SCP-2888 - 何度も、何度も、何度も
rating: 0+x
2888-1.png

Crime scene photo relating to the murder of Ms. Mildred Reckart in 1954. Photo recovered clandestinely from the Sacramento Police Department.

1954年に発生したミルドレッド・レッカート氏の殺害の現場写真。サクラメント警察から秘密裏に回収された。

Item #: SCP-2888

Object Class: Euclid

Special Containment Procedures: The former residence of Marshall Ford Everett, in addition to the 8.3-acre parcel of land on which it is located, is currently held by Rural Heritage LLC, a Foundation-owned land trust company. All structures located on the parcel are to be allowed to deteriorate in a manner consistent with abandoned property. As all personal effects and human remains have been removed from the premises, no interference with civilians or local authorities is deemed necessary.
マーシャル・フォード・エヴェレット旧邸および付随する8.3エーカーの土地は、財団所有の信託会社であるルーラル・ヘリテッジ有限責任組合が保有しています。敷地内の建築物の保全は行われず、一般的な遺棄物件と同様の劣化が許容されます。全ての人員および遺骸は既に敷地から取り除かれており、民間人および現地警察への干渉は不要とされています。

The remains of all recovered SCP-2888 instances are to be maintained in long-term storage in Minimum Security Morgue 2-A, located at Site-23.
回収されたSCP-2888実体の遺骸は全て、サイト-23の最小セキュリティ死体安置所2-Aにて長期保存されます。

The Site-16 SIGINT Office is to continually monitor California Department of Public Health newborn screening program data for genetic markers consistent with SCP-2888 manifestations. Any resumption of suspected SCP-2888-related phenomena is to be reported immediately to the Research Director.
サイト-16 SIGINT(通信傍受)局は、カリフォルニア州公衆衛生局の新生児スクリーニングプログラムを監視し、SCP-2888実例と一致する遺伝子マーカーの探索を行います。SCP-2888との関連が疑われる現象が再開した場合、直ちに研究主任へ報告を行います。

Description: SCP-2888 is a phenomenon documented to have occurred between 15 December 1957 and 29 July 1973, in which infants genetically identical to an individual known as Mildred Reckart1 were repeatedly born in hospitals in the Central California region of the United States. A total of 38 births occurred in 19 separate facilities during this time, each to a different mother. Complete lack of evidence of invasive surgical procedures in subjects giving birth to SCP-2888 instances, combined with the rudimentary state of human cloning technology at the time, confirms SCP-2888 as an anomalous phenomenon.
SCP-2888は、1957年12月15日から1973年7月29日にかけての発生が記録された、ミルドレッド・レッカートの名で知られる個人2と遺伝的に同一な新生児が繰り返し生まれた現象です。19の異なる施設において累計38名の新生児が、それぞれ異なる母親から誕生しました。SCP-2888の母親に外科手術が施された証拠が無いこと、当時は人間を対象としたクローン技術が未発達であったことの2点を理由に、SCP-2888は異常現象として認められています。

An investigation conducted in 1970, subsequent to a Site-16 analytical review of missing persons cases in Northern and Central California concerning a group of individuals sharing very similar physical characteristics, identified a Sacramento-based construction firm owner named Marshall Ford Everett as being closely associated with this phenomenon. Examination of materials recovered after the detainment of Mr. Everett confirmed this relationship. While the mechanism by which SCP-2888 occurs remains unknown, research at the time, combined with witness statements and other collected evidence, indicated that Mr. Everett at least partially influenced the commencement of 38 births of specimens genetically identical to Ms. Reckart.
北部・中部カリフォルニア州における類似した身体的特徴を持つ人物群の失踪に関するサイト-16の分析的レビューを受け、1970年に調査が実施され、SCP-2888事象への密接な関与が疑われる人物として、サクラメントに拠点を置く建設業者のオーナーであるマーシャル・フォード・エヴェレットが特定されました。エヴェレット氏の拘留後に行われた情報分析により、当該関連性は実証されました。SCP-2888の発生機構は依然として不明であるものの、当時の研究並びに得られた目撃証言及びその他の証拠から、レッカート氏と遺伝的に同一な38名の新生児の誕生に対してエヴェレット氏が一定の影響を及ぼしたことが示されています。

Further investigation revealed that Mr. Everett was responsible for the original murder of Ms. Reckart in 1954, in addition to the confirmed homicides of 31 out of 38 documented SCP-2888 instances over the next seventeen years.
更なる調査により、エヴェレット氏が1954年に発生したレッカート氏の殺害を実行したこと、並びに以後17年の間に発生した記録上の38名中31名のSCP-2888実体の殺害を実行したことが判明しました。

Agents clandestinely observing Mr. Everett as part of research efforts to ascertain possible methods behind the SCP-2888 phenomenon documented the murder of Ms. Vivian Enfield, an SCP-2888 instance, by Mr. Everett on 17 June 1971. This event led researchers to establish and confirm Mr. Everett's role in the disappearances of other SCP-2888 instances since 1957. Following this event, Foundation assets were mobilized under the guise of a California Highway Patrol task force to raid Mr. Everett's rural residence in Locke, California, and place him in custody in order to prevent further violence.
SCP-2888事象の実行手法に関する知見を得る為に秘密裏にエヴェレット氏を監視していたエージェントらは、1971年6月17日にエヴェレット氏によるヴィヴィアン・エンフィールドの殺害を記録しました。当該事件により、他のSCP-2888実例の失踪にエヴェレット氏が関与しているとする仮説が建てられ、実証されました。その後、財団は部隊を招集し、カリフォルニア州ロックに存在するエヴェレット氏の邸宅への侵入捜査を、カリフォルニア州交通取締局を装って実行しました。さらなる暴力事件を防止するべく、同氏は拘留されました。

Three additional SCP-2888 instances were located in the Central California region over the next two years, and placed in containment at Site-16. In each case, SCP-2888 instances in containment manifested numerous chronic and severe health conditions beginning soon after the age of 223, and the last surviving specimen died in 1997 from complications related to a disorder similar to amyotrophic lateral sclerosis.
以後、中部カリフォルニア州で3体のSCP-2888実例が発見され、サイト-16に収容されました。各実例は22歳を数えて間もなく、複数の慢性的かつ重篤な疾患を患いました。4最後の実例は、筋萎縮性側索硬化症に類似した疾患によって1997年に死亡しました。

Mr. Everett proved uncooperative with Foundation researchers while in containment, providing personnel with copious amounts of what was later demonstrated to be unreliable information. Despite enhanced information-gathering protocols being authorized in 1983, Mr. Everett ultimately yielded little in the way of usable data regarding SCP-2888. Mr. Everett was euthanized by medical staff while in Foundation custody in 1985 after displaying sudden debilitating neurological impairments related to the appearance of several malignant brain tumors.
収容下のエヴェレット氏は財団研究員に対して非協力的であり、提供された膨大な量の情報の多くが後に虚偽であると判明しました。強化情報収集プロトコルが1983年より施行されたにも拘わらず、最終的に、エヴェレット氏はSCP-2888に関する有用な情報を極僅かにしか残しませんでした。1985年、同氏は悪性脳腫瘍に由来する衰弱性神経障害を患った為、医療スタッフによって安楽死させられました。

Addendum 2888.1 - Notes on the Everett Residence
補遺2888.1 - エヴェレット邸についての覚書

FORM 870/B ESTABLISHMENT OF SECURE AREA - PREVIOUS SITE OF ANOMALOUS ACTIVITY

エリア確保 - 元異常活動拠点

Cross-Reference(s): SCP-2888

参照

Location: 38.2506° N, 121.5094° W

場所

Custodial Party: Mobile Task Force Beta-88 Subunit C

実行者

Date of Establishment: 24 JUNE 1971

確保日時

Notes: MTF resources using California Highway Patrol uniforms and equipment secured the residence of PoI 2888-A (Marshall Ford Everett) after that individual's entry into containment. Aside from the remains of eleven SCP-2888 instances, no anomalous items or phenomena were found. Human remains were removed from the premises, and all items within the residence catalogued and turned over to researchers.

付記: カリフォルニア州交通取締局の制服および装備を着用した機動部隊隊員らは、PoI 2888-A(マーシャル・フォード・エヴェレット)の収容後、同氏の邸宅を確保した。SCP-2888実例11名分の遺骸を除き、異常物品および異常現象は発見されなかった。遺骸は敷地から除かれ、邸宅内の物品はカタログ化され、研究員らに引き渡された。

The Everett residence is a four-bedroom, two-story ranch-style house constructed in the early 20th century, located on a small parcel of land on the outskirts of Locke, California, United States. While the external appearance of the residence is typical of other structures in the immediate area, the interior has been heavily modified. PoI 2888-A is believed to have designed and built features in the residence himself due to his experience in the construction trade. Modifications include the following:

エヴェレット邸は4寝室、2階建てのランチ様式の建物である。同邸宅はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロックの小さな敷地上に20世紀初頭に建築された。近隣の一帯に典型的な外観を装っているものの、内部には多くの変更点が見受けられる。PoI 2888-Aは自身の建設取引の経験を活用し、各要素を自ら設計・建築したものと考えられる。変更点を以下に挙げる:

  • Additional insulation material in all exterior walls, believed to be for soundproofing purposes

外壁全体に断熱材料が埋め込まれている。防音が目的と推測される。

  • Eight recessed alcoves in the walls of the upstairs guest bedroom, concealed by paneling resembling walls in the rest of the house, accessible by hidden latches. Seven of these alcoves were found by Foundation personnel to contain the embalmed remains of SCP-2888 instances

二階の来客用寝室の壁に備え付けられた8つの凹部。邸宅の内壁を模したパネルによって覆われ、隠されたラッチを用いて開くことが可能。内7つには防腐処理を施されたSCP-2888実例の遺骸が収めれていたのが財団職員によって発見された。

  • A finished, windowless basement, accessible by a hidden door in the kitchen, containing four sets of police-issue manacles and an extensive drainage system. Basement was soundproofed using the same material as the exterior walls. No lighting system was present

完成した窓の無い地下室。キッチンの隠し扉を通じて入ることが可能で、4組の警察用の手錠、拡張された排水機構を備えている。外壁と同様の断熱材料が埋め込まれている。光源は設置されていない。

  • Speakers installed in the basement, connected to a reel-to-reel playback device. Device was modified to play on continuous loop a 3-minute, 48-second recording5. Device appears to have been left powered on at all times

地下室に設置されたオープンリール再生装置と接続されたスピーカー。再生装置は、3分48秒の音声を再生し続けるように改造されていた。6装置の電源は点いたままで置かれていたと推測される。

  • A room located in place of a previously existing downstairs bathroom, fitted with metal paneling on all four walls capable of being electrified through a modified fuse box

一階の元々バスルームだった部屋。四面の壁に金属パネルが設置していあり、改造されたブレーカーを用いて通電させることが可能。

  • A custom-designed incinerator located behind the residence7

邸宅の裏に設置された特製の焼却炉。8

  • A recently-completed room addition to the first floor designed to 1969 California Building Standards Commission specifications for rural nurseries, containing 12 stainless steel hospital-grade infant bassinets

一階に新築されたばかりの一室。1969年に制定された都市部の幼稚園に関するカリフォルニア州標準規格に準じた設計となっている。12台の病院向け乳児用ベッドが置かれている。

  • A heavily reinforced exterior door built into the north wall of the structure's attic (purpose unknown)

扉が建物の屋根裏部屋の北側の壁に著しく頑丈に作られた扉が設置されている。(用途不明)

All furnishings, personal items, appliances and fixtures were removed by personnel and routed to appropriate research staff. The premises was inspected and certified in compliance with consensus reality expectations on 23 June 1971.

全ての家具、所有物、家電製品、設置物は職員によって取り除かれ、それぞれ適切な研究スタッフへ引き渡された。敷地の検査が行われ、総意現実規範に従うものと1971年6月23日に認められた。

M.N.
Reviewer's Comments: Recommendations by MTF Beta-88 to classify premises as minimal security grade area approved. Include into data file that review by SCP-2888 research personnel indicates that all furnishings in the house recovered by MTF Beta-88 were removed from the homes of SCP-2888 instances, presumably by Mr. Everett.

レビュアーコメント: 敷地を最小級セキュリティエリアに設定する機動部隊ベータ-88の提案は受理された。データファイルに追記すべき点として、SCP-2888研究職員が行った検査によれば、家屋から回収された全ての家具は(おそらくエヴェレット氏によって)各SCP-2888実例の部屋から奪われたものであった。

Addendum 2888.2 - Marshall Ford Everett Intake Documentation

Copy to SCP Database File
SCPデータベースファイルへコピー

Results of Initial Psychological Evaluation: PoI 2888-A
初期心理検査の結果: PoI 2999-A

Emerging trends regarding so-called "serial killers" in the medical literature have begun to, if not typify, at least lay the groundwork for identifying common traits in these individuals. Caution must always be exercised when dealing with small sample sizes, but there generally appears to be preliminary value in certain behavioral "red flags" in identifying this kind of aberrant behavior.
世にいう"連続殺人鬼"に関する医療文献の近年の増加により、定型的な分類には至らないまでも、これらの人物に共通する傾向を見出す為の下地は出来上がっていると言える。サンプル数が少ない点は注意を要するものの、このような猟奇的行動を認定する上で、特定の"赤信号"行動に暫定的に注意を向けることには一定の価値があるとされる。

Mr. Everett, however, displays none of the outward traits that mark a repeated murderer in his case history.
しかしながら、エヴェレット氏は自身の殺人歴を示唆するような特質を一切見せていない。

Examination of school and medical records indicate no mental abnormalities. Nor do records kept by the United States Army note any conduct out of the ordinary during Mr. Everett's service in the European Theater during World War II. Mr. Everett possesses no criminal record, and every indication found by our staff is that he was a functioning member of society, to the point that friends (and he apparently had many) recall him as being "boring."
通学記録および医療記録からは、精神異常は一切認められない。アメリカ陸軍が保有する、エヴェレット氏の第二次大戦中のヨーロッパ戦線における従軍記録に目を向けたとしても、通常を逸する点は発見されない。エヴェレット氏は犯罪歴を持たず、職員が行った調査の全ての結果は、彼が健常な社会の構成員であることを示している。その平凡さは、友人(彼は多くの友人を持っていた)が彼を"つまらない"人間と称する程だ。

This would appear, then, to make his conduct while in custody the more confusing.
以上の結論を踏まえると、氏の拘留下の態度は一層不可解に映る。

In my initial questioning of Mr. Everett, lasting three hours and 48 minutes, he claimed and then disavowed, at varying intervals, to be an instrument of God meting out punishment to the unclean, a scientist employed by the Nazis for research, innocent of his crimes, and receiving instructions from "little green men." The initial impression, then, is of a man quite clearly insane.
当初行われたエヴェレット氏の3時間48分に亘る尋問において、彼は幾つかの主張を行い、唐突にそれらを撤回した。彼は自身を不浄なる者に天誅を下す神の道具であると主張し、あるいはナチスに雇用された科学者であると主張し、はたまた自分は"緑の小人"の指示に従っていただけで無実であると主張した。第一印象として、彼は明らかに正気を失った男だった。

It has become obvious, however, that insanity is merely what Mr. Everett wishes to convey in his interviews with staff. In addition to his ability to operate as a successful member of society for decades, Mr. Everett has displayed a level of intelligence and rational thought belying whatever appearances he is attempting to maintain. Despite carefully crafted questioning protocols, Mr. Everett has indicated in his responses to staff that he is aware that he is not being held at a State of California facility, and that we know that clones of Mildred Reckart are apparently being born for his deviant purposes.
次第に明らかになったこととして、その狂気はエヴェレット氏がインタビューの担当職員に向けて演じたものであった。彼は数十年に亘って社会の優良な構成員を装い続ける為の能力だけでなく、自身が望む外貌を維持する為の高い水準の知性と合理的思考も持ち合わせていた。慎重に考案された尋問手順に従ってインタビューが実施されたにも拘わらず、エヴェレット氏は自身がカリフォルニア州の施設に拘留されている訳ではないこと、氏が自身の目的の為にミルドレッド・レッカート氏のクローンを作成しているのではないかと我々が疑っていることを理解し、それをインタビュー内の返答で以て示唆した。

For the purposes of brevity, I will spare the record Mr. Everett's numerous attempts at obfuscation when questioned and his repeated descriptions of his "egghead pal from France" as his nonexistent accomplice. The answers he has given us are clearly meant purely to amuse himself. To date, we have no actionable intelligence on how SCP-2888 works, what his exact relationship is with it, and how he managed to kill so many people without being suspected by authorities.
簡潔の為、質問に対するエヴェレット氏の幾度とないはぐらかしや、架空の協力者として「能無しのフランスの友人」に関する説明を試みたことについては省くとしよう。彼の返答は明らかに、自分を楽しませる為のものだった。現在もなお、SCP-2888の仕組みについて、氏との関係性について、氏が如何にして公安の目を掻い潜りながらこれ程多くの人間を殺してきたのか、我々は有力な理論を持ち合わせていない。

I will include one description, however, that in my professional opinion is likely to be the closest to whatever it is that Mr. Everett considers truth that we will ever get out of him.
一点だけ、彼の説明を記録に残しておくとしよう。私の専門家としての勘が正しければ、尋問を通じて氏の考える真実をこれ以上引き出せることは無いだろう。

I had asked him previously about motive as part of the intake battery, receiving nonsense for my troubles. As the official session was concluding, however, more out of curiosity than scientific inquiry, I asked him again. Informally, directly, I spoke to him. Why do what he did to all those people, all those years?
取り調べを繰り返す中で、私は以前にも彼の動機について尋ねたことがあった。質問に対して、彼は当然のように出鱈目を話して聞かせた。しかしその日の規定の時間が終わりに差し掛かる頃、科学的な探求心よりかは個人的な好奇心から、私はもう一度質問をした。肩ひじ張らず、真っすぐに、語り掛けた。あれ程の時間を掛けて、あの人達に何故あれ程までのことをしないといけなかった、と。

He stopped, and for once I believe I saw sincerity in his face, or at least what I thought to be sincerity. "Person," he corrected me. "I only killed one girl. What am I, some kind of monster? I only killed one girl all those times. And I got pretty good at it, too." He chuckled as they led him out, not in the manner of the mentally retarded or the insane that I have heard many times before, but like an ordinary man, sharing a funny story or watching an episode of Laugh-In.
彼は動きを止め、真剣な眼差しで私を見据えた。少なくとも、私にはそのように映った。「あの人、だ」と彼は訂正した。「私は一人の女の子を殺しただけだ。それだけで私を化け物扱いか?長い間、私は一人を殺していただけだよ。今はもう慣れたものさ。」退室しながら彼は押し殺した笑いを発した。精神障害者や狂人のような笑い方ではなく、極普通の人間が、面白い小話を聞かせるか、『Laugh-In』を見るかしている時のような笑い方だった。

I recommend the continued treatment of Mr. Marshall as a man in full control of all his mental faculties. Containment personnel are hereby advised to exercise maximum caution.
以上より私は、マーシャル氏を自身の精神異常を完璧に装うことが可能な人物として取り扱うことを進言する。収容担当職員は氏に最大限の注意を払わなければならない。

SIGNED

モード・フレッチャー医学博士
サイト-16 心理学職員
Dr. Maude Fletcher, M.D.
Site-16 Staff Psychiatrist

Addendum 2888.3 - Methodology of PoI 2888-A Activities

Researcher's Note: While Mr. Everett kept possession of numerous artifacts related to SCP-2888 instances, little in the way of documentary evidence was preserved, presumably as a means of evading any eventual prosecution. Agents did, however, recover a diary belonging to Ms. Ramona Jennings. Ms. Jennings was an SCP-2888 instance whose remains were recovered from Mr. Everett's residence. One entry in this diary relates directly to Mr. Everett, and is reproduced here for the purposes of this file.
エヴェレット氏はSCP-2888実例と関連した物品を多数保有していましたが、将来的な追及を避ける為か、証拠となる文書記録は殆ど含まれていませんでした。例外的に、ラモナ・ジェニングズ氏の日記がエージェントによって回収されました。同氏はSCP-2888実例であり、エヴェレット邸から遺体の形で回収されています。日記には、エヴェレット氏について直接的に言及している一節が記入されていました。当該部分が以下に示されます。

March 15, 1963
Dear diary,
I was so afraid when I quit my job at Weinstock's. That horrible man who ran the cosmetics department and the things he would say to me, I couldn't take it anymore! But I didn't know what to do. Betsy was so nice to let me stay with her and the baby, but I could tell that Dick wanted his spare room back. And with me and Mother and those problems, I just couldn't go back home. How I wanted, so much, to go back to work and move on with my life, but Mr. Clark must have said something to the other department stores. I was so worried!

勇気を出してウェインストックを辞めたわ。化粧品売り場の上司があんまり酷いことを言うものだから、耐えきれなくなってしまったの。でも辞めたら辞めたでどうしていいか分からなくて怖かったわ。優しいベッツィーは赤ちゃん連れの私を家に迎えてくれたけど、ディックは明らかにあの部屋を欲しがってたから、長居する訳にもいかなくて。かといって、母親との問題を考えると、実家に帰るのも論外なのよね。また仕事を手に入れて普通の生活に戻れたらと思うけど、クラークさんは他の百貨店にも悪口を言って回ってるはずだから。もうどれだけ不安だったか!
ウェインストックを辞めた時は本当に怖かった。化粧品売り場の上司があんまり酷いことを言うから、もう耐えられなくて。でも辞めた後は途方に暮れちゃった。ベッツィーは優しいから、赤ちゃんまで連れていた私を快く泊めさせて暮れたけど、ディックは明らかに予備の部屋を使えなくて困ってたから、長居する訳にもいかなかった。母親とは仲が悪いから、何食わない顔で実家に帰るのも無理だった。とにかく仕事と元の生活に戻りたかったけど、クラークさんはきっと他のデパートにも私の悪口を言いふらしているはずで。もうとにかく不安だった。

Then Mr. Everett showed up. I know he likes me to call him Marshall, but he'll always be "Mr. Everett" to me. I had just been rejected over at the five-and-dime, and I tried to hide it but I know everyone on the street must have known I was crying. He was at the flower stall, buying a bunch of lilies. Most people don't like them so well, but I've always found lilies to be pretty. He turned to me as I was walking by, and said that I looked like someone who could use a bunch of flowers.

そんな時に現れたのがエヴェレットさん。あの人はマーシャルと呼んで欲しがっていたけど、私にとってはいつまでも「エヴェレットさん」に変わりない。百均に応募して断られた後の事で、そのことは出来れば隠していたかったのだけど、通りすがりの人でも私が泣いていたことはバレバレだったと思う。エヴェレットさんは花屋にいて、百合の花束を買ってた。珍しいって言われるけど、私は百合が好きだった。私が通り過ぎようとすると、エヴェレットさんはこっちの方を向いて、丁度花束を必要としていそうな御人だと言ってきた。

At first I was horribly startled by this stranger talking to me, but I was so sad, and his flowers were so beautiful, I couldn't help but stop. Aren't they for your wife, I asked him. No, I'm all alone, he said, my wife died many years ago. I felt so sad for him then, still buying flowers for someone who's gone. Then he handed me the lilies, and offered to buy me lunch. He was so kind, so gentle, I started crying again, there in the middle of the street! He put his coat around me, and walked with me to Original Mac's.

最初は、知らない人が突然話しかけてくるものだからびっくりしたけど、その時はとても悲しかったし、花も綺麗だったから、立ち止まるしかなかった。それは奥さんの為に買ったんじゃないの、と私は聞いた。私は独り身だ、妻は何年も前に亡くなったよ、とエヴェレットさんは言ってた。亡くなった人の為に花を買い続けていることを思って、悲しくなった。あの人は私に花を差し出して、昼食も奢ってくれると言った。あんまりにも優しくて、物腰柔らかで、道の真ん中なのにまた泣いてしまった。あの人はコートを羽織らせて、私をオリジナルマックに連れて行った。

As we sat down, he called a waitress over right away and without even asking ordered me a malt and french fries. And as you know, that happens to be my favorite, even if I still feel like a little girl when I order it! I only just met Mr. Everett, but I felt like he knew me so well, like a kind old uncle, just when I needed someone to talk to. I asked him what he was getting, but he said he already ate. So nice of him to take me to lunch, and he wasn't even hungry!

席に着いてすぐ、エヴェレットさんはすぐにウェイトレスを呼んで、私にモルト&フレンチフライを注文してくれた。もう散々書いたように、たとえ子供っぽいとしても、私はモルト&フレンチフライが大好きだ。エヴェレットさんとは会ったばかりなのに、この人はとてもよく私のことを知っているみたいで、困った時に話せる叔父のように感じられた。貴方は何を注文するの、と聞いたら、私はもう済ませたから大丈夫だって。お腹が空いてもいないのに私に奢ってくれるなんて、何て優しい人!

As I ate, he told me that he worked downtown, and that he'd seen me going back and forth on Capitol the last few days, and if everything was okay with me. I told him no, I was looking for work and that if someone would just let me I would work very hard and be happy to do it. But no one would let me, and I felt like I would cry all over again. He took his clean napkin and wiped my tears, and told me he owned a company, not a big one but it did all right. And how would I like a job in the file room?

私が食べてる間、彼が都心で働いていること、私がここ数日議事堂の周りをさ迷っていたのを見かけたことを教えてくれて、私が大丈夫かどうか聞いてきた。私はそんなことないくて、今も仕事を探していると答えた。見つかりさえすれば精一杯喜んで働くのに、環境が許してくれないと言って、また私は泣きそうになった。彼は綺麗なナプキンで私の涙を拭ってくれた。彼は自分の、決して大きくはないがまずまずの業績の会社を持っている、良ければ資料室で働かないか、と提案してくれた。

How would I like a job? I nearly jumped with excitement! I thanked him, over and over, promising that he wouldn't regret this one bit, and that I was so happy, and that this whole day had turned around for me so suddenly! He just smiled and said happy to do it as he paid the tab.

仕事の誘いだなんて!私は喜びで飛び上がりそうになった。私は彼に何度も何度も感謝して、後悔なんてするはずない、本当に嬉しい、こんな良い一日に突然なるなんて!彼は笑いながら、お役に立てたならよかったと、お代を払ってくれた。

I told him I would start as soon as I could make arrangements with Betsy to find a new room downtown and get out of her hair. He shook his head, and said please, you must allow me to help you, I want you to start at Everett Construction lickety-split. He offered to let me stay in his spare bedroom in his house for a couple of days, while he had his secretary check in to find an apartment for me. It was all just perfect! I said thank you Mr. Everett, I'll go grab my things right now!

ベッツィーと話し合って、都心で新しい部屋を見つけられたら直ぐにでも働き始めるといった。彼は首を横に振って、遠慮しなくていい、私は君に今すぐにでもエヴェレット建設で働いて欲しいんだ、と言った。彼は、数日の間自分の家の寝室を貸すから、その間に秘書に新しいアパートを探して貰おうと提案してきた。本当に素敵な話!私はエヴェレットさんに感謝して、今すぐ荷物をまとめてくると言った。

We got into his big Cadillac, and he came by Betsy's to help me pick up my things. She's been so kind these last few weeks! Funny though, she seemed kind of sore at me when I left, as soon as she saw Mr. Everett parked outside. She just kept looking at him through the kitchen window, like he was a burglar or something. She didn't even come outside when I left! I think she might have thought Mr. Everett was sweet on me! I'll have to explain it all to her when we go out on Sunday.

私達は彼の大きなキャデラックに乗って、荷物を取りにベッツィーの家に向かった。ベッツィーは何週間もの間、本当に良くしてくれた。不思議だったのは、エヴェレットさんが外にいるのを見てから、ベッツィーが私を恨めしそうに見てきたこと。あの子はキッチンの窓からずっとあの人を見続けていた、泥棒でも見るかのように。私が家を出る時に見送りもしなかった!きっとあの人が私を口説こうとしていると思ったのね。日曜日に一緒に出掛ける時に、全部説明しないといけない。

I'm here now in Mr. Everett's house, ready to start my first day back at work tomorrow! I know it's only a couple of days, but it sure feels like home in here. Poor Mrs. Everett must have been a swell decorator, that's for sure. It's so quiet in Mr. Everett's country house here. It's not so far away, just in the Delta a little bit, but none of the cars, or the machines from the factories, or the boats, or any of the big city noise is here. It's nice to have things be quiet at night. I thought I'd least hear the crickets or the frogs though.

そうして私は今、エヴェレットさんの家にいて、明日からまた始まる仕事に備えている。ほんの数日の間のことだけど、この場所は本当に居心地が良い。亡くなった奥さんは、家を飾るのが上手な方だったのだと思う。エヴェレットさんの別荘は本当に静かだ。三角州の中に少し進んだだけなのだけど、車は通らないし、工場や船の機械の音も、街の騒めきも聞こえない。静かな夜を過ごせるのは嬉しい。てっきり、コオロギやカエルの声くらいは聞こえると思ったのだけど。

Well, I'm getting sleepy, and I've got a big day at work tomorrow! I might grab a quick snack before I go to bed, but I don't know yet. I can't say why, but I don't really like the kitchen. Now that it's night, it gives me the willies to go down there! Isn't that silly?

今日は眠くたってきたし、明日は大事な一日になる。気が変わらなければ、寝る前に軽く何か食べようかと思う。何でか分からないけど、ここの台所はすごく嫌な感じがする。夜になってくると、降りていくのも怖い。変な話よね。

Nighty-night,
Mona

Researcher's Note: No subsequent entries are present. Diary was recovered from a locked drawer in Mr. Everett's desk at his construction firm during establishment of containment.

ERROR

The szh_tmh's portal does not exist.


エラー: szh_tmhのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3769872 ( 20 Jul 2018 14:41 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License