SCP下書き「脱け殻」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP発生の防止策は現在完全ではありません。SCP-XXX-JPが発生した際は被害者の発見現場を封鎖した後現場付近の住民にクラスA記憶処理を施し、カバーストーリー「行方不明者」を流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは特定条件下で発生する異常現象です。以降、SCP-XXX-JPの異常性に曝露した人物を被害者と呼称します。

SCP-XXX-JPは被害者の年齢、位置及び生前最後に目撃された時間帯より、以下の条件下で発生すると推測されています。

  • 対象が7歳から10歳の児童であること。
  • 裏路地などの極端に人気の少ない位置であること。
  • 大まかに6月から9月にかけての期間中であること。
  • 16時から18時にかけての時間帯であること。

SCP-XXX-JPが発生すると被害者は背部から臀部にかけて大きく切開され、筋肉や骨などの内部器官が消失し死亡した状態となります。このとき、皮膚など人体の表面を覆う器官は存在し、人型の形状を保持しています。2021年2月現在、過去にSCP-XXX-JPが直接観測されたケースは存在せず、いずれもSCP-XXX-JPの発生後の被害者のみが発見されています。

SCP-XXX-JPは2019/07/06に発生した児童の変死事件を境に不定期で確認されるようになりました。SCP-XXX-JPは2021年2月現在、計27件発生が確認されており、発生の防止策の目処は依然立っておらず、現在調査中です。

補遺: 稀に10月頃、被害者の発見現場付近で皮膚の存在しない肉片が散らばった状態で発見されることが報告されています。発見された肉片は鑑定の結果被害者のものであることが判明しています。この肉片の発生とSCP-XXX-JPとの関連性は現在調査中です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License