SCP下書き「仕掛け運転」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は現在完全ではありません。SCP-XXX-JPの発生が確認された際はカバーストーリー「危険車両の検挙」を流布し、SCP-XXX-JPから付近の一般車両を遠ざけてください。SCP-XXX-JPによる消失現象を目撃された場合は消失現象の発生現場付近にてクラスA記憶処理剤を散布してください。

説明: SCP-XXX-JPは高速道路上で不定期に発生する未知の車両群です。確認されたSCP-XXX-JP個体はいずれも外装が未知の塗料により蛍光色で塗装されており、夜間には発光することが確認されています。運転席には非異常のマネキンが設置されていますが、SCP-XXX-JPの運転には問題ないことが確認されています。ナンバープレートは設置されていますがいずれも存在しないナンバーであり、製造元や所有者は判明していません。2021年2月現在、SCP-XXX-JPは計17個体確認されています。

SCP-XXX-JPは主に高速道路で走行中の車両の死角に出現し、前方に追い越しを行うことが確認されています。車両の前方に追い越しを行なったSCP-XXX-JPは後方の車両に対して煽り運転1を行います。SCP-XXX-JPが煽り運転を行なっている最中にSCP-XXX-JPに対してクラクションを鳴らす・車両をぶつける等の攻撃的な反応を取ると、SCP-XXX-JPと攻撃的な反応を取った車両は共に消失します。SCP-XXX-JP及び車両が消失した現場にはドアやサイドミラーやボンネットといった車両の部品が多く散乱しており、部品は全て消失した車両のものであることが判明しています。SCP-XXX-JPと消失した車両及びその搭乗者の行方は現在判明していません。SCP-XXX-JPの出現から5分以上経過しても後方の車両が攻撃的な反応を取らなかった場合及び高速道路外に出る等のSCP-XXX-JPから離れる行為を行った場合、SCP-XXX-JPは別の車両に対して煽り運転を行うことが確認されています。2021年2月現在、SCP-XXX-JPによる消失現象は56件確認されています。

SCP-XXX-JPは2018/07/03に京都縦貫自動車道上において発生した車両の消失現象の調査の際にライブカメラにてSCP-XXX-JPが消失現象を発生させた瞬間が確認されたことにより発見に至りました。

補遺: 2020/08/14、消失現象の発生現場付近の捜索中に木製の立て札が発見されました。木製の立て札には黒い塗料で以下の内容の文章が書かれていました。この立て札とSCP-XXX-JPの関係性は現在調査中です。


この高速道路は[未知の言語につき判読不可]漁協が漁車権を行使しています。[未知の言語につき判読不可]漁協が発行する入漁証、遊漁証を所持しなければ、この高速道路で如何なる車属も採捕できません。

[未知の言語につき判読不可]漁協


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License