SCP-CN-642"テレビを看る者"(看(kān)电视的人)翻訳下書き

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-CN-642

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、SCP-CN-642はサイト-CN-17にある12m×10m×4mの収容室内に収容されています。収容室内部には上演に用いられる舞台およびその他必要な演出設備を設置します。

収容違反インシデントの発生を阻止するため、収容室では専門の訓練を受けたDクラス職員が、財団の指定した演目をSCP-CN-642に対して常に上演しなければなりません。原則的に、上演する演目は6ヶ月内で重複することが認められません。室内の人員は不定期で引き継ぐことが可能ですが、引き継ぎの間隔が30分未満になってはなりません。

SCP-CN-642の収容支援に用いたDクラス職員は適当な条件下で月例終了を免除し、クラスB記憶処理を施した後で、SCP-CN-642の収容担当に復帰させることが可能です。

収容室内にはSCP-CN-642を監視するためのハイスピードカメラが複数台設置されます。撮影された映像はレベル2以上の職員のみが確認できます。

説明: SCP-CN-642は201█年に生産された1台のハイセンス® H50E3Aテレビです。電源および外部信号無しで正常に動作可能であり、常に起動状態を保持しています。

通常の場合、SCP-CN-642に表示されているのはアジア系夫婦(SCP-CN-642-1およびSCP-CN-642-2と区別して指定)が客間のソファで画面の外を見ているというものです。SCP-CN-642-1とSCP-CN-642-2は単独で現れることもあれば、一緒に現れることもあります。手配した演目の違いにより、彼らのどちらが現れるかが決まります。更に記録によれば、SCP-CN-642-1とSCP-CN-642-2以外の人物が出現することがあります(詳細は補遺1を見てください)。

SCP-CN-642の最も顕著な異常性は異常な空間移動能力です。収容室内で上演する者がいないとき、SCP-CN-642は人が活動している別の場所へとランダムに瞬間移動し、収容違反を引き起こします。瞬間移動の発生時、SCP-CN-642内のいずれかの人物がリモコンと思われる物体を手に取り、“チャンネルを変える”操作を行います。この瞬間移動での目的地は室内外を問わず、一般的な意味での“上演”を周囲の人間が行っているかにも依りません。

SCP-CN-642はあらゆる物理的手段による移動および破壊が不可能であるため、収容違反が発生してからSCP-CN-642を直接的に再収容することは不可能です。唯一の再収容方法は、収容室内の上演を再開するとともに、SCP-CN-642付近の人間を追い払い、SCP-CN-642が自発的に収容室内へと瞬間移動することです。このことはSCP-CN-642が感知能力と知能を有する証拠であると現在考えられています。

“チャンネルを変える”操作の他に、SCP-CN-642の中の人物は“電源を切る”と呼ばれる操作を行います。“チャンネルを変える”操作と同様に、“電源を切る”操作を行う際に、SCP-CN-642の人物は“リモコン”を手に取ります。その一方で“チャンネルを変える”操作と異なり、“電源を切る”操作はSCP-CN-642の異常な瞬間移動を引き起こしませんが、画面内で未来への時間移動を即座に引き起こします。画面内のデジタル時計表示に基づくと、1回の時間移動で経過する時間は数時間から数ヶ月まで様々です。

SCP-CN-642は音声を発することができませんが、研究員が読唇術により画面内にいる人物の対話の一部を特定しました。(詳細は補遺2を見てください。閲覧にはクリアランスレベル4が必要です)

補遺1:


補遺2:

本ファイルへのアクセスの継続にはレベル5クリアランスが必要です

パスワードを入力してください



ERROR

The dhueguang's portal does not exist.


エラー: dhueguangのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3704020 ( 25 Jun 2018 15:07 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License