SCP-2766 - Aqua Caligula/カリグラ水道

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

aqueduct.jpg

SCP-2766, April 2009(SCP-2766(2009年4月))

Special Containment Procedures: Between astronomical dawn and dusk on the first of each month in the Julian calendar, SCP-2766 is to be supplied with a constant flow of water measuring no less than 4.5 million liters per hour; a series of channels diverting water from the nearby Aniene river to the entrance of SCP-2766 has been constructed for this purpose. During this period, SCP-2766 is to be drained into the pipeline at its outlet; its products are filtered, diluted and then released into the Aniene at a Foundation facility in the San Lorenzo hydroelectric dam.
特別収容プロトコル: ユリウス暦における毎月1日の日出から日没までの間、SCP-2766は1時間あたり450万リットル以上の水で常時満たされなければなりません。これを果たす目的で、アニエーネ川からSCP-2766の入口へ放水するための水道一式が敷設されました。本期間中、SCP-2766はその出口にてパイプラインに接続されます。SCP-2766の生成物はサン・ロレンツォ水力発電ダム内の財団施設にて濾過・希釈された後、アニエーネ川に放水されます。

Description: SCP-2766 is a section of aqueduct tunnel, approximately 180m long1, near the source of the Aqua Claudia, an ancient Roman aqueduct which brought water from springs at Sublacensis (modern Subiaco) to the city of Rome. When water passes through SCP-2766, it is transmuted into an equivalent volume of a mixture of wine and another liquid. The liquid produced varies by the month of the Julian calendar; see Table 2766-1.
説明: SCP-2766は全長およそ180メートルの導水渠トンネルの一区画であり、かつてスブラクエウム(現在のスビアーコ)の泉からローマの都市部へと生活用水をもたらした古代ローマの水路、クラウディア水道の水源近くに位置します。SCP-2766を通過した水は、同質量のワインと他の液体との混合物に変質します。生成される液体はユリウス暦における月によって異なります。表 2766-1 を参照してください。

Table 2766-1: SCP-2766 Products by Month
表2766-1: 月ごとのSCP-2766の生成物
Month(月) Product(生成物) Notes(付記)
January(1月) River water; water lacks modern industrial pollutants, but in all other ways matches the particulate composition of the Tiber River around the city of Rome.(川の水。水には現代の産業汚染物質が含まれないものの、その他全ての点でローマ市街地の周囲を流れるテベレ川の成分組成と一致する。) January 1st was celebrated by the Romans as the feast day of Janus, god of borders, doorways and bridges.(1月1日は、境界・玄関・橋梁の神であるヤヌスの祝宴日とされ、古代ローマ人によって祝祭が催された。)
February(2月) Solution of salts and minerals similar in composition to human sweat.(人間の汗に類似した組成の塩及びミネラルの溶液。) The Roman purification festival of Februa occurred during the month of February, and was strongly associated with sweat and fever. (古代ローマの慰霊祭フェブルアーリアは2月に催された。これは汗と熱に密接に関連した祭祀だった。)
March(3月) Human blood; DNA analysis indicates that blood comes from a number of individuals, both male and female.(ヒトの血液。DNA検査によると、男女入り混じった多数の個人に由来するものと同定された。) March 1st was the feast day of Mars, god of war.(3月1日は軍神マルスの祝宴日とされた。)
April(4月) Wine is mixed with pomegranate juice, considered an aphrodisiac by the Romans, and spiced with an unidentified herb (possibly Silphium, a now-extinct variety of fennel used by the Romans as a seasoning and a contraceptive).(古代ローマ人にとって媚薬と考えられていたザクロ果汁がワインに混合される。さらに、不詳のハーブ(古代ローマ人によって調味料及び避妊薬として用いられ、現在は絶滅したウイキョウの一品種、シルフィウムとみられる。)で味付けされている。) April 1st was celebrated as the feast of Venus, goddess of desire. (4月1日は情欲の女神ウェヌスの祝宴が催された。)
May(5月) Menstrual fluid from a number of female individuals.(相当数の女性由来の経血。) May 1st was celebrated as the feast of Bona Dea, a fertility goddess and protector of women.(5月1日は多産の女神にして女性の守護神であるボナ・デアの祝宴が催された。)
June(6月) Cow blood from two distinct individuals, both female.(2頭の異なるウシの血液。いずれも雌牛のもの。) A pair of cows was the traditional sacrifice to Juno, whose feast day falls on June 1st.(2頭の雌牛は、6月1日を祝祭日とするユノーへの伝統的な生贄だった。)
July(7月) Human blood from a single male individual.(単一の男性ヒト個体の血液。) DNA analysis indicates that there is a close familial relation between blood produced in July and August; it is currently hypothesized that during these months SCP-2766 produces the blood of Julius Caesar and his grand-nephew Augustus, for whom these months were named.(DNA検査によると、7月および8月に生成される血液の間には密接な血縁関係が存在する。この2か月間にSCP-2766が生成するのは、各月名の由来となったユリウス・カエサル及びその又甥であるアウグストゥスの血液だと現在仮説立てられている。)
August(8月) Human blood from a single male individual.(単一の男性ヒト個体の血液。) See July. (「7月」を参照。)
September(9月) Wine produced is undiluted, and has a higher alcohol concentration than other months.(ワインが希釈されずに生成されるため、他の月よりもアルコール度数が高い。) The feast of Liber, a Roman wine god equated with the Greek Dionysus, took place during September. (ギリシア神格のディオニュソスと同一視される酒神、リーベルの祝宴は、9月に催された。)
October(10月) Horse blood from a single male individual.(単一の雄性ウマ個体の血液。) During the month of October, the Romans celebrated the Equus October, a festival culminating in the sacrifice of a horse to Mars. (古代ローマ人は10月にエクウス・オクトーベルの祝祭を催した。祝祭はマルスに生贄の馬を捧げる際に最高潮に達した。)
November(11月) River water; particulate composition matches the Nile river near Philae.(川の水。成分組成はフィラエ近辺のナイル川のものと一致する。) Philae was an important cult center of Isis in antiquity; the festival of Isis, first introduced under Caligula, was celebrated in Rome on November 1st.(フィラエは古代においてイシス信仰の重要な拠点だった。カリグラ帝が初めて導入したイシスの祝祭は、11月1日にローマで催された。)
December(12月) Wine is sweetened with honey and spiced with a blend of black pepper, saffron, and fennel. (ワインに蜂蜜で甘味が付けられるとともに、コショウ、サフラン、ウイキョウの混合調味料で味付けされる。) This mixture was known as conditum paradoxum2, and was a popular winter beverage in ancient Rome, associated with the Saturnalia solstice festival which occurred in December. (この混合物はコンディトゥム・パラドークスムとして知られている。古代ローマにおける冬季の大衆飲料であり、12月に催されたサトゥルナリア祭と関係が深い。)

If SCP-2766 is not supplied with a sufficient amount of water3 during daylight hours on the first day of each month, it will begin to produce whatever wine mixture would normally be produced that month at a flow rate of approximately 7.5 million liters per hour, the rate at which water flowed through the Aqua Claudia while it was operational; the liquid pours from niches in the walls originally used to hold oil lamps during the tunnel's construction, and from holes and cracks in the hydraulic cement along the floor and walls. This flow will continue until the last day of that month, at which point the flow rate will gradually decrease over the course of the day, coming to a stop at dusk.
毎月1日の日中に十分な流量の水がSCP-2766に供給されない場合、当月に生成されるワイン混合物がいずれであっても、1時間当たり750万リットルの流量で混合物が放出されます。運用中のクラウディア水道にこの流量率で液体が流れた場合、トンネル構造内部でかつて灯篭の設置用に用いられた壁龕や、床面及び壁面全体の水硬セメントに生じた間隙や亀裂から氾濫します。この流量は当月末まで継続した後、最終日の1日間をかけて徐々に減少し、日没と共に流れが止まります。

The section of the Aqua Claudia which includes SCP-2766 was built in 38 CE under the emperor Caligula, and the remainder of the aqueduct was completed in 52 CE by his successor Claudius; 10 years after its completion, due to SCP-2766's effects, the Aqua Claudia was abandoned. In 70 CE, under the emperor Vespasian, containment of SCP-2766 was established by the Praetorian Office of Secret Wisdom4 and a secondary channel of the Aqua Claudia bypassing SCP-2766 was created; after the fall of the Western Roman Empire, SCP-2766 was uncontained until the Vatican Holy Office of Secrets and Prophecy reestablished containment in 786 CE.
クラウディア水道のSCP-2766を含む区画は、紀元38年にカリグラ帝によって建設され、紀元52年には彼の後継者クラウディウス帝によって導水渠全体が完成しました。しかし完成から10年後、SCP-2766の影響により、クラウディア水道は放棄されました。紀元70年、ウェスパシアヌス帝の治世において、秘智に関する法務官局によってSCP-2766の収容が確立され、クラウディア水道にSCP-2766を迂回する二次水路が構築されました。西ローマ帝国の滅亡後、SCP-2766は紀元786年にバチカン検邪聖省神秘預言局が収容を再確立するまでの間、未収容状態でした。

Recovered Document 2766-1: Dedicatory Inscriptions, SCP-2766 Repair Access Tunnel
回収済み文書2766-1: 献呈碑文、SCP-2766修繕用取付トンネル内
Latin, circa 39 CE. From the records of the Vatican Holy Office of Secrets and Prophecy. Trans. Sebastian Miller, 1957.
ラテン語、紀元39年頃。バチカン検邪聖省神秘預言局の記録より。1957年、セバスティアン・ミラー訳。

Caius Julius Caesar Augustus Germanicus5, son of Tiberius, Pontifex Maximus6, consul five times, in his third year as emperor, father of his country, saw to it that the Curtian and Caerulean waters7 be brought into the City of Rome.
ガイウス・ユリウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス、ティベリウスの後継者、最高神祇官、執政官5回、第3代皇帝、国家の父、クルティウスとカエルレウスの水をローマの街に齎した。

Lucius Caecilius Ater, Superintendent of Secrets8, by decree of the Divine Caius, the New Sun9, saw to it that the Curtian and Caerulean waters be transformed, so the baths and fountains of Rome might run with whatever is most pleasing to the emperor and the gods.
ルキウス・カエキリウス・アテル、新たなる太陽・神君ガイウスの命による神秘官、クルティウスとカエルレウスの水が変革するよう一計を案じた。ローマの浴場と噴水が皇帝と神々の御心を最も満たすものと共に流れるように、と。

Recovered Document 2766-2: Cura Praetoria Sapientae Occultae Record of Containment for the "Aqua Caligula"
回収済み文書2766-2: 秘智に関する法務官局による“カリグラ水道”の収容記録
Latin, circa 70 CE. From the records of the Vatican Holy Office of Secrets and Prophecy. Trans. Sebastian Miller, 1957.
ラテン語、紀元70年頃。バチカン検邪聖省神秘預言局の記録より。1957年、セバスティアン・ミラー訳。

In the second year of the imperium of Titus Flavius Caesar Vespasianus Augustus10, the Praetorians were sent to investigate rumors of the Anio11 running with blood and wine. Arriving at Sublacensis, it was found by Prefect of Hidden Wisdom Caeso Iccius Candidus that a part of the Aqua Claudia, which had been closed on account of it producing fouled waters and had been diverted into the Cloaca Maxima to aid in the cleansing of sewage, had collapsed in an earthquake, and was now pouring out blood and wine into the Anio.
ティトゥス・フラウィウス・カエサル・ウェスパシアヌス・アウグストゥス帝の治世となり2年目、アニオ川に血やワインが流れているとの噂の調査にプラエトリアニらが派遣された。隊がスブラクエウムに着くと、秘智官カエーゾ・イッキウス・カンディドゥスにより、クラウディア水道において悪臭を放つ水を生み出していたために塞がった部分や、汚水の濾過を助けるためのクロアカ・マキシマの中へと水が逸れていた部分、地震で崩壊していた部分、そしてアニオ川へと血とワインを今まさに流し込んでいた部分が発見された。

And with the matter having been investigated further, it was learned that the spirits bound to the aqueduct by Lucius Caecilius Ater, Curator Arcanorum for the emperor Caligula, so that the emperor might have his fountains pour forth whatever might be appropriate for the holiday, had become confused by this destruction, and were already angered by their long lack of employment in the task set forth for them by Ater (for the Divine Claudius had not known of the miraculous properties of his aqueduct, and so had not used the powers of the spirits). And in their anger, these spirits had decided that they would pour forth whatever would be most fitting for the whole of the month, unless during the Kalends12 they were well-employed for the whole of the day.
この問題に対し更に調査がなされたところ、カリグラ帝に仕えた神秘官ルキウス・カエキリウス・アテルなる者が、皇帝の宮殿の噴水から何であれ祝祭に相応しいものが湧くようにと、神霊達をこの水道に縛り付けた事が分かった。ところが此度の政権崩壊により当惑させられ、さらにアテルにより定められた使命について長らく出る幕が無かったため、神霊達は既に怒り心頭であった(神君クラウディウスは王の水道に備わる奇跡の特質を存じなかったため、神霊達の力をお使いになることは無かった)。そしてその怒りから、カレンズの日中に神霊達の使命がおさおさ全うされなかった時には、その月々に相応しいものを丸ひと月の間構わず注ぎ出すことにした。

And with these things learned by the augurs and haruspices13, the Prefect decided that for the whole of the Kalends of every month the spirits would be given their employment, so the Anio might run clean for the rest.
鳥卜官や腸卜僧らによりこれらの事実が知られたことで、秘智官は、毎月のカレンズの間中は神霊達が使命を全うできるよう計らうことに決めた。アニオ川の残りの流域に澄んだ水が流れるようにと。

ERROR

The thor_taisho's portal does not exist.


エラー: thor_taishoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3677069 ( 01 Jun 2018 03:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License