SCP-2XXX-JP 生火

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2XXX-JP-1-AおよびSCP-2XXX-JP-1-Bは回収後、高圧力焼却機を用いて処分してください。SCP-2XXX-JP-1-AおよびSCP-2XXX-JP-1-Bが定着した物体に対しても上記と同様の手段で処理されます。新たなSCP-2XXX-JP-1-Aの生息地と思われる地域をサーモグラフィーを用いた監視の下、SCP-2XXX-JP-1-AおよびSCP-2XXX-JP-1-Bを回収してください。SCP-2XXX-JP-1-Aによる火災は標準の方法によって消火してください。

説明: SCP-2XXX-JP-1-Aは接合菌類と担子菌類の特徴を持つ生命体です。SCP-2XXX-JP-1-Aは常時発熱しており、何らかの要因によって発火すると不定形の子実体を発生させます。またSCP-2XXX-JP-1-Aの菌糸が導火線の役割をし、急速に延焼します。これによって引き起こされる上昇気流に乗せてSCP-2XXX-JP-1-Aは胞子(以下SCP-2XXX-JP-1-Bと呼称)を広範囲に撒き散らします。SCP-2XXX-JP-1-Aは極端に長い時間燃焼し続け、燃焼中は上記の現象が維持されます。SCP-2XXX-JP-1-Aの炎は通常の消火方法により消火可能です。消火されるか、自然に燃焼が終了すると異常性を消失します。

SCP-2XXX-JP-1-Bは上昇気流によって運ばれた後、木材などの植物由来の物質に定着します。SCP-2XXX-JP-1-Bは形質をSCP-2XXX-JP-1-Aより受け継ぎます。SCP-2XXX-JP-1-Bが菌糸を発生させていない段階で高温にさらされると周囲の酸素を異常に消費し激しく燃焼します。これによりSCP-2XXX-JP-1-Bは更に広範囲に拡散します。

SCP-2XXX-JP-1-Aは活火山である██山が噴火した時期に出現したと考えられています。

補遺2XXX-JP: 以下はSCP-2XXX-JP-1-Aが引き起こした代表的な火災の事件記録です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yohnu's portal does not exist.


エラー: yohnuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3766270 ( 01 Jun 2018 10:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License