Tale翻訳案 Free Kleinberg (クラインバーグに自由を)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

Posts from the reddit thread “Did anyone hear about that time loop town in South Dakota?” on /r/FoundationWatch

redditのサブレディット「FoundationWatch」上のスレッド「サウスダコタにあるタイムループの町って聞いたことあるか?」への投稿

This one’s a weird one, guys. Apparently there’s this little town called Kleinberg, pop. 2,300, that’s stuck in the 1920s. The years 1920 to 1928 repeat over and over again. They call it SCP-1309.
RealTwilightZone

こいつは不気味な話だ。クラインバーグっていう小さな町があるらしい。人口2300人で、1920年代から抜け出せないんだ。1920年から1928年が何度も何度も繰り返されてる。やつらはSCP-1309って呼んでる。
RealTwilightZone

Jesus, that sounds horrible. I can’t imagine living 8 years of my life on repeat, with no way out…
idk6942069

なんてこった。ひどい話だね。出口のない8年間の人生を繰り返すなんて想像できない……
idk6942069

No that’s the weirdest part dude. They’re born, they live, they have kids and they die…in those same eight years. So some guy who’s 60 years old will tell you he was born in 1922.
RealTwilightZone

いや、それが一番不思議なとこなんだよ。その人たちは生まれて、生きて、子供を産んで、死んでいく……同じ8年の中で。だから60歳の男が1922年に生まれたって言うんだ。
RealTwilightZone

WHAT

THAT’S EVEN WORSE WHAT THE FUCK
FucktheFoundation

そりゃもっとひでえ
FucktheFoundation

I take it this is the part where I learn the Foundation has been keeping them there?
4thwalldestroyed1

ここは財団が彼らをそこに囲っていることを知る場ってことか?
4thwalldestroyed1

Obviously. We have to do something about this guys
idk6942069

明らかにね。この人たちのために何かしなきゃ
idk6942069

Well, you know that anti-Foundation protest in New York?
RealTwilightZone

ええと、ニューヨークの反財団抗議デモを知ってるか?
RealTwilightZone

Yes…?
FuckTheFoundation

うん……?
FuckTheFoundation


Anti-Foundation Protestors Descend On State Capitol Building
The Capitol Journal - January 10, 2018

反財団デモ隊が州議会議事堂に降り立つ
The Capitol Journal - 2018年1月10日

PIERRE - Braving the cold and rain of the unforgiving South Dakota winter, approximately one hundred protestors gathered outside the State Capitol yesterday to demand the legislature take action to free the affected citizens of Kleinberg, Dewey County (“SCP-1309”) from the jurisdiction of the SCP Foundation. The protest, believed to be organized by the anti-Foundation group “FoundationWatch” on the website “reddit”, was done on the first day of the new legislative session to draw the maximum amount of attention.

ピエール - サウスダコタの冬の寒さと雨に耐えながら、約100人の抗議者が昨日、州議会議事堂の外に集まり、デューイ郡クラインバーグ(SCP-1309)の影響を受けた市民をSCP財団の管轄から解放するための行動を立法府に要求した。抗議は、ウェブサイト「reddit」の反財団グループ「FoundationWatch」によって組織されたと思われており、新立法会の初日に行われ、最大の注目を集めることができた。

Shouting slogans and brandishing placards ranging from crude to noble (the most popular being “F**k the Foundation”, with “Free Kleinberg” in a close second), protestors appealed to the goodwill of the South Dakota legislators.

スローガンを叫び、粗野なものから高貴なものまで(最も人気のあるものは「F**k the Foundation」で、「Free Kleinberg」が僅差の2位)のプラカードを掲げ、抗議者たちはサウスダコタ州の議員たちの善意に訴えた。

“These people are trapped in the 1920s but they still have rights,” said one protestor. “If anything, it’s more important to make sure they have their rights protected because they’re a minority. A temporal minority!”

「この人たちは1920年代に囚われているが、まだ権利を持っています」と、ある抗議者は言った。「どちらかといえば、彼らが少数派だからこそ、彼らの権利が守られていることを確認することがより重要なんです。時間の少数派です!」


“Fuck them!”

「くたばれ!」

“Doctor Selvece, please keep in mind that-“

「セルベス博士、気をつけてください-」

“What the hell am I supposed to do, Laura? They CAN’T LEAVE THE TOWN! These idiots on reddit know nothing about this damn anomaly they’re protesting over.”

「私は一体何をすればいいんだ、ローラ? 彼らはあの町を離れられないんだぞ! redditの馬鹿どもはやつらが抗議してるアノマリーについて何にも知らないんだよ」

“I know, sir, and it is frustrating.”

「存じ上げております、サー。腹立たしい事です」

“Life since the breaking of the masquerade has been frustrating. So did you just come in here to give me bad news, or-?”

「虚構が壊れてからの生活はイライラしっぱなしだ。それで、悪い知らせを持ってきたのか、それとも───」

“Doctor, I finished the report you asked me to write. The long and short of it is that I recommend making SCP-1309 a Semi-Accessible Public SCP.”

「博士、頼まれていた報告書を書き上げました。簡潔に言えば、SCP-1309を準アクセス可能な公開SCPにすることを推奨するものです」

“That bad, huh? A bunch of reporters poking around Kleinberg while Site 24 has to track their every move…”

「悪い知らせだな? サイト-24が彼らの一挙手一投足を追いかける間に、記者が大勢クラインバーグを詮索している……」

“I agree it is not ideal, but it is a compromise, and seems like the best solution at the present time.”

「理想的ではないということには同意いたしますが、妥協案であり、現時点では最良の解決策であると思われます」

“Fine. I never thought I’d say this, but I really miss North Korea.”

「いいだろう。こんなことを言うとは思ってもみなかったが、北朝鮮が恋しいな」


Amelia Wong did her best not to wince as her interviewee lit another cigarette. One thing she had not considered when the Foundation had allowed reporters into SCP-1309 was that this “town locked in the 1920s” had yet to ban indoor smoking.

アメリア・ウォングはインタビュー相手がタバコに火をつけているのを見ても、苦笑しないように最善を尽くしていた。財団がレポーターをSCP-1309に入れたとき、彼女が考えもしなかったことの一つは、この「1920年代に閉じ込められた町」がまだ屋内喫煙を禁止していないということだった。

“Do you mind if we go over this again?” She asked, doing her best not to let her exasperation leak through her voice.

"もう1度確認してもいいですか?" 彼女は憤慨を声に漏らさないように最善を尽くして尋ねた。

The man frowned and took a deep drag. “Look, ma’am, I don’t mind talking to you ‘till Judgement Day as long as you keep paying me and foot the bill for our dinners. But I don’t see what the point of this is.”

男はしかめっ面をして、深く息を吸った。「いいですか、奥さん、審判の日まで話をしても構いませんよ、あなたが私にお金を払い続けてくれて、食事代を出してくれる限りは。でも、何の意味があるのかわからない」

“Just bear with me, okay?” God, I might prefer an eldritch nightmare to report on over this mindfuck… “So, your name is Martin Smith, correct?”

「我慢してください、いいですか?」神様、私はこのマインドファックの報道よりも、気味の悪い悪夢のほうがいいかもしれません……「それで、あなたの名前はマーティン・スミス、合っていますか?」

“Yes, it is. And I was born on October 3rd, 1923, since you’re gonna repeat your questions from last time.”

「ええ、そうです。そして私は1923年10月3日に生まれました、前回の質問の繰り返しになるでしょうから」

“Which was two years ago.”

「それは2年前です」

“That’s right. It’s August 31, 1925.”

「その通りです。今日は1925年8月31日です」

She sighed and took another sip from her malted milkshake - which, admittedly, was utterly delicious despite the smoke. Things really did taste better back…now. “And you’re thirty-five years old, right?”

彼女はため息をついて、麦芽入りのミルクセーキをもう一口飲んだ。確実に、煙にもかかわらず美味だった。昔のほうが本当においしかった……今となっては。「そしてあなたは35歳、ですね?」

“Yes,” Martin rolled his eyes. “Look, those Foundation folks have already pointed out the whole time loop thing. I don’t really see what the big deal is.”

「はい」マーティンは目を丸くした。「ほら、財団の人たちはすでにタイムループのことを指摘しています。何がそんなに問題なのか本当にわからない」

“You don’t…” She visibly struggled for words. “Mr. Smith, it’s only been a few years since our entire perception of reality was changed. The Foundation was responsible for keeping normalcy intact, and they failed. Now the world knows about the plight of Kleinberg, and-“

「あなたは……」彼女は目に見えて言葉を探すのに苦労していた。「スミスさん、我々の現実への認識が変わってからほんの数年しか経っていません。財団には正常性を維持する責任がありましたが、彼らは失敗しました。今や世界はクラインバーグの窮状を知っていて───」

“Plight?” Martin interjected, slightly annoyed. “You out-of-town folks don’t get it, do you?”

「窮状?」マーティンは少し苛立って口をはさんだ。「町の外の人たちにはわからないでしょうね」

“What is there not to get? You’re trapped here! Your ‘vacations’ don’t exist!”

「わからないことなんてありますか? あなたはここに囚われている! あなたの『休暇』は存在しないんです!」

“And can you give me a single reason why we should get all worked up about it?” He ashed his cigarette and pointed it at her. “Those movies that the culture people brought us. You ever seen ‘The Matrix’?”

「それで、私たちが怒り狂うべき理由を教えてもらえますか?」彼は煙草の灰を落とし、彼女に向けた。「文化人が持ってきた映画です。マトリックスを見たことは?」

She paused. That wasn’t expected. “When I was a teenager, yes. Why?”

彼女は固まった。予想外のことだった。「10代のときに。なぜです?」

“I like it because I think it fits our town pretty well. Kleinberg might not be on the same time as the rest of the world, but it’s real enough for all of us. And I love my town; wouldn’t live anywhere else in this time or yours. So who cares if we’re some ‘anomaly’ or whatnot? This little simulation of ours works fine, and we don’t need saving.”

「私たちの町によく合っていると思うので、気に入っています。クラインバーグは世界の他の部分と同じ時間にないかもしれませんが、我々にとっては十分に現実なんです。そして私はこの町を愛しています。この時代でもあなたたちの時代でも、他の場所に住むことはないでしょう。だから、誰が気にするんでしょう、私たちが『異常存在』か、それとも何かなんて? この小さなシミュレーションはうまくいってるし、救助は必要ありません」


At the primary SCP-1309 observation room in Site 24, Doctor Selvece smiled warmly. Laura’s hunch was right.

サイト-24の主要SCP-1309観察室の中で、セルべス博士は温かく微笑んだ。ローラの予感は正しかった。

“She’s not getting anywhere, is she?” He asked, more to himself than to Laura.

「彼女はどこにも行っていないな?」彼はローラにというよりもむしろ自分自身に訊ねた。

“Nope,” she nonetheless replied.

「はい」それでも彼女は答えた。

“If she accurately reports Mr. Smith’s statements - hell, if all the reporters we've approved do - those protestors should calm down. Nobody in that town wants to be part of the ‘real’ world.”

「彼女がスミス氏の発言を正確に報道すれば───いや、我々が認可した記者全員がそうすれば───抗議者どもは落ち着くだろう。あの町の誰も『現実』世界に関わりたくないんだ」

“And it’s hard to blame them,” Laura added. “This world is pretty messed up, and they’ve got a nice reprieve from it. Even if they could leave for real, they probably wouldn't. The phrase ‘Don’t fix what isn’t broken’ comes to mind.”

「そして、彼らを責めることは難しいことです」ローラは付け加えた。「この世界はひどく混乱していて、彼らはそこからの素敵な猶予を得ているのです。たとえ彼らが本当に離れることができたとしても、おそらく彼らはそうしないでしょう。『壊れていないものを直すな』という言葉が頭に浮かんできます」

Selvece’s expression soured again. “As long as she doesn’t figure out it’s already a bit broken-“

セルベスの表情がまた険しくなった。「彼女が壊れていると気づかない限り───」

“She won’t.”

「気づかないでしょう」

Laura was usually right, and there wasn’t any evidence Ms. Wong had noticed the smell of cannabis that had pervaded the diner she was in just hours before. As had been previously documented, SCP-1309 deviated from the norms of the 1920s at irregular intervals, and the deviations seemed to have accelerated upon the revelation of the “future” world. The latest deviation was the legalization of recreational cannabis, passed in the 2014 local elections and going strong with three dispensaries now, five years later.

ローラの言う通りで、ウォン氏が数時間前に彼女がいたダイナーに充満していた大麻の匂いに気付いたという証拠はなかった。以前に文書化されていたように、SCP-1309は不定期に1920年代の規範から逸脱しており、「未来」の世界が明らかになると、その逸脱は加速したように見えた。最新の逸脱は、2014年の地方選挙で可決されたレクリエーション用大麻の合法化であり、5年後の現在、3つの薬局を擁して好調に推移している。

Three dispensaries…and no opposition. It had taken awhile for Selvece to notice, but the expected “reversion” to previous norms had yet to even begin among the locals. That gave rise to the disturbing hypothesis that SCP-1309 was now permanently incorporating temporally-inspired cultural anomalies.

3つの薬局……反対派もいない。セルベスが気づくまでに時間がかかったが、期待されていた以前の規範への『回帰 』は、現地の人々の間ではまだ始まっていなかった。それは、SCP-1309が時間的に影響を受けた文化的な異常を恒久的に取り入れているという不穏な仮説を生み出した。

“Well,” he sighed. “We’re doing the best we can. The Foundation was never meant to operate in public, but…”

「ああ」彼は溜息を吐いた。「我々はできる限りのことをしている。財団は決して公の場で活動することを意図してはいないが……」

“But Safety Continues in Public.” Laura replied with the Foundation’s new motto.

「しかし安全は公開の下続きますSafety Continues in Public」ローラは財団の新たなモットーで答えた。

“Yes it does,” he agreed. “Yes it does.”

「ああ、そうだ」彼は同意した。「ああ、そうだ」

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License