自殺少女

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

**アイテム番号: **SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

**特別収容プロトコル: ** SCP-XXX-JPの遺体はサイト-██の人型オブジェクト収容室に冷凍保存されています。

SCP-XXX-JPと関わりのあった人物には適切なカバーストーリーを適用し、近くの████霊園にダミーの遺体を埋葬して下さい。

**説明: **SCP-XXX-JPは収容当時15歳の、戸籍上は██県在住の須藤 ██と登録されている日本人女性です。
SCP-XXX-JPは重度の鬱の症状を見せており、常に強い自殺衝動を抱えています。
SCP-XXX-JPは自傷行為を行った際、その時に負った傷は即座に再生します。
この再生に要する時間は負傷の大きさに比例して長くなります。
現時点で、最短で10秒、最長で約1時間かかることが確認されています。
また、SCP-XXX-JPが自殺した場合、約5時間後に全ての傷が再生した状態で蘇生されます。
SCP-XXX-JPは自信以外の人物からの攻撃、不慮の事故で、傷を負った際は異常性が発生しないことから、SCP-XXX-JPが自殺以外の方法で死亡した際は蘇生されず、無力化されると考えられています。

SCP-XXX-JPは██県██市の██山で、首を吊って死亡しているSCP-XXX-JPを発見した登山客の通報により、警察が駆けつけ、死亡を確認し、SCP-XXX-JPの遺体の回収作業に取り掛かってる最中に蘇生した事で、異常性が発覚し、収容されました。
目撃者には記憶処理を施し、それぞれに適切なカバーストーリーを適用されました。

補遺1: インタビュー記録001
収容当初、SCP-XXX-JPは錯乱状態にあり、会話が困難であった為、█日間のカウセリングを行い、精神状態が安定している事が確認された後に最初のインタビューが行われました。

対象: SCP-XXX-JP

** 付記:** このインタビューでは、SCP-XXX-JPの精神的な悪化を招くのを防ぐために、SCP-XXX-JPのカウセリングを担当していた██カウンセラーに
インタビュアー: ██カウンセラー

付記:

<録音開始>

** SCP-XXX-JP:** はい。

██博士:

** SCP-XXX-JP:**

ERROR

The kirikiri's portal does not exist.


エラー: kirikiriのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3772488 ( 03 Jun 2018 05:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License