SCP-4155 - Soft Serve Kittens(子猫のソフトクリーム)

このページの批評は終了しました。


SCP-4155の翻訳案です。
訳に自信がない日本語とそれに対応する英語の部分はアンダーラインを引き日本語自体が正しいか分からない部分には圏点を打ちました
大きく気になるところ
・会話文の訳に違和感はないか(語尾など)
WEwFDYk.jpg

採取直後のSCP-4155の成体

アイテム番号: SCP-4155
Item #: SCP-4155

オブジェクトクラス: Euclid
Object Class: Euclid

特別収容プロトコル: 現在47個体のSCP-4155が、サイト-4155に収容されています。サイト-4155はSCP-4155個体群の健康状態を監視し、また市民の立ち入りを防止するため、それらの個体の自然生息地の周辺に設立されました。
Special Containment Procedures: 47 specimens of SCP-4155 are currently contained at Site-4155, which has been established around their natural habitat to monitor the population's health and restrict civilian access.

飼育下でSCP-4155を繁殖させる試みはすべて失敗したため、SCP-4155が現地での繁殖が可能な個体数の維持を確実にするための措置が取られなければなりません。。この措置には、年2回のネコ科の獣医による健康診断、保護活動への匿名での寄付、およびシカゴ地域で減少している野生コウモリの数を増やすための飼育下でのアメリカトウブアブラコウモリ1の繁殖が含まれます。
Measures are to be taken to ensure that SCP-4155 maintains enough numbers to support a viable breeding population on site, as all attempts to breed SCP-4155 in captivity have failed. This includes bi-annual health checkups by a feline veterinarian, anonymous donations to conservation efforts and the breeding of tricoloured bats in captivity to bolster the falling numbers of wild bats in the Chicago area.

SCP-4155-1は少なくとも1人のレベル4職員からの書面での許可がないかぎり、毎月のルーティンを妨害されることはありません。サイト-4155の北側の境界に沿った地域は、SCP-4155-1の活動をより容易にするためにサーベイランスの対象から除外されています。
SCP-4155-1 may not be impeded in its monthly routine without written permission from at least one Level 4 personnel. An area along the north boundary of Site 4155 has been excluded from surveillance to better facilitate SCP-4155-1's activities.

WHfeQ2u.jpg

SCP-4155の自然環境下での棲息地

説明: SCP-4155は目および毛が存在しない猫であり、シカゴの郊外に位置する小さな鍾乳洞に生息しています。すべてのSCP-4155個体は異常に長い肢を持ち、部分的な色素欠乏症2および重度のネオテニー34を示します。
Description: SCP-4155 is an eyeless, furless variety of cat native to a small limestone cave system located on the outskirts of Chicago. All members of SCP-4155 have abnormally elongated limbs and exhibit partial albinism5 and severe neoteny6.

SCP-4155は皮膚の毛穴から常に白色の物質を分泌します。この物質を化学的に分析したところ、いくつかの大手ファーストフードチェーンによって販売されているソフトクリームとほとんど同じ組成を持つことが明らかになりました。この分泌物は、非異常性の子猫の毛に相当する場所で、1ヶ月の間に約2cmの厚さまで徐々に蓄積します。
Specimens of SCP-4155 continually secrete a white substance through the pores of their skin. Chemical analysis of this substance has found it to be near-identical to the soft serve ice cream sold by several major fast food franchises. These secretions will gradually build up over the course of a month to a thickness of approximately 2 cm in locations that correspond to fur on non-anomalous kittens.

生体解剖ではSCP-4155の生理機能には異常は認められず、また分泌物に含まれる量の糖類を産生するのに必要な量の炭水化物が食事には含まれていないため、この物質の生成は確実に異常性によるものと考えられます
The production of this substance is entirely anomalous, as vivisection has found nothing unusual in SCP-4155's physiology and its diet does not include the requisite carbohydrates to produce the quantity of sugar found in its secretions.

SCP-4155は、主に生息場所を共有しているアメリカトウブアブラコウモリのコロニーを餌場にしています。SCP-4155は天井にしがみつき、ねぐらに戻ってきたコウモリを捕獲することで狩りを行う、待ち伏せ型の捕食者です。SCP-4155の分泌物の匂いはコウモリの興味を惹くことが観察されており、その異常性は獲物を引きつけるための戦略として進化したとする仮説に信ぴょう性を与えています。
SCP-4155 feeds primarily on the tricolored bat colony with which it shares its habitat. It is an ambush predator, hunting by clinging to the ceiling and grabbing the bats when they return to roost. The odor of SCP-4155's secretions has been observed to interest the bats, lending credence to the theory that its anomalous properties evolved as a strategy to attract prey.

SCP-4155-1は、一般的に15〜20歳の、赤と黄色のドナルド・マクドナルド78の衣装をきた男性ヒューマノイドです。各月の7日に、SCP-4155-1がサイト4155付近の観測されていない場所に、プラスチックバケツとステンレス製のデザート用へらを持って現れます。SCP-4155-1はその後洞窟内部へ進み、スパチュラを用いて各SCP-4155個体の皮膚から分泌物を採取し、それをバケツに入れます。全ての個体から分泌物を集めた後、SCP-4155は洞窟を出て消失します。
SCP-4155-1 refers to a male humanoid, generally 15-20 years of age, wearing a red and yellow Ronald McDonald9 costume. On the 7th day of each month, an instance of SCP-4155-1 will manifest in an unobserved location within the vicinity of Site-4155 carrying a plastic bucket and stainless steel dessert spatula. SCP-4155-1 will then proceed into the cave and collect the secretions from each member of SCP-4155, removing the substance from their skin with the spatula and depositing it into the bucket. After SCP-4155-1 has harvested each member of the population, it will exit the cave and demanifest.

付録A: 4155-1-Aに対するインタビュー記録
Addendum A: Interview Log 4155-1-A

日時: 1998年5月7日

回答者: SCP-4155-1

インタビュアー: ヘレン・マスターズ博士

前書: SCP-4155-1の活動を数ヶ月に及び注意深い観察した後、質問のためにSCP-4155-1を拘留する許可を得ました。
Date: 07-05-1998

Interviewed: SCP-4155-1

Interviewer: Dr. Helen Masters

Foreword: After careful observation of SCP-4155-1's activities for several months, permission was granted to detain SCP-4155-1 for questioning.


<記録開始>
<Begin Log>

SCP-4155-1: おい!あー、お前ら警官か?もし警官なら、私は弁護士を呼ぶことができると思うんだが。
SCP-4155-1: Hey, uh, are you guys cops? 'Cos if you guys are cops, I think I'm supposed to call my lawyer.

マスターズ博士: 我々は警官ではありませんし、別に罰則を与えるつもりでもありません。よろしければ、いくつか質問をしても良いですか?お名前を教えていただけますか?
Dr. Masters: We are not police officers, sir, and you are not in trouble. We just have a few questions, if you don't mind. Can you tell us your name?

SCP-4155-1: えーっと、分かった。ロニーだ。ロニー・マッカーサー。
SCP-4155-1: Uh, sure, I guess? It's Ronnie. Ronnie MacArthur.

マスターズ博士: どちらにお勤めですか?
Dr. Masters: And who do you work for, Mr. MacArthur?

SCP-4155-1: マッカス10だよ。わからないか?夏の間だけの仕事だよ。要は、履歴書に書けるようなやつじゃない。だろ?[鼻を掻く]こんなことを30歳とかになってもやり続けるのは御免だね。この仕事を悪く言うつもりはないが。
SCP-4155-1: Maccas11. I mean, can’t you tell? It's just a summer job, though. I mean, it's not like it’s a career path, innit? [scratches nose] Don’t wanna be doing this when I’m thirty or whatever. No offense.

マスターズ博士: [短時間の沈黙] 「こんなこと」とはどういう意味ですか?洞窟で一体何をしていたんですか?
Dr. Masters: [pause] Can you explain what you mean by "this"? What exactly were you doing in the cave?

SCP-4155-1: アイスクリームの採取だ。
SCP-4155-1: Harvesting the ice cream.

マスターズ博士: 何のために?
Dr. Masters: For what purpose?

SCP-4155-1: うーん、目的だって?アイスクリームだ。誰かがやらないと。じゃなきゃ代用品を売らなきゃならない。
SCP-4155-1: Um… whaddya mean purpose? It's ice cream. Someone’s gotta. They'd have to sell the substitute if we didn't.

マスターズ博士: 代用品?
Dr. Masters: Substitute?

SCP-4155-1: そうだ。それがどこから来るかなんて知りたくないだろう。うん、興味を持ってくれてありがとう、お嬢さん。でも問題がもし無いのなら、そろそろ行かなくちゃ。バケツはまだ半分しかないし、もし遅れると給料を減らされるんだ……
SCP-4155-1: Yeah. You don’t wanna know where that comes from. Um, look missus, I appreciate the interest an' all, but if I’m not in trouble I should really get going, my bucket's only half full and they're gonna dock my pay if I'm late…

マスターズ博士: あと1つ2つで済みますよ。アイスクリームはどこへ持っていくんですか?
Dr. Masters: Just one or two more, if you don't mind. Where do you take the ice cream?

SCP-4155-1: 倉庫に置いてるよ。そっから飲食店に運んでるのかな?そこまで考えたことは無いよ。
SCP-4155-1: I just drop it back at the warehouse. I guess they deliver it to the restaurants from there? I’ve never really thought about it that much.

マスターズ博士: それで、倉庫までどうやって運ぶんですか?
Dr. Masters: And how do you reach the warehouse?

SCP-4155-1: ああ、外に車があるんだ。
SCP-4155-1: Oh, I’ve got a car just outside.

マスターズ博士: 外に車は見つかりませんが?
Dr. Masters: We haven't seen any vehicle.

SCP-4155-1: いや、でも、外にあるんだ
SCP-4155-1: Well yeah, it's outside.

マスターズ博士: なるほど。ありがとうございました。それで……その、あくまで好奇心なのですが……なぜそのような服を?
Dr. Masters: I see. Well, thank you for your time. And… oh, I've got to ask, for my own curiosity more than anything… why the getup?

SCP-4155-1: ああ、クソ。聞く必要あるか?人目につかないようにってこれを着させられて恥ずかしいんだよ。
SCP-4155-1: Ah damn it. Did you have to mention it? It’s embarrassing enough that they make me wear this without people drawing attention to it.

マスターズ博士: でも何故?
Dr. Masters: But why though?

SCP-4155-1: 知るか!ただ着させられてるだけだ。
SCP-4155-1: I don’t know! It’s just what they make us wear.

マスターズ博士: そうですか。マッカーサーさん、お恥ずかしい思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。貴重な時間をありがとうございました。警備員、SCP-4155-1を施設にお連れして
Dr. Masters: I see. I apologize for embarrassing you, Mr. MacArthur. Thank you for your time. Security, please escort SCP-4155-1 to the holding facility.

SCP-4155-1: どういたしまし——何だって?
SCP-4155-1: You're welc—wait, what?

<記録終了>
<End Log>

付録B:インシデント報告書 - 1998年度収容違反
Addendum B: Incident Report - 1998 containment breach

日時: 1998年5月7日から1998年6月16日

前書: 1998年5月7日に、SCP-4155-1は追加の尋問およびその発現した能力の調査のため、一時的に施設に拘束されました。この行為は、重大な収容違反を引き起こし、また、以下のようなこれまで未知であった異常性の発見をもたらしました。
Date: 07-05-1998 through 16-06-1998

Foreword: On 07-05-1998, SCP-4155-1 was detained on-site in a temporary facility for additional interrogation and research of its manifestation abilities. This action resulted in a notable containment breach, as well as the discovery of a previously-unknown anomalous phenomenon, documented below.


5月7日: SCP-4155-1が財団に拘束される。
07-05: SCP-4155-1 is detained by the Foundation.

5月13日: シカゴ地区のマクドナルド社が所有しているソフトクリームサーバーを使用すると、どんなソフトクリームミックスが充填されていても「しょっぱくて黒いねばねば」が出てくるという事案が初めて報告されました。この物質自体は化学的分析により、主に酵母エキスと食塩から成る、非異常性かつ食用に適したものであることが確認されました。
13-05: First reported case of McDonalds-owned soft serve machines in the Chicago area anomalously producing a "salty black goop" when used, regardless of what substance they were loaded with. The substance itself is confirmed by chemical analysis to be edible and non-anomalous, consisting primarily of yeast extract and salt.

無害であるにも関わらず、この物質が生成されるという異常な状態は、ソフトクリームサーバーの回収が必要になるほどに、外部へ異常性が波及していることを意味します
Despite being harmless, the anomalous manner in which this substance is created represents a breach of normalcy necessitating confiscation of the machines.

5月14日: イリノイ州以外にあるソフトクリームサーバーがら黒い物質が生成したという事案が、初めて報告されました。
14-05: First reported cases of black substance being produced by soft serve machines outside the state of Illinois.

5月15日: ソフトクリームサーバーの異常動作は各地へ拡大し続けています。SCP-4155-1は、この拡大を抑止するか、あるいは収束させる可能性があるとして、拘束から解放され、消失を許可されました。しかし、拡大に対する影響はありませんでした
15-05 Anomalous behaviour continues to spread. SCP-4155-1 is released from custody and allowed to demanifest in an attempt to prevent or possibly reverse the ongoing anomalous effects. It does not.

5月16日: 財団資産により、衛生上の懸念を理由に、合衆国内のソフトクリームサーバーの強制リコールを行いました。
16-05: Foundation assets manage to force a recall of soft serve machines in the United States on the basis of hygiene concerns.

5月17日: 合衆国外にあるソフトクリームサーバーがら黒い物質が生成したという事案が、初めて報告されました。機動部隊-ラムダ-18("ハンバーグラーの助っ人達")がO5評議会により組織され、事案のさらなる拡大を見越して、全てのまだ影響を受けていない飲食店に配置されました。
17-05: First reported cases of black substance being produced by soft serve machines outside of the United States. MTF-Lambda-18 ("Hamburglars Helpers") is commissioned by the O5 Council and begins embedding in all as-yet unaffected restaurants in anticipation of further spread of anomalous behaviour.

5月19日: 機動部隊-ラムダ-18がソフトクリームサーバーが異常動作を示す前に、それを破壊することが有効であることを立証しました。しかし、異常動作が拡大する速度に追いつくことはできませんでした。
19-05: MTF-Lambda-18 proves effective at sabotaging soft serve machines before they begin exhibiting anomalous properties, but is unable to keep up with the rate of spread.

5月21日: 財団資産により、マクドナルド社が所有する世界中のソフトクリームサーバーのリコールを行いました。
21-05: Foundation assets manage to force a global recall of all soft serve machines owned by the McDonalds corporation.

5月24日: 異常動作を示さなかった最後のソフトクリームサーバーが、黒い物質を生成しました。
24-05: Last known soft-serve machine not exhibiting anomalous behaviour begins producing black substance.

6月7日: 前のSCP-4155-1とは肌の色、髪の色が異なり、またニキビがかなり少ない、新しいSCP-4155-1実体がサイト-4155に現れました。このSCP-4155-1実体は仕事を完了することを許可されました。
07-06: A new instance of SCP-4155-1, noted to have a different skin tone, hair color and substantially less acne than the previous instance, manifests at Site-4155 and is allowed to complete its task.

6月8日: 回収されたソフトクリームサーバーが、正常な動作に戻り始めます。
08-06: Confiscated soft serve machines begin returning to non-anomalous operation.

6月11日: この日を最後に、回収されたソフトクリームサーバーが異常動作しなくなります
11-06: Last reported case of a confiscated soft serve machine behaving in an anomalous manner.

6月16日: リコールが解除されます。回収されたソフトクリームサーバーはメーカーに返却されます。機動部隊-ラムダ-18はO5協議会により解散されました。
16-06: Recall is lifted. Confiscated machines are returned to manufacturer. MTF-Lambda-18 is disbanded by the O5 council.


最終報告: このインシデントにより、7500軒の飲食店に財団資産が注入され、全世界で22000台以上のソフトクリームサーバーがリコール、回収あるいは破壊されました。
Closing Statement: In total, this incident necessitated Foundation assets embedded in 7,500 restaurants and the recall, confiscation or sabotage of more than 22,000 soft-serve machines worldwide.

このインシデントに過度の関心を示した計11名のマクドナルドの従業員が拘束され、記憶処理されました。
McDonalds employees who demonstrated excessive interest in the anomaly, 11 in total, were detained and amnesticised.


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Catwill's portal does not exist.


エラー: Catwillのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3773126 ( 26 Jul 2019 09:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License