翻訳用
rating: 0+x
blank.png

右手を鋼鉄に押し付けながら、コワルスキー博士は暗闇の中を進んでいった。不安の中で引きずるような歩みでの前進だった。彼女は目には安眠マスクをしていたが、ガスマスクも持っていればよかったと思った。誰も彼女にこれがどのような臭いなのか教えてくれなかった。しかし、これに近付いた人は誰も生きて伝えることができなかった。
ダニエル・コワルスキーが幼い頃、海に入るのが怖かったことがある。母はエイについて警告していたし、足を踏み入れるのが怖くて、数年以上も泳いでいなかった。しかし、彼女の父親は、人々は恐怖に直面せざるを得ないと信じていた。彼は彼女に足をばたつかせる方法を教えた。
「そうすればエイは君が来ることを知って泳ぎ去るだろう」
コワルスキー博士は、勇気が彼女にもたらした進路を父親が知っていたら、彼女に勇気を持つように教えたことを後悔しただろうかと考えた。財団はその躊躇いがちな子供の最後の一欠片を消し去った。

その苦しそうな息が、泣き言と死のガタガタという音に混ざって聞こえてきた。彼女はそれに触れたくなかった。もう一歩前へ。コワルスキー博士が息の熱を感じるほど近くにいたか、緊張が彼女の血に火をつけていたかのどちらかだった。彼女の左手のインスタントカメラは扱いにくかった。彼女はそれを取り戻そうとする勇気がないので、落としたくないと思った。スナップ。だがフラッシュはない。もし彼女がフラッシュを見ることができたら、彼女は本当に危険な状態になるだろう。この種のエイは泳ぎ去らない。

その過程は痛々しいほど遅かった。前へ、後ろへ。カメラを上に向けて、下に向けて。彼女は一枚一枚の写真をポケットに突っ込んだ。もし時間を確認するために目隠しを外していれば、収容房に入ってから最後の撮影まで48分が経過していることに気付いていただろう。統計学的には少なくとも1枚の写真で十分だが、コワルスキー博士にはそれを証明する安全な方法がなかった。

コワルスキーの同僚が彼女が何をしているか知ったら彼女は狂っていると思っただろう。幸運にも彼らは雑務に追われていた。この日、このサイトは米連邦捜査局 (FBI) から初の公式訪問を受けた。北朝鮮の後、東京の国会が暴露した後、財団が地球上のすべてのジャーナリストの注目を浴びた後───世界はまさに変わろうとしていた。コワルスキーは、誰もが今、身を守るための何かを必要としていると考えた。ブライト博士のお守りのように役に立つものを手に入れる望みは全くないので、彼女が撮った写真で十分でなければならなかった。

15か月後

「あなたは私の時間をもう1時間も無駄にしましたよ、コワルスキー博士。あなたの以前の仕事で、尋問の次の部分が何からなるか知っているでしょう。ですから、あなたが無知を装うのをやめて、SCP-610の標本がどこに保管されているのか私に教えてくださることがあなたにとって最善だと思います。あなたはそのプロジェクトの主任研究員でしたね」

コワルスキー博士のアパートの中でこのような言葉を口にした招かれざる男は、尋問が始まってから3本のタバコに火をつけていた。そう、彼女の命は危険にさらされていたが、彼のたばこの匂いが彼女の家具やカーペットに染み付いてしまうことに、彼女は最も動揺せずにはいられなかった。彼女の目はほとんどこのことで下を向いていた。彼女は男の目を見て嘘をつくことができなかったのではなく、それをうまくやってのけたのだ。彼女は彼がそれに値しないと思った。

オブライエン調査官と名乗るこの男は、笑うのが好きだった。彼は戦地で鍛えられた将軍のふるまいで、短い白髪、四角い顎、高い背格好をしていた。前財団研究員に対する彼の忍耐心も衰えていったが、彼が連れてきた2人の覆面をした部下は、彫像のようにじっとして待ち、監視していた。

「お尋ねします、オブライエン調査官」
コワルスキーは言い始めたが、視線はまだ床に固定されていた。
「私を探すのに忙しくて、ニュースにも追いつけなかったの?『兵器化された異常に対するベルリン協定』って聞いたことあります?」
コワルスキーは、最後の言葉に目をとめた。彼女の若々しい顔は、断固たる反抗の中しかめ面をしていた。

オブライエンは彼女の眼鏡の向こう、氷のような青い目を見つめた。彼はまっすぐ彼女を見つめた。

「彼女の腕を握って」
彼は部下の一人に命じた。覆面をした男は前進し、コワルスキーの手首をつかんだ。オブライエンは右手の中指の付け根をつかみ、磨いた爪の下にあった最も薄いナイフを動かした。コワルスキーは叫ばないようにして、少し手を暴れさせた。しかしそうすると、これはもっともっとひどくなるだろうと思って、脈拍が速まった。

「クレムリンはまだ批准していませんので、上院もそれを受けたがらないと思われます」
オブライエンは少し笑った。研究者の血が黒い革の手袋に流れ出た。彼はそれを彼女の頬にふき取った。
「はっきりさせておきますが、ロシア人はバイカル湖の至る所で、その皮膚病を滅茶苦茶にするのに必要なものをすべて持っています。アメリカ政府が何が我々に使われうるか理解したいと思うのは妥当だと思いませんか? ああ、あなたが我々のやることについて何を思っていようとどうでもいいんです。私はその標本が欲しい」

コワルスキーはようやく息をつき、痛みで叫びたい衝動を抑え、彼女は無傷の手で寝室を指し言った。
「左下の引き出し、マニラ封筒。財団を去ってからずっと持っていたもの。きっとおもしろいものが見つかりますよ」

「確認しろ」
オブライエンは部下に命じた。部下は一分もたたないうちに部屋を騒がしく歩き回り、研究者が約束した通りにマニラ封筒を持って戻ってきた。オブライエンは中を見るために封筒をつかんだ。彼の満足感はすぐに薄れた。

「これは何です?」
彼は床に写真をばらまきながら尋ねた。コワルスキーははっきりと目を上に向けている。オブライエンは一枚を捨てる前に立ち止まった。
「この醜いあごのクソ野郎は私があなたに頼んだことと何の関係もないと思いますが」
そう言う前に、じっくり見るのに十分な長さだった。怒ったオブライエンはコワルスキーの首に最新のタバコを置いた。苦痛を与える火傷が一瞬彼女から呼吸を奪い、彼女は息を切らした。

「ある話をしましょう」
オブライエンは言った。
「あなたの財団は彼らが影に隠れて強力だと思っていたはずだから。なぜ間違っているのか説明しましょう」

彼は彼女の台所のテーブルから椅子を引き上げ、彼女の向かいに座った。コワルスキーは、この男が吐き出したがっているどんな話にも我慢した。彼女は今待つだけでよかった。

「私がうまくいきそうだった時、80年後半コロンビアで麻薬取締局DEAの捜査官をしていましてね。チームはパブロ・エスコバルを追っていました。私は売人を拘留していて、その小さなスピック1は今のあなたのように全く非協力的でした。彼は何度も繰り返していました、『てめえ誰を怒らせてんのか分かってんのか?』」

「彼は自分のカルテルを素晴らしいと思っていました。彼は、彼らがコロンビアのすべての法執行機関を所有し、彼らがメデジンを運営していると主張しました。ですので私は彼に尋ねました、『この街を運営しているならなぜお金を埋めるのですか、なぜコカインを密輸しなければならないのですか? 本当に』『あなたが管理者なら、コカインをばらまきます。銃を隠そうとはしません』そう言って私の銃を取り出して彼の膝頭を撃ちました。『それが力です。私は銃を隠さず、ここにあります 』彼が警察署の床一面に血を流すのを見ながら私はそう言いました」

「あなたの財団は影の中に隠れていました。しかし、私があなたのためにそれを十分に明らかにしましょう。力は常に我々のものでした。あなたたちの『異常』は私たちのものです。あなたたちの研究は私たちのものです。あなたたちの命は私たちのものです。そして私が望むならあなたのケツは私のものです、私があなたにうんざりするまで。もう一度610の標本で何をしたか聞いてみましょう、次の指が取れかかっています」

「サー」
オブライエンの部下の一人が言った。
「何かが外にいます」

コワルスキーは、死体のような皮膚の長い腕が壁を突き抜けているのを見た瞬間に目を閉じた。

銃声が次々と鳴り響いた。耳鳴りがして彼女が暗闇を見つめていると、火薬の匂いが彼女の鼻を満たした。彼女は悲鳴を聞いた。彼女は骨が折れる音を聞いた。彼女は、たとえそれが彼女を殺すことはなくともその原因を見たくないという、気持ち悪くなるようなじゅるじゅるという音さえ聞いた。数分の混乱と苦悩の後、それは再び静かになった。彼女が覚えていたのと同じひどい呼吸を除いては。

目はまだ固く閉じ、彼女は手探りで玄関まで行った。絨毯には大量の血が染み込んでいたので、一歩一歩歩くたびに、ぐちゃぐちゃと音がした。今起きたことの臭いも決して取れない。

「走って、096
コワルスキーは彼女の救世主に言った。
「この世界にはあなたよりもひどい怪物がいるわ」


rating: 0+x
blank.png

SCP-2118収容房で発見。

愛しのカーリー

新聞であなたを見ました。危なくないSCP スキップアノマリーを全部移していた時新聞屋さんはそこにいて、写真を撮っていました。その中にはあなたの素敵な写真もあって、警官、軍、科学者の大群の真っただ中でカメラをまっすぐに見ていました……火の中にいるように見えますね。あなたはとても勇敢で、とても強く見えます。あなたは私をとても誇りに思いました。

あなたが死んでいるはずがないと思っていました。やっぱりね。みんな私が狂ってると思ってたけど、あなたが死んでないのは分かってた。

あなたを取り戻そうとしているんだけれど、やらなくちゃいけない書類がたくさんあるの。多くの人がそう。戻ってくることができなくて、いつまでもそこにいさせている人もいます。……子どもを連れ戻したけれど、覚えていないという人の話をよく聞きます。子供か両親のどちらか。何よりも私を覚えていることを願っています。色んなことがあったでしょう。あなたを守れなくて本当にごめんなさい。私のことをどう思っているの。

私たちは毎年あなたの誕生日を祝いました。あなたのお父さんと私で。私たちはあなたの部屋をそのままにしておきました。あなたは今15歳よね? ほとんど女性も同然ですね。この辺にいい学校がたくさんあるから、きっと気に入ると思います。ホームスクールでもいいですよ。もし彼らがあなたを研究し続けなければならないなら(なぜかは誰も知りません)、私たちはそれらの恐ろしい施設の一つの近くに移動します。あなたと一緒にいられる限り、私は気にしません。あなたに家に帰って欲しいだけ。

あなたが小さかった頃、私たちがどのように戦ったかよく考えます。本当にごめんなさい。あなたがコントロールできなかったのは分かってる、あの子のように聞こえてしまうのは仕方なかったのも。私もあなたを失うことはできません。何とかしましょう。方法は見つけます。

すぐに返事をください。彼らが許してくれたらすぐに会いましょう。

愛してる。

ママより

SCP-682の主要研究員のデスクの中で発見

親あいなるトカゲさん

こんにちわ。お元気ですか? ぼくは元気です。ぼくのママはぼくがトカゲさんに手紙を書いてるのを知らないんだ。ぼくが書いたらママは気に入らないと思うけど、ぼくはできるよ。

トカゲさんをテレビで見たんだ。とってもおっきかった。トカゲさんはたぶん町も食べちゃえるね。町を食べたことある? きっとできるよ。見てみたいな。

ぼくはこれを教室で書いてるんだ。ドルシー先生がヒーローに手紙を書きましょうって言ったから、トカゲさんに書いてる。トカゲさんは火をふけそうだから、トカゲさんはぼくのヒーローだと思う。

トカゲさんは何才? ぼくは7才。ほかの子たちはトカゲさんのことをこわいと思ってるけど、ぼくはそうは思わない。

あいをこめて

ベニー

財団郵便室の「配達禁止」の山の中で発見。

親愛なるレノックス

まず、早くに連絡することに反対であることをどれだけ申し訳なく思っているかから書かせてほしい。それぞれの立場の現時点で、公的な立場で君と話すことは賢明であると思えなかった。しかし、韓国で……事件が起きた今、私は私たちが再び話す時が来たと思った。

朝刊を見て、あなたが私を振り返っているのを目にしたときどれだけ驚いたことか! 何人かの勇敢な記者がすべての生きた……SCP? そう呼ばれているんだったか? の写真を公開している。少しドラマチックにも見えるが、君に起きたことは変えられないのだろう。いずれにしても、彼はレンズに収めることのできたすべての生きたSCPの写真を公開していて、今朝君が載っていたところでは、大きな熊が隣のクロスワードを見つめていた!

アビーは一緒にいるかい? 奴らが君を連れて行った時、彼女の記録で私を見つけて私のことも調べたのを覚えている。しかし、私の友人たちは彼らの監視の目から隠れる方法を知っている。気を取られていて、思うように意思の疎通ができなかったが、公式記録では彼女は亡くなったことになっているらしい。もちろん、君も私も公式記録を信頼するよりはましなことを知っている。それに、どうして空の箱を埋めて葬儀と呼ぶのだろうか? いつも誰かが知っていることだ。

とにかく、私は君とアビーとの約束を守るつもりだと伝えたかったんだ。私は君を今すぐに解放するための書類を探している。君が私の保護の下に戻ったらすぐに君たちが住むための場所がある。公衆の目から離れて。静かなところだ。きっと気に入るよ。

読みましたか、財団? もちろん、あなたたちがこれらの手紙を審査しているのは知っています。私は彼をSafeにしておけます。私は彼を安全な状態にsecuredしておけます。私は彼ら両方を保護するprotectことができます。私にさせてください。

敬具

ジョナソン

サイト-06-3の紙くず入れで発見。

محترمہ نسیم,
ہم ایک بار پھر آپ کو مل گیا ہے خوش ہیں.

نیک نیتی کی علامت کے طور پر اس خط کو لے جاؤ. ہم آپ کو زندہ ہیں حیران رہ جاتے ہیں. ہم آپ کو اپنے والدین کے ساتھ رہنا جنت میں چلا گیا تھا سوچا. تم زندہ دیکھنے کے لئے ناقابل اعتماد ہے.

تاہم، آپ کو واپس آنا بہت خطرناک ہیں. ہم آپ کے ارد گرد کس طرح محسوس، ہم پسند نہیں کرتے. آپ کہاں ہیں آپ برا سلوک نہیں کر رہے ہیں.

ہم نے تمہیں زندہ رہ سکتے ہیں جانتے ہیں. اللہ پر طاقت میں تلاش کریں اور آپ کو اس کے ذریعے کر دے گا.

تمہاری،

محمد2

SCP-682の主要研究員のデスクの中で発見

親あいなるトカゲさん

ママがぼくの書いた手紙を見つけてカンカンになっちゃった。ドルシー先生がママに言ったんだ。先生はぼくのヒーローはアノムル アナモルン トカゲさんじゃないって。ぼくのヒーローは人間だって言うけど、そんなのばかげてる。先生はぼくが前に書いた手紙を出さなかった。だからぼくはそれをぬすんじゃった。

ママはぬすむことはよくないって言うけど、うそをつくこともよくないし、ドルシー先生は手紙を出すって言ったのに出さなかったんだ。ぼくはあれをぬすむのは大じょうぶだと思う。ママのつくえから切手をとって、フランクに今日これを今すぐ出さなきゃいけないって言うんだ。

トカゲさんのお口はどれくらいおっきいの? テレビじゃほんとにおっきく見えたよ。ぼくは口の中にマシュマロを4つ入れられるんだ。トカゲさんは何こ入れられる?

フランクはゆうびんやさんだよ。ぼくがこれはぼくのヒーローのトカゲさんへの手紙だって言ったら、フランクはいやがった。トカゲさんはフランクをイライラさせるんだって。大じょうぶだよ、トカゲさん。フランクがトカゲさんのことをきらいでも、ぼくはすきだから。

ぼくたち会えると思う? ぼくたちは親友になれると思うんだ。

あいをこめて

ベニー

サイト-77の郵便の山の中で発見。

親愛なる財団様

スカァフを盗んだのはあなたたちであると分かっています。

いつも考えていました。あなたたちのグループの誰かが彼らを連れ去ったような気がしていました。私の同僚は、それはあなたたちだろうと言い、心配しないようにと、もっと作ることができると言いました。そこにいるすべての人があなたたちのことを知っています。皆あなたたちのことを可愛いと、無害なネズミだと思っています。私にはもっと分別があります。

私はもうあれ以上作ることができませんでした。私は他のスカァフを作ることができませんでした。どうしたらいいのでしょう!? 私はスカァフが大好きでした。私はスカァフが大好きです

あなたたちは愛を理解できますか?

私はただスカァフを返して欲しいだけです。そんなに大したことですか? あとどれくらい必要ですか? 彼らはとても怖がっているに違いありません、彼らはあなたたちの診療所で残酷な扱いを受けているに違いありません。

あなたたちは私が感謝すべきだと考えているのでしょうか? 芸術家や政府ではなく、あなたたちだったことに感謝すべきなのでしょうか? 私はそうは思いません。なぜあなたたちが彼らを保管していたのか全く理解できません。彼らがどうやって動いているのか知る必要があるのですか? もしスカァフを返してくれれば、私の知るすべてのことを教えることができます。

私は彼らを取り戻しに行きます、あなたたちは止めることはできません。もしもスカァフの縁を傷つけたのなら、私は誓って、私は……よくもそんなことを。よくも。

お金が必要なのですか? あまりありません。でも貯金なら差し上げられます。返してください。私には彼らがどれだけ愛されているか教える必要があります。あなたたちはハグもしないのでしょう? スカァフが愛ある手を感じてからどれくらい経つのでしょうか。

彼らに私が呼んでいると伝えてください。みんなに私が行くと伝えてください。

署名は判読できない

3週間の間で大量のコピーを郵便トラックの中で発見。

[ここに財団のレターヘッドを挿入]

SCP財団
確保、収容、保護
[日付]

関係者各位

貴方の手紙を受け取り、検討したのち、私たちは、現時点で、一般大衆/貴方の保護下に要注意人物又はオブジェクトを返還しないことを選択いたしました。これは容易な決定ではありませんが、このアノマリーの性質を鑑みた結果、解放するにはそれらはあまりにも不穏である、あるいは危険であると判断いたしました。

あなたのアノマリーに対する面会を受けるために記入すべき適切な書類を添付します。面会時間は毎月26日の1200-1500で、現在アノマリーが保管されている場所で行われます。到着されましたら、ビジターパスをお持ちになり、フロントまでご連絡ください。指定書及び添付書類の両方がない場合、お断りさせていただきます。

あなたのアノマリーは[ここに識別番号を挿入]です。[所在地を挿入]にある[サイトコードを挿入]に保管されております。

この度は本件へのご理解のほど、よろしくお願いいたします。

誠意をこめて

エヴァレット・マン博士
SCP財団研究員

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License