現実性シンチレータ
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル:

説明:

補遺xxx-JP.1: 発見

高濃度の現実性に晒されると発光する。
発光中心が異常物質である未知の希土類元素であるため、Godel指定。
現実性を光エネルギーに変換するシンチレーターとして財団内で研究・開発が行われていた。
高ヒューム空間の探索や現実改変能を測定するためのデバイスへの応用が行われていた。
補遺2
あまりに高すぎる現実性に晒されたとき、物質自体が相転移を起こして別のものになる。
この物質になったとき、強力な現実性ホールとなってしまう。
これによって、現実改変能力者が1名死亡してしまう。
探査などのデバイスとしての利用は停止されたが、最悪の事態に備えて現実改変能力者による強力な現実改変をストップするためのアイテムとして応用されることになり、Thaumielに指定される。

突然のPM失礼します。+100以上の記事があり、比較的最近活動していたことをこちらで確認できた方に声をかけております。

http://scp-jp-sandbox3.wikidot.com/sharedpage:nanigaomoshiroi-ittemiro
砂箱の共有ページに"高評価の記事がなぜ面白いのか解説するリスト"を作成しました。つきましては、FennecistFennecistさんの執筆した中でも特に評価の高い以下のJP記事について、著者自身から"この記事はどう面白いか、どう面白くしたか"の解説をいただければと思います。
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1249-jp 人々
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1473-jp 深層の海景
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1777-jp 迷いの森
http://scp-jp.wikidot.com/scp-1970-jp 13
http://scp-jp.wikidot.com/scp-2222-jp
(自分がやりやすいもの1~2個でokですし、+100以上なら他の記事でもokです)
http://scp-jp.wikidot.com/scp-183-jp 繁栄の街灯
http://scp-jp.wikidot.com/g-b-0183 が-B-0183"リプロダクションライト"販売カタログ
(上記2記事については、他の共著者の方にも一応依頼を出しています)

このPMは無視していただいて結構ですが、もしやっていただけるのであれば、いつでもいいので是非ともお願いします。

SCP-1249-JP - 人々 by FennecistFennecist
こんな記事: 周りにいる人の名前を取り込みながら「人」の字を増殖させる図あるいは漢字。名前を取り込まれた人は消滅してしまう。
面白さの理由: 訓読みのある日本だからこその異常性と、オブジェクトそのもの見た目のキャッチーさが主な理由だと思います。また、収容状態の見た目の危うさも面白さに貢献しています。特筆してアイデアが強力な記事です。
初心者向け度: ★★☆☆☆ アイデアありきの記事であるため、同じような異常性で書くのはどうしても二番煎じになってしまうように思います。漢字のオブジェクト自体これより前にSCP-096-JP - 誤字があるので、差別化も難しそうです。何かやるのであれば読みや意味ではなく、aisuraktoさんがSCP-1440-JPの項で言っているように形状から考えるのがよさそうです。最後の収容担当のメモ書きはこの記事の強度があって成立しているので、真似しないほうがいいです。
by FennecistFennecist

SCP-1473-JP - 深層の海景 by FennecistFennecist
こんな記事: 山中にあるプレハブ小屋。山の中なのにすぐ近くで溺死体が発見された。
面白さの理由: 相反する要素が無理のない範囲で現れる点が1つ目の魅力だと思います。「山の中なのに窓からは海景が見える」「山なのに溺死する」「閉ざされた密室で襲われたのに、遺体は小屋の外で発見された」あたりの要素が該当します。これらの要素によって、読者に考察をできるだけの想像の余地を与えています。考察させるという点では、最後の発言だけ句点を律儀につけてるのも上手いと思います。2つ目の魅力は異常性の一部である"景色"が被害者の感情で変化するというシンプルさです。この感情ならこういう景色になるだろうなと読者に想像させることができます(降雪のみ確認されていないのもミソです)。最大の魅力である補遺において、終盤では被害者の感情の悪化を異常性そのものが後押ししてしまい、入れ子のように異常性が良くない方向へと進行してしまいます。絶望的状況へ進む構成も異常性と比較して無理がなく、悪い意味での違和感がない読後感へと繋がっています。LINE風味のログのリアリティも魅力です。
初心者向け度: ★★★★★ 棍棒コンの参加作品であり、ディスカッションの通り「「クリーピー」で「誰かの初めてのSCP」になり得て、「クリニカルトーン」で「クラシック」で「SCPのアイデアが主役」な記事を自分なりに探求」した記事なので、色々な面において参考にできると思います。特にストーリー構成やこぎれいな記事の見た目のリファレンスとしてはよく使えると思います。
by FennecistFennecist


ERROR

The Fennecist's portal does not exist.


エラー: Fennecistのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3705485 ( 31 May 2018 15:13 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License