名もなき惑星

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
BLACK.png

名もなき惑星

気付いた頃には、もう遅かった。

日本の首都、東京を中心にいつしか発生した異常事象。みるみるうちに人間だけが忽然と姿を消していく。まるでそこに元々何もなかったかのように、痕跡を残すことなく消え去っていく。

あまりに静かなその異常に、人々が気付くことは容易ではなかった。あるいは気づいた時点で遅かった。目の前で人が音もなくいなくなったのならば、次はその目撃者の番だったから。逃げるも虚しく、すぐいなくなってしまうのなら、逃げたって仕方ない。

財団が認識したのは異常が発生したその日うちのことだったが、いささか遅かったようだ。人々が消える「範囲」を財団は最初に見出した。東京を中心とした円形の「範囲」、しかしかなりの速度でそれは拡大している。人々の消える周期も目に見えて短縮されている。じきに東京の収容サイトも「範囲」に飲み込まれるだろう。原因を特定するだけの余裕が現地の職員にはなかった。すぐさま退避命令が発動されたが、やがて誰からの応答も得られなくなった。

被害は異様な速度を持って広がっていた。異常発生から2日目にして、日本の土地から人間は消滅した。続いて周辺国で人体消滅が報告されたかと思うと、5日目にして日本を中心とした地球の半分から人間が消失した。残された人々は自らの番を待つことしかできなかった。「範囲」の拡大は留まるところを知らなかった。やがて残された財団職員が「人々が消滅するほど範囲の拡大速度も大きくなっている」ことに気付いたが、気付いたところでどうしようもなかった。

「範囲」はさながら重力を増すように、その拡大と消失周期を速め続け、人々の逃げ場をなくしていった。

そして7日目にして、地球と月からヒトは呆気なく絶滅した。もう誰も名前を知らない惑星だけが、残された生命を携えて漂っていた。

そんな惑星のとある部屋に、かつていたものたちの名前がひっそりと確かに記録されていた。しかしそれを誰が知っているというのだろうか。

意味もなく刻まれたエピタフは碧く豊かな星に抱かれ、誰に読まれることもなく静かに眠っている。


記事ここまで



ERROR

The Fennecist's portal does not exist.


エラー: Fennecistのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3705485 ( 31 May 2018 15:13 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License