未夢

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号:SCP-xxxx-JP

オブジェクトクラス:euclid

特別収容プロトコル
SCP-xxxx-JPは、縦4m,横5m、高さ4の標準型の人型オブジェクト収容施設に収容してください。SCP-xxxx-JPに対する一般的な認識が汚染されない為に、給仕は人型の機械に行わせてください。また、SCP-xxxx-JPは極めて収容に協力的な為に、ある程度の財団に対する要求が認められていますが、その要求の内容により、SCP-xxxx-JPの正体を思考されないようにしてください。SCP-xxxx-JPそのものに対する考察をする、許可なくSCP-xxxx-JPの収容室に入ろうとした場合、厳格な処罰が下されます。SCP-xxxx-JPの存在は、敷島博士や一部の上級研究員、博士、O5メンバーのみが常時認識する事ができます。それ以外がSCP-xxxx-JPの記事を閲覧する場合は、監督官2名の監視下でのみの閲覧しか認められておりません。

説明:SCP-xxxx-JPの正体は推定14歳とされる人間の女性です。SCP-xxxx-JPは、インクや紙、書籍等を栄養源とし、一般に情報を記録する為の媒体を食用にしていると思われます。SCP-xxxx-JPは非常に強い現実改変能力を持ち、情報を改変し、物体化させることが可能です。例として、「1+1=2」が書かれた黒板をSCP-xxxx-JPに視認させたところ、黒板から二つのリンゴが出現しました。。また、事前にSCP-xxxx-JPにおやつとしてみかんを与えてから同様の実験をしたところ、二つのみかんが出現しました。このことから、SCP-xxxx-JPの持つ「認識」が出現する物体を変化させるようです。
以下はSCP-xxxx-JPに関する実験記録です。(完全版は最寄りのサイトの低重要度記録部門に問い合わせてください)
実験記録005 - 日付2015/04/22

対象:

実施方法:
結果:

分析:

補遺:以下は、SCP-xxxx-JPに対するインタビュー記録です。

対象: SCP-xxxx-JP

インタビュアー:敷島博士

<録音開始>

敷島博士: [会話]

SCP-xxxx-JP: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

ERROR

The sonohito's portal does not exist.


エラー: sonohitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3703036 ( 01 Aug 2020 10:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License