tale-cn"よくある話"(老一套)翻訳下書き

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

翻訳元記事

Yarg: 何が見える?1

Kcid: ああ、真ん中で折られた銃のようなものに、漢方薬に、バネに、財団勲章のバッジ、内向きの矢印が3本付いている。記録するときの板みたいな——何て呼ぶんだっけ。上に字が書いてあるけどよく見えない、誰かのサインもある。

Yarg: 下に何か字は見えないか。

Kcid:イラスト内の財団勲章はSunnyClockwork氏がデザインしました」だ。

Yarg: うむ、よろしい。

「こんなの何でやんのさ?」Kcidが頭を掻きながら質問する。

「感動モノでやるべきだな。エモーショナルな物語が必要だ。」Yargは言う。

「そうじゃなくて、何故こんなお芝居をしないといけないんだよ?」

「優勝か上位を勝ち取らねばならないからな。Kcid、でなければ悲劇の物語を更に沢山の者が書いて、他の財団職員が死ぬかもしれない。これは見るからに死人が出そうな雰囲気だ。彼らは間違いなく、例によって机の前で長いこと独り言を言って、そして財団勲章を授けて、弔辞を述べて、終わりにするだろうさ。誰が死んだのか知ることも叶わないかもな。これで解ったか?」

「流石だな。それで、俺らはこれからどうすりゃあいい?」

「ああ、まず私が机の前に座り、それから君を追憶する。」

「どこの馬鹿が糸引いてる?高層物語の奴に見せたいんなら、なんだってこんなに無駄話をしないといかんのさ?自分らの話がそいつに全てお見通しだったら、こっちの芝居がバレてしまわないか?」

「それも一種の表現形式といえる。」


「必要な漢方、は煎じるのが面倒だったから代わりにコーヒー持ってきた。それとダメになった拳銃の模型とバネ。財団勲章は申請が通らなかったから、うちの娘の学校のバッジを持ってきた。あと字の書ける板、何なのかやっぱり分からんが。」

「これで全部かな。」

「あー、それから背景の黒い板だ、ちょい待ち。」


「よし、始めようか。」

Yargは深く息を吸い、軽く咳払いをした。そしてたまらず笑みがこぼれた。

「おや、これはなんてものを、困るじゃないか。」

Yargは手中のバネを握りしめて笑みを浮かべる。彼は自分を落ち着かせようとしたが、実に困惑していた。

「お困りごとでも?」

「見たくないだろうね、これは本当に——フフッ、ダメだ。行った行った。」

「はいはい。」


Yargは深く息を吸い、軽く咳払いをした。今回は語りを始める。


机の上のコーヒーは冷たい光を散らす。Yargは口をつけることもなかった。親友のKcidが死んだ悲しみを拭えていないからだ。机の上の財団勲章を目にして、額に皺を寄せる。

「あぁ。」

言いたいことは沢山あったが、彼はとうとう一言も口に出せなかった。実のところ、Kcidは兄弟みたいなもので、財団などという場所で出会えた最高の友達で、収容違反の時にはあいつの為にどんな犠牲だって払えた。だが今回、あいつは永遠にいなくなった。

彼は嘆き惜しんだ。

682を収容する際にあいつは死んだ、そうレポートには書かれている。勇敢に死んで、05の直筆署名もある。

これはあいつの銃、SCP-682に容赦なく砕かれた。あいつは英雄だ。戦闘中だって家の中でだってそうだ、少なくともクリスマスの前には……


「これはいけない。アホ臭いし、気まずいし、我慢ならない。」

Yargは立ち上がり、身の高ぶりを抑えた後でドアを開く。外で携帯をいじるKcidが目に入る。

「これはどこのどいつが書いた原稿だ?」

「うちの娘が書いた、中々のもんだろ。」

「実にすごかったとも。娘にはどこぞのトカゲを理解させるんじゃなくてアニメを見せるべきだな。SCPは幻想文学であって現実でないと説明しに帰ってもらいたいものだ。」Yargはポケットから携帯を取り出して電話をかけた。

「もしもーし。あっ、邪魔して悪いね。それはそうと感動ものの短編を書いてよ、オリジナルの、すぐにね。」

電話を切る。

「何だと、別の奴に書かせるのか?」Kcidが顔を上げて尋ねる。

「ああ、君の娘が書いたのは堅苦しすぎる、評価はされるが伸びない。専門の財団作家は探した、ついでに演者も探さなくてはな。」

「演者?演繹部門のか?何すんだよ?」

「何って、当然、読み合わせはあっちでするわけだ。私が出なくてもいいだろ?」

「マジで経験ある奴は見つけらんないの?ブライトみたいなさ。こういう主役を張るのは親が両方死んだ孤児みたいので相場が決まってる。」Kcidは喋り終えると密かに笑った。

「ブライトの野郎はアメリカだ。」

「あー、そうだな。孤児ならこっちにだっている。」

「財団に悲劇がそんなに多いと本当に思ってるのか?私達は上に見せる仕事をしてるが、そんな頻度では財団はとっくに終わってる。」

「はいはい、そりゃ本当だか。」

「私はコーヒーを飲んだ、君はもう一杯注いでくるんだ。カップを空にしないようにね。空じゃあどうにも困る、ムードがない。」


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The dhueguang's portal does not exist.


エラー: dhueguangのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3704020 (25 Jun 2018 15:07)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License