Tale翻訳案 Ripped From the Headlines (邦題案: 見出しを引き裂いて)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

I stared at the television, barely catching the words, as I helped Helen into the chair.

ヘレンを椅子に座らせながら、ぎりぎり音が聞こえるテレビを見つめた。

"…gone, nothing left but a giant hole. The hurricanes reported in the region were actually the result of air and water rushing in to fill the…"

「……は消え去り、巨大な穴だけが残りました。この地域で報告されているハリケーンは、実際には空気と水が押し寄せた結果で、その目的は……」

"Come on, come on," I said, flipping to another channel. I couldn't care less about North Korea. I was looking for the big news.

「さあさあ」
僕は別のチャンネルに切り替えながら言った。北朝鮮のことはどうでもいい。僕は大きなニュースを探していた。

"…gap between the two sides is wider than ever. The Secretary of Defense is defending the secrecy, saying it was for our own protection. The president denies…"

「……両者のギャップはこれまでになく広がっています。国防長官は、それは私たち自身の保護のためだったと言って、秘密主義を擁護しています。大統領は否定……」

This was better, but still not quite there. "Look, I know you hate it when I flip through the channels, Helen," I said, "But for God's sake, the whole world's just changed! Aren't you excited?" I just couldn't understand why she didn't look more excited. I'll never understand women, I'm afraid.

これはさっきよりマシだったけど、まだそこまでじゃない。
「チャンネルを切り替えるのが嫌いなのは分かるよヘレン。でもお願いだよ、世界が変わったんだ! ワクワクしないかい?」
僕にはなぜ彼女がワクワクしていないのかわからなかった。僕は女性を理解できないのかもしれない。

I tried another, as I brushed a fly from in front of my face.

顔の前のハエを払いのけて、またチャンネルを変えた。

"…having any knowledge of these events are being asked to come forward. Sources in Parliament have confirmed that the Global Occult Coalition is partly funded with crown…"

「……は、これらの出来事に関する知識があれば、情報を提供するよう求められています。議会の情報筋が確認したところによると、世界オカルト連合は資金源の一部として……」

I shook my head. Not quite there yet. Helen's expression was disapproving. "I'm sorry," I said. "But you don't understand what it's like for me. You're normal. I've never fit in. I've never belonged. It's easy for you, but there's never been a place for me." I changed the channel.

僕は首を横に振った。まだそこまでじゃない。ヘレンの表情は不満げだった。
「ごめんよ。でも、君は僕にとってそれがどんなものか理解していない。君は普通だ。僕は一度も溶け込んだことがない。僕は一度も属したことがない。君には簡単でも、僕には居場所がない」
チャンネルを変えた。

"…money like anyone else, Robert. Our clients have refined tastes, and we do our best to attend to them. I don't think you'll find that we've done anything illegal. I wouldn't call…"

「……他の誰とも同じようにお金、ロバート。私どものお客様は洗練された趣味をお持ちで、できる限り対応させていただいております。私たちが違法なことをしたことに気づくとは思いません。私は……に電話することは……」

I put my hand on Helen's. "Everything's changed today. There are others like me. Can you imagine? I'm not alone. Not really." I shook my head suddenly. "Oh, no, no, I didn't mean it like that. Of course I'm glad we met. But we've only known each other a few days, and I've been wanting to find other people like me for all my life. Imagine, like, okay, like you were the only one in the world who could see. Nobody else knew what blue even was, let alone what it had to do with the sky. Can you even think how lonely that would be?"

ヘレンの頭に手を置いた。
「今日はすべてが変わった。僕のような人は他にもいるんだ。想像できる? 一人じゃない。そうじゃないんだ」
僕は急に首を横に振った。
「ああ、違う、違う。そんなつもりじゃなかった。もちろん会えて嬉しいよ。でも、僕たちは知り合ってまだ数日しか経っていないし、僕はずっと僕のような人を見つけたいと思ってたんだ。想像してみて、いいかい、世界で自分だけしか見ることができない。誰も青とは何かを知らず、空と何の関係があるかは言うまでもない。君はそれがどれだけ孤独か考えられるかい?」

"…for a trial by the international court. The SCP Foundation has so far refused to consent to an…"

「……国際裁判所での裁判のための……。SCP財団はこれまでのところ……への同意を拒否……」

"Look, we can get on with things in a minute. Just let me find one good bit. Someone will be talking about it, you'll see," I told Helen. I changed it again, and this time was rewarded by a young woman being interviewed in a studio. "Here, look!"

「ほら、僕たちはすぐに物事を進めることができる。いいのを探させてよ。誰かがその話をしてるだろう」
僕はヘレンに言った。もう一度変えてみると、今度は若い女性がスタジオでインタビューに答えていた。
「ほら見て!」

"…examination, because some of the doctors were kind of creepy. But it wasn't bad for the most part. Just awfully lonely," she said.

「……の検査です、一部の博士は不気味でしたから。でも、大体は悪くありませんでした。ただ、ひどく孤独でした」

She was blond, in her early twenties, it seemed. Pretty face, though not so pretty as Helen.

彼女はブロンドで、二十代前半くらいらしかった。ヘレンほどじゃないけど、きれいな顔。

"And all because of your… talent?" the interviewer asked.

「そしてそれはすべてあなたの……才能のせいで?」
インタビュアーは訊ねた。

Boorish man. Glasses. I can't stand a man in glasses. Puts me on edge.

野暮な男。メガネ。メガネをかけた男には我慢できない。イライラする。

"That's right," she said. "They said it could be dangerous."

「その通りです」
彼女は答えた。
「彼らはそれが危険になりうると言っていました」

"Can we see a demonstration?" asked the interviewer.

「実演を見られますか」
インタビュアーは訊ねた。

She nods, and is handed a photograph. It shows another man, dark skin, fine suit. As soon as she takes it, it begins to move.

彼女はうなずき、写真を手渡された。肌の黒い、立派なスーツを着た別の男が写っている。彼女がそれを手に取ると、それは動き始めた。

The host calls backstage, and the dark-skinned man walks in. His picture matches his movements. When the girl touches the picture, the man jumps, and says he could feel her touching him. A close-up shows his skin indenting in the spot where she puts her finger. The camera zoomed in to let everyone see how her finger goes into the photograph.

司会者が楽屋に合図し、色の黒い男が入ってきた。彼の写真は彼の動きに同調している。少女がその写真に触れると、男は飛び上がり、少女が自分に触れているのを感じると言う。拡大すると、彼女が指を置いた場所にある彼の皮膚がへこんでいるのが見える。カメラは近づき、彼女の指がどのように写真の中に入っているかをみんなに見せた。

"Have you always been able to do this?" asked the interviewer.

「あなたはいつでもこれをすることができましたか?」
インタビュアーは訊ねた。

"Since I was younger, at least," she says.

「少なくとも、小さいころから」
彼女は言った。

I turned it off. We'd seen enough. "Oh, Helen," I said, tears forming in the corners of my eyes. "It's so wonderful. I'm not a freak anymore. I belong, for once in my miserable life, I belong." I reached over and stroked her cheek lovingly. It was pale, but there was still a hint of the rosiness she'd had the day before.

僕はテレビを消した。もう十分だ。
「ああ、ヘレン」
僕は目尻に涙を浮かべて言った。
「とてもすばらしいよ。僕はもう変人じゃない。僕は属している、僕の惨めな人生で一度だけ、僕は属している」
僕は手を伸ばし、彼女の頬を優しくなでた。彼女は青ざめてたけど、その前の日に見せていたバラ色がまだうっすらと残ってた。

I brushed the flies from her skin. We'd been talking long enough, and it was time to get on with it. If people spend too much time dead, they start to smell, and people just don't understand. I tore the skin and flesh from her arm and pulled off her ulna, and began to chew, muscles around my jaw swelling and growing to let me crush the bone. Once I finished, it was time to look outward for once.

彼女の皮膚からハエを払い落とした。僕たちは十分長く話していたから、次に進む時間だった。死んでいる時間が長すぎると、臭いがし始めて、人は理解できなくなる。僕は彼女の腕の皮膚と肉を引き裂いて尺骨を引き抜いて、噛み始める。顎の周りの筋肉が膨れ上がり、発達して骨を砕いた。一旦終わったら、一度外を見る時間だ。

The world was new, and for once, I felt I had a place in it.

世界は新しくなり、そして一度だけ、僕はその中に居場所を感じた。

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License