ジャムコン下書き「亡霊が土から生えてきた」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
土

SCP-XXX-JPにより発生したSCP-XXX-JP-1

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの発生が確認された付近の河川は財団の監視下におき、封鎖してください。また、SCP-XXX-JP-1の曝露者はクラスD記憶処理を施した後、解放してください。

SCP-XXX-JP-1の発生によって死者が発生した場合はカバーストーリー「土砂崩れ」を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは京都府内の河川付近にて発生する異常現象です。

SCP-XXX-JPにおいては土壌から未知の種類の魚類の死骸と泥(以下、SCP-XXX-JP-1と呼称)が京都府内の河川付近で発生します。発生の瞬間を映像で記録することは全て失敗しています。

SCP-XXX-JP-1の異常性はSCP-XXX-JP-1が人間に接触することによって発生します。SCP-XXX-JP-1の異常性に曝露した人間は、SCP-XXX-JPの発生した河川に存在する水や生物が消失したと認識災害に感染します。認識災害の働く河川はSCP-XXX-JP-1の接触した位置付近の河川に対して働きます。この認識災害はクラスD記憶処理によって無力化が可能です。また、SCP-XXX-JP-1の異常性は海水に接触させることによって取り除くことが可能です。

SCP-XXX-JPは2016/██/██、██川1が枯渇していなかったのにもかかわらず、京都府██市の自然保護団体による██川の枯渇とダムの撤去の訴えを働きかけた件が財団の注意を引き、発見に至りました。当時、当団体の全員がSCP-XXX-JP-1の異常性に曝露しており、クラスD記憶処理を施すことによって解放し、訴えを取り下げさせました。

補遺: 2018/██/██、クラスD記憶処理を施し、訴えを取り下げさせたにも関わらず、ダムの撤去の訴えを依然働きかけていることが判明しました。SCP-XXX-JPの最初に発生した██川の財団の封鎖を突破し、SCP-XXX-JP-1に再び接触する恐れがあり、注意喚起を行うため当団体の集会会場に訪れたところ会場内に██tのSCP-XXX-JP-1が発生していることが確認されました。集会会場内の団体メンバーはこのSCP-XXX-JP-1の発生により圧死、窒息死していました。また、この事案後SCP-XXX-JP-1や曝露者の発生が██市外においても確認されるようになりました。

この事案から、SCP-XXX-JPの発生範囲が未知数である点とSCP-XXX-JP-1の出現によって死者が発生する可能性がある点が発覚し、オブジェクトクラスがSafeからEuclidに再分類されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License