財団職員代表大会拡大会議概要
/*
    Paperstack Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
      Inkblot Theme by Croquembouche
      Word Processor Theme by stormbreath
      Modern Theme by Azamo
      Simple Yonder Theme by EstrellaYoshte
 
     Edited by ukwhatn for SCP-JP
*/
 
/* Japanese Font */
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Noto+Sans+JP:wght@300;700&display=swap');
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Sawarabi+Gothic&display=swap');
/* English Font */
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Josefin+Sans:wght@700&display=swap');
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Oxygen&display=swap');
@import url(https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code&display=swap);
 
#page-content {
    font-size: 0.87rem;
}
 
body {
    font-family: "Noto Sans JP", "Oxygen", sans-serif;
}
 
body {
    color: black;
    background-image: linear-gradient(
            to bottom,
            #EFEFEF, #EFEFEF 276px,
            #D3D3D3 276px, #ffffff 282px,
            #ffffff 282px, #ffffff 100%
    );
    background-repeat: no-repeat;
}
 
#main-content {
    top: -1.6rem;
    padding: 0.2em;
}
 
.page-source, .code pre, .code p, .code, tt {
    font-family: "Fira Code", monospace;
}
 
/* ---- HEADER ---- */
 
div#container-wrap {
    background-image: none;
}
 
div#header {
    background-image: none;
}
 
#header h1, #header h2 {
    margin-left: 0;
    float: none;
    text-align: center;
}
 
/* Move the subtitle down a smidge */
#header h2 {
    margin-top: 0.45rem;
}
 
/* Hide the existing text */
#header h1 span, #header h2 span {
    font-size: 0;
    display: none;
}
 
/* Style the new text */
#header h1 a::before, #header h2::before {
    color: #333333;
    font-family: "Josefin Sans", sans-serif;
    text-shadow: none;
}
 
/* Set the new text's content from variable */
#header h1 a::before {
    content: var(--header-title, "SCP FOUNDATION");
    font-weight: 300;
    font-size: 1.3em;
}
 
#header h2::before {
    content: var(--header-subtitle, "SECURE - CONTAIN - PROTECT");
    font-weight: 600;
    font-size: 1.22em;
}
 
#login-status,
#login-status a {
    color: #333333;
}
 
#page-title {
    display: none;
}
 
#footer, #footer a {
    background: transparent;
    color: #333333;
}
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus,
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: none;
    background: #333333;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0px;
    color: #efefef;
}
 
#search-top-box input.empty {
    color: #999999;
}
 
#search-top-box {
    top: 2.3rem !important;
    right: 8px;
}
 
/* ---- TOP BAR ---- */
 
#top-bar {
    display: flex;
    justify-content: center;
    right: 0;
    top: 7.9rem;
}
 
#top-bar, #top-bar a {
    color: #333333;
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
#side-bar .side-block {
    border: transparent;
    border-radius: 0;
    box-shadow: 0px 0px 7px #999999;
    background: #ffffff;
}
 
#side-bar .side-block.media > * {
    display: flex;
    justify-content: space-evenly;
}
 
#top-bar div.open-menu a {
    border-radius: 0;
    box-shadow: 0px 1px 4px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2), 0px 3px 10px 0 rgba(0, 0, 0, 0.19);
    border: 1px white;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
 
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
 
    #side-bar {
        background-color: #fff;
    }
 
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: 3px 0 1px -2px rgba(0, 0, 0, 0.04), 1px 0 5px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2);
    }
 
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
        opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0, 0, 0, 0.3);
        background-position: 19em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 19em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
 
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
 
    #side-bar {
        top: 0;
    }
 
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
 
    #search-top-box {
        top: 107px;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
/* ---- YUI TAB BASE ---- */
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    background-color: inherit;
    background-image: inherit
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover, .yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: inherit;
    text-decoration: inherit
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover {
    color: inherit;
    background: inherit
}
 
.yui-navset .yui-nav, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    border-color: inherit
}
 
.yui-navset li {
    line-height: inherit
}
 
/* ---- YUI TAB CUSTOMIZATION ----*/
 
.yui-navset .yui-nav,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav {
    display: flex;
    flex-wrap: wrap;
    width: calc(100% - .125rem);
    margin: 0 auto;
    border-color: #333333;
    box-shadow: none;
}
 
.yui-navset .yui-nav a, /* ---- Link Modifier ---- */
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
    color: #333333;
    /* ---- Tab Background Colour | [UNSELECTED] ---- */
    background-color: #efefef;
    border: unset;
    box-shadow: none;
    box-shadow: none;
}
 
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    color: #ffffff;
    /* ---- Tab Background Colour | [HOVER] ---- */
    background-color: #333333;
}
 
.yui-navset .yui-nav li, /* ---- Listitem Modifier ---- */
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav li {
    position: relative;
    display: flex;
    flex-grow: 2;
    max-width: 100%;
    margin: 0;
    padding: 0;
    color: #ffffff;
    background-color: #ffffff;
    border-color: transparent;
    box-shadow: none;
}
 
.yui-navset .yui-nav li a,
.yui-navset-top .yui-nav li a,
.yui-navset-bottom .yui-nav li a {
    display: flex;
    align-items: center;
    justify-content: center;
    width: 100%;
}
 
.yui-navset .yui-nav li em {
    border: unset;
}
 
.yui-navset .yui-nav a em,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a em {
    padding: .35em .75em;
 
    text-overflow: ellipsis;
    overflow: hidden;
    white-space: nowrap;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected, /* ---- Selection Modifier ---- */
.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav .selected {
    flex-grow: 2;
    margin: 0;
    padding: 0;
    /* ---- Tab Background Colour | [SELECTED] ---- */
    background-color: #333333;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a,
.yui-navset .yui-nav .selected a em {
    border: none;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a {
    width: 100%;
    color: #ffffff;
}
 
.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
.yui-navset .yui-nav .selected a:active {
    color: #ffffff;
    background-color: #333333;
}
 
.yui-navset .yui-content {
    background-color: #ffffff;
    box-shadow: 0px 0px 4px #999999;
}
 
.yui-navset .yui-content,
.yui-navset .yui-navset-top .yui-content {
    padding: .5em;
    border: none;
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
body {
    --barColour: #333333;
}
 
.info-container .collapsible-block-content {
    padding: 0 .5em 30px;
}
 
.info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate {
    margin: unset;
    margin-bottom: 4px;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #ffffff;
    border: solid 1px #ffffff;
    box-shadow: 0px 0px 7px #999999;
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
    border: none;
    color: #333333;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
    background: #333333;
    color: #ffffff;
}
 
.rate-box-with-credit-button .cancel {
    border: solid 1px #ffffff;
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
    box-shadow: 0px 0px 7px #999999;
    margin: unset;
    margin-bottom: 4px;
    border-radius: 0;
    font-family: "Oxygen", sans-serif;
}
 
div.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: #ffffff;
    color: #333333 !important;
    border: solid 1px #ffffff;
    border-radius: 0;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: #ffffff;
    border-top: solid 1px #ffffff;
    border-bottom: solid 1px #ffffff;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: #333333;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: #333333;
    color: #ffffff;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: #ffffff;
    border: solid 1px #ffffff;
    border-radius: 0;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #333333;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #333333;
    color: #ffffff;
    border-radius: 0;
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: #333333;
    font-family:  "Sawarabi Gothic", "Josefin Sans", sans-serif;
    font-weight: bold;
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
    background-color: #F8F8F8;
    border: solid 1px #F8F8F8;
    box-shadow: 0px 0px 4px #999999;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 8px #ffffff;
    box-shadow: 0px 0px 5px #999999;
    box-sizing: border-box;
}
 
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background-color: #ffffff;
    border-top: solid 4px #ffffff;
    color: black;
}
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px #999999;
    background-color: #efefef;
    /* set border for table title */
}
 
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px #999999;
    /* set border for table content */
}
 
/*-- tags --*/
 
#main-content .page-tags span {
    max-width: 100%;
}
 
#main-content .page-tags a {
    height: 0.9rem;
    line-height: 0.9rem;
    font-size: 0.76rem;
    background-color: #FDFDFD;
    border-radius: 0.6rem 0.12rem;
    margin: .25rem .2rem;
    .5rem .2rem;
    padding: 0.2rem 0.42rem 0.25rem 0.46rem;
    box-shadow: 0.6px 0.6px 1.9px 0.8px rgba(0, 0, 0, 0.27);
}
 
#main-content .page-tags a:before {
    content: "•";
    font-size: 1.1rem;
    float: left;
    position: relative;
    top: -0.19rem;
    left: -0.24rem;
    color: #ffffff;
    background-color: #B8B8B8;
    color: transparent;
    text-shadow: 1px 1px 0.7px rgba(255, 255, 255, 0.82);
    -webkit-background-clip: text;
    -moz-background-clip: text;
    background-clip: text;
}
 
/* ---- CUSTOM SYNTAX ---- */
 
.header-container {
    display: flex;
    justify-content: flex-end;
    align-items: center;
    flex-wrap: wrap;
    position: relative;
    justify-content: space-around;
    align-content: space-between;
    width: 100%;
    left: 0;
    align-items: flex-start;
    row-gap: 2px;
}
 
.text-item {
    flex-grow: 1;
    max-width: 25%;
    text-align: center;
}
 
.grid-item {
    flex-grow: 1;
    min-width: 25%;
    text-align: center;
    margin: 8px 6px;
}
 
@media (max-width: 1200px) {
    .grid-item {
        min-width: 50%;
    }
}
 
.logo {
    position: absolute;
    width: 180px;
    top: -154px;
    left: -17em;
    z-index: -1;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    .logo {
        width: 36%;
        top: -9.7em;
        left: 32%;
    }
}
 
.textbox {
    position: absolute;
    width: 42%;
    top: 7.5rem;
}
 
@media (max-width: 960px) and (min-width: 767px), (max-width: 666px) {
    .textbox {
        position: relative;
        width: 100%;
        top: 0;
    }
}
 
/* CreditModule対応 by ukwhatn */
.creditRate.creditModule .creditButton {
    background-color: white;
    border: unset;
    border-radius: 0px;
    margin-left: 5px;
    height: 100%;
}
 
.creditRate.creditModule .creditButton a {
    height: 100%;
    line-height: 20px;
}
評価: 0+x

財団職員代表大会拡大会議概要
基金会职工代表大会扩大会议摘要



アイテム番号: CN-2204
レベル-
収容クラス:
-
副次クラス:
-
撹乱クラス:
-
リスククラス:
-

特別収容プロトコル: SCP-CN-2204現象の存在が証明されると、アーロン・シーゲルは『火遊びは己を灼く: 選ばれざる道』という題名の公開演説を行った後で監督者の職を退き再度失踪しました。その後、各国にある財団支部の001提言ベリーマン=ラングフォード・視覚的抹殺触媒ミームが無効化し、全文書のクリアランス認証モジュールはロックされました。2021年初頭、SCP財団職員代表大会拡大会議が中華人民共和国のサイト-CN-21で開催されました。大会はO5-9の『路は漫漫として其れ修遠なり、吾将に上下して求索せんとす。歩み続けるは我等が唯一の正しき選択なり』重要講話に従い、「Secure Contain Protect確保 収容 保護」の趣旨とベールが捲られて以降の「Safety Continues in Public公共にて安全は保たれる」の理念が改めて表明されました。現在、SCP-CN-2204問題が現れた背景の下に財団にとって最も差し迫った任務はANSG-001方程式のシミュレーション演算の持続を中心とした異常の本質に関する研究の推進であると提起され、世界規模の超常組織連合体の設立が提案されました。SCP-CN-2204自身に対する関連した任務は、数学解析部門と空想科学部門が主に担当します。
特殊收容措施:在证实SCP-CN-2204现象存在后,Aaron Siegel发表题为《玩火自焚:未选择的路》的公开演讲后辞去监督者的职务并再度失踪。此后各国基金会分部001提案BERRYMAN-LANGFORD视觉触杀模因失效、所有文档权限认证模块被关闭。2021年初,SCP基金会职工代表大会扩大会议于中华人民共和国Site-CN-21召开。大会以O5-9《路漫漫其修远兮 吾将上下而求索 走下去是我们惟一正确的选择》重要讲话为指导,重申“控制 收容 保护”之宗旨与曝光后“安全 持续 公众”的理念,提出当前在SCP-CN-2204问题出现的大背景下基金会最紧迫的任务为推进以对ANSG-001方程式的持续推演运算为中心的关于异常本质的研究并提议建立全球异常组织联合体。对于SCP-CN-2204项目本身的相关工作,主要由数学分析部与超形上学部负责。

SCP-CN-2204が反映する高度な形而上的特性に基づき、初めに以下のプランが制定されました。
根据SCP-CN-2204反映出的高度的形而上特性,初步拟定如下方案:

  • 数学解析部門、空想科学部門のレベル3以上の職員にはANSG-001方程式のより詳細なデータが開放される。ANSG-001方程式に対する演算解析の任務は2種類に分けられ、2部門で釣り合うよう分配される。1、ナンバリング済の異常オブジェクトが元の個数で基本的数学モデルを形成しているか検証し、不可能構造や一致度が60%を下回る状況が生じた場合、直ちに関連サイトへ報告を送り、関係のある職員は当該オブジェクトに対して全面的テストと歴史の調査を行わなければならない。2、新たな推算活動の展開を継続するとともに、演算補助のために“明けの明星”プローブアレイが手配され、演算とシンクロして発生する物語変動現象に常時注意し、各SCP-CN-2204センシティブポイントの位置をマークする。
  • 向数学分析部、超形上学部3级以上人员进一步开放ANSG-001方程式的详细数据。对于ANSG-001方程式的演算分析工作可分为两类,二部门内部自行协调人员的分配:一,验证已编号异常项目是否可在原有数组中形成基本数学模型,若出现无法构型或契合度低于60%的情形,立即发送报告至相关站点,有关人员应对该项目进行全面测试并调查其历史;二,持续开展新的推算工作,并部署“明亮之星”探针阵列对演算加以辅助,时刻关注与运算同步发生的叙事波动现象,标记各个SCP-CN-2204敏感点的位置。
  • 完備された全世界異常オブジェクト同期監視ネットワークを確立し、各SCP-CN-2204センシティブポイントを防衛するための職員を科学的に割り当てる。センシティブポイント付近に出現する観測記録に一致する現象は第一に担当の研究グループに報告しなければならず、機動部隊は導き出された構造と一致する異常実体や物品を発見するために直ちに周辺区域を捜索する。センシティブポイントのマーク後、6ヶ月以上物語変動が一切生じなかった場合は、無力化したとみなし、防衛職員はすぐに撤退し他のオブジェクトに割り当てられる。空想科学部門は当ポイントの監視を12ヶ月後まで継続する。
  • 建立健全完备的全球异常项目同步监控网络,科学调配人员以驻守各个SCP-CN-2204敏感点。敏感点附近出现的任何符合观测记录的现象应第一时间上报负责的研究团队,机动特遣队将被指示立即对周边地段进行搜寻以查找符合已推导出构型的异常实体或物品。若一敏感点被标记后连续6个月以上不再出现任何叙事波动现象,可视作无效化,驻守人员即可撤离并分配至其他项目,超形上学部对该点的监控将持续至12个月后。

アーロン・シーゲル『火遊びは己を灼く: 選ばれざる道』(抜粋):
Aaron Siegel《玩火自焚:未选择的路》(选段):

あのとき砂利道を踏んだ体験を私はまだ覚えている。我々の心の中には元々勇壮で美しい絵巻があった。それは信仰で、希望で、我们心目中本来有一幅壮美的画卷,那是一种信仰,一种要求,我已经做好准备去做一番事业,准备去受苦牺牲。我对自己期望很高,只做伟大的事,私は傑出した物理学者や数学者になれた。この道が私に指し示すことを使って富を築くこともできた。どこかの指導者の一級顧問になることも、そのまま何処かの国の指導者になることもできた。しかし、実際にはこの精巧な方程式にほんの僅かな操作を行うことしか許されず、危険すらもたらしえて、、可是,实际就只能允许我对这精巧的方程搞些微不足道的动作,甚至产生了危险,即便是这样也已经够难的了。有一段时间,組織が誕生したばかりの頃、私は絶望した。長らく己を恨んだ。研究が正しい道を歩んでいるものだとずっと信じていたにも拘わらず、数字から浮かんだものは私の素晴らしい理想を弄んだ。思うに、おそらくは私の理想はあまりにも愚かで、理想自体も脇道に逸れたのだろう。私はそうした研究を子細に検査した——あの頃、財団は既に世界規模のもので、各部門の業務とテストを観察して、私の理想が正しいものだとようやく解った。他のどんな法螺吹いた理想より何千倍何万倍も正しかった。間違っていたのは研究、そしてこの現実だ。
我还记得当年踏上这条路时的感受。我们心目中本来有一幅壮美的画卷,那是一种信仰,一种要求,我已经做好准备去做一番事业,准备去受苦牺牲。我对自己期望很高,只做伟大的事,我可以做一个卓有成就的物理学家或数学家,可以利用这小路指给我看的东西发家致富,可以当某个领导者的一级顾问或是直接成为什么国家的领导。可是,实际就只能允许我对这精巧的方程搞些微不足道的动作,甚至产生了危险,即便是这样也已经够难的了。有一段时间,就是组织刚刚成立的时候,我一度很绝望,很长时间都在埋怨自己,尽管我始终相信研究肯定会走上正轨,但是如果那些似乎是从数字中蹦出来的东西嘲弄了我那美好的理想,我想,大概是我的理想太过愚蠢而且理想本身入了歧途。我仔细检视了这所谓的研究——那时基金会已经有世界级的规模了,观察各个部门的工作与测试,我才知道我的理想是对的,比其他什么假大空的理想都对千倍万倍。错的是研究,是这现实。

……

空想科学部門、結局彼らはそれを一番理解していた。それこそが、私がこの手の仕事に関心を持ち、そして彼らの画策した作戦に全面的に協力する理由だ。彼らはこの世界の秘密を垣間見た者であり、造物主の兄弟である。そこで口実をつけて彼らにあの方程式を見せると彼らは驚き、「これは天の扉の間隙で、上層物語より射す光だ、アーロンよ何処を見ている、この数字の美しく穏やかなるや」といった——私は以前、私たち自身の演算があれら怪物を生み出したと考えていた。増えゆくまやかしに私は疑念を抱かざるを得なくなり、物語の概念が出されると全てが不確かなものとなった。私たちの暮らしは私たちの両手で創られるとずっと信じてきた。私たちが自らの運命の支配者だと信じてきた。神よ、ネガティブな厭世的言論を撒く気はないが、マンがそうであった通り、何もかも私たちの手中にはなく、過去に一度としてなかった。私たちの造物主は私たちをこの果てしない道におびき寄せた。どれほど遠くまで歩いたかも私たちは知らない。我是多么怀念当年平淡的生活但不得不继续前行,没有什么人为我们指引方向或是在最艰难的时候予以勉励,我们惟一的动力只是乡愁。
超形上学部,他们毕竟是最了解这些的。这就是为什么我这么关注这方面的工作,并且尽力支持他们策划的每一项行动。他们是窥见这世界的秘密的人,是造物者的兄弟。于是我找了个借口把那方程式展示给了他们,他们很震惊,说这是天门的缝隙,来自上层叙事的光芒四射,Aaron看哪,这些数字美丽而平和——我过去以为是我们自己的运算衍生了那些怪物,后来越来越多的玄虚之物令我不免产生怀疑,到了叙事的概念提出就彻底动摇了。我原来一直相信我们的生活由我们的双手创造,相信我们才是自己命运的主宰,天哪,我不想散布什么消极厌世的言论,可是Mann是对的,这一切都不在我们的掌控之中,从来不是。我们的造主把我们引诱上了这条无尽的路,我们也不知道已经走了多远,我是多么怀念当年平淡的生活但不得不继续前行,没有什么人为我们指引方向或是在最艰难的时候予以勉励,我们惟一的动力只是乡愁。

総合実験部門によるSCP-CN-2204のアノマリー分類に対する提案(抜粋):
综合实验部门对SCP-CN-2204异常分类的提议(选段):

現在推進しているACSアノマリー分類システムは、財団のモットーと初心に基づき、多様な文化に結びつけ、多方面の性質のカバーを兼ね備えた分類システムです。その中の“収容クラス”は“収容”に対応し、“撹乱クラス”は“収容”に対応し、“リスククラス”は保護に対応し、“副次クラス”は異常性を示しています。詳細な情報はここでは説明しません。
现推行的ACS异常分类系统,是基于基金会的宗旨与初心、结合多元文化、涵盖多方面特性的较完备的分类系统。其中“收容等级”对应“收容”,“扰动等级”对应“控制”,“风险等级”对应“保护”,“次要分级”凸显异常特性。详细信息在此不作介绍了。

SCP-CN-2204の発見から証明され今に至るまでのアノマリー分類の修正を振り返ると、現行の基準下では分類を正確に行うことが確かに困難であると分かるでしょう。SCP-CN-2204の収容クラスはKETERからSAFE、そしてEUCLIDに改められ、擾乱クラスはKENEQからEKHI、そしてAMIDAに……ある意味では、これは我々が研究に励み異常性の全貌をより理解していった結果で、別の意味では、分類システムに我々が縛り付けられた結果です。現在、SCP-CN-2204の前に重なるヴェールは完全には開かれていないものの、調査研究が進むにつれてその影響が我々の想像を超えたものだと気づき、同時に、SCP-CN-2204に対する認識が、実際には我々のいる異常に塗れた世界の認識を深めました。SCP-CN-2204現象の発見は財団が戦略的好機にあることを示しました。巨大な挑戦と無限の可能性に際して、財団とその他同業組織の同志は必ずや臆せず変革し、臆せず探求し、永久に膠着することなく、永久に停滞することなく、共にこの困難を乗り切ることでしょう。
回顾SCP-CN-2204从发现到证实再到现如今的异常分类的修改,我们会发现我们在现行标准下确实很难对其作出准确分类。SCP-CN-2204的收容等级从KETER改到SAFE改到EUCLID,扰动等级从KENEQ改到EKHI改到AMIDA……从某种意义上来说,这是我们努力探究、对异常性质有了越来越全面的了解的结果,从另一方面来说,又是分类系统对我们的束缚的结果。当前,SCP-CN-2204面前的重重帷幕尚未完全揭开,而随着调查研究的深入,我们又发现它的影响远比我们想象的大得多,同时,对于SCP-CN-2204的认识,其实也是对我们这个遍布异常的世界的认识的加深。SCP-CN-2204现象的发现表明基金会已处于重要的战略机遇期,面临着巨大的挑战和无限的可能性,基金会和其他同行组织的同志一定要勇于变革、勇于求索、永不僵化、永不滞后,共同度过这个难关。

SCP-CN-2204には如何なるアノマリー分類も課さないこと、及びACSの改革を総合実験部門はここに提案します。皆様の良い返答をお待ちします。
综合实验部门在此提出对于SCP-CN-2204不加以任何异常分类与ACS系统改革的提议,望大家接受。

説明: SCP-CN-2204は予見されたアノマリー/イベントの出現/発生が遅れる、もしくは二度と出現/発生しない現象を指します。これには新たな異常オブジェクト、収容成功イベント、既知の異常活動により引き起こされる各種シナリオなどが含まれます。通常これらの異常オブジェクト/イベントは要注意人物の発言、他のオブジェクトの実験(言語能力を持つ異常オブジェクトのインタビュー)、各種古書や他の著作、ANSG-001方程式数学モデルなどの中で出現/発生すると認められており、SCP-2747との類似度は陰性と確認されています。従って、“証明”もしくは“予見”されたアノマリー/イベントが延期し、そのまま二度と出現/発生しないことには理由が一切ないようであるとみられます。こうした極度の不確定性は収容プロトコルの制定と人員の配置は極めて困難なものにしています。
描述:SCP-CN-2204是指已预见异常/事件延迟出现/发生或不再出现/发生的的现象,包括新的异常项目、收容实效事件、由已知异常活动引发的各级情景等。这些异常项目/事件通常已在相关人员的言语、其他异常项目的测试(有语言能力的异常项目的访谈)、各式古籍或更多著作、ANSG-001方程式数学模型等中被认定为即将被发现/发生的,且已确认其SCP-2747辨识度为阴性。因此,这些可视作被“证实”或“预见”的异常项目/事件的延迟与直接不再出现/发生似乎是毫无理由的,这种极大的不确定性为收容措施的制定与人员的部署带来了极大困难。

SCP-CN-2204はナンバリングされたアノマリーの実験にも影響しています。SCP-CN-2204の影響が引き起こす延期と関連アノマリー/イベントの欠落により、財団上層部は相互に矛盾した文書、指令を大量に公布し、人員管理で食い違いが起こり、評価不能な損失と全世界収容ネットワークの崩壊、及びADK-クラス“アノマリー全面的不安定”シナリオをもたらしました。
SCP-CN-2204也影响着已编号异常的有关测试。由于SCP-CN-2204影响造成的延迟与有关异常项目/事件的缺失,基金会高层已发布大量相互矛盾的文件与指令、人员调度产生冲突,致使了不可估量的损失与数次全球收容网络的崩溃及ADK级“异常全面失稳”情景。

各種ルート及びANSG-001方程式の論証から得られる、発生が延期した、即ちSCP-CN-2204の影響を受けたアノマリー/イベントに関係のある地理的位置は“SCP-CN-2204有感点”と呼ばれます。有感点を中心とする200mの範囲は監視エリアとされます。通常の場合、有感点が出現して1ヶ月以内に周辺区域では比較的強烈な物語的変動が発生します。その後物語的変動の発生頻度は大幅に低下し始め、やや低確率で約6ヶ月後に短期的な波動が再び出現します。その後も関連アノマリーや大規模イベントの発生が起きなかった場合、常時物語的変動が発生し、アノマリーの出現/イベントの発生するごく微少な可能性が存在し続けます。
根据各种渠道及由ANSG-001方程式推导而得出的与已发生延迟即已受到SCP-CN-2204影响的异常项目/事件有关的地理位置被称为“SCP-CN-2204敏感点”,以敏感点为中心的200m范围为监控区域。通常情况下,在敏感点出现后的一个月内,周边区域常发生较剧烈的叙事波动,此后叙事波动的发生频率开始大幅度下降,有较小几率在6个月左右的时间后再度出现强的短期波动,若之后依旧未出现相关异常项目或无大型事件发生,仍然存在于任何时间发生叙事波动且异常项目出现/事件发生的极微小可能性。

機動部隊ニュー-7("下される鉄槌")隊長ベンジャミン・ジメネス少将の発言(抜粋):
MTF-Nu-7“落锤”队长Benjamin Jimenez少将的发言(选段):

一昨年、XK-610-Omega“血肉戦争”イベントに対応するために、財団、世界オカルト連合、境界線イニシアチブと壊れた神の教会は3派閥間で偉大なる協力を果たして、コンセンサスを達成。そしてアンニュイ・プロトコルを実行し、連合部隊を設立し、SCP-2217防御線を配置した。これは歴史に一筆記すべきことだ。あの年の12月30日の晩のことを覚えている。私たちは夜も寝ずに緊張しながら戦いに備えていた。私とチェレスタ氏、ブマロ氏は共に司令基地の屋上に上り、暗視装置で海面を見渡しつつ、最後の数分の雑談をし、敵がどういう形で我々の目の前に現れるか推測していた。0時を回り、ブマロ氏が遠くに沸き立つ巨大な波を指さし、「兵士が出て来られる」と言った。司令部に急いで駆け戻り、トランシーバーに怒鳴りつけた。だが銃を構えて一分の隙も見せずに待つ若いのと共に、あの波が岩礁にぶつかり水しぶきへと砕けるのを目にした——強風が立てたごくごく普通の大波に過ぎなかったのだ。31日の夕陽が沈むまで、2020年の初日の出まで、あのしんとした海面を固唾を吞んで見つめていた。状況はおよそこういったところだ。私たちは2月近くまでずっと心中怯えながら駐屯し、何も起こらなかった。それからは皆が知っての通り新型コロナウイルスが感染爆発し、ギリシャの蔓延状況が深刻になったため、私たちも撤退した。
前年,为了应对XK-610-Omega“血肉之战”事件,基金会、全球超自然联盟、地平线倡议和破碎之神教会三个教派之间进行了伟大的合作,达成共识,实行忽怠协议,建立联合部队,部署SCP-2217防线,这是值得载入史册的一笔。我还记得那年12月30日的晚上,我们所有人都彻夜未眠紧张备战,我和Celesta先生、Bumaro先生一同登上指挥所的顶部平台,用夜视仪眺望那海面,一边还在做最后几分钟的闲聊,猜测敌人会以什么样的形式出现在我们面前。0点过了,Bumaro先生指向远处涌起的一处巨大洪波,说可以让士兵们出来了,我们飞速奔回指挥中心,对着对讲机大喊了一番。而我们却和那些端起枪严阵以待的小伙子们一样眼看着那浪潮扑到礁石上碎成大片水花——那只是大风催成的再普通不过的大浪而已。直到31日的夕阳落下,直到2020新年的朝阳升起,我们都还在紧紧地盯着那一片平静的海面。情况大概就是这样:我们一直提心吊胆地驻守到将近2月,什么事也没发生。后来大家也知道新冠病毒爆发了,希腊的疫情严重了,我们也撤走了。

私たちはSCP-2217とSCP-610に強い注意を払っていて、潮の満ち引きにも気を引き締めさせられる——今日までそうだ、あの本来2019年12月31日に確実に起きるべきXK-610-Omega、いわゆる「血肉戦争」は、依然として発生していない。財団は私の発言を手はずを整えた。SCP-CN-2204現象の良い例かもしれないからな。1年余り経ったが、私たちにはこのイベントがもう起こらないと言うことはできない。影響を受けた事象が、あるのか不確実なのは確かだが、本当にないのかも不確実である。SCP-CN-2204がもたらす最も困ったことは間違いなくこれだ。
我们仍然对SCP-2217和SCP-610保持着高度关注,每一次潮汐都会让我们心头一紧——可是时至今日,那言之凿凿本应该于2019年12月31日发生的XK-610-Omega,所谓之“血肉之战”,依旧没有发生。基金会安排了我的发言,就是因为这或许是再好不过的一个SCP-CN-2204现象的例证。但一年多了,我们还是不敢说这事件不会再发生了,SCP-CN-2204所造成的最大困扰也莫过于此:那些受到影响的,它们确实不一定会有了,但也不一定会真的没有了。

空想科学部門主任ペネロペ・パナギオトポルス博士の発言(抜粋)
超形上学部主管Penelope Panogiotopolous博士的发言(选段)

SCP-CN-2204の研究で、同じほどに重要なことこそがANSG-001方程式だ。私たちはこれを「天つ扉の間隙」と呼びたい。swn-001、即ち“作者”実体について、皆さんは既に知っていますが、物語層の概念に関する詳細な情報も開放された財団データベースで閲覧できます。現行の理論ではswn-01実体が我々の世界を描いていますが、形而上学の観点では、ANSG-001方程式の本質とは物語層の間の“抜け穴”もしくは“間隙”なのです。上層物語の情報はこの“抜け穴”から下層物語へと流れ、この世界では方程式のパラメータの自動変化として反映されるのです。私たちはこれらのデータの整理を行い、数学モデルを立て、私たちの物語層に確かに存在する事物のほとんど全ての情報、そして私たちの物語層に“いずれ”存在する事物の大半の情報を得られました。既存の研究に基づき、私たちは世に平穏有りという考えで元来一致していました。私たちがANSG-001方程式を引き継いでからこの不愉快な考えが一層強くなりました。しかし、有り難い哉swn-001の振る舞いは予知できるものとなり、SCP-CN-2204が現れて以降は、この全ては再び霧の中に隠れたのです。
在SCP-CN-2204的研究工作中,同样重要的便是ANSG-001方程式,我们愿称之为“天门的缝隙”。对于swn001-1即“作者”实体,各位都已经有所了解,详细的关于叙事层概念的信息也可以在已开放的基金会数据库中查看。现行理论是swn001-1实体写就了我们的世界,而在形而上的视角中,ANSG-001方程式的本质是叙事层之间的一个“漏洞”或是“缝隙”,上层叙事的一些信息从这个“漏洞”流向下层叙事,在我们这里的反映便是方程式有关参数的自动变化,我们对这些数据进行整理,建立数学模型,就可以得到一个切实存在于我们的叙事层的东西的几乎所有信息,也可以得到一些“即将”存在于我们的叙事层的东西的大部分信息。基于原有的研究,我们原本一致认为其实世事有常,在我们接手ANSG-001方程式后更是坚定了这番令人不快的想法,但值得高兴的是swn001-1的行动变得可以预知了,SCP-CN-2204出现后,这一切又迷茫起来。

報告を続ける前に、ケイン・パトス・クロウ博士が提起した「物語層は真に突破できるか」の問いにお答えしましょう。今までの活動はいずれもSCP-CN-2204と物語層、そして空想科学が切っても切れない関係にあることを示しています。そのためこの問いの答えはSCP-CN-2204に対する手助けに——此度の会議のメインテーマをより深く知れることになるかもしれません。物語層は真に突破できるか?以前は、「できる」と声を大にして答えましたが、今は否定的な解答しかできません。少なくとも自発的には突破できません。この問いについてはサム・ハウエルの例を挙げましょう。さて、サム・ハウエルは物語層を突破できたでしょうか?私たちにとっては、勿論。かのベンにとっても、同様です。但しdjkaktus、本当の上層物語からすれば、考え過ぎだと私からは言えます。私の考えるところでは、サム・ハウエルがいる位置は“偽上層物語”と称されるべきであり、依然として私たちがいる物語の範疇に属しています。これは即ち、サム・ハウエルは私たちの認識ではとうに超越しているものの、実際にはそうではなく、可能性も断じて無いということです。そしてドン・キホーテが真の下層物語から私たちの下においでになった、これもswn-001実体が操っていたことです。故に「上層物語はより下層の物語を好きなようにでき」、下層物語の土台に“偽物語層”を建てることだって可能で、そして下層物語は上層物語に影響を与えることが微塵たりともできません。これはテーパードスピアがついに使われなかった理由を物語るもので、そしてロンギヌス計画もswn-001が私たちの心を欺いたのです。
在继续报告之前我想先解答一下刚才Kain P. Crow博士提出的“叙事层真的可以突破吗”的问题。先前的所有工作都表明SCP-CN-2204和叙事层、超形上学是脱不了干系的,所以或许这个问题的解答可以有助于我们对SCP-CN-2204——我们此次的主要议题有更多的认识。叙事层真的可以突破吗?以前,回答是响当当的“能”,但是现在我只能给出否定的回答,至少是说不能主动突破。对于这个问题,我们都喜欢举萨姆豪威尔的例子,那么萨姆豪威尔突破叙事层了吗?对我们而言,当然是;对那位Ben而言,也是;但对于djkaktus、真正的上层叙事而言,我只能说,想多了。我认为,萨姆豪威尔所处的位置应该称之为“伪上层叙事”而仍然属于我们这层叙事的范畴,这即是说,萨姆豪威尔在我们的认知中已经超越,但事实上并没有且绝无可能有。而堂吉诃德倒是真的从更下层叙事到了我们身边,可这也是swn001-1实体的操作。所以上层叙事可以任意处置更低层叙事,还可以在某下层叙事的基础上建立“伪叙事层”;而下层叙事全然无法对更高层叙事造成影响。这就是为什么说锥形长矛终不为我们所用、朗基努斯计划也是swn001-1欺骗了我们的感情。

物語層の突破が不可能である以上、いいようにされろということでしょうか?勿論違います。先ほどは「SCP-CN-2204が現れて以降この全ては再び霧の中に隠れた」と言いました——以前の我々は全力を以てアノマリー収容施設の設備と研究のレベルを引き上げ、アノマリーに対して「これで駄目ならもう終わり」まで来ました。そして予定通りに訪れたため、この頃のSCP-CN-2204現象の大規模発生で普遍的に実証され、因为它们都是如期而至,而SCP-CN-2204现象近来大规模发生并得到了普遍的证实,アノマリーが「遅刻」するという泣くことも笑うことも出来ず不安に怯えるしかない事実を告げています。即是在告诉我们异常会“迟到”这么一个令人哭笑不得而只有惴惴不安的事实。SCP-CN-2204、いわゆる予見されたアノマリーの原因不明の遅延や欠失は、我々が今までその本質に触れてこなかったものなのかもしれません。
既然叙事层无法突破,是不是说我们就可以无为了呢?当然不。之前我说SCP-CN-2204出现后这一切又迷茫起来——原先我们可以倾全力提升异常的收容设施硬件水平和提高研究的标准,对于异常可以做到“既来之则安之”,因为它们都是如期而至,而SCP-CN-2204现象近来大规模发生并得到了普遍的证实,即是在告诉我们异常会“迟到”这么一个令人哭笑不得而只有惴惴不安的事实。SCP-CN-2204,所谓已预见异常的不明原因之延迟或缺失,或许我们一直没有触及到它的实质。

ミーム部門主任研究員アダモ・スモールズの発言(抜粋):
模因部主管研究员Adamo Smalls的发言(选段):

研究の進展に伴って、SCP-CN-2204特別研究チームは既存の理論と既存の研究成果から大胆な仮説を提示した。SCP-CN-2204は本物語層の存在ではない、更に言えば、SCP-CN-2204による影響は基層物語に及ぼしているではなく上層物語のswn-001-1実体群に直接作用しているのだ
随着研究的深入,SCP-CN-2204特别研究专组基于原有理论与已有研究成果提出了一个大胆的猜想:是否存在这么一种可能,SCP-CN-2204并不是本层叙事的东西,进一步说,SCP-CN-2204所影响的并不是本层叙事而是直接作用于上层叙事swn001-1实体群体

……

同時に我々はここにSCP-CN-2204-1という、swn-001-1と同じ物語層にいる概念、もしくは実体の存在を仮定する。その異常性はswn-001-1、即ち“作者”実体の物語的連続性、完全性をかき乱し、更に本層物語に影響を及ぼし、本層物語でのSCP-CN-2204現象の発生をもたらすものだ。
同时我们在此假设存在SCP-CN-2204-1,一个和swn001-1处于同一叙事层的概念或实体,其异常效应致使swn001-1即“作者”实体的叙述连续性、完整性被扰乱,进而对本层叙事产生影响,造成发生于本层叙事的SCP-CN-2204现象。

O5-9《路漫漫其修远兮 吾将上下而求索 走下去是我们唯一正确的选择》重要讲话:

尊敬する国際連合事務総長兼世界オカルト連合事務総長D.C. アルフィーネ女史、事務次官チェレスタ女史、
尊敬的联合国秘书长兼全球超自然联盟主管D. C. Al Fine女士、副主管Celesta先生,
尊敬する壊れた神の教会の指導者ロバート・ブマロ氏、聖ヘドウィグ女史、
尊敬的破碎之神教会领导人Robert Bumaro先生、St. Hedwig女士,
尊敬する境界線イニシアチブの指導者に蛇の手の管理人、
尊敬的地平线倡议领导人及蛇之手管理员,
尊敬するワンダーテインメント博士、
尊敬的Wondertainment博士,
尊敬する中華異学会、GRU"P"部局、マナによる慈善財団、イスラム・アーティファクト開発事務局、プロメテウス研究所、異常事件課よりいらした各代表、及びオンラインで此度の会議に参加くださった「何者でもない」代表、
尊敬的来自中华异学会、格鲁乌“P”部门、玛娜慈善基金会、伊斯兰物品回收办公室、普罗米修斯实验室、特异事故处的各位代表及通过远程视频参加此次会议的Nobody代表,
SCP財団監督評議会及び各部門の同僚の皆様、
SCP基金会监督者议会及各部门的同事们,
淑女なる皆様、紳士なる皆様、友なる皆様。
女士们,先生们,朋友们:

路は漫漫として其れ修遠なり、吾将に上下して求索せんとす。同業組織の各代表とここにお会いできて嬉しい限りです。皆でSCP-CN-2204と現実の本質という時代の命題を討議しましょう。これはまだ1回目、最も偉大な第1回です。最後の1回となることはないでしょう。
路漫漫其修远兮,吾将上下而求索。很高兴可以与各同行组织的各位代表可以齐聚于此,同大家一起探讨SCP-CN-2204与现实本质这个时代命题。这么多来自宗旨不同、观念不同的的组织的代表共同坐下来进行友好的交谈,这还是第一次,最最伟大的第一次,也绝不会是最后一次。

元日に幕を閉じたSCP-GOC連盟フォーラムにて、今の世界は極めて不確定な世界であること、我々は未来を目指すこと、その一方でひた走る勇気がないことを余す所なく話し合いました。この異常に塗れた世界が一体どのような状況にあり、我々は何を捨て何を選ぶべきか、これは非超常組織の重要な話題であり、更には我々異常と共にある団体が重視すべき話題です。
元旦期间闭幕的SCP-GOC联合论坛上我们普遍谈到了当今这世界是一个极为不确定的世界,我们昂首未来,却又没有勇气奋力前行。这遍布异常的世界到底是什么情况、我们又该何去何从,这是在非异常团体中的重要话题,更是我们这些与异常为伍的团体应该看重的话题。

この問題への答えは、SCP-CN-2204の実証後に行いたいと思います。先にもっと根本的な問題に白黒つけましょう。人間と我々の言うアノマリーはどのような関係を保つべきでしょうか?この現実は本当に私たちの考えるそれでしょうか?
我认为,要回答这个问题,尤其是在SCP-CN-2204证实之后回答这个问题,就是要先弄清楚一个更基本的问题:人与我们所谓异常应该保持什么关系?这现实真的是我们想的那样吗?

財団を設立した管理者はこう言いました。「人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない。他に我々を守るものはいない、我々自身が立ち上がらなければならないのだ。」と。ここ100年の歴史を振り返ると、私たちはオカルト大戦、地球外文明の一斉侵入に無数のK-クラスシナリオを経験し、喜ばしい発展も得られました。オカルト大戦の災禍の下で人々は皆、戦禍を免れること、正常性が回復することを願いました。先の世紀での科学の進歩は万人の予想を超え、人々は世界を今までよりも理性的に扱い、未知なる事物に対して今までよりも興味を持ちました。私たちも異常を制御する方法を次第に身につけ、数え切れない成果を上げました。財団のヴェールが剥がされても、想像された社会の混乱は起こりませんでした。皆様が最も切に願ったこと、それが陽の光に満ちた世界を共に作り、共に発展することだったのです。
基金会的创始人The Administrator说过,“人类不能再生活在恐惧中。没有东西能保护我们,我们必须保护我们自己。”回首最近百年的历史,我们经历了超自然大战、地外文明的大举入侵和无数K级情景,也取得了可喜的发展。在超自然大战的劫灰下所有人的愿望就是免于兵燹、恢复常态。上个世纪科学的进步出乎所有人的意料,人们看待世界比以往任何时候都理性、对他们未知的事物比以往任何时候都好奇,我们也逐渐掌握了控制异常的方法,取得了不计其数的成果。基金会曝光后,没有想象中的社会动乱,各方最殷切的诉求就是共建一个充满阳光的世界、共同发展。

この100年余りの全人類皆の願い、それはこの世界の全てをより知ることです。この務めは非常に困難であり、まだまだ達成されるものではありません。人類は理念の大革新を行う時期にあります。ミーム、反ミーム、現実改変、空想科学、様々な新しい概念が科学革命に伴って湧きだし、現実の安定化、奇跡論、星間航行などの方面で飛躍的発展を遂げました。同時に、私たちもリスクとチャレンジが日に日に増える時代にあり、武器化した異常オブジェクトは軍隊と相まみえる中で幾度も姿を見せ、現実改変者とヒト型異常生物の人権問題が日に日に目立ち、ED-Kレテ・イベントは解決できず、第7の鎖は今にも壊れんばかりで、各組織間の対立もエスカレートし、今のSCP-CN-2204は私たちを行き詰まらせ、ひたすらに古きを偲び新しきを嘆かせました。
这100多年来全人类的共同愿望,就是对这世界可以有更全面的了解。这项任务是艰巨的,远远没有完成。人类正处于理念大革新的时期,模因、逆模因、本质促动、超形上学,各式各样的全新概念随着科技革命喷涌而出,现实稳定、奇术科技、星际航行等方面取得跨越式的进展。同时,我们也处于一个风险与挑战日益增多的时代,武器化的异常项目在兵戎相见中屡屡亮相,现实扭曲者和人形异常生物的人权问题日益突出,ED-K忘川事件未得解决,第七锁链摇摇欲坠,以及各组织之间的矛盾也在升级,现在的SCP-CN-2204又使我们陷入僵局,一味地开始怀古伤今了。

淑女なる皆様、紳士なる皆様、そして友なる皆様!
女士们,先生们,朋友们!

より広範的に、より客観的に、より理性的にこの世界を見る、それは万人の望みであり、更には我々の世代、超自然や形而上の事物を研究する者が責任を持ち担当するべきことです。我々は“異常”という道を歩みました。歩み続けるは我等が唯一の正しき選択なり。我々SCP財団のプランは、各大型超常組織を核とする、非超常組織を結びつけた大型連合組織を設立し、単純でない収容、乱暴な破壊に盲目な崇拝を解き明かすことを任務とし、現実の本質について探究を行い続けることです。
让我们以更全面、更客观、更理智地看待这个世界,是所有人的期待,更是我们这一代研究超自然与形而上事物的人应有的责任与担当。我们已经走上了“异常”这条路,走下去是我们惟一正确的选择。我们SCP基金会的方案是:建立以各大异常团体为核心、团结非异常团体的大型联合组织,以解明而非简单的收容、粗暴的毁灭或盲目的崇拜异常为工作,持续推进对现实本质的探究

理念の旗下に、着実たれ。
理念引领,实干为要。实现团体的联合,关键在行动。我认为,我们要从平等的关系、统一的战线、协同的发展、包容的宗旨等方面做出努力。坚持对话与协商,建设一个持久和平的世界,持久和平是我们共同求索真理的一个必要条件。

有名な発明家にして物理学者のテスラはかつてこう誓いました。「我々の宇宙を、ちゃんと守る価値のある宇宙にしただろう。」と。今の構造では、異常組織は国家のようなもので、「交流を堅持して、誠意を込めて付き合う」仲間関係を築かなければなりません。大規模超常組織間では。
著名发明家、物理学家特斯拉曾经有过如此誓言:“我会使这个宇宙成为一个值得拯救的宇宙的。”在当今格局下,异常团体就好比国家,应该构建“坚持沟通、真诚相处”的伙伴关系。大型异常团体之间要尊重彼此的行事宗旨和核心利益,防止分歧恶化,努力建设新型关系。如果搞唯我独尊或继续奉行面纱下的保护主义、画地为牢,只会损人不利己、持续纷争、两败俱伤。我们建议联合,就是要使我们这个不可思议的世界变得更加和谐、更加普通、更加可以在各种情况下保持稳定,维护人类的独立自主。

女士们,先生们,朋友们!

公共にて安全は保たれるこそが財団の姿たるべきだとSCP財団は常日頃考えています。多くの人が財団の政策動向に関心を持っています。これは財団が現在最大の超常組織で歴史も長く、国際社会のSCP基金会始终认为,安全、持续、公众才应该是基金会的姿态。很多人也在关心基金会的政策走向,因为基金会还是目前最大的单个异常团体且历史悠久,国际社会的议论也不绝于耳。在这里,我向全体GoI参会代表及基金会职工代表做出明确的下阶段的回答。

第1に、財団が異常と現実の本質を解明するという決意は変わりません。財団は設立時に「異常が完全に理解され、その特性や行為から定まる新たな科学の定理が見つかるまで保護する」と語りました。その後の発展で、この「吾将に上下して求索せんとす」の精神は財団の者の心の深くに刻まれました、どんなミームよりも強く。
第一,基金会解明异常与现实本质的决心不会改变。基金会创立时便有“保护直至异常被完全理解以及出现自它们的特性及行为上制定的新科学定理为止”的阐述。日后的发展,这份“吾将上下而求索”的精神更是刻入了基金会人的内心深处,比任何模因都要强大。

数年前、物語の概念はこの世界に対するこり固まった印象を変えました。。。2017年のオペレーション・オーバーメタはピークとなりました。それからの発展で、空想科学部門は最も重要な部門となり、更なる責任を担いました。真の意味での物語を跨いだ最初のアノマリーであるSCP-CN-2204に関して、始めに我々は“下自ずと蹊を成す”プログラムを制定します。概要は以下の通りです。
数年前,叙事的概念改变了我们对这世界的刻板印象,我们对现实本质的研究也有了大方向,方向决定出路。2017年的超次元行动是一个高潮。接下来的发展中,超形上学部将成为最重要的部门、承担起更重大的责任。对于第一个真正意义上的跨叙事异常,SCP-CN-2204,我们初步拟定“下自成蹊”程序,概要如下:

CN-2204“下自ずと蹊を成す”プログラムは形而上手段によって既知のSCP-CN-2204センシティブポイントを対応するswn001-1実体へ見せ、気づかせることでswn001-1実体が主観的能動性を発揮してSCP-CN-2204-1を克服してもらい、SCP-CN-2204と関連したアノマリー/インシデントの影響を取り除く。
CN-2204“下自成蹊”程序将通过形而上手段将已知SCP-CN-2204敏感点展示与对应swn001-1实体,通过提醒引导swn001-1实体发挥其主观能动性克服SCP-CN-2204-1,从而消除SCP-CN-2204对相关异常项目/事件的影响。

当該プログラムの実行、効果の発揮後、一部の静的論理封鎖配列は単一のswn001-1実体に向けて開放されるようになり、SCP-CN-2204センシティブポイントのアノマリー/インシデントと関係がある職員はこの間、同場所、もしくは同時に多数の大規模な物語上書きインシデントを経験する。静的論理封鎖配列を開放してから900秒以内に、対応するswn001-1実体が如何なる反応もとっていないことがANSG-001方程式のデータの変化で明らかになった場合、配列は再度ロックされる。
该程序实行并生效后,部分静态逻辑闭锁阵列将转为向单一swn001-1实体开放,与SCP-CN-2204敏感异常项目/事件存在关联的人员将于此期间经历一起或同时经历多起大规模的叙事改写事件。若ANSG-001方程式数据变化显示对应swn001-1实体在静态逻辑闭锁阵列开放的900秒内未做出任何反应,阵列再次关闭。

“下自ずと蹊を成す”プログラムのβ版は財団空想科学部門と情報管理システム職員のたゆまぬ努力で開発に成功しました。今日、財団がこれ程までに発展したこと、離脱しなかった職員の皆さんが黙ってついて来たこと、ここで私も皆さんに一言言いたい。ご苦労おかけしました、ありがとうございました!
“下自成蹊”程序测试版本已在基金会超形上学部和信息管理系统人员的不懈努力下被成功开发。今日基金会发展到如此规模也离不开全体职员的默默付出,在这里我也想对你们道一声:辛苦了,谢谢你们!

第二,基金会打造伙伴关系的决心不会改变。我提出建立联合体的倡议,就是要实现合作共赢,在过去的几年中,基金会与各个组织分别参加了诸多行动,签署了诸多协定,都取得了极好的结果。基金会将在国际社会中保持中立,在坚持结伴不结盟的原则的基础上同所有异常团体、非异常团体发展合作关系,进一步扩大我们的“朋友圈”。

SCP-CN-2204が引き起こす不確定性、映し出される上層物語の動乱は我々皆の団結を呼びかけることになりました。SCP-CN-2204は螺旋の小道の果てではありません。下層物語の悲しみではありません。むしろ、我々のたゆまぬ前進を前方で励ます光なのです。SCP-CN-2204所引发的不确定性、所影射出的上层叙事的动荡更呼唤我们所有人团结一致,SCP-CN-2204不是螺旋路的尽头,不是下层叙事无尽的悲哀,相反,它是前方激励我们不断前行的光。在这“不一定”主宰现实的大※c背景下,基金○会愿致力于构建新型超自然组织关系框架,积极同全球超自然联盟、地平线倡议发展全面战略协作伙伴关系,与蛇之手发展和平的技术互助与共享伙伴关系,与各异常宗教组织发展兼容%并包的文明的伙HK伴关系,与各大异常商业团体、各国直属异常处理檵构■发展团结合作的伙伴关系,同時,积极亯响应非异常籭擑的相关政策、佱律的变化。

不仅〓于此,我们还将推动?熉€{Aa#揃豀?煘W乊?QX痄蓳^ P#?謠鄫刞^j P罪皛?喊巶啰\XSSkパ齁 獚pvt崗[g拧縣泍yy辀丕'燋M? ~@ €#D?厵€昱?仲裪轣URR鈦挎鎓螳[缝卓?變乪e錠\\b鶘摑汜?W瓺 餾增痘荤M?сS80h达?[WW讖紆?f餞蠸_{?76?嚎稧 纚耾?

p{{;O??濪?驴排糯汉歝纉? ?@ K?0偙媄S棹七???緱?嵭镱鷝谪厝‘溣? ^YYI怂薸~~>W>?竀 餿 鹭;?x?`鼰?奼L[|wvv又鯲z鐫穝 腹箼辿锝濼Q锐呗侣珪?q ?@ J#δ?cE?b罉0囚?擂鴞高軴;;;y齩湗?咦搱I鳖7饪X桓磾每Je.?.bR$ <.€ 斠dEp膧10b纈???\<cZF齼t0>垌痺庹酷蝈薸uu5?q?|’? 鄆# 狋bz\膧1an+?J椌旫???斂OG阃坯恧b蝌r炓!嚓闦咀j祳W 烙C ?彖娻竽€1☆奎?拁敕~?嚕4s?擐x<i 珇c鮫?谉{.}烳婯嫨^l4 <?€ <慴受?瓞+俢嗫?苰岶?熡L?

缥覍彨f示祇94G莈KU箔?v≌a?軟9!惾9 A蝯坷⒍v镱鎓嫌 畖侜酐nyT

ナイン、何とv&言っているかよく聞こえないぞ。ナイン!
九号,我v&们听不清你在讲什么。九号!

潧乼轝蓌?繈聋?[\g実架勻

你说什么?{l}}?

听得到吗?

这是怎么減罋?庶抢;?い

全是杂音,还是这样。

p_|q璤L7F分藷冪伭衦铋闒?7褝顒眼V趾肯?/f鈸鵑f娪羛镊辿?馟m瘴[?魉/繙?€p懢.%B邸i4棗蚀s餅?銐鰋?%)檴2u,榒F?譡o絺?竽?膠r搌M岳滚苗藱弖辡焳j>kt?:>^o琀漦?默~禮?柏版jw!拣禅s是怎么?gu?r怱4?G憊?袴#J?殕趀帵锺砦?黚?7L坘lHK回事傴燓

カン*'sト計数器を持Qk⊕ってこい
把康's德计数器拿Qk⊕过来

现实稳定锚打开了没有?好像没什么J?
羖??Ζ訝J馗D41W啼?+1?枝&h??D
癣暱???X犅+抛L距俭?{紉Z??│?Ct礼B>熜鯇爐O?馲瘠?Robert我好像+b喬9?;f0&2q.~枪鼥冿馼?鞷

U?h< 4>hM撻?7(3W瘫)t侾:F?c兀pgW|弝檔篿j沌獗??H?@蕂朡?严=荽S讆?!??婑>T゜^勬?鷥|邇婘??XC返#龙鉚b飕 S狸粲?

鏅庪&e?h?楅.纂?]X\~膳瀚?<9%X鄺魁V傴ye"祖A酷麷魴,R!

皆様!落ち着いてください!
各位!不要慌!

辥宒鳠j?瀥汉A煛b抻勗灍稘f?駧M&qG愕H$m溨a?'??Yi呭嫞攨扡稪胩?按m@塑?h?-e承&&?勎髂勹獴K??n}绐褾绪醸蔜茜遝1?mn尽m袙Z鶅?哂ēC程4sj.\"秎Z)旚剮徸"y磢Z囻Z湶z孏?寚芀&^
b汌挺M??欦[逬?KU甐澴@ ? T? *H y蕆)砨堥茛BN|Dg湍怌-8_??CWZ弒OU撝?!營 ? T? *H $ €
@ 爞€ PA@ ? T? *H $ €
@ 爞€ PA@ ? T? *H;?\弤,g?朁湢z;v4=w熑吹6凂╞XY{?趀篫?娚.?亡?-磤6;?嶗s=c^ 暣eU萩M糁臭銔?.抾B踵з?A诃?砹癇甭蛩鏦j羽k鵨蹔X;芃壱祣&b??N??)?W蔦2麕 -靚?豐?絒b溛5}?I岊C陴鴆幃/sj/v?嫌9櫟婓*鑎

鮸裗t?睵蓌b(j]靮輹W砲Oq秹甧摔獙R3鏪V?睅M?e??[欷L嚡勱?dXkR<?(z_俍;=,?CD枘藛*@铈鋍j??啳?!?欺~???噳i揧+ps暨鬓?V:?F#T潬?啒a洪嫥XO蕍e鈜-u?)o?鯣護卣囎?[b涢佗趛澕>麸尹LA?噙?寋孂;屪d&yT刂桱??$o?諬泘pl??鄉,C >ty??额b#禼Ω?虴貘瘯a聻n|??E橣FO闻磀?=













ERROR

The dhueguang's portal does not exist.


エラー: dhueguangのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3704020 ( 25 Jun 2018 15:07 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License