不在

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


当文書の編集にはログインが必要です。

> ログイン

パスコードを入力してください。

> *******

アクセスを承認

ようこそ。あなたは現在当文書を編集中です。

当文書は未登録です。編集を完了した場合、ページ下部よりデータベースに登録してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現時点でSCP-XXX-JPは財団に補足されていません。SCP-XXX-JPの収容における最優先事項はその反ミーム的性質の起源の解明であると考えられています。

説明: SCP-XXX-JPは財団のサイト-8192に所属する牧島 渚研究員に対して発生している、反ミーム的異常を伴う現象です。牧島研究員はSCP-XXX-JP-Aに指定されており、現時点でSCP-XXX-JP-A以外には同様の現象は確認されていません。ただしそれ自体がSCP-XXX-JPの異常性によるものである可能性も否定できず、詳細は未確認であることに留意してください。

SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aに対して反ミーム的性質を付与します。現在、この反ミーム的性質に関して以下のような点が判明しています:

  • あらゆる生物ないし知性体、センサーなどの機器はSCP-XXX-JP-Aを知覚することができません。SCP-XXX-JP-Aが周囲に及ぼした変化もまた知覚されないか、或いは偶然によるものと誤認されます。
  • SCP-XXX-JP-Aとの物理的接触は認識されません。これはSCP-XXX-JP-Aが能動的に対象に接触を試みた場合も同様ですが、その接触によって対象が行っている動作に支障を来す場合、対象は可能な限り自然な行動によってSCP-XXX-JP-Aとの接触を回避します。この回避行動が対象自身や周囲から異常なものとして認識されることはありません。
  • この反ミーム的性質はSCP-XXX-JP-Aが身に着けた衣服や所持品などにのみ伝播します。SCP-XXX-JP-Aが対象となる物品を"自身の一部である"と見做すことが伝播のトリガーであると推測されています。当該物品はSCP-XXX-JP-Aから離れた後、非観測下に置かれた際に反ミーム的性質を喪失します。この際、物品が唐突に出現したかのように観察されますが、周囲の生物はそれに対して明確な反応を示しません。
  • SCP-XXX-JPの対象となる以前のSCP-XXX-JP-Aに関する情報は削除されておらず、反ミーム的性質を示しません。財団内部においてSCP-XXX-JP-Aは失踪したものとして扱われていますが、異常存在の関与は疑われておらず、捜索は既に打ち切られています。

現時点でSCP-XXX-JPの大部分は未解明であり、現在も研究・実験が継続されています。

SCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP-Aに対して影響を及ぼし始めた正確な日時は不明ですが、2019年3月の半ば頃であると推測されています。

実験ログ-XXX-JP:








> 保存せずに編集を終了

データベースに登録しますか?

> No

編集内容が破棄されます。よろしいですか?

> Yes

> ログオフ

ERROR

The Waver's portal does not exist.


エラー: Waverのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3744611 ( 05 Jun 2018 10:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License