SCP-XXXX-JP 嘘コン案

・嘘コン

転移はしてない、この人に別の世界と思わせなければならない→現実改変能力者?財団に恨み?一度世界を滅ぼしている、2000機動(この時地名とかも変更)、不死身だし財団を恨み続けてる、他世界の財団だと思わせよう

元財団職員、ある事件が起こり財団を恨む、現実改変能力獲得、財団を潰すつもりが世界ごと滅ぼしてしまう、2000が起動して地名なども変わる、彼は不死身になっていたため眠らせていた、もう少しで起きてしまう、起きてしまうとまた財団または世界を滅ぼしてしまう、恨んでいるのは財団だけ、別の世界に転移したことにしよう、事件が無かった世界の財団なら恨まないだろう、騙すための報告書を作ろう、あくまで転移してきたオブジェクトとして扱おう、



・入れ替わり→ただの出現


オブジェクトクラス: Euclid

特別収容手順: SCP-XXXX-JP発生時に入れ替わったSCP-XXXX-JP-Aを通常人型収容房に収容してください。ただしSCP-XXXX-JP-Aが何らかの異常性を保有していた場合、その異常性に応じて適切な収容方法に変更してください。なおSCP-XXXX-JP-Aの元になった人物についてはSCP-XXXX-JP発生条件の性質上、その生存は困難であるため死亡したものとみなします。

詳細: SCP-XXXX-JPは対象となった人物が消失し、創作上の物語の登場人物と入れ替わるイベントです。この時SCP-XXXX-JPの発生で入れ替わりに出現した人物をSCP-XXXX-JP-Aとします。SCP-XXXX-JPの発生条件は①世界観が基底宇宙に近い。②世界が終焉を迎えて完結している。③少なくとも█████人以上に認知されている物語である。④日国で出版または公開されている。ことであると考えられています。SCP-XXXX-JP-Aは物語上で主要な登場人物からランダムで選出され、SCP-XXXX-JP-Aと名前や容姿、職業などの設定が近しいものが入れ替わる対象とされているとると考えられています。

SCP-XXXX-JP-A-1
氏名: ハリー・スタンバー
出自: 映画「メテオストライク」

作中の滅亡理由: 隕石衝突による世界滅亡
SCP-XXXX-JP-A-1はハリー役の俳優レッド・ウィリス氏に容姿が酷似しています。

SCP-XXXX-JP-A-2
氏名 穂村 列斗
出自作品 漫画「炎のBRAVE!!」の主人公
作中の滅亡理由 敵対勢力の惑星破壊による世界滅亡
入れ替わった人物 田村 北斗

補遺: 作中では炎を操る超能力者として描かれており、能力は健在です。SCP-XXXX-JP-Aの個体によっては通常の収容房では不十分である可能性があります。

SCP-XXXX-JP-A-3
氏名 デイナ・ゴダート
出自作品 映画「箱」の登場人物
作中の滅亡理由 巨大な怪物による世界滅亡
入れ替わった人物 橘 佳奈

補遺: 橘 佳奈氏はデイナ・ゴダートの吹き替えを担当していました。

SCP-XXXX-JP-A-4
氏名
出自作品
作中の滅亡理由
入れ替わった人物

補遺:

SCP-XXXX-JP-A-5
氏名 石神 倫太郎
出自作品
作中の滅亡理由 本人の現実改変による世界滅亡
入れ替わった人物 石村 二郎

補遺: 作中で現実改変能力と不死性を獲得しており、現在も異常性を保有しています。また、SCP-XXXX-JP-A-5は我々SCP財団と酷似した団体に所属していたと証言しています、作中では異常存在を秘匿する秘密組織1として描かれていました。

SCP-XXXX-JP-A-5の証言にSCP財団との共通点が多くみられることから、SCP-XXXX-JP-Aは単なる物語でなく平行宇宙から転移してきたという仮説が提唱されました、情報の確認のため本報告書を含む一部の報告書の閲覧が許可されています。

インタビュー記録: SCP-XXXX-JP-A-5




(使わない画像にメッセージ入れる?)
「騙せたと思うなよ」みたいな?

不明なアクセスを検知しました
接続を切断-成功
不明なアクセスを検知しました
接続を切断-成功
異常なヒューム値の変動を感知しました
警報を発令-失敗
不明なアクセスを検知しました
接続を切断-失敗
情報の開示-成功

ERROR

The nabes's portal does not exist.


エラー: nabesのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3697115 ( 05 Feb 2020 08:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License