SCP-3448-J - Should Have Taken Him Sleeping/寝首をかくべきだった

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
Teddy.jpeg

SCP-3448-J。

アイテム番号: SCP-3448-J

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: SCP-3448-J is contained in a standard humanoid containment cell. All misinformation campaigns affirming the death of SCP-3448-J have been successful, and no further containment efforts are required.
特別収容プロトコル: SCP-3448-Jは標準的ヒト型実体収容セルに収容されます。SCP-3448-Jの死亡を断じる誤報流布運動は全て成功しており、追加措置は不要です。

Description: SCP-3448-J is the 26th president of the United States of America, Theodore Roosevelt Jr. Despite over 160 years having passed since SCP-3448-J's birth, it has not died, and has not aged since 1/6/1919. Additionally, testing has revealed that SCP-3448-J heals extremely quickly from all forms of damage, and bears remarkable stamina and tolerance for pain. The extent of these abilities is unknown, but is evidently far greater than the Foundation is willing to test.
説明: SCP-3448-Jはアメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズヴェルト・ジュニアです。SCP-3448-Jの生誕から160年以上が経過しているにもかかわらず、当オブジェクトは死に至っておらず、1919年1月6日以来加齢していません。さらに、実験により、SCP-3448-Jはあらゆる類の損傷を極めて急速に治癒する他、卓越したスタミナを備え、痛みに対する耐性を有する事が判明しました。これらの能力の限度は不明なものの、財団が試み得る実験での上限値を遥かに上回る事は明白です。

Discovery: SCP-3448-J's anomalous properties were discovered on 1/6/1919, after the former president emerged from his chambers having made a full recovery from his otherwise fatal ailments. Foundation forces contained the former president, and began a misinformation campaign to convince the public that SCP-3448-J had died. SCP-3448-J's doctor at the time had been present in his room, and made notes of the interaction.
発見: SCP-3448-Jの異常特性は、1919年1月6日に元大統領であった当オブジェクトが本来死に至るはずの病状から完全に快復して病室から出たために発見されました。財団部隊が元大統領を収容し、大衆にSCP-3448-Jが死亡したと信じ込ませるための誤情報流布運動を開始しました。当時、SCP-3448-Jの主治医が彼の元に立ち会っており、出来事について証言を残しました。

I am pained to confess that I had fallen asleep at the president's bedside. But I had been awoken by a strange scuffling at the door.
痛恨の極みながら白状しますと、私は大統領の枕元で寝入ってしまっておりました。ですがドアの向こうで足を引きずって歩く妙な物音がしたので目が覚めたのです。

I looked. My mind may have still been partially asleep, but I bear no doubts that the visage which had entered into the president's chambers was none other than Death herself.
その時見たのです。まだ頭が半分眠っているのではとも思いましたが、間違いありませんでした。死神そのものとしか考えられぬ風体の女が大統領の病室に入ってきたのです。

I remained still and silent; even in my dreary state, and faced with the passing of such a treasured and important man, I knew better than to confront Death whilst she collects her soul.
私は黙って固まっていました。内心真っ青でさえあり、かように誉れ高い要人の今際の際を目の当たりにしていながら、魂を刈り取る最中の死神の前に立ち塞がるような無茶はできなかったのです。

"Theodore," she said, "Your time is up."
「セオドア、」彼女は口にしました。「時間が来たのよ」

She pulled back the sheets of the president's bed to reveal a messy assortment of pillows and wadded laundry. Behind Death, unseen, President Roosevelt emerged from the shadows.
死神が大統領のベッドからシーツを引きはがすと、露わになったのは枕の山と丸められた洗濯物の塊でした。死神の背後に、目にも留まらず、ルーズヴェルト大統領が物陰から現れたのです。

"Bully," he said as he punched Death in the face.
「お見事」彼はそう言って死神の顔面をぶちのめしました。

ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License