Yamatt-26--2000-JP用

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


SCP-2000-JP
オブジェクトクラス: 取り扱い次第でsafe 、 収容難易度はEuclid、さらに情報が必要な場合はクリアランス3以上が必要です。
説明: SCP-2000-JPは人型実態です。現在は財団で職員として雇用中。
差別的表現を全て除き平等であり普遍的な表現をした場合男性的な特徴を有しています。現在はサイト-81██にて生活をしています。

生活は午前5時起床、6時に昼食用の弁当を作り、7時に出勤します。出勤後サイト-81██内部にて業務を行使しています。昼食後、サイト-████に移動を始めす。
移動したのち、Dクラス職員と会話をして今後の実験や生活の変化をできるだけサポートできるように聞き回ります。
会話を終え、サイト-81██に戻ります。戻ったあとは報告書の制作や今後のスケジュールを調整します。
午後3時までが労働終了となっていますが時間が許す限り何個かの報告書などを比較しながら収容プロトコルなどを吟味して帰宅します。

午後6〜7時までに帰宅後夕食の準備をします。夕食が済んだら入浴とその他の清掃、軽微な運動をしてから午後10時に就寝します。

休日の行動としては9時に起床し、家族の手伝いやチャットコミュニケーションを行っています。
夕方になると近くのお店に向かい夕食の買い出しを行います。
その後、午後10時に就寝します。

特別収容プロトコル: SCP-2000-JPを解雇することは禁止にしています。SCP-2000-JPが行う行動は全ておなじ関連した事柄にしてください。SCP-2000-JP自身がオブジェクトである事を教えては行けません。SCP-2000-JPはプロトコル発動中に起きるあらゆる事故や問題から遠ざけてください。SCP-2000-JPは生きてください。

インタビュー記録
現在雇用される前のSCP-2000-JPとの会話です。
████「こんにちは、初めまして████と言います。よろしくお願いします」
SCP-2000-JP「はい!よろしくお願いします!」
████「この度、私どもの会社に面接を受けるにあたって、あなたはなぜこの会社に入りたいのですか?」
SCP-2000-JP「はい!この会社がこの世界線を平和に出来ると思ったからです!」
████「(僅かな困惑)え、えぇ私たちの会社では新薬を開発などをしてますから、いつかは世界を平和に出来ると思います。」
「では、入ってから何をしたいと思いますか?履歴書では薬剤免許などは持っておりませんが…」
SCP-2000-JP「こちらの財団が所有している、SCP-500の調合をしたいです!あと、ミーム感染者のケアにも従事したいです!」
████「私たちの会社ではそのような物はありませんが?別の会社と勘違いされているようでしたら即退出してもらっても構いませんが?」
SCP-2000-JP「知ってます。ですが、この会社がそうなると分かっているからです!」
████「余計に分からなくなりますが、なぜ?」
SCP-2000-JP「好きだからです。」

このインタビュー記録後財団創立の架け橋となる化学専門と政治部門が出来ました。

SCP-2000-JPが職員として雇用後のインタビュー記録です。
インタビューアー: 日本支部理事長"鵺"

ERROR

The Yamatt's portal does not exist.


エラー: Yamattのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3715491 ( 08 Jun 2018 11:47 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License