Elder Baconator

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


元記事のURL by WaxxWaxx & thedeadlymoosethedeadlymoose
【タグ】何か キャラクタータグとか あれば

自分のメモは青字で。意訳がかなり多いです。誤字脱字や誤訳に関してだけではなく、日本語として違和感がある点などもご指摘いただければ幸いです。
 


 
The word processor's cursor blinked accusingly at Tilda, goading her into finishing the report.

ワープロのカーソルは責めるようにティルダへと点滅し、レポートを仕上げるよう彼女を急き立てた。

It was always the same, dull story with directorship:

それは管理職のつまらない話と、常に同じだった──

it's lonely at the top, and it's lonely because you're sitting on a mountain of paperwork.

トップにいるというのは孤独なもので、書類仕事の山に座しているために孤独なのだ。

Things took on a lot more gravity when the lives of everyone on site (and many other nameless, faceless people elsewhere) are affected by the stroke of a pen.

こう考えると、物事はより多大な重圧を帯びた。サイト内の全員 (そしてその他たくさんの、名も顔も知らぬどこかの人々) の生活が、ペンの運びによって影響を受ける。 (Thingsってなんだろう)

Her pen.

彼女のペン一本によって。

And yet it was still dull.

とはいうものの、まだ実感なく感じる。

Monotone, monochrome.

モノトーン、モノクロ。

Easy to forget what it meant, what you were doing.

それが意味すること、あなたがしてきたことを、忘れるのは簡単だ。

Vital that you always remembered.

あなたが常に覚え続けているのが重要なのだ。  (It is vital that …=…は必須だ)

There were times when you didn't want to talk to anyone about it.
 それについて誰とも話したくなかった時があった。
No, not didn't want to. Couldn't.
 いや、したくなかったのではない。することができなかったのだ。
Isolation eventually wore down anyone, even if you were well-practiced with having few friends.
 孤立(隔離、孤独の意も)というのは誰でもやがては精神をすり減らすのだ、たとえあなたがほぼ友人がいないことについてよく訓練されていたとしても。
Yet no matter what she wanted, there were things that only others who had previously occupied the Site-19 directorial office could understand, or even be told.
 しかしそれでも、彼女がたとえ何を望んだとしても。そこには、以前にサイト-19ディレクターのオフィスを使用した他の人だけが理解できること、話せることがあった。

As it happened, one of those people chose that moment to knock on her door.
 たまたま、それらの人々の1人は、彼女のドアをノックするのに、その瞬間を選んだ。
She smelled the cigarette smoke first, then looked up to see a greying man in his mid-50's standing in her doorway.
 彼女は最初にタバコの煙(の臭い)を感じて、そして50歳代中頃の老年の男が戸口に立っているのを見上げた。

"Dmitri, good afternoon."
 「ドミトリー、いい午後ね。」

Dmitri Strelnikov looked at his watch.
 ドミトリー・ストレルニコフは彼の時計を見た。
"It is six o'clock, Direktor." She could hear the "k".
 "今は6時だぜ、ディレクター。"彼女は "k"を聞くことができた。

Tilda double checked the time on her computer monitor.
 ティルダは彼女のコンピュータ・モニターで時間を二度もチェックした。
"…Damn."
 「…マジかよ。」
She paused.
 彼女は一時停止した(動きを止めた、とかの方が可愛らしいかも)。
"Also, cigarette, Dmitri."
 「また、煙草。ドミトリー。」

He nodded apologetically and unceremoniously flicked his cigarette into the hallway.
 彼は謝罪するようにうなずき、形式ばらずに煙草を廊下にはじいた。
Not the first time he'd done that.
 彼がそれをやったのは初めてではなかった。(今に始まったことではない)

"Sorry.
 「スミマセン、ね。
Smoking in this room is an old habit.
 この部屋での喫煙ってのは、古い慣習だぜ。
Hey, you should try it.
 なあ、アンタも試してみろよ。
Might be good for you."
 アンタ(の何に…?体ってのがイイかも)にいいかもしれないぜ。」
Not the first time he'd said that.
 彼がそう言ったのは初めてではなかった。

Dmitri settled into an armchair and looked around her office, both of which used to belong to him.
 ドミトリーは肘掛け椅子に座ってくつろぎ、彼女のオフィスを見渡した。両方とも、彼が所有していたものだ。
"You should redecorate, too.
 「お前も改装するべきだな。
The Brezhnev era does not suit you like it does me, Direktor."
 Brezhnev(レオニード・ブレジネフの事かと。1960年代のソビエト連邦第5代最高指導者)時代の(内装は)俺のようにはお前に似合ってないぜ、管理官。」

She gave a tired smile.
 彼女は疲れた笑みを浮かべた。
"What can I do for you, Dmitri?"
 「私はあなたのために何をすることができるんです、ドミトリー?」
She hesitated for a moment.
 彼女は一瞬ためらった。
"And please, just Tilda."
 「あと、ティルダってだけ(呼んでください)」
When he'd been on this side of the desk, he'd insisted the same thing.
 彼がこの机の側にいたときに、彼は同じことを主張しました。
Call me Dmitri.
 ドミトリーと呼んでくれ、と。

"We had a shorter session today and I thought I would come see how you were doing.
 「俺らは今日短い会議があった、そして俺は、お前がどうしているか見に行こう、と思った。
I say to myself, 'Maybe she needs a cigarette and I am the only one with a spare.'"
 俺は"たぶん彼女はたばこを必要としていて、俺は予備(の煙草)を持っている唯一の人間だ"って考えたんだ」
He smiled broadly.
 彼は大声で笑った。
Tilda had never smoked.
 ティルダは決して喫煙しなかった。

Shorter session.
 短い会議。
She wondered what they were having Dmitri do.
 彼女は、彼らがドミトリーに何をさせているかについて疑問に思った。
He had recently been pulled out of retirement
 彼は最近退任から引っ張り出され、
(perhaps more aptly described as self-imposed exile)
 (おそらく自ら好んで亡命者(になったと)、より適切にみなせる)
and made a training officer of Alpha-9.
 アルファ-9の訓練責任者を務めていた。
Perhaps the training officer.
 おそらく訓練官(として)。

She could ask.
 彼女は尋ねることができた。
But that would require more paperwork, if the wrong people were tapping her office right now.
 しかし、それはもっと多くの書類を必要としていただろう。もし間違った人がちょうど今彼女のオフィスをノックしていた(少々意訳。こつこつとたたく)とすれば。

Tilda was technically cleared for all of that, but the papers took a while to make their way to her desk, and even longer to climb the pile.
 ティルダはそのすべてに対し技術的にクリアされていた、しかし論文は彼女の机に向かうためにしばらく時間をとったし、堆積物(ペーパーワークの紙の山)を登る時間は更に長くなった。
She needed to delegate more of this, but delegation was its own paper mountain.
 彼女はもっとこれを(別の人にか?)委任する必要があった、しかし代表団は自分自身の紙の山だった。(何言ってんだかよく分からない)

He was expecting a response, about the cigarette.
 彼はタバコについての反応を期待していた。
"It's very kind of you to offer.
 「そいつはお前に親切だぜ。(色んなものを)提供してくれる。(意訳意訳)
There is still time for me to pick up the habit."
 お前が慣習にならう(意訳意訳)時間はまだあるぜ。」
She motioned to her computer and the reams of paper on her desk.
"You know how it goes, though."
 「あなたはその提案がどうなるか分かってるでしょう、それにもかかわらず(提案してくるんですから)。」

Dmitri ground his teeth, stainless steel glinting occasionally as he did so.
 ドミトリーは歯ぎしりをした、彼がそうしている間ステンレス鋼が時折きらめいた。
A former Russian airborne infantryman, he had lost a few teeth during bad jumps and some hack
 元ロシア空挺部隊隊員である彼は、まずい飛び降りと幾度かの滅多打ち(滅多切りとかそういうニュアンスも)の間にいくつかの歯を失っていた。(意訳意訳)
Soviet dentist had replaced the missing ones with stainless steel facsimiles.
 ソ連の歯科医は、欠けているそれらをステンレス鋼の模造品で置き換えた。(ここって分けていいのか…??)
"I tell you what.
 「まずこうしようぜ。
Leave that go."
 そいつに見切りをつけろ。(ハイパー意訳。何か略されてるのか???)
He waved dismissively at her desk.
 彼は、見下げるように彼女の机に手を振って合図をした。
"I will take you to dinner.
 「夕飯に連れて行ってやるよ。
I know a nice place.
 いい場所を知ってるぜ。
Quiet, good food, no questions asked.
 静かで、良い食いもので、尋ねるような疑問もない。
They also serve Coca Cola."
 更に、コカ・コーラを提供してる。」
Might have sounded like a joke to someone else.
 他の誰かには冗談のように聞こえたかもしれない。
But it appealed to Tilda.
 しかしそれはティルダに訴えかけた。
The cursor seemed to blink more aggressively.
 カーソルは、より攻撃的に瞬くようだった。
Don't you dare, it almost vocalized.
 あえて(そんなことを)しないでくれ、それは今にも声を出したいようだった。(意訳)
Work is more important than food.
 仕事は食べ物よりも重要だ。

Her work saved lives. Her work ended lives.
 彼女の仕事は(多数の)命を救った。 彼女の仕事は(その命を)終えた。

Dmitri was waiting.
 ドミトリーは待っていた。
Tilda looked at him again and nodded consent.
 ティルダは彼をもう一度見て、同意としてうなずいた。
The moment they left her office, he lit another cigarette.
 彼女のオフィスを去った瞬間、彼は別のタバコに火をつけた。

She couldn't decide between a Wendy's number 7 or number 8.
 彼女はウェンディーズのナンバー・7(のセット)かナンバー・8(のセット)の間で、決めることができなかった。
It had been so long since she’d eaten out, even at a fast food restaurant, that she really couldn't decide.
 彼女が外食してからずっと、ファストフードのレストランでさえ、彼女は本当に決めることができなかった。
Something light, maybe?
 もしかしたら、何かしらは軽いのでは?(意訳意訳。これで合ってるのか?要検討)
Nothing worse than working hard on a stomach that feels like it's full of bricks.
 満杯の煉瓦みたいに感じるような胃で働くのより悪いものはない。
A salad, perhaps?
 おそらく、サラダ?

Dmitri approached the cashier.
 ドミトリーはレジ係に近づいた。
She looked very young, with an uncertain look about her.
 彼女についての当てにならない観察では(意訳意訳)、彼女はとても若く見えた。
Tilda wondered if she was in college.
 ティルダは彼女が大学にいたのかどうか疑問に思った。
For some reason, that thought aroused a sympathy that bordered on pity.
 いくつかの理由で、その考えは哀れみに近い同情を引き起こした。

"Welcome to Wendy's,"
 「ウェンディーズへようこそ」
the cashier said.
 レジ係は言った。
"Would you like to try the Son of Baconator?"
 「スン・オブ・ベーコネーター(ベーコネーターの息子。商品名。検索すると出てくるぞ)はいかがでしょうか?」
"No, I do not want the pretender.
 「いいや、俺は偽者を望んでない。
I want the Baconator elder, with quadruple bacon."
 俺は、4倍のベーコンの、ベーコネーターの長老が欲しい。」
He held up four fingers for emphasis.
 彼は強調のために4本の指を持ち上げた。

"Sir, I don't know if we can—"
 「お客様、私たちに(それが)できるかどうかわかりませんが――」

Dmitri cut her off.
 ドミトリーは、彼女(の言葉)を遮った。
"Is this not America?
 「ここはアメリカじゃないのか?
Am I still in the Soviet Union?
 俺はまだソビエト連邦にいるのか?
Why did I leave?"
 何で俺は(ソ連を)去ったんだ?」
Dmitri gave her a hard look.
 ドミトリーは彼女にきつい視線を向けた。(ちょい意訳)
"Why did I leave if I must settle for the pretend Baconator."
 「もし俺がベーコネーターの偽物で我慢しなくちゃいけないってんなら、何で俺はソ連を去ったんだ。」

"S-Sir it is America, but…"
 「お、お客様、ここはアメリカです、しかし…」

"Do you want a bribe?
 「あんたは賄賂が欲しいのか?
Do I have to bribe for this?"
 俺はこれのために賄賂を贈らなければならないのか?」
The cashier tried to protest, but Dmitri held a finger to his lips.
 レジ係は抗議しようとしたが、ドミトリーは指を彼の唇につけた。
"Shhh, no no.
 「シー、やめとけ、やめとけよ。
Here.
 ここ。
Look at this."
 こいつを見ろよ。」
He placed a crisp fifty dollar bill on the counter and slid it towards her.
 彼はカウンターに真新しい50ドル札を置き、それを彼女の方にスライドさせた。
"For you, for you.
 「あんたのため、あんたのためだぜ。
Quadruple bacon.
 四倍のベーコンだ。
I want the true Baconator father.
 俺は本当のベーコネーターの父が欲しい。
Maybe even the Baconator grandfather."
 たぶんベーコネーターの祖父でさえもな。」

Wide-eyed and confused, the cashier took the bill and punched in the order.
 目を大きく見開き困惑して、レジ係はその紙幣を取り、オーダーを打ち込んだ。
Satisfied, Dmitri stepped back.
 満足して、ドミトリーは下がった。
The cashier looked up at Tilda as if wondering what was coming next.
 まるで次に何が来るのか疑問に思うように、レジ係はティルダを見上げた。

"I'll have what he's having."
 「彼が食べるものをお願い。」

It was unhealthy.
 それは不健康だった。

It was delicious.
 それは美味だった。

Neither of them spoke for a great while, the taste of the cheap food and the knowledge of how bad it was for them bringing its own peculiar form of catharsis.
 彼らのどちらも、かなり長い間、ものを言わなかった。安い食物の味と、それが彼ら独特の形のカタルシス(哲学用語、魂の浄化)をもたらすのはどれほど悪いのかという知識(について)。
As Tilda wiped her hands clean of grease, she had no recourse but to admit that she did indeed feel a lot better.
 ティルダは、手の油脂をきれいに拭うにつれて、根拠は無いが気分はより良くなったと認めた。

“So, how is training progressing, Dmitri?
 「それで、訓練はどのように進行していますか、ドミトリー?
We’d might as well conduct a little business while we’re out,”
 外出している間、私たちはちょっとしたビジネスをすることになるかもしれないわ」
she asked.
 彼女は尋ねた。

He moved to light a cigarette but a sorry look from the cashier stopped him.
 彼はタバコを軽く動かしたが、レジ係からの情けない表情(他にも意味あるけど)は彼を止めた。
“We are moving along.
 「俺ら(我々は、とかのがいいか)は(マニュアルに?)沿って動いている。
I have been trying to drill them on quick threat detection and reaction.”
 俺は迅速な脅威の検出と(それへの)対応で、あいつらを訓練しようとしてる。」

“How does that work?”
 「それはどのような働きなんです?」

“They must learn that conditions can, how to say, ‘shit the bed’ in an instant.
 「あいつらは、状況が出来ることは、一瞬のうちに『やらかした』って言う方法を学ぶに違いないな。(あってないだろ…要検討)
Sometimes you have mere seconds to react to a changing situation, and it will determine if you live or die.”
 時々、変化する状況に対応するのにほんの数秒しかない(時もある)、あんたが生きているか死んでいるかが決まる。」

Tilda nodded.
 ティルダはうなずいた。

“I will give you an example.”
 「あんたに例を挙げるぜ」
He pointed with the unlit end of his cigarette towards a man who had just entered.
 彼は、点火していない煙草の先(端っこ、の意訳)で、たった今店に入って来たばかりの男を指差した。
He wore an oversized sweater that looked a bit too warm for the current climate,
 彼は、少々今の季節には暑すぎる、オーバーサイズのセーターを身に着けており、
and his body language indicated that he was possibly nervous or agitated.
 彼のボディーランゲージは、彼がもしかすると神経質であったり動揺していたりしたかもしれないことを示していた。

“That man there, we will call him Sweater Man.”
 「あそこのあの男、彼をセーター男と呼ぶとしよう」
Dmitri’s and Sweater Man’s eyes met for the briefest moment.
 ドミトリーとセーター男の目が、ほんの一瞬だけ合った。
“What would you do, for example, if Sweater Man decided suddenly to shoot up this place?”
 「例えば、もしセーター男が突然この場所を襲撃すると決めたら、どうする?」

“What?”
 「何ですって?」
Tilda frowned.
 ティルダは眉をひそめた。
“I would call it in, if I could, and wait.
 「私なら電話するでしょうね、もし出来ればだけど。そして待つわ。
Besides that, I would probably do nothing.”
 それ以外に、私はおそらく何もしない」

“Nothing?”
 「何もしない?」
Dmitri looked displeased.
 ドミトリーは不愉快そうに見えた。

“Yes.”
 「ええ。」
She watched Sweater Man staring at the counter, shifting in his oversized sweater.
 彼女は、セーター男が特大のセーターをいじりながら(意訳)、カウンターを凝視しているのを見た。
She remembered the mountains of paperwork.
 彼女は書類仕事の山を思い出した。
Saving lives, ending lives, whether you signed this piece of paper or whether you didn't sign that one.
 あなたがその紙きれに署名しようとしまいと、(誰が?)命を救い、命を終わらせる。
Inaction, action.
 無反応、行動。(要検討。他にも意味あり)
No matter what you did, so much was all the same.
 たとえあなたが何をしたとしても、そう多くは同じだった。

Dmitri leaned forward, clearly forming an argument.
 ドミトリーは前かがみになり、議論の体勢を取った(分からん~意訳)。
But whatever he was going to say was lost when Sweater Man lifted his garment, pulled out a handgun, and fired a round into the ceiling.
 しかし、彼が言うつもりだったものは何であれ、セーター男が彼の服を持ち上げ拳銃を引き抜き、天井に向けて弾丸を放ったときに失われた。

Chairs squealed as frightened children and parents alike dove for cover under the wooden Ikea tables.
 椅子が甲高い音を立てて、怯えた子供や親たちは皆同じように、IKEAの木製テーブルの下の隠れ場所へと潜った。(dove→diveの過去形 cover→避難所とか隠れ場所)
A baby started crying.
 赤ん坊は泣き始めた。
Someone spilled a drink on Dmitri’s back.
 誰かがドミトリーの背後でドリンクを零した。
Tilda glared at Dmitri with a tone carrying less alarm and more ‘What the hell have you done?’

“ALRIGHT.
NOBODY MOVE AND THIS IS OVER REAL QUICK.”

Sweater Man swept his weapon over the cashier and instructed her to begin filling a carryout bag with bills from all the registers.
 セーター男は武器をレジ係にさっと向け、すべてのレジの紙幣でテイクアウト用の袋を満たすよう彼女に指示した。

Dmitri relaxed his hands, allowing his right arm to drop nonchalantly to his side, and waited.
 ドミトリーは右腕をいい加減に横へ垂らすままにして、手をリラックスさせ、待っていた。

When Sweater’s head was turned to the cashier, he nodded at Tilda and rose.
 セーター男の頭がレジ係に向けられたとき、彼はティルダにうなずき、立ち上がった(前の部分まだ読んでないから要検討)。
With smooth, practiced motion, Dmitri’s gun hand lifted the hem of his shirt and drew his trusted sidearm.
 滑らかで、訓練された動作で、ドミトリーのハンドガンは彼のシャツの裾を持ち上げ、彼の信頼できるピストルを繰り出した。
The weapon rose swiftly, meeting the target—
 武器は素早く上昇して、ターゲットに出会い――

Dmitri slipped on a spilled milkshake.
 ドミトリーは、零れたミルクセーキの上で滑った。
In stark contrast to how gracefully he had risen, he collapsed to the floor.
 彼がいかに優雅に立ち上がったかとは見事に対照的に、彼は床に倒れた。
His sidearm landed on the table in front of Tilda.
 彼のピストルはティルダの正面のテーブルに到着した。

There were only seconds to react, but her brain still jumped through the usual hoops.
 反応するのにはわずか数秒しかかからなかった、しかし彼女の脳は未だ、いつも通りの面倒な手順を踏んでいた。
This was not a choice she had wanted to make.
 これは、彼女がしたかった選択ではなかった。
Ideally she didn’t want to make any choice in this kind of situation, but the die was already cast.
 理想を言えば、彼女はこのような状況では何の選択もしたくなかったが、ダイスはすでに振られていた。

She felt her hand wrap around the bakelite grip as she, too, rose from her seat and drew down on Sweater Man.
 彼女は、自分の手がベークライト(合成樹脂)のグリップを包み込んだように感じ、彼女もまた、席から立ち上がって、セーター男を

The sights aligned, and beyond the front blade sight she could see the target’s eyes go wide.
 視界は一直線であり、

Flash.
 閃光。

She felt, more than heard, the report of the gun.
 彼女は感じた、銃のレポートで聞いていた以上のものを。
Her eyes flinched.
 彼女の瞳はひるんだ。
She felt her hand absorb the recoil as the slide cycled backwards and chambered a new round.
She watched the lacquered steel casing fly past her peripheral vision.
Glass shattered and children screamed, all of it silenced by piercing, ringing tinnitus.
 ガラスが粉々になり、子供たちが叫んだ。その全てが、けたたましく鳴り響く耳鳴りによって、封じられた。

When her eyes focused, Sweater Man was gone.
 彼女の両目の焦点が合ったとき、セーター男はいなくなっていた。
The spent casing hit the floor, and with that her hearing returned.
 消費された包み(前部分読んでないけど薬莢かしら)は床に当たり、それによって彼女の聴覚が戻ったのだ。

Dmitri stayed on the floor and lit his cigarette.
 ドミトリーは床にとどまって煙草に火をつけた。
“You see what I mean, yes?”
 「俺が何を言ったのはどういう意味か分かったか?」

She exhaled.
 彼女は(息を?だと思われる)吐き出した

“You should have Everett look at that bruise,”
 「あなたは、エヴェレットにその傷(あざ・打撲痕)を見させなければいけませんよ、」
Tilda said as they alternately walked and limped through the hall.
 ホール内を、足を引きずって一つおきに歩きながら、ティルダは言った。
The adrenaline crash was hitting her hard, and she wanted nothing more than to sink into her office chair and do paperwork again.
 アドレナリンの衝撃は彼女にひどく打撃を与えた。そして彼女はオフィス・チェアに沈み込んで再度書類業務をすることより多くのものを望まなかった。
Maybe that was the real lesson to be taken from this:
 たぶん、それはこれから得られる本当の教訓だった――
an appreciation of stability and relative safety.
 安定性と相対的な安全性への感謝(検討。他にも意味あり)。

“No, because he will try to replace my lungs again.
 「いいや(やだね、のニュアンスかしら)、彼は俺の肺をもういっぺん交換しようとしてくるんでね。
I told him never again, not after last time,”
 俺はあいつに二度とは言わないぞ、」(わからん!!!not after last timeって何!!!)
Dmitri said with an emphatic chop of his hand.
 ドミトリーは、彼の手で勢いのあるチョップの手振りをしながら言った。

Finally they reached her office.
 とうとう彼らは彼女のオフィスに着いた。
She invited him in for a drink out of courtesy, but he politely declined, reminding her that she still had work to do.
 彼女は礼儀として彼を飲みに招待したが、彼は丁重に断った。そのことは彼女に、まだするべき仕事があることを思い出させた。(courtesy は名詞courtesy of=厚意によって、みたいな意味がある様)

A question loomed on her mind, and she teetered indecisively as to whether she should ask or not.
 とある疑問が彼女の心にのしかかっていて、彼女は尋ねるべきかどうか、グズグズと決めかねていた。(as to whether~=~するかどうか)
She decided she had to know.
 彼女は、知らなくてはならないと決心した。

"Dmitri…did you orchestrate all of that?"
 「ドミトリー…あなた、あの事全部を画策したんじゃないの?」

He gave a curt laugh.
 彼は素っ気なく笑った。
"I only wish I could have planned that.
 「俺は、あれを仕組めたらよかったのにと思ってるだけだ。
So perfect!
 めちゃくちゃ完璧にな!
It was complete co-insidious."
 そいつは、まったく共通の悪事(だ、ってことだ)」(completeは形。insidious=形。狡猾な,陰険な,油断のならない。〈病気など〉知らぬ間に進行する,潜行性の。co‐=接頭辞。「共同」「共通」「相互」「同等」の意、もしくは強調にも使える接頭辞com‐の別形)

"…Coincidence."
 「…偶然の一致、ね。」

"Yes, that is what I said."
 「ああ、俺が言った通りのな。」
He clapped her on the shoulder, beaming.
 彼は彼女の肩をポンと叩き、微笑んだ。
"I want you to know, you did well, even though you missed.
 「俺はあんたに、あんたは上手くやった、ってことを知ってほしいよ。たとえやり損なったとしてもな。
I am sure the police found him."
 きっと警察があいつを見つけたろうさ。」

Despite her exhaustion she managed to crack a grim smile.
 彼女は疲労していたにもかかわらず、いかめしい笑みをどうにか浮かべていた。
“Thank you.
 「ありがとうね。
No more practical lessons, if you please.”
 何と、あれよりも実践的なレッスンはないわ。」(if you please=[皮肉で] (ところが)何と, どうでしょう, いいですか.)

“I will try to honor this request, Direktor.”
 「俺は、要求は尊重しようとしてるんだぜ、ディレクター。」

She sunk into her chair.
 彼女は椅子に沈んだ。
The cursor greeted her.
 カーソルが彼女を迎えた。
It had kindly remained where she left it.
 それは親切(なこと)に、彼女がそこ(部屋)を去った位置に残っていた。
 

ERROR

The fructose-gdgd's portal does not exist.


エラー: fructose-gdgdのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3678911 ( 04 Jan 2019 07:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License