SCP-XXXX-JP もちつきうさぎ

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

usa.gif

SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、通常生物収容房の木製の飼育ケージ内で基本的には通常のウサギと同様の飼育手順に従って収容してください。ただし通常の給餌の代わりに毎月2kgの岩石を与えてください。未収容のSCP-XXXX-JPについては性質上発見が困難であることから関連情報の隠蔽をもって収容状態であるとします。

説明: SCP-XXXX-JPは、異常な性質を持つアナウサギ (Oryctolagus cuniculus) です。SCP-XXXX-JPの主な異常性として岩石や鉱物などを前足で叩くことで不明な原理で軟化させることができ、その後SCP-XXXX-JPはこれを丸めて団子状の物質を作成します(以下SCP-XXXX-JP-1と呼称)。SCP-XXXX-JP-1はどのような岩石や鉱物を材料にしても餅のような質感に変化しますが、それ以外に物質的な性質に変化は確認できません。SCP-XXXX-JPはSCP-XXXX-JP-1を摂食し自身の栄養素に変換させることが可能です。SCP-XXXX-JPがどのようにSCP-XXXX-JP-1を自身の活動に必要なエネルギーに変換しているかは不明ですが、SCP-XXXX-JPは通常ウサギが必要とする栄養は必要とせず、呼吸をする様子はありますが酸素の消費はしていないことから、ほぼ全てのエネルギーをSCP-XXXX-JP-1で補っていると考えられています。

SCP-XXXX-JPの身体的構造に通常のウサギとの差異は確認できませんが、体組織のほとんどが無機物であるとの分析結果が出ています。その性質ためかSCP-XXXX-JPは-200〜800℃までの温度変化に耐性を持つことが分かっています。

SCP-XXXX-JPは通常のアナウサギと同じように穴を掘る習性を持ちますが、土ではなくより硬い地質を好んで巣作りを行います。巣作りの際は岩盤などでSCP-XXXX-JP-1作成して運搬し蟻の巣のような構造を形成します、運搬されたSCP-XXXX-JP-1はそのまま食料として保存します。上記の食性と体質により地上に出るメリットが少ないため、SCP-XXXX-JPはより深くに巣を作る習性があり、野生では滅多に地上に出ることはないと考えられています。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは、1999年11月25日にモスクワの海(Mare Moscoviense)周辺にて月面調査を行なっていた財団の調査隊により偶然発見されました。SCP-XXXX-JPは月の中心部付近にコロニーを形成していると考えられているため全実体の収容は困難です。しかし生息地が月の裏側であり、その習性からSCP-XXXX-JPが地上に出てくることは稀であることから一般人による発見の可能性は低いと思われます。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The nabes's portal does not exist.


エラー: nabesのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3697115 ( 05 Feb 2020 08:32 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License