Tale翻訳案 Research Notes Of RJ Tellar (RJ Tellarの取材メモ)

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

As much as I wanted Professor Award-Waver-One-Proud-Accomplishment-So-Flaunt-It-Until-I-Die to choke on his own vomit, some of the stupid habits stuck with me. Pen and paper help me think, so writing all this shit down. Working on this Serpent's Hand article for my boss. Everyone else is all over the shitstorm in North Korea, but that's behind the game. Good journalism is seeing what's happening now. They wanna write history, they can. My job is turning the low hanging fruit into gold.

賞に一喜一憂し、俺が死ぬまで一つの功績を自慢する教授に自分の吐瀉物をのどに詰まらせてほしかったのと同じくらい、愚かな癖がついてしまった。ペンと紙は考えるのを助けてくれるから、このたわごとを書き留める。俺の上司のために蛇の手の記事に取り組んでいる。他の誰もが北朝鮮のクソ嵐の上にいるが、それはゲームの裏側にある。優れたジャーナリズムとは、起きていることを見ることだ。彼らは歴史を書きたいと思っているし、書くことができる。俺の仕事は簡単にできる仕事を金に変えることだ。

So, ground work. Serpent's Hand: Some weird tree-hugger sounding group. What I can find from the Leak suggests they're basically human rights for the weird. Going to do some canvassing and interviews, see if anyone's seen them or knows about them on street level.

だから、基礎準備だ。蛇の手: 奇妙な環境保護派のように聞こえるグループ。リーク情報を見る限り、彼らは基本的に超常的な人間の人権活動をおこなっているようだ。いくつかの聞き込みとインタビューをして、誰かがそれらを見たかどうか、またはそれらについて知っているかどうかを一般人基準で確認する。


Interviews done, findings: Majority of people have seen them even less than these foundation goons. There was some sort of big conspiracy, but in the two months that've passed since, you can at least spot the occasional weirdo men in black type. It's making people nervous, and nervous people come in two varieties: talk to the press, or don't talk to the press. Right now I've got all of three people who, after a lot of legwork, could, would, and did produce anything more concrete than an opinion.

インタビューは終わった。調査結果: 大多数の人々は、彼らを財団のチンピラを見かけるよりさらに少ない回数しか見たことがない。ある種の大きな陰謀があって、あれから2か月経ったが、少なくとも時折妙なメン・イン・ブラック型の人間を見つけることができる。それは人々を緊張させ、緊張した人々は2種類に分けられる。マスコミに話すか、話さないか。俺は3人捕まえて、彼らは、たくさんの調査の結果、意見よりも具体的なことを話すことができ、話そうとし、そして話した。

First guy claimed to have met a rep, looking into his son. Said they were investigating the possibility of his kid having some kind of powers or whatever. Didn't seem too impressed, the rep was apparently some Native American kook who spent some time burning incense and left empty handed. New age crap. Had a little card the guy gave him. A hand with a snake wrapped around it. Seemed to fit.

最初の男は、彼の息子を調べていた担当者に会ったと主張した。彼の息子がある種の力か何かを持っている可能性を調べていたと言っていた。あまり感激したようには見えなかったが、その担当者はどうやらネイティブアメリカンの変人で、お香を焚いて時間を過ごし手ぶらで帰ったらしい。新時代の戯言だ。その男が渡した小さなカードを持っていた。手のある蛇が周りに巻き付いていた。似合っているように見えた。

Other two had similar stories. Young kids, unusual stuff, representatives who looked like aging hippies or young college kids coming in and looking over their children. Not one had been a positive. Sounds like a complete load so far. Might have a stinker of a reveal for my editor, he loves those. Need to figure out a headline suggestion.

他の2人も似たような話をした。幼い子供、普通でないもの、年老いたヒッピーか若い大学生に見える代表者がやってきて彼らの子供を調べた。肯定的なものはなかった。これまでのところ完全に負担のように聞こえる。編集長が好きな暴露ネタがあるかもしれない。見出しの提案を考える必要がある。


Found a 'cell' of the Hand. Got pointed to them by contact. Been selling my editor on the whole 'crock of shit' angle. He's happy. Wants me to wrap up the story so he can get more coverage on the North Korea clusterfuck. As if there weren't thirty thousand people covering that already.

手の「支部」を見つけた。連絡先を手に入れた。編集長に「たわごと」を売り込んでいた。彼は満足している。北朝鮮の大混乱をもっと報道できるように、俺に記事をまとめて欲しがっている。すでに報道している3万人はいないかのように。

These guys are based out of the local third tier college for underachievers. Going to see if I can't get some info out of them. They've got a website. Looks like most of the crazy kooks who believe in Bigfoot and want the age of Aquarius or some shit like that. Believing in the supernatural is all the rage with this reveal.

こいつらは地元の劣等生向け三流大学を拠点にしている。彼らから情報を得られないか見に行く。彼らはウェブサイトを持っている。ビッグフットを信じて水瓶座の時代を願う気狂いが多いようだ。真実の露呈で、超自然を信じることが大流行している。

Plan to remain skeptical.

懐疑的なままでいよう。


Met with the cell. Gotta say: wow. Just when I thought this couldn't get any more bullshit kook amateur hour, these guys show up. First off their 'headquarters' was just someone's dorm room, and it reeked of pot. Second, not one of them looked like he owned a shirt that didn't have wrinkles growing out of its wrinkles. Third, anime posters everywhere. Not exactly the kind of black ops group hinted at in the dossiers.

支部と会った。正直に言うと: ワオ。でたらめで奇妙な素人の集まりでこれ以上何も得られないだろうと思ったその時、こいつらがあらわれた。第一に彼らの「本部」はただの誰かの寮の部屋で、マリファナの臭いがした。第二に、彼らの誰一人としてしわのないシャツを持っているようには見えなかった。第三に、アニメのポスターがあちこちに貼ってあった。書類でほのめかされていた秘密工作の組織とは違っていた。

They said their names were Adam, Charoosh, and Morgan. I'm pretty sure Charoosh was trying to look impressive. The name, combined with the dreadlocks, pubic goatee, and general malaise, wasn't doing it. They spoke at length, got the interview recorded on MP3. General notes: They're morons.

彼らはアダム、チャルーシュ、モーガンと名乗った。チャルーシュは印象的に見えるようにしていた。その名前、ドレッドヘア、顎髭、全身の倦怠感は、そうはいかなかった。彼らは長々と話し、インタビューはMP3で記録された。一般注意事項: 彼らは馬鹿だ。

Never met a bigger bunch of shysters in my life. Kept babbling on about some deeper cosmos and 'attunement to the universe' crap. Tried to be a little open minded, but it all was new-age hoodoo bullshit. Kept expecting one of them to try to give me a pamphlet and ask for a donation. Most of the talk was me trying to get any details of things they'd actually done, and them trying to frantically hide that they just used the name of the group to score pot and get laid.

人生の中で、これほどシャイな集団に会ったことがない。深い宇宙や「宇宙との調和」についてのたわごとについて話し続けた。少しは心を開こうとしたが、すべて新時代のチンピラの妄言だった。彼らのうちの1人がパンフレットを手渡して寄付を求めることを期待し続けていた。会話のほとんどにおいて俺が彼らが確実にやったことの詳細をなんでもいいから聞き出そうとし、彼らは必死にグループの名前をヤクの入手とセックスのために使ったことを隠そうとしていた。

As it stands, article is looking like satire will be the only thing to give it legs. Push for scathing, a little mockery, some clowns throwing pies, and call it a day. Going to go back for a followup with that in mind and see what turns up. Still need headline.

今のところ、風刺が記事に脚力を与える唯一のものだ。辛辣さ、少しの嘲笑、パイを投げるピエロを推して、今日はここまでにしよう。それを念頭に置いて追跡調査に戻り、何が出てくるか見る。見出しがまだ必要だ。


Back from followup. Got to get this written down and then hide it. Jesus fucking Christ. Don't know what I was thinking, but I'm in over my head. Way over. Fuck my hands are still shaking.

追跡調査から戻った。書き留めて隠すんだ。何てことだ。何を考えていたのか分からないが、手に負えない状況だ。限界。手が震えてる。

Okay, details: went back to the dorm room for the followup interview, but goons weren't in, despite saying they would be. Decided to kill a little time and wait in my car for an hour or two. Started getting dark and I was getting ready to leave when I heard breaking glass in the direction of the dorm. Few quiet thumps and some yelling, and suddenly the whole place went to shit. Some black SUV kicked on its highbeams and men in fatigues started piling out like a god damned clown car.

オーケー、詳細: 追跡調査のインタビューのために寮の部屋に戻ったが、チンピラどもはいなかった、そこにいるだろうと言っていたのに。1、2時間車の中で時間をつぶして待つことにした。暗くなり始めて帰る準備をしようとしたとき、寮の方からガラスの割れる音が聞こえた。小さなゴンという音と怒鳴り声がして、突然その場は大混乱に陥った。黒のSUVがハイビームを蹴り上げて、ピエロの車みたいなのから作業着を着た男たちが出てきた。

At this point, I had two options. Get out and investigate, or drive away. Both would lead to me getting spotted, so I was stuck. The decision ended up being made more or less for me. Gunfire started up, and the car shuddered when a bullet blew out my tire. Option C: run like a fucking bitch.

この時点で、俺には二つの選択肢があった。調査のために外に出るか、車を走らせて逃げるか。どちらにせよ俺は発見されることになるだろうから、動けなかった。決定は多かれ少なかれ俺のためになされた。銃撃が始まり、弾丸がタイヤを吹き飛ばして車が震えた。選択肢C: クソ女のように走る。

I was about thirty yards away from my car when it happened. Something hit the SUV and it exploded, shrapnel and a shockwave throwing me to the asphalt. Still hurt from where I hit. Saw them when I looked up.

それが起こった時、俺は車から30ヤードほど離れていた。何かがSUVにあたって爆発して、破片と衝撃波でアスファルトまで飛ばされた。ぶつけたところにまだ痛みが残っている。見上げた時、彼らを見た。

One looked like a lizard. A honest to god knight holding a sword. Some THING which looked like it was wrapped up in skin. Some monkey-person. Black cat. All of them ran past me. When they saw me, one of the kids HISSED. Swear he had fangs. Did my best to look like I wasn't anything important. Soiled self.

1人はトカゲのように見えた。剣を持った実直な騎士。皮で包まれたように見える何らかの物体。何人かの猿人。黒猫。全員が私の前を通り過ぎて行った。彼らが俺を見たとき、子供の1人がヒスった。牙があったと誓える。自分が大したものではないように見えるよう最善を尽くした。自分を汚した。

Mailed article in, taking a leave of absence. Going to go cover North Korea. Can't be worse than here.

記事を郵送した、休暇を取って。北朝鮮の取材に行く。ここよりひどくなるはずがない。

Document recovered from surveillance site Romero-Alpha-Tango-Sierra. Author missing, whereabouts unknown.

監視サイト-ロメロ-アルファ-タンゴ-シエラより回収された文書。著者行方不明、所在不明。


ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License