec 2019 03:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License