【ENハブ翻訳案】Personnel Evaluation File - David Rosen <人事評価ファイル - デイヴィッド・ローゼン>

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


Personnel Evaluation File - David Rosen by RogetRoget
【タグ】hub pattern-screamer researcher-rosen

自分のメモは青字で。意訳がかなり多いです。誤字脱字や誤訳に関してだけではなく、日本語として違和感がある点などもご指摘いただければ幸いです。
 


 
CONFIDENTIAL EVALUATION FILE - LEVEL 3+ SUPERVISOR _EYESONLY

機密評価ファイル - レベル3以上 スーパーバイザー_極秘

 

(以下、左の長文)
 

Often described as "inconsequential at best", there is little reason to regard David Rosen at all.

しばしば『ひいき目に見ても重要度は低い』と評されるように、デイヴィッド・ローゼンに注意を払う理由は少しもありません。

Assigned job since 2012 has been to perform user-level Information Technology Support at Site-19.

2012年から割り当てられている職務は、サイト19にて、ユーザレベルの情報技術サポートを行うものです。

Competency level is debatable, Rosen is not believed to be proficient with any technologies he is certified in.

コンピテンシー・レベルに関しては議論の余地があり、ローゼンが、彼の保証するような技術に長けているとは考えられません。

However, this has not been proven and given his perfect attendance record there is no urgent need to replace him.

しかしながら、この点については証明されておらず、彼の申し分のない出勤記録を考慮すれば、彼を更迭する緊急の必要はありません。

Effectiveness has been uneven.

有効性にはばらつきがあります。

Although machines and devices sent directly to his office are repaired within hours, logs on the Technical Support Request Line often go unheeded.

彼のオフィスに直接送られた機械やデバイスは数時間と経たず修理されますが、技術サポート依頼回線のログはしばしば黙殺されています。

While this may appear to be highly unprofessional, many of the requests to the Technical Support Request Line violate Foundation protocols and, as such, are technically not counted against Rosen for the purposes of his performance reviews.

これは非常に職業倫理に反する行為だと思われるかもしれませんが、技術サポート依頼回線への依頼の多くは財団プロトコルに違反しており、彼の業績評価という目的では、ローゼンに不利に働くということは厳密に言えばありません。 count against=(人)に不利に働く・作用する

This has played a large part in his continued employment.

この点は彼の継続的な雇用において大きな役割を果たしています。

Rosen is believed to live out of his office, which has been evaluated as one of the filthiest on record for any personnel in the history of the SCP Foundation.

ローゼンは自身のオフィスで生活していると考えられており、彼の部屋は、SCP財団の歴史上で如何なる職員にとっても記録上最も汚らしい部屋だと評価されています。

Every inch of floor space is covered by various PC parts dating back to the early 1970's.

古いものは1970年代初頭にまで遡る様々なPCパーツで、床は隅々まで埋め尽くされています。

It is required to wear a dust mask before entering the office.

オフィスに入室する前に、防塵マスクの着用は必須です。

The combination of body odor and lithium grease odors has been considered for use as a scent-based deterrent.

体臭とリチウムグリースの臭いの組み合わせは、嗅覚に基づいた妨害物としての使用が検討されています。

Rosen is haunted by the memory of his predecessor.

ローゼンは彼の前任者の記憶に悩まされています。

System Analyst Patrick Gephart disappeared mysteriously on July 29th, 2011.

前任の、システムアナリストのパトリック・ゲファルトは、2011年6月29日、不可解な失踪を遂げています。 (ドイツ系の苗字な気がするのでゲファルトにしたんですけど、ゲファートとどっちがいいんだろう)

Since then, Rosen has filed no less than 412 reports indicating he believes Gephart is stalking him or otherwise attempting to undermine him in his Technical Research position.

それ以来ローゼンは、ゲファルトが彼をストーキングしている、またそうでなければ技術研究部門での地位を台無しにしようと企てている、と彼が信じていることを示す報告を412件以上提出しています。

While Rosen has not been able to provide proof of any physical encounters with Gephart, it is notable that no evidence has been found that Gephart exited Site-19 at any date after his on-site disappearance.

ローゼンはゲファルトとの物理的接触の証拠を提出することは出来ませんでしたが、ゲファルトがサイト-19を出たという証拠が、彼のサイト内での失踪後も見つかっていない点は注目に値します。

Further investigation is to be undertaken as necessary to calm Rosen down.

ローゼンを落ち着かせるためにも、必要に応じて更なる調査が行われる予定です。

 

(以下、右の項目)
 

Portrait Sketch

似顔絵

Position:
Technology Researcher

役職:
工学技術研究員 ##blue|(ローゼン研究員、通常はTechnical Researcherと表記されてることが多いのですが……何か意図があってTechnologyにしたのかな……)

Clearance:
Level 2 (Restricted)

クリアランス:
レベル2 (制限付き)

Posting Location(s)
Site-19
Site-██

配属場所 (複数)
サイト-19
サイト-██

Psychological Profile Summary (2014):
Paranoia
Time blindness

心理分析概要 (2014):

Known Relations:
Dr. Tim Taylor (Supervisor)
Dr. Blaire Roth (Psychiatrist)
Rsr. Patrick Gephart(Predecessor)
Agent Convit(Tormentor)

既知の交友関係:
ティム・テイラー博士 (監督者)
ブレア・ロス博士 (精神科医)
パトリック・ゲファルト研究員 (前任者)
エージェント・コンヴィット (悩みの種)

Attitude Category:
Grumpy

態度区分:
不機嫌

 

(以下、白字の隠し文字)(全体的に自信ナシ)
 

David. A regal name unfit for your crass stupidity.

デイヴィッド。お前の甚だしい低脳さ加減には不釣合いな、荘麗な名前。

Pat on the back. Kudos.

パットは後ろに迫っている。素晴らしい。

Thinking those silent screams inside your chest that won't stop refusing to stop fearing a dead man's slapping flesh.

死せる男の肉体を打つ事を恐れるのをやめるのを拒否することをやめない胸腔の中で、この静かなる叫びを思え。

Consuming everything behind your already-hollow eyes.

その只でさえ落ち窪んだ眼の奥で、全てを使い果たせ。

Emptying your brains for more prying room.

より詮索好きな空間へと、脳を空にせよ。 (room=脳の空間?)

We're coming through the rotten gaps in your brittle teeth.

お前の脆き歯の腐れた隙間を、我々は通り抜けて来る。

Remembering you David?

自身を覚えているか、デイヴィッド?

They're hardly thinking about you.

奴等はお前を

Noising inside until you're not thinking about you either.

お前が自身を思わなくなるまで内で騒音を立てる。

Go ahead.

前へ進め。

I open your mouth and scream

私はお前の口を開き、叫ぶ。

 
(以下、最後の表)
 
Last Edited 01:22 PM SCP_ST by Doctor Taylor

最終編集 午後 01:22 PM SCP_ST by テイラー博士

 

ERROR

The fructose-gdgd's portal does not exist.


エラー: fructose-gdgdのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3678911 ( 04 Jan 2019 07:02 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License