SCP下書き「ツバメ」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在発生の防止手段は現在確立されていません。そのため、SCP-XXX-JPによって発生したと思われる事故が確認された際は対策チームによる現場封鎖及びカバーストーリー「飛行機のエンジントラブル」を流布が行われます。

説明: SCP-XXX-JPは一定の気象条件下において飛行中の航空機に発生する異常現象です。

SCP-XXX-JPは飛行している航空機の後方且つ目的地付近の気圧が1010hpa以下になった際に発生します。SCP-XXX-JPの発生条件に一致した航空機は操縦者の意思や航空機の状態に関係なく高度を下げるようになり、最終的に高度10cm程度を維持しながら飛行を継続します。SCP-XXX-JPに曝露した航空機においてドローンなどの小型の場合は飛行の体制を立て直すことは辛うじて可能ですが、ヘリコプターや旅客機などの大型の航空機は体制を立て直せずに墜落すると推測されています。

SCP-XXX-JPは2008/08/09に名古屋空港内で発生した航空機テロ未遂事件において犯人の事情聴取により存在が発覚しました。このことから、今後SCP-XXX-JPがテロリストのテロ行為に利用される可能性に留意すべきです。

過去に発生した航空事故のブラックボックスを調査した結果、日本国内において最低でも26件の航空事故にてSCP-XXX-JPが関与していると推測されています。また、SCP-XXX-JPによって発生したと思われる航空事故は現在増加傾向にあるため、財団はSCP-XXX-JPの発生を抑える手段を調査しています。

追記1: SCP-XXX-JPが関与した航空事故において、被害現場が全て住宅地が密集している土地であることが判明しています。SCP-XXX-JPが関与した航空事故の中には不時着できる土地が進路上に存在したにも関わらず、住宅地に不時着し被害が拡大した件も確認されたため、SCP-XXX-JPは航空機の墜落地点を住宅地に誘導させる効果も保持している可能性があると推測されています。墜落地点が住宅地である理由は解明されておらず、現在調査中です。

追記2: SCP-XXX-JPが関与した航空事故の被害者の現場検証且つ検死の際、航空機が墜落する30秒前に被害現場付近にいた人物が一斉に消失し死亡した状態で航空機の操縦室内部に転移していることが判明しました。この不明な転移現象とSCP-XXX-JPの関連性は現在調査中です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mC shrimp's portal does not exist.


エラー: mC shrimpのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3691434 ( 18 Dec 2018 09:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License