SCP下書き「バイミンガル」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8175の異常植物収容ユニット内にて一般的なケヤキ(Zelkova serrata)と同様に管理されます。

新たにSCP-XXX-JP-Aが確認された際は、SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-Aを確保し、発見位置近辺の住民にクラスA記憶処理を施した後、カバーストーリー「不審者の悪戯」を流布してください。確保したSCP-XXX-JP-Aは異常昆虫収容ユニット内にて複数のセミ類と共に管理され、死亡した個体は焼却処分されます。

説明: SCP-XXX-JPは異常性を保持したケヤキです。外見や生態は一般的なケヤキと差異は無いことが確認されています。現在1株が収容下にあり、別個体の存在は確認されていません。

SCP-XXX-JPの異常性はセミ類に属する生物のオス個体がSCP-XXX-JPの樹液を摂取した際に発生します。SCP-XXX-JPの樹液を摂取した個体(以下、SCP-XXX-JP-Aと呼称)は鳴き声が人間の男性の声に変質します。この変質した鳴き声は主に異性への口説きやプロポーズといった恋愛的なアプローチを発声しています。この時、変質した鳴き声はSCP-XXX-JP-Aの成長度合いによって変化し、成虫に変態を遂げた直後の個体の鳴き声は20代前半のもの、寿命が近い個体の鳴き声は80代の老人のものであることが確認されています。

SCP-XXX-JPは2019/8/13に兵庫県朝来市██山中にて「男性の声で鳴くセミが大量にいる」というエージェントからの通報を受け、周囲の探索を行った際に発見され、収容に至りました。

インタビュー記録XXX-JP-A:

日付: 2019/08/20

対象: SCP-XXX-JP-A

インタビュアー: 難波研究員

付記: 今回インタビューを行ったSCP-XXX-JP-A個体はオスのクマゼミ(Cryptotympana facialis)であり、変質した鳴き声から人間の年齢における30代後半に相当すると推測されています。インタビューは異常昆虫収容ユニット内で行われました。

<録音開始>

SCP-XXX-JP-A: そこのお嬢さん!俺と一緒にこのクヌギでお茶でもどう?あぁ待って!ちょっと!あぁ行かないで!あぁ…。

難波研究員: では、インタビューを開始します。

SCP-XXX-JP-A: そこのお嬢さん!君のその美しい羽に一目惚れしたんだ!僕と一緒に食事でも!あぁちょっと!なんで!

難波研究員: 質問ですが、あなたは自分の鳴き声をどう感じていますか?

SCP-XXX-JP-A: 本当に君のことが好きなんだ!大切に感じているんだ!……なぜだ!どう聞いたってステキなハスキーボイスのハズだ!俺の声は完璧なんだ!一週間前まではこのケヤキでハーレムを築いていたはずなのにどうして…!

難波研究員: [ため息]

SCP-XXX-JP-A: 不味い…不味いぞ…早く女の子を呼ばなくては…時間が無い…早くしないと死んでしまう…ん?お前、いつからそこにいる?

難波研究員: え、今気づいたんですか?

SCP-XXX-JP-A: なるほど!お前のせいか!

難波研究員: は?私のせいですか?

SCP-XXX-JP-A: お前がこの木の近くにいるからだ!お前がそこにいるから女の子が怯えて逃げちまう。散れ!邪魔だ![難波研究員がSCP-XXX-JP-Aのいる木から離れる]そうだ!そこでじっとしてろ!フン!よくよく聞けばブサイクな鳴き声じゃないか!俺への嫉妬も程々にしておくんだな!おーい、そこの嬢ちゃん!俺と一緒に遊ばなーい?

難波研究員: [舌打ち]…インタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JP-Aは鳴き声の変質によりメス個体に対して求愛が正常に伝達せず、交配の成功率が極めて低いことが判明しています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License