Tale翻訳案 Leisure Time (余暇)

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

“Commencing testing on SCP-715,” Dr. Louef said into the voice recorder. He glanced at the testing chamber from within the observation room. The photobooth sat inside, as innocent as could be, while a D-class personnel stood in front of it.

SCP-715のテストを開始します」
ルーフ博士はボイスレコーダーに言った。彼は観察室の中から試験室を一目見た。フォトブースはできる限り無害に内側に位置づけられており、Dクラス職員がその正面に立っていた。

“Please enter SCP-715 and take a photo, D-129012,” said Louef.

「SCP-715に入って写真を撮影してください、D-129012」
ルーフは言った。

D-129012 strolled in. “Hey, guys, this thing is busted,” he said from inside. “I’m trying to use it, but it’s not giving me any photos.”

D-129012は歩き回った。
「おい、こいつは壊されてるぞ」
彼は内側から言った。
「俺はこいつを使おうとしてるが、写真を出さねえ」

“Thank you, D-129012. Please exit SCP-715.”

「ありがとう、D-129012。SCP-715を退出してください」

“Uh, okay. You’re welcome, I guess?” The confused D-129012 left the booth, and was stopped in front of the SCP object.

「ああ、オーケー。どういたしまして」
混乱したD-129012はブースを出て、SCPオブジェクトの前で立ち止まった。

As expected, an exact clone of D-129012 exited the booth approximately 5 minutes after the original had exited.

予想通り、D-129012の正確なクローンは、オリジナルが退出してから約5分後にブースを出た。

“W-what the fuck is this? Who the hell are you?” shouted the panicking D-class.

「な、なんだこれは? お前は一体誰だ?」
パニック状態のDクラスは叫んだ。

“Oh god, what the hell is this? Where am I? Who are you?” his confused clone replied.

「なんてこった、これは一体なんだ? ここはどこだ? お前は誰だ?」
混乱した彼のクローンは答えた。

“I’m goddamn me! Who are you? Take that mask off, man, it’s freaking me out!”

「ちくしょう! お前は誰だ? マスクをとれ、ビビるだろうが!」

“It’s not a mask! You have to help me! I’m gonna die!”

「これはマスクじゃない! お前は俺を助けなきゃいけない! 俺は死ぬんだ!」

“What?! Does that mean that I’m going to die too? Oh, fuck no!”

「何?! それは俺も死ぬってことか? ああ、クソ、やめろ!」

Dr. Louef grimaced for a moment, and spoke a short command into the microphone, "The Sealed King sleeps eternal."

ルーフ博士は一瞬顔をしかめ、マイクに短い命令を発した。
「封印された王は永遠に眠る」

Suddenly, the D-class personnel stiffened, and collapsed, dying before he hit the floor, without understanding or feeling anything before his death. The particular hypnotic kill agent that Louef had selected was quick, painless, and remarkably effective.

突然、Dクラス職員は硬直し、倒れ、死ぬ前に何も理解も感じもせずに床に落ちる前に絶命した。ルーフが選択した特定催眠殺害エージェントは、迅速で痛みがなく、非常に効果的だった。

“What the fuck?! What did you do to him? Am I next? Please, no! You have to help me! Where’s your goddamn sense of human decency?” the clone begged.

「なんてこった! あいつに何をした? 次は俺か? 頼む、やめてくれ! お前らは俺を助けなきゃいけない! お前らのくそったれた良識はどこに行っちまったんだ?」
クローンは懇願した。

The clone tried to grab the guard’s gun. The guard responded by hitting the clone and restraining him to the chair.

クローンは警備員の銃をつかもうとした。警備員はクローンを打つと、彼を椅子に拘束することで対応した。

One of the assistant researchers watched a timer.

研究助手の一人がタイマーを見た。

5 minutes since appearance.

出現から5分。

Then 10 minutes.

10分。

Then 12 minutes.

12分。

The D-class clone screamed for the last 3 minutes, in one long, drawn out scream. He suddenly stiffened, and dissolved into a pile of grey powder.

Dクラスのクローンは最後の3分間、1回の長い声で叫んだ。彼は突然硬直し、灰色の粉の山に溶けた。

Dr. Louef turned away from the chamber, refusing to look at the other researchers. “Testing complete.”

ルーフ博士は部屋に背を向け、他の研究者を見るのを拒んだ。
「テストが完了しました」


“Welcome to the 5th Annual Site 118 Game Night! Grab a friend, or meet someone new, and sit down and play a game or two!” Dr. Vange proclaimed from his position at the front of the cafeteria.

「毎年恒例、第5回サイト118ゲームナイトにようこそ! 友人を捕まえるか、新しい人に会って、座ってゲームをしましょう!」
ヴァンジ博士は、カフェテリアの前方の座から宣言した。

The gathered crowd dispersed throughout the cafeteria, strolling over to the large table of assorted decks of cards, board games, and other activities. Groups of researchers, agents, security personnel, and other Site 118 staff milled around, and formed tables of games.

集まった群衆はカフェテリア全体に散らばり、様々なカードのデッキ、ボードゲーム、その他の遊戯のある大きなテーブルを散歩した。研究者、エージェント、セキュリティ要員、およびその他のサイト118スタッフのグループが動き回り、ゲームのテーブルを作った。

Dr. Louef, on the other hand, was found sitting at a table, furiously scribbling notes.

一方、ルーフ博士はテーブルに座り、猛烈にメモを書いていた。

He pored over notes for the SCP objects under his supervision. Scribbling a research proposal here, finishing up a report there, writing this, writing that, doing this, doing tha-

彼は管理下にあるSCPオブジェクトの記録について熟考した。ここで研究提案を書き、あそこで報告書を仕上げ、これを書き、あれを書き、これをして、あれを───

WHAM!

ドン!

The sudden shock of a board game being smashed onto his table made the researcher jump out of his seat, knocking over a stack of papers. As Louef scrambled to pick them all up, he got some help from the sudden intruder.

彼のテーブルにボードゲームがぶつかった突然の衝撃により、研究者は席から飛び出し、書類の山をひっくり返した。ルーフがそれらを全て拾い上げるために這いまわったとき、彼は突然の助けを得た。

“Oh, it’s you Albert,” Louef said, while glancing up at Dr. Wensley, his fellow departmental director.

「ああ、君か。アルバート」
ルーフは彼の仲間で部長であるウェンズリー博士を見上げながら言った。

“Why aren’t you playing some games, John?”

「なぜゲームを遊ばないんだい、ジョン?」

“Because I have better things to do than play Scrabble, Al.”

「スクラブルをプレイするよりもやるべきことがあるからさ、アル」

“You know why we have these things, right?”

「我々がなぜこんなことをしているのか、知っているだろう?」

“Because HR has too much time on its hands.”

「人事部は時間を持て余しているからさ」

“Hilarious. Seriously, though, these things are important. You can’t save the world every day and not expect some kind of psychological damage,” Wensley said, pulling up a chair and sweeping aside some of the papers on the table, and began to unbox the Scrabble set.

「面白い。しかし、真剣に、これは重要なことなんだよ。毎日世界を救うことはできないし、ある種の心理的ダメージを期待することもできない」
ウェンズリーは椅子を引き寄せテーブルの上の紙を押しのけながら言い、スクラブルのセットを取り出し始めた。

Louef sighed. “I’m fine, Al-”

ルーフは溜息を吐いた。
「僕は大丈夫だよ、アル───」

“Bullshit. I’ve seen how you’re doing with this shift. I know that some of these new SCP’s that were transferred to your department are tough. I’ve had a rough incident or two with some of mine, too. And I know what this kind of stay-away shift can do to you.”

「嘘だね。私は君がこのシフトでどうやっていっているのかを見てきた。君の部署に移された新しいSCPの中には骨の折れるものもあることは知っている。私も何度かひどい目にあった。こんな長期的なシフトが君にどんな影響を与えるかわかっている」

Dr. Wensley continued to unbox the set, and handed Dr. Louef a rack for his tiles. The reluctant doctor accepted the proffered rack after some time, and grabbed a number of tiles.

ウェンズリー博士は箱を開け続け、ルーフ博士にタイル用のラックを手渡した。気乗りしない博士はしばらくしてラックを受け取り、多くのタイルをつかんだ。

“You know, you could always talk to Vange-” Wensley began.

「ほら、君はいつでもヴァンジと話すことが───」
ウェンズリーは始めた。

“I don’t need to talk to Vange, Al. I’m fine.”

「僕はヴァンジと話す必要はないよ、アル。僕は大丈夫だ」

Wensley frowned, as he played his first word. “There’s nothing wrong with talking to Vange. Everyone’s done it at some point, outside of regular psych evals.”

ウェンズリーは最初の単語を場に出して眉をひそめた。
「ヴァンジと話すことには何の問題もない。誰もが定期心理カウンセリング以外のある時点でそれをしている」

“Not me,” Louef replied, placing his first word.

「僕には必要ない」
ルーフは最初の単語を置きながら答えた。

“Maybe you should. You got transferred onto 715, right? That’s a hell of an SCP to take on,” Wensley sympathized.

「おそらく君はすべきだ。君は715に異動になった、だろう? あれは非常に厄介なSCPだ」
ウェンズリーは同情した。

Louef grit his teeth as he remembered the screams of the last clone that he tested. “No.”

ルーフは彼が最後にテストしたクローンの叫び声を思い出して歯ぎしりした。
「必要ない」

“You want to talk about it?”

「それについて話したいか?」

“No.”

「いいや」

Wensley fell silent as the game continued. In the end, Louef won. After that game, Louef checked his watch.

ゲームが続くとウェンズリーは沈黙し、最終的にはルーフが勝利した。ゲームの後、ルーフは時計をチェックした。

“Oh, look, my mandated amount of time that I have to be here is up. Time to go back to work. I’ll see you later, Al,” Louef said as he stood up, picking up his pile of work. He turned and swiftly left the room, leaving Wensley at the table with the game of Scrabble.

「ああ、見てくれ、僕がここにいなければならない時間は終わった。仕事に戻る時間だ。また会おう、アル」
ルーフは立ち上がりながら、仕事の山を拾い上げて言った。彼は後ろを向き、ウェンズリーをスクラブルのテーブルに残したまま急いで部屋を出て行った。

Wensley looked at the departing figure of his closest friend and sighed. He began to clean up the game.

ウェンズリーは彼の親しい友人の去る姿を見て、溜息を吐いた。彼はゲームを片付け始めた。


“Commencing testing on SCP-463,” Dr. Louef noted in his recorder. “D-419803, please approach the table and pick up SCP-463.”

SCP-463のテストを開始します」
ルーフ博士はレコーダーに記録した。
「D-419803、テーブルに近づいてSCP-463を拾い上げてください」

“The spoon? You’re telling me that this spoon is SCP-whatever?” The skeptical D-419803 said.

「スプーン? このスプーンがSCP-何だって?」
D-419803は懐疑的に言った。

“Please pick up SCP-463.”

「SCP-463を拾い上げてください」

“Alright, I guess.”

「わかったよ、たぶん」

The unsuspecting D-class walked over to the table and reached for the spoon. Dr. Louef wanted to look away. He didn’t want to see what he knew was going to happen, and see the results that he had come to expect and dread.

何も知らないDクラスはテーブルに歩み寄り、スプーンに手を伸ばした。ルーフ博士は目をそらしたがっていた。彼は何が起こるかを知りたくなかったし、予想して恐れていた結果を見たくなかった。

But he had to look.

しかし彼は見なければならなかった。

A sudden scream split the silence of the observation chamber. The assistant researchers, still unused to the testing environment flinched, and closed their eyes. Dr. Louef swallowed the bile threatening to rise into his throat, and calmly started to talk into the microphone.

突然の叫び声が観測室の静寂を破った。まだ試験環境に慣れていない助手たちはたじろいで目を閉じた。ルーフ博士は彼の喉に上がってきた胆汁を飲み込み、静かにマイクに向かって話し始めた。

“D-419803, describe what you felt.”

「D-419803、あなたが感じたことを説明してください」

He was greeted with more screaming. The woman was screaming at the top of her lungs, as her entire upper torso was bent into a parallel position with the ground, while her lower half was not.

彼は更なる悲鳴によって応えられた。女性は上半身全体が地面と平行な位置に曲がっていたのに対し、下半分はそうではなかったため、声を限りに叫んでいた。

“D-419803, please describe what you felt.”

「D-419803、あなたが感じたことを説明してください」

“WHAT THE FUCK DID YOU DO TO ME?” The ragged scream from within the chamber met the doctor’s question.

「何をしやがった? 」
部屋の中からのぼろぼろの叫び声が博士の質問に答えた。

“D-419803, answer the question, or you will be forced to do so. What did you feel when you picked up the spoon?” Dr. Louef replied, gritting his teeth.

「D-419803、質問に答えてください。さもなくば強制的に答えさせられます。スプーンを手に取った時、何を感じましたか?」
ルーフ博士は歯を食いしばって答えた。

“IT BROKE MY GODDAMN BACK YOU FUCKER!” The screaming descended into incoherent sobbing and moaning, alternating between prayers and appeals for help. D-419803 stopped answering questions. Dr. Louef sighed, and pressed the button that halted communication between the observation room and the testing chamber.

「私の背骨を壊した!」
悲鳴は祈りと助けを求める声を交互に繰り返しながら、支離滅裂なすすり泣きとうめき声になった。D-419803は質問に答えるのをやめた。ルーフ博士は溜息を吐き、観察室と試験室の間の通信を停止するボタンを押した。

“Testing complete.”

「テストが完了しました」

Dr. Louef didn’t let his assistants see his facial expression as he stood up. Nor did he let them see him when he left the room, or when he strolled down the hall, or when he walked into his office.

ルーフ博士は、立ち上がったときの彼の表情を助手たちに見せなかった。彼が部屋を出た時も、廊下をぶらついた時も、オフィスに入った時も、彼らに彼の姿を見せなかった。

He closed the door behind him, and sat down at his desk without turning the lights on.

彼は背後のドアを閉め、明かりをつけずに机に座った。

Then, he leaned forward, and put his head into his hands.

それから彼は前かがみになり、頭を抱えた。


Dr. Louef sat at his desk, attempting to eat his lunch and do some work. As he wrote with one hand, and spooned food into his mouth with the other, he paused for a moment. He put down both of his tools, and sighed.

ルーフ博士は自分の机に座って、昼食を食べて仕事をしようとした。彼が片手で書いて、もう片方の手で食べ物を口にスプーンで運んだ時に、彼は一瞬硬直した。彼は両方の道具を置いて、溜息を吐いた。

As he wrote a report on SCP-463, he was also using a spoon. The sudden flashback struck him, the sounds of snapping spines and cries for help echoing in his mind.

彼はSCP-463に関する報告書を書くと同時にスプーンも使っていた。突然のフラッシュバックが彼を襲い、脊椎の折れる音と助けを求める声が彼の心に響いた。

"You broke my back."

「お前は私の背骨を壊した」

"What the hell have you done?"

「何をしやがった?」

"Kill me."

「俺を殺してくれ」

He angrily threw his spoon across the room, and pushed the tray away, suddenly disgusted and no longer hungry. His gaze fell upon the photos that he kept on his desk of his family.

彼は怒ってスプーンを部屋の向こう側に投げつけ、トレイを押しのけ、突然うんざりしてもはや空腹ではなくなった。彼は机の上においてある家族の写真に目をやった。

"Why did you kill him? He was me."

「どうしてあいつを殺した? あいつは俺だった」

"Where is your sense of human decency?"

「てめえの良識はどこに行っちまったんだ?」

"You're a monster."

「お前はモンスターだ」

Louef suddenly stood up, ignoring his tray and his papers. He left his office and took a left, heading down the hallway.

ルーフは突然立ち上がり、トレイと書類を捨て置いた。彼はオフィスを出て、左に曲がって廊下を進んだ。


“So, John, what can I do for you?” Dr. Vange steepled his fingers as he looked at Dr. Louef.

「それで、ジョン、私はあなたのために何ができるでしょうか?」
ヴァンジ博士はルーフ博士を見ながら指を折り曲げた。

“Well…doctor, I-” Dr. Louef began.

「ええと……博士、僕は───」
ルーフ博士は始めた。

“Please, call me Mark,” insisted Vange. “We’re friends here.”

「お願いです、マークと呼んでください」
ヴァンジは主張した。
「ここでは私たちは友達です」

Louef assented. “Okay, Mark. I…I’m having some issues with this shift.”

ルーフは同意した。
「わかりました、マーク。僕は……僕はこのシフトにいくつか問題があります」

Dr. Vange glanced down at his files. “Ah, yes, this is your first time on the stay-away shift for October-January, right?”

ヴァンジ博士は彼のファイルを一瞥した。
「ああ、はい、10月から1月のシフトは初めてですね」

Louef nodded. “Yes. I’ve never had to do this long shift before, and they managed to time it when I got new SCP’s on my hands.”

ルーフはうなずいた。
「はい。私はこれまでこのような長いシフトをする必要はなく、新たなSCPを管理下に置くときにはなんとか時間をあわせてもらいました」

“It says here that you have children, John,” said Vange as he perused the file.

「ここには子供がいると書いてあります、ジョン」
ヴァンジはファイルを熟読しながら言った。

Dr. Louef closed his eyes. “Yes, Sam and Jenna.”

ルーフ博士は目を閉じた。
「はい、サムとジェナと言います」

“And how old are they?”

「それで、彼らはおいくつですか?」

“Sam’s 5, and Jenna’s 11.”

「サムは5歳、ジェナは11歳です」

“Interesting. Do you miss them?”

「面白い。彼らが恋しいですか?」

“Of course. What kind of question is that?”

「もちろんです。どんな質問ですか?」

“An important one. If you weren’t missing them, then that could be something else. Now, is there a particular incident that caused this visit?” Dr. Vange asked, looking into Dr. Louef’s eyes.

「重要なものです。もしあなたがそれらを見逃していなければ、それは他の何かかもしれません。さて、この訪問の原因となった特定の出来事はありますか?」
ヴァンジ博士はルーフ博士の目を見ながら訊ねた。

Dr. Louef looked away. “Yes. The new SCP’s under my jurisdiction. They’re somewhat….traumatic.”

ルーフ博士は目をそらした。
「はい、新しく僕の管轄下に置かれたSCPです。それらは幾分……トラウマティックです」

"Tell me about them."

「それらについて教えてください」

Louef sighed, running his hand through his hair. "The first new one was 715. It's a photobooth that makes a clone of people put into it."

ルーフは髪に手を通しながら溜息を吐いた。
「一つ目の新たなオブジェクトは715でした。人々のクローンを作るフォトブースです」

"And what about that?"

「そしてそれはどうですか?」

"The clones die after 15 minutes. We wanted to-" Louef stumbled for a moment, and closed his eyes, as the memories of all the clones came back to his head.

「クローンは15分後に死亡します。僕たちは───」
全てのクローンの記憶が戻ってきて、ルーフは一瞬よろめき、目を閉じた。

"Do you need a moment, John?" The concerned psychologist asked.

「少し時間が必要ですか、ジョン?」
心配そうな心理学者は訊ねた。

"No, I'm fine. We wanted to see what happened if the original was killed. We… we tried it 10 times. Needed a good sample size."

「いいえ、大丈夫です。僕たちはオリジナルが殺された場合に何が起こるかを見たかったのです。僕たちは……10回試しました。適切なサンプルサイズが必要でした」

"And what happened?"

「そして何が起こりましたか?」

"In every case, the clone got… emotional. They all seemed to know when they were going to die, and every damn time, seeing their original die made them even more agitated," said Louef as he grimaced, and closed his eyes.

「すべての場合でクローンは……感情的になりました。彼らはいつ死ぬかを知っていたようで、オリジナルが死ぬのを見るときにはいつも、さらに動揺していました」
ルーフは顔をしかめ、目を閉じながら言った。

"They screamed, Mark. They all goddamn screamed as they died. Every single one."

「彼らは悲鳴を上げました、マーク。彼らは皆、死ぬと同時に悲鳴を上げました。一人残らず全員」

"Were there any other ones?"

「他には何かありましたか?」

"I got SCP-463 too. It's a spoon that breaks the spine of anyone who picks it up."

「僕はまた、SCP-463も管理下に置きました。拾った人の背骨を折るスプーンです」

"Jesus."

「なんてことだ」

"I know. The last research team that worked on it saw that the place where the spine snapped differed. We were supposed to find out if there was a pattern of some sort. It took us 10 fucking tries, Mark. 10 tries. And you know what we found out? Absolutely nothing! There is no pattern. Yet, we threw away 10 D-class to find out jack shit." Dr. Louef got more and more emotional as his account went on. He put his head into his hands as he leaned forward, a tear streaming down his face.

「わかってます。前回の研究では、背骨が折れた場所が違うことがわかりました。僕たちはある種のパターンがあるかどうか調べることになっていました。10回試験したんです、マーク。10回です。何を発見したでしょうか? 何も! 規則性はありませんでした。それでも、そんなくだらないことを見つけることに10人のDクラスを捨てました」
ルーフ博士は、話が進むにつれてますます感情的になった。彼は顔から涙を流しながら前かがみになると両手で頭を抱えた。

"They were even worse. They didn't even die; they just kept moaning and screaming for god knows how long. They took them away, and you and I both know what's happening to them," Louef spat out.

「彼らはさらにひどかった。彼らは死ぬことさえありませんでした。彼らはただうめき声と叫び声をどれくらいかわからな程上げ続けました。彼らは彼らを連れ去り、あなたと僕は彼らに何が起きているのか知っています」
ルーフは吐き捨てた。

Dr. Vange was quiet until his patient recomposed himself. After a moment, Dr. Louef sat up straight again.

患者が意識を取り戻すまで、ヴァンジ博士は黙っていた。しばらくして、ルーフ博士は再び背筋を伸ばした。

"I did research on mostly Safe-class SCP's before this new transfer. I've never had to deal with something like this before. I miss my kids, Mark. My wife, my kids, my home." sighed Louef.

「この新しい転属の前には、主にSafeクラスのSCPについて研究していました。これまではこんなことをする必要はありませんでした。マーク、僕の子供、僕の妻、僕の家が恋しいです」
ルーフは溜息を吐いた。

Vange nodded. “It’s expected from a transfer of new SCP's, and a shift like this. Did you read the new report in Foundation?”

ヴァンジはうなずいた。
「新しいSCPの転属と、このようなシフトからそれは予想されます。財団で新しい報告書を読みましたか?」

“I skimmed it.”

「スキミングしました」

“The psychology department has come up with a new disorder, and added it to our version of the DSM. We call it Moral Ambiguity Disorder.”

「心理学部門は新しい障害を考え出し、それをDSMの我々のバージョンに追加しました。我々はそれを道徳的曖昧性障害Moral Ambiguity Disorderと呼びます」

“MAD?”

「MAD?」

“It’s an unfortunate acronym, yes. But it’s important to note. We’re noticing that a large number of our researchers are dealing with extreme emotional stress, and reporting signs of anxiety, nervousness, irritability, and lack of social activity.” Dr. Vange stood up, and browsed the shelves of his office. He pulled out a journal from the shelf, and opened it.

「それは不幸な略語です。しかし、注意することが重要です。我々は多くの研究者が極度の感情的ストレスに対処しており、不安、神経質、イライラ、社会的活動の欠如の兆候を報告していることに気付きました」
ヴァンジ博士は立ち上がって、彼のオフィスの棚を見まわした。彼は棚から機関誌を取り出して開いた。

“MAD is caused by witnessing traumatic incidents during testing, and developing a moral dissonance within the self. The condition is aggravated by stress and too much work, without adequate periods of rest. Why do you think that we started all of these social events and game nights? MAD is crippling a lot of the effectiveness of researchers.”

「MADは、テスト中にトラウマ的な出来事を目撃し、自己の中で道徳的な不協和を起こすことによって引き起こされます。十分な休養期間がなく、ストレスや過労で症状が悪化しているのです。どうして我々がこのような社交イベントやゲームナイトを始めたと思いますか? MADは研究者の有効性を大きく損ねています」

Dr. Vange showed Louef the copy of the journal. It featured a whole page of graphs and diagrams, all detailing MAD and treatments for it.

ヴァンジ博士はルーフに機関誌のコピーを見せた。そこには1ページ全体にMADとその治療法についてのグラフや図表が記載されていた。

“After implementing these activities, we had a 50% decrease in attacks of MAD at Site 89. It’s clearly working, which is what my advice to you is. Relax a little. We may be the Foundation, but the world’s not going to end if you relax a little while off duty. You’re here, but you may as well enjoy your time outside of work.”

「これらの活動を実施した結果、サイト89でMADの被害が50%減少しました。これは明らかに機能しており、私からのアドバイスです。少しリラックスしてください。私たちは財団かもしれませんが、勤務時間外に少しでもリラックスしていれば、世界は終わりません。あなたはここにいますが、仕事以外の時間を楽しんだ方がよいでしょう」

“I don’t know-”

「僕は───」

“Well I know. I’m a psychologist. It’s my job to know these things. Go out and have some fun, John.” Dr. Vange smiled at Louef as the latter rose to his feet. The psychologist extended a hand.

「そうだね。私は心理学者です。これらのことを知るのが私の仕事です。ジョン、外に出て楽しんできてください」
ルーフが立ち上がったとき、ヴァンジ博士はルーフに微笑んだ。心理学者は手を伸ばした。

Dr. Louef hesitated for a moment before accepting the handshake. “T-thank you, Mark. I’ll think about it.”

ルーフ博士は握手を受け入れる前にしばらくためらった。
「あ、ありがとうございます、マーク。考えておきます」


“…And once again, welcome to the 4th Annual Site 118 Christmas Party, ladies and gentlemen! Remember, 2 glasses of wine per staff member! We can’t exactly print money, right?” Dr. Vange cheerily said. The audience tittered politely.

「……もう一度、毎年恒例第4回サイト118クリスマスパーティーへようこそ、紳士淑女の皆様! 忘れないでください、職員一人につきワイン2杯です! お金を印刷することはできませんよね?」とヴァンジ博士は陽気に述べた。聴衆は礼儀正しくくすくす笑った。

“Now, don’t let me spoil your fun. I’ll shut up now, and let the rest of you have fun, eh?” Dr. Vange stepped down from his spot at the podium as the gathered staff members of Site 118 applauded, partly out of respect, and partly out of relief that the speech was over.

「さて、あなたの楽しみを台無しにさせないでください。私はもう黙り、残りのみんなに楽しんでもらいましょう」
ヴァンジ博士が演壇から降り、サイト118に集まった職員は拍手を送ったが、その理由の一つは敬意であり、もう一つは演説が終わったという安心感だった。

Dr. Louef walked over to the refreshments table. He picked up a glass of wine, and leaned back against the wall, drinking to himself. He was interrupted by the arrival of a much more lively colleague.

ルーフ博士は軽食のテーブルに歩いて行った。彼は一杯のワインを手に取り、壁にもたれて一人で飲んだ。彼はさらに活発な同僚の到着に邪魔された。

“Evening, John. Enjoying your Foundation mandated-fun?” Dr. Wensley strolled up to Louef, a glass of wine in hand, and a smile on his face.

「こんばんは、ジョン。財団の義務的な娯楽を楽しんでいるかい?」

“Go to hell, Al,” Louef replied, sipping from his glass.

「地獄に落ちなよ、アル」
ルーフはグラスをすすりながら答えた。

“Can’t. Don’t have the requisite clearance for that,” Wensley’s grin got bigger.

「できない。必要なクリアランスがないからね」
ウェンズリーの笑顔が大きくなった。

Louef and Wensley both chuckled.

ルーフとウェンズリーはお互いに笑った。

Wensley leaned against the wall with Louef. “How’s the testing going?”

ウェンズリーはルーフとともに壁にもたれかかった。
「テストはどうだい?」

“Better. I..uh…went to talk to Vange.”

「良くなってる。僕は……あー……ヴァンジと話をしたよ」

“That’s good. Did it help?”

「それはいい。役に立ったかい?」

“Yeah. I think so.”

「うん。僕はそう思う」

“So, are you going to enjoy the party?”

「それで、パーティーを楽しむつもりかい?」

Louef sighed. “It’s not exactly where I wanted to be. Sam and Jenna are both wondering where their dad is. What am I supposed to do about that?”

ルーフはため息をついた。
「僕が望んでいた場じゃない。サムとジェナは二人とも父親がどこにいるのか知りたがっている。僕はそれをどうすればいいんだ?」

Wensley put his hand on his colleague and friend’s shoulder. “Look, I know that this isn’t exactly what you wanted. This shift is tough, but you have to look on the bright side. This may not be the kind of Christmas that you wanted, but it’s better than nothing, right?” Wensley offered a smile.

ウェンズリーは同僚である友人の肩に手をかけた。
「いいかい、これは君が望んでいたものじゃない。このシフトは大変だが、明るい面を見る必要がある。これは君が望んでいたようなクリスマスではないかもしれないけど、何もないよりはましだろう?」
ウェンズリーは微笑んだ。

Louef gave a small smile back. “I suppose so.”

ルーフは小さな微笑みを返した。
「そうだろうね」

“Don’t stand here moping all night, alright? I need to track down one of my assistants.” Wensley gave Louef one more smile before turning around and merging back into the crowd.

「一晩中ここに立ってくよくよしないように。私は助手を探す必要がある」
ウェンズリーはルーフにもう一度笑顔を見せた後、向きを変えて人だかりに合流した。

Louef went to take another sip of his glass before noticing that it was empty. He stared down at the glass for a long, hard moment.

ルーフはグラスが空だと気付く前に、もう一口飲もうとした。彼は長い間、じっとそのコップを見つめていた。

And then he set it on the table and walked into the crowd.

そして彼はそれをテーブルの上に置き、人ごみの中に入っていった。

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677329 ( 03 Jun 2018 04:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License