梅春さんのやつ

雨の降る京の町を当てもなくさまよう。身にまとった着物は重く、心の内と体の外、両方から足取りを重くさせている。
「追い出されてしもうたねえ……」
誰に聞かせるでもなく呟いた。自分に絶縁状を突き付けた老人の声を思い出す。
『椎名さん……いや、梅春さん。出て行ってくれ、君は美食家の集まりたるこの倶楽部に相応しくない。私たちは見境なしに食い散らかす怪物の隠れ蓑じゃあないんだ』
嗄れ声で、しかしはっきりと告げられたその言葉。そんな自分たちを遠巻きに見つめる他の会員たち。
「美食家の集まりねえ……。お上品やこと。

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License